これしかできない引き出しの少なさ。

ええ まあ、自覚はしておりますが

タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-17 ビッグパワードGV 独立遊撃隊 Ver、そして
タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-18 ビッグパワードGV 独立遊撃隊 隊員セット が無事到着いたしましたら、とりあえず
ビグパ と混ぜて、遊んどきませんとー。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_1-1.jpg

なわけで、ビッグパワードGV2体使って、グレート合体ですよ と。

いつもの無用なこだわり、フルアクション要素は今回、中途半端。(下半身ほぼ固定)
これは勿論、昭和ダイアクロンらしさを追及したつもりはなくて

グレート合体させるとなると、パワード04・05をそれぞれ下駄にして、その上にまたパワード04・05をのっけるのが定石、
さーしかし 残りのパーツの関係上、腰回りをどう組むか ということを模索した、その結果なわけでしてー
コレこのパーツをこうすると、どんな風になるか? とゆー、純粋なる探究心の積み重ねで辿り着いたカタチなわけなのでした。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_1-6.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_1-3.jpg

とか 小むずかしく書くまでもなく、パワード04・05の4mmオスに、パワード01のクローラーに付いてる4mmメスを差しました、という話。
そのままだと後ろ向きに反り返ってしまうので、ミサイルポッドを支えに使ってます。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_cockpit1.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail3.jpg

パーツ構成としては、ビッグパワード2体に加えて、一部に変換ジョイントを使用。
上パワード01と下パワード01の、クローラーに付いている4mmメス同士をジョイントで接続しております。
01オン01だけでも、イケないことはなかったんですが、倒壊の危険性が高かったので、補助的に使った次第。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail1.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_2.jpg

上半身は、グレート合体っぽい幅増しができて、ちょっとご満悦。
腕を広げた小さいゴリラが2匹、楽し気に両肩にブラ下がっているように、見えなくもないですが。

肩のタロンアームは、黄色い方が映えるのですが、それだと素ビグパのまんまになってしまうので、あえてシルバーで。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail2.jpg

戦闘指令車は まんま逆さ吊りで、乗ってる人には気の毒な気もしますが、その分シルエットは、まあまあ まとまったかな と。
ま ダイアクロン隊員なら逆さまぐらい平気だと思(略


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail4-1.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail4-2.jpg

足回り。パワード04・05同士の接続は、タロンアームの4mmオスと、平面同士の摩擦力頼み。ボレットモジュール02は、挟み込んでるだけ。
そこにくっつけるセンスが理解できないと言われても、致し方ない、ボレットモジュール04・05とガトリングパルス砲は、
4mmメスを探した結果のブナンな配置でございます。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail5-3.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1-detail5-1.jpg

そして背面。
頭の後ろで、小さいゴリラがお互いのつま先をカニバサミしている絵ヅラが、気になるかと思いますが(分かりにくい表現
この部分こそが 今回の合体のキモでしてー ゴリラたちはタロンアームで辛うじて本体に接続されているものの、そのままでは形態を維持できず、
カニバサミで引っ張り合うことによって生じるテンションのおかげで、どうにかスタイルを保っております。

お気づきの方もおいででしょうが、この足と足を背中でつなぐアイディアは、ついぞ国内販売かなわなかった
コンバイナーウォーズ ライオカイザー への複雑な気持ちを込めたものでございます。<気づかねえよ
うん いや、きっと、数年後 あっと驚く新規設計ライオカイザー(足と足をつなぐ機構搭載)が発売される、その前フリなのだコレ うん・・。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode1_cockpit2.jpg

ここで恒例、乗れば乗るほど強くなる理論の検証。今回は、足内部パワスー×2(太ももの中には畳んだクローラーがあるため格納できず)、
胴体パワスー×2、戦闘指令車×2(計4名)、肩ボレットモジュール×2、足ボレットモジュール×6(計10名)
合計20名となり、現時点で、わが家最強のダイアクロンメカと認定。



しかし、これだけだとギミック的に少しさびしい

なので

2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2_1.jpg

腕部を上下逆転+立ち上がって、モード2。
相変わらず、下半身の可動は制限付きですが、ちょっとスマートに見えるかな。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2_3.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2_2.jpg

ちなみにこの、2形態の合体方式提示は、ココロの目で見る傑作・爆闘宣言ダイガンダー に登場した
ドラゴンダイガンダーの ケンタウロスモードバーニングモード にヒントを得ております。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2_5.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2_4.jpg

まあ 立ち上がったところで鈍重さは、それほど変わんなかった気もしますけど。


とーいうことで これで ↓ どうよ、更なるスタイル改善。

2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-b_4.jpg

肩に乗っけたビグパ腕を外向きに変更。そして前腕を内側にスライド。
腕スライドは、最初からそうしとけという気も(略


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-b_1.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-b_2.jpg

今更ですが肩周りには、4mmオス/メスは勿論、レイドチェンバー上部にも付いている突起型ジョイントがありますので
その気になれば、あれこれ増設できる気が。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-fire-arming.jpg

・・やってはみましたが、いざ撮ってみると、うーん これだけで終わると、もうひとつ ですか。
分離させて、小さいゴリラモードにまですれば、ネタも生きると思いますけど、改めて撮るほどのものでも(自粛


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-b_3.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-b_5.jpg

うーん、しかし やはり胴体幅が、ちょっとあり過ぎか。
角度でごまかしてますけれど。



上半身だけならフルアクションに見えそうなので、以下、バストアップでご紹介。

2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-detail1.jpg

なんとなく、アイキャッチ風。右下にロゴを入れたくなります とゆーか、あら もしかして
今どきの作品て、アイキャッチ がない(またはパートのはじめにロゴを挟むだけ)のがフツーなのでは。いつからか。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-detail2.jpg

ポージングは、上だけなら見れる方なんですが、やっぱ腰の問題が解決しないと、どうもなりませんかねー。
もう1体ビッグパワードがあれば、なんとかなるのかな。

とーいうか、ダイアバトルスの宇宙機動タイプに相当する、ビッグパワードのモデルチェンジは出ないんですかねー
連結戦闘トレーラー は今月末発売となりますが、それ+パワード01のリデコで構成された新型ビグパが、
年末~年明けごろに出ても、おかしかないと思う とーいうか、出さないと、採算合わないのでは。気の回し過ぎかな。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-sword-arming1.jpg 2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-sword-arming2.jpg

手持ちぶさたも かわいそうなので、先日実家から持ち帰った、平成ミクロマン マシンフォース バイオスーツ の大剣を拝借。
あまり似合ってない気もしますが、要はフンイキです、フンイキ。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-detail3.jpg

うー ん、やっぱりコレ さらなる合体の叩き台にできる可能性を、秘めてる気がするな。
このままドスコいイメージで終わるのもったいない。



最後に、ダイアバトルスV2とのツーショット。

2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-2shot1.jpg

デカさに満足、満足。


2018-03-05_diaclone-bigpowerd-wgv_mode2-2shot2.jpg



マニューバアルファ&ベータも7月末発売の声が聞こえ始めて、いよいよダイアクロン2018も本格始動といったところ。
愛猫の去勢費用やら混合ワクチン接種費用やらで、余裕ナイどころじゃないですが、受けて立つしかありません。


2018-03-06_kitty-cat_huku1.jpg

まだ生後4カ月半ですが、結構大きくなりました。タマも。


2018-03-06_kitty-cat_huku2.jpg

明日朝、去勢手術に行くことを、彼はまだ知りません。合掌。

ここからがほんとうのたたかいだ

初っ端から、話題のアレとかコレとかの話をしたいところですが
あえて、後に回して

2018-02-23_diaclone_bigpowerd-armig-diabattles1-1.jpg

前回の ダイアバトルスV2 Alpha plus verビッグパワードGV との合体が、ダイアバトルスを核とする恰好になっていたので今回は
その逆、ビッグパワードのシルエットを活かす形でトライしてみましたよ と。

胸ウイングは、ビッグパワード発売前から試したかったネタでしたので、
やっとカタチにできた感。


続きを読む

小さくてもいいので、何かニュースがあったらいいな との願いをこめて

ひきつづき 平成ダイアクロン ネタの投下ですよ、と。
この思い届け、2・18 幕張メッセ。



さてー
こないだのパワスーあそびにて、パワスい太ももの3mm穴から、変換ジョイントを介して
ダートローダーのクローラーをつなげ、長い足を形作った、あのアレを
もうちょい進めていけないか ということで

2018-02-12_diaclone_powerdsystem_bedsill1.jpg

やってみた結果、こうなった。的な。


続きを読む

どうにか時代に追いついた。

やっと やっとの、開封ですよ
ダイアバトルスV2 Alpha plus ver(2017年8月下旬発売)

有形ブロックとしてのダイアバトルスではない、素の状態に触れるのは久しぶりだったためか、
パッケージから取り出す際に、はじめて触れた時を思い起こして、ちょっとした感慨。

ただーし 個体差のようですが、02ボレットモジュール機の後部ジョイント(今回、破損対策で改修された部分)が、難アリで
バトルス02への接合を試みるも、すぐ外れる程ではないにしろ 結構ユルくて、あらら 的な。
03ボレットモジュール機には、しっかりカッチリはまるので、02側との問題か。


それはそれとして、折角なので
ビッグパワードGV とも、わが家において初連携ですよ と。

2018-02-04_diaclone_diabattles-wears-bigpowerd1.jpg

ダイアバトルス+ビッグパワード腕の、ほれぼれするカッコよさを活かしたくて、
とりあえずこうしてみたトライ1。


続きを読む

乗れば乗るほど強くなる。

つまり 1人より3人、3人より6人、6人より12人乗り込めば、その分強くなる、
これがダイアクロンメカの秘めたる力 と見た。

2018-01-29_v-valiant-diabattles-v2v_4-3.jpg

つまり、ダイアバトルスV2 / ダイアバトルスV2 プロトタイプ 月面基地ver / ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ
3体合わせて13人が乗り込めば、

現時点(注※2017年7月ごろ)での、わが家のダイアバトルス最強の姿
Vバリアント ダイアバトルス V2V が誕生する ということに。

 ※ 2017年7月ごろ という注釈については、わたくしがもたもたしている間に、おもちゃ漢の皆々様には説明するまでもなく
 2018年1月現在はすでに ダイアバトルスV2 Alpha plus ver が発売となっておりまして、
 4体合体でないと最強と言えなくなってしまいましたので、苦肉の策で、↑ という表記に。やむなし。

ちなみに、乗員数が強さを底上げする説は、あながち的外れでもないかなと、自負。ロボットベース 最強説の補完ともなりましょう。
ガッツブロッカー も、きっと、合体後に全員搭乗できてさえいれば、
小柄ながら大パワーを発揮する傑作機になりえた、という気も しないでもない(適当


続きを読む

年越しと言えば、待ちに待った、アレですあ。

日めくりカレンダーの入れ替え。
なぜならば

その台座に象られた階段状モールドが、ダイアクロン隊員に丁度いいんじゃないかと、ずーっと気になっておりまして。
2018年のカレンダーが到着した この日、ちょっと試してみたわけですよ。

2018-01-05_diaclone-members3rd.jpg

結果:
残念、踏面となる部分が寸足らずで、階段としては使用できず。
それでも、前線基地の基礎部分として使えそうなので、後日試してみま。

続きを読む

クリスマスプレゼントは遅れてやってくる

例年でしたら、11月上旬にはひと段落つく個人的イベントが、
1カ月遅れて先週やっとこ片付いた、今年。
気が付けばー あっちゅう間、世の中クリスマスが終わってるじゃーないですか。

とー いうーことで、自分ごほうびで時間作って、やっと組んだった ダイアクロン DA-12 パワードシステム ジャイロセプター
ダートローダー も手を付けたいところですが、ランナーからパーツをもぎる気力がわかないので、また後日にしようかな と。


2017-12-26_diaclone_ps-gyroseptor3.jpg

ぎゃーステキ カッコイイー
見慣れたパワスーの背部に、新たなユニットがついただけなのに
手にした印象がガラリと変わる、この面白さ。

まあ おもちゃ漢界隈での盛り上がりは、2カ月ほど前になるので
今更なにをと思われるでしょうが(略


続きを読む

きたのは誰だ

ついに、きたか この日が
来週のご対面になるかと思っていたら、先方さんが気を利かせて下さって、
段取りを早めて頂いた、11月23日。


やってきたのは ダイアクロン DA-14 ビッグパワードGV
生後1か月のキジトラオスにゃんこでした




ぎあー こ、これが
萌えしぬってやつですか そうですね はああー


あの ちなみに、こんなタイミングで語る話でもないんですが
こちら にて当時の心境をつづっておりますけれど、
昨年 はじめに生存をご報告いたしました先住猫は、その年の末に18年9カ月の天寿を全う。

それで、しばらくは家族皆しょんぼりしていたわけですが
この夏ごろから、また飼いたいねえ という話がではじめ。
今年8月21日の台風到来の折は、往復100kmとばして、捨て猫を保護に行った
(すでにもらい手がおり空振り)とゆー こともありましたが
縁あって、このたびの迎え入れと相なりました。



えー

それだけのお話ですので、ビッグパワードについては、到着し次第。

2017-11-25_diaclone-bigpowerd-gv.jpg

・・え っと、まさかの、コレ 来週到着なのでは。
Twitter検索:ダイアクロン に、生殺され過ぎる。