翼ひろげ、わたし 鳥になる。

間が空きましたが、ひきつづき 令和/平成ダイアクロン トライヴァース シリーズ
DA-52 ヴァースライザー1号 で、ちょいあそび。


2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_10-1.jpg

こないだも書いた 大きめウイングの置きどころについて、わたくし的お気に入り配置は コレかなと。
なんとなくウルトラ味を差し挟んだつもりでしたけど、直で あのシリーズのあのメカといえないおぼろげ具合が悲しい。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_10-4.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_10-2.jpg

下面キャノンはVムーバーの握り手で保持。小さめ主翼が、イイ。スキ系。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_10-3.jpg

アーチ好きとして、このバックシャンは外せません。

が このカタチが好みなので、こうしてるってー だけでもなくて


2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-3.jpg

このスペースに、e-HOBBY限定 ダイアクロンパワードシステムセット のBタイプを格納。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-2.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-1.jpg

残念ながら、ぴったりきれいに収まるわけではないのですが、フンイキです フンイキ。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-4.jpg

ほなー 出撃しましょうかねー

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-5.jpg

ウイングの展開によって、準備完了。
オノコゴコロがふるえるシチュ。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_11-6.jpg

パワスー武器はいま、別のケースにしまっていて取り出すのが億劫なので、Vムーバーから武器を拝借。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_12-1.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_12-2.jpg
2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_12-3.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_12-4.jpg

余っていたパーツ使って、ウイングを作製。ビークルモードにも変形できます。




・・ここで一旦、おまじないタイム。
まずは下記画像、まじまじご覧ください。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-head.jpg

準備よろしいですかー



2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-1.jpg

パワスーとウイングが合体して、鳥モードに。
目に見えてますかねー

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-2.jpg

有形ブロックとしてのパーツ造形の妙は、令和/平成ダイアクロンの大きな特徴なんですけど
この鳥ヘッドも、そこんとこ よくできてます。小羽根をわざわざ立ててるのも、おそらく意図的で、ケモ耳ですよねコレ。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-5.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-3.jpg

それでいながら、中央の大きな単眼モールドによって、メカっぽい頭にも見立てられたりとか。
ちなみに タカラトミーモール限定 DA-56 ヴァースライザー1号 シャドウキャリバー では、その部分がしっかり塗装されてます。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-4.jpg



2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-6.jpg

それにしても、感慨深い。まだダイアクロンの商品展開が始まったばかりの、このパワスーはじめて触った当時、
まさか数年後に第3世代と並べてツーショット撮ることになるとは思わず。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-8.jpg 2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-7.jpg

ライドン。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_13-9.jpg

よーしよしよしよーし。


2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_14-1.jpg

ランデブー。

2020-07-11_diaclone-da52_versriser-unit01_14-2.jpg

特にオチもなくおわり。




ダイアクロンといえば、DA-60 ヴァースライザー3号、無事一般販売による予約開始となりましたが
紺+赤と銀の差し色という伝統カラーを用いているためか、なに用途のマシンか分かりにくくなっていて 最初ぴんとこなかったんですけど(とはいえ即予約ポチた
あーなる、双腕重機 ということかな。運転席もわざわざ付けてますし。

クローラーユニットの使い方が なかなか頭をひねるところですけど、これはこれで楽しみ。
気になるタカトミ限定カラーリングは、トラジマ入りのオレンジで決まりと見た。

先日ヴァースライザー3号と予想した ダイアクロン隊 結成40年 特別《5大》作戦 の開発中新機体は、そうではなかったけれど
ナニなるものかは、相変わらず見当もつかず。パーツの大きさから察するに、トレーラーヘッドはトライヴァース級より細く、単体変形しそう。



あと、てんで話が変わっちゃいますけど トランスフォーマー、Netfrixの ウォー・フォー・ザイバートロン トリロジー:シージ
気にはなるんだけど、有料配信というカベを乗り越えて視聴しなくちゃいけないところがネックで、気乗りせず。
初代の語り直しってとこも、興味が薄らぐ要因ではありますが。


とか 悠長なこと言ってるうちに、海の向こうでは
Bumblebee: Cyberverse AdventuresRescue Bots Academy が、今シーズンで展開終了するっぽく。



おもちゃも、スタジオシリーズ は気を吐いているようですけど、やはり実写映画版展開が休止したことによるものか
ひと頃の活気が、ずいぶん落ち着いてしまった感。おもちゃは毎月、追いきれないぐらいガンガン発売されてますけど。

トランスフォーマーアドベンチャーサイバーバース と楽しく見てはきましたけど
やっぱり、すっきりシャッキリ物語を一新して、別ユニバースの新たなキャラクターを導入できないものかなと、考えてしまう。
外せるわけもないハズブロの大方針なんでしょうけど、オプティマス・バンブルビー・メガトロン・スタースクリームがいつまでも居座るのは、
商品寿命の短くなったこの時代、他社製品と戦うには、あまりにも分が悪すぎる。
どうしても登場させなくちゃいけないってんなら、準レギュラー扱いでどない。(多分、商標権維持も目的の内だと思うので。)


国内で、ヒーローものの定番となっているキャラクターの多くは、必ずと言っていいほど 隆盛の後に不遇の時代を迎え、
それでも、様々な工夫を凝らし やっと今を維持しているわけで、トランスフォーマーのテレビシリーズがなかなか根付かないのは
ここんとこの工夫が、やはり遅れを取っているのだろうなと。
(いや、わたくしが無知なだけで、サイバーバースも十分成功していたかも知れませんけど、本国では。)


2021年メディア展開がどうなるか、わかりませんが、
新作かー! と喜んでたら、いつものメンツのいつもの対立様式で、あらら 的なことだけは、なんとか避けてもらいたいところ。

誰にいえばええんですかねコレ。ハズブロの社長さんか。<やめなはれ

真ッ赤なつのにジンジンくるぜ。

令和/平成ダイアクロン トライヴァース シリーズの可能性を、格段に向上させると界隈でウワサの
DA-52 ヴァースライザー1号 が、ついに わが家にも着。

とはーいえ、こちとらまだまだ、ギガンタさん でどう遊ぼうかとぼんやり考えている最中でしたので、
いうても がっつり遊ぶ時間はとれませんよと、ちょっとだけの中身確認。



2020-07-04_diaclone-da52_versriser-unit01_1-1.jpg

・・ちょっとで済むはずがなく。(あんのじょう。


続きを読む

ほんの夢の途中。このまま何時間でも。

先日変更したトップ画像の隅にも、小さく書いておりますけれど
かつて行なわれたseesaaさんの仕様変更により、こちらの2005年9月以前の画像がリンク切れになっていることが、ずっと気がかりで
サポートにも相談させてもらいましたけれど、やはり手動で直すしか解決方法がナイ とのお話

のでー しばらく億劫がっておりましたけど この度、重い腰をあげて ちまちまと、地味に修正作業をすすめ中。
おかげさまで リンク切れは大体解消、いまは、当時は小さめが当たり前だったサムネイルの、現行仕様への改訂をつづけております。



作業ついでに読み返してみると、ブログはじめた当初は、毎日更新を目指していたこともあって、もー
自分で見ても興味のわかない話題つづきで、ただでさえしんどい作業が、つらいのなんの。

そんな中にあって、思い出深いエントリが2009年12月の コレ
旧サイトからサルベージした小ネタを並べただけではありますが、あのときあんなだった、こんな苦労したんだった と、思い出が静かな波のように打ち寄せ。(詩的表現

あーそうそう、そういえば、さらに後年(2015年)、いまほど鮮明な画像ではなかったものを、下記サイトのお力借りて、改訂したこともありました。
その当時は、webサービスのみでダウンロード版がなかったのですが、それでも十分な効果。

 深層畳み込みニューラルネットワークによる二次元画像のための超解像システム。写真にも対応。 - waifu2x



2020-06-23_excavation-of-olditem_picsrepair20001125to201507.jpg


続きを読む

救えるのは君しか、君しかいない。

小姑みたいに、ぐにゃぐにゃ言うのは イヤなんですけど
あまりよくない流れかと思いますので。


2020-06-12_diaclone_warudaros-giganter1.jpg

ダイアクロン DA-50 ワルダロス <ギガンター>、発売直後は、その遊べようとカッコよさに高い評価を受けておりましたが、そのうちに、
サーベルヘッド(剣)を魔人モードで強固に片手保持できないので改修してみましたという方々が、その方法を紹介されて。 このこと自体は好ましく見ておりましたけれど

やがて、これは部品の組間違いによる不具合だと断定する論調が見られ始め、先行き心配しておりましたら案の定、
タカラトミーのサポートセンターに問い合わせましたというツイートが続くまでに、事態がすすみ。
当然、「買おうかと思っていたけど高額商品なのにそれではちょっと」という声も聞こえるように。参考リンク Twitter検索:ワルダロス


続きを読む

襲来、2020。

こないだのー 撮影して画像加工まで終えたのに、追加撮影してまた加工して再度追加撮影して という
おわりの見えない戦いを、2連チャンでつづけてしまったことで、結構ダメージを負いまして

なのでー しばらくゆっくりしようかと思ってましたけど、先週末、でっかい荷物が届き。
うっかり梱包解いたら、あそびがとまりません ダイアクロン DA-50 ワルダロス <ギガンター>


2020-06-04_diaclone_warudaros-giganter_test1-1.jpg


続きを読む

おわりなきたたかいに、ゆうきのピリオド。

ざっくり1年ちょい前平成/令和ダイアクロン 商品の細かなパーツを、フルに使って作ったパワードレイドチェンバー
撮って楽しんだのはよかったけれど、その後 それをバラしてパーツを整理整頓し直さなきゃいけないのを、億劫がっているうち、次々到着する新商品たちが
開封できないままに、積み上がり。(もしも開けてしまうと、片づける先がないため、無造作に転がることになり 収集つかない状態になると、容易に想像できたので。)


2020-05-27_diaclone_tidying-up.jpg

とはいえー いつまでも そういう状態ではおれませんろうと、重い重い腰をやっとあげたのが、前回 撮影さなかのこと。
こんだけストック買ってきてたら しばらく困らんじゃろうと思っていた セクションケースNo.4 が、てんで足らなくなるほどには
ものぐさつづきだったようでございます。超反省。


続きを読む

迷いはカタチのない怪物。

まだまだ予断を許さない状況ながら、自粛期間がひとつの山を越えたことで、
わたくしごとではありますが サイドワークも先週から再開となり、つまり のんびり生活もひとまず終了。

とはいえ、今年いっぱいは、例年通りの忙しさには戻れそうもないので
ほんまに慌ただしくなる前にと、ダイアクロン の未開封分を少し開けることに。



2020-05-19_diaclone_powerd-maneuver-epsilons_unite4_3.jpg

タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-49 パワードシステム マニューバイプシロン 宇宙海兵隊Ver
ダイアクロン DA-39 パワードシステム マニューバイプシロン で、みんな大好き スーパーリンク ネタ。
トライヴァース シャドウセットを開けて大きく遊べない辺り、気持ちに余裕のないといころが透けて見える気もしますが、それはそれとして


続きを読む

さすが、ゴールデンウィークと外出自粛の合わせ技。

1話放送後から、ずっとアノ人のことが気になってまして、筆をとったら わたくしにしては珍しく、丸一日ほどで描けてしまった
トミカ絆合体アースグランナー より マッハゴウさん、withジャイロン。

2020-05-06_earth-granner_mach-gou_with-gyron1610.jpg 2020-05-06_earth-granner_mach-gou_with-gyron1609.jpg 2020-05-06_earth-granner_mach-gou_with-gyron0403.jpg
(左)1920*1200 / (中)1920*1080 / (右)1024*768


運転テクニックを買われて入隊したものの、なんーでだか ガオグランナーと通じ合えなくて、
で フタ開けてみたら、動物と特別仲良くなれる人じゃなかったからダメだった とか。
フツーの人なら、バブれますよってに。

続きを読む

ひさびさ、トラフォい話など。

今回、長々とテキストつづきなので、そういうの読むのは まどろっこしいと感じる方向け、
まとめ絵から。

2020-05-02_idea-of_great-strategy-of-the-union.jpg

トランスフォーマー合体大作戦 いまよみがえるならば、案。
チームは6体単位ではなくて、3体1セット。 2チームが参加することで6体合体が完成。
ただまあ、↑ みたいに別種で合体するとシックス某と名乗りにくいので、同系統2種をリリースし、その同種合体のみ、名前つきとする と。

続きを読む

ふたあそびめは、こんなんでどう。

やっと手にできたということで、引き続き、あそび続けている トミカ絆合体アースグランナー

そういえば、このときのためにと買っておいた ビルドアップトミカシリーズ
いまこそ 活躍してもらおうかー


2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah1.jpg

ドラグニルアーマー・セット・アースグランナーレオチータ。
戦闘補助を行なう自律稼働AI搭載トミカ「ビルドアップトミカ」のレオチータ対応型であり、それ自体がアースエナジーの蓄積装置でもある、
オロチトミカを核とするドラグニルアーマーを装備したレオチータ。

・・とか、どない。
関係性のない2商品ですのに、赤白緑3色の色味が偶然にもぴったり合って、これしかないでしょうー の感。


続きを読む