一足遅かったり、早かったり

な感じで やってきた、クリスマスプレゼント。
主は自分から自分宛てのものですが。


遅いめにきた品は、遂に降臨 
自炊の必需品・炊飯ジャー 
ジャスコでの見切り品、特価5000円。
これで冷凍食品漬けの日々から開放かー

 eijaikaya-2005-12-27_suihan-jar.jpg


早いめにきたものは、いくつかあるんですが
まずはー こないだの休みに、
ひさびさハローマック行ったときのコレ

 eijaikaya-2005-12-27_diablock_block-insect.jpg

ダイヤブロック ブロックインセクト
DXとどっちにしようか、かなり迷いながらも
千ン百円の差は越えがたく、こちらを選択。


 eijaikaya-2005-12-27_nexus_hero-pictrial2.jpg

それと同じ日に買ってきたのが
ウルトラマンネクサス ヒーローピクトリアル Vol,2 千樹憐 編
前回同様、内容の濃い一冊でした
最終回を残す次号 Vol,3も気になります
つーか最終回だけで一冊埋めるっつーことはなかろうから
ナニが収録されるんだか、今から楽しみ。


そしてー 本年の最後を飾るにふさわしい
熱望していたド本命が、サンタさんから届きました
ガイキング -LEGEND OF DAIKUMARYU- (1~5話)


放映開始直前まで 情報も少なく、
またテレ朝公式のストーリー解説がワケワカな内容だったこともあって
そう期待はしていなかったんですが
たまたまOPを見る機会に恵まれて、拝見してみたら
なんすかこのー イイカンジの正統派ロボットアニメ具合。
こうなったら是が非でも本編見るしか!
とか言ってたら、以下略

ちうか、すんませんサンタさん
到着してから10日以上も経った、今頃のレポになりまして。
高知名物 都まんお送りしましたんで、許されて。


とー いうことで早速見た、ガイキン。
イイカンジもなにもコレいきなり
ココロの作品としてランクインしてきたまった。
特に3話では、最初っから最後まで
ハナはぐじゅぐじゅ なみだはボロボロの、泣かされどおし。

それはまあ、確かに 作画レベルは安定しているとは言えない。
スケジュール面でかなり厳しいものがあるのか
アップに関してはかなり気を遣っているけれど、
ロングになると デッサンの怪しい物体になることも、ままある。

がしかし こちとらカーロボ・ダイガン・マ伝で
そういうのには慣れっこですんで <いいのかそれで
ノーマルモードの主人公の髪型が、どれを正解と見ていいか
未だにわからんとこも、許してしまおう。
まあ、さすがに5話は 笑うしかなかったですけどー
ホンマに大変なんやなあと。


以下、箇条書きで。

・ 第1話、ロボバトルまで少し長すぎる気もしないではないですが
  見返してみると、さほど気にもならず。
  冒頭、襲撃される海上油田基地には、妙に既視感が(笑
  ダリウス軍出現から一気に話が始まってゆくところは、なかなか爽快。
  もったいつけず、視聴者の見たい画(ロボ搭乗>必殺技でキメ)まで
  見せてしまうのも、またイイ。

・ 第2話、オナゴがやたら登場してくる辺りは
  そういう時代の作品なんだから、仕方がない。(棒読み)
  ただ、キャラクター的には無駄なく機能できるというところも見せてくれる。
  余談ですが「おまえはおれだ」ってのは、
  もしかして、旧作挿入歌のフレーズにも引っ掛けてるのかしらー。

・ 第3話、お話の筋は凝ったものでもないながら、
  演出の妙、ベテラン・田中真弓のうまさと相まって、心が熱くなる名作。
  ダイヤの母の、普通人的な描写もいい。
  飛び去るダイヤを見送っての(・・自主規制)が、胸に痛いが
  ここで物分かりのよい人にしてしまわなかったところに、
  このガイキングの良さがあるといえる。
  敵四天王の本格的な顔見せでは、短い中に、
  各人の個性が鮮やかに描かれており、なかなか楽しい。

・ 第4話、前回とはまた別の意味での傑作。
  こちらの回はまっすぐにアツくって、オトコノコ的に燃える燃える。
  当初反発したガリスの言葉、その意味を、身をもって知り奮起するダイヤ と
  お約束のストーリーなれど、単調にならないところは さすが。
  作画もこれまでの中で、最も安定。

・ 第5話に関しては、えー
  誠に残念ながら、話に集中できませんでした いろいろ気になって(笑
  作画面の問題もさることながら、ダリウス界のイメージが
  ちょっと貧相とゆーか、ちょっとどころでなくって、もー。
  ま 今後、ダリウス側のキーキャラクターが絡んできたりすれば
  また違った見方もできることでしょう。多分。

・ うえだひでひと(マ伝監督)、大川透(マ伝コンボイの声) と
  マ伝関係者がちらほら見え隠れしているのが、興味深い。
  ま偶然でしょうけど。

・ そういえばー 大空魔竜とガイキング
  パイロット版のデザインから、なぜ旧作まんまのものになったのか
  いつの時点でなったのか、そこんとこの事情が知りたいような。
  確かに しっくりきてますけど。今のでも。

  ちなみに
  > 大空魔竜の頭部、背中にある背びれ部分、
  > 尾についた後部ロケットブースターがそれぞれ
  > 頭部とボディ、両腕と翼、腰と両足となり合体誕生する
  テレ朝公式、東映公式のどちらにもこの記述があるんですが
  つまりコレがパイロット版の合体方式だったつーことなんですかね
  ちうか見直してみたら、そうみたいすね。


ちうかこんな長々書いといて
ガイキン画像なしかいな。みたいな。(すいません

この記事へのコメント

  • 先生もガイキングみたとですか。
    やーやっぱりロボットアニメは良いよ~
    おいちゃんは未来科学の利器のおかげで見れてます。

    なんか敵のほうに緊迫があって今後展開が楽しみです。
    まあこの辺の話は先生の体が空いた時にしましょうね。
    2006年01月02日 21:37
  • michusas

    いやー ガイキンいいね。
    ひさびさに燃え立つものを感じるかも。
    スーパーリンクの1話以来。

    体が空くっつーと、とりあえず明日は空きますが
    むしろ1・20 ノア高知大会の日でどないか。
    小橋・健介組の予兆を見られる かもよ。(ないかも)

    参考リンク:
    http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-060103-0002.html
    2006年01月03日 18:27

この記事へのトラックバック