そういえば、骨組み報告。

Suer3体験版をいじっていた頃の、骨組みがうまく入らないー
という問題の解決に関する報告をしていなかったと思いますんで
いかにして解決に至ったか とゆーか
今んとここういう方法でやってます。な話を少し。


※以下は、Superシリーズのユーザーマニュアルをもとに
 手探りであんなこんな試した 現時点での方法を書いてますもんで
 一部について んーな手間かけんでもいいんじゃないか とか
 思われるところもあると思いますが、そういう時にはぜひにご指南下さい。

※基本的に、ヘルプにワイヤーフレーム作成方法の記載がないため
  一歩踏み出したいのになかなか先に進めないというSuper3体験版ユーザー
  のために書いてますんで、製品版をお持ちの方には
  オモロイことないと思います 念のため。


ではー 早速
お手持ちのロボいrokファイルをSuper3体験版で開いてみますか。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy1.jpg


 まず、骨組みレイヤーを作成します。
  レイヤーウインドウは最初は開いていないので、
  「ウィンドウ>レイヤーウィンドウ」で表示し、
  「新規」ボタンを押して新規レイヤー1枚を作成。
  (例では分かりやすいように、ボディ、骨組みなどレイヤー名を変更してます。)

  次に、ボディがあるレイヤーの鉛筆マーク(編集/ロックボタン)をクリックして、
  この編集ができないようにしときます。

  これから骨組みを作成するレイヤーをクリックして、準備完了。



eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy2a.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy2b.jpg

 中心線を結ぶ。
  線入力ツールを選択し、ボディの中心、頭頂部から下に向かって
  まっすぐに線を引っ張っていきます。
  (大体この辺が真ん中。という辺りでいいハズ。)

  右が作業時の表示、左はその中身。
  ※分かりやすいようにフォトショップで半透明のレイヤーかぶせてます。
  
  後から点の追加は出来ないようなので、関節を入れておきたい場所は
  この時点で決めとく必要があります。

  ちなみに例の、以前うまくいかなった原因ですが
  どうもこの 最初に中心線を引っ張る ができていなかったため、なんじゃないかと
  ま Super3体験版をアンインストールしちゃった今は
  もー確かめようも無いわけですが。



 関節の位置確認をします。
  一見不要な作業に見えますが、実は線入力ツール
  いきなり中心線の関節上にポインタを持っていっても、なんの変化もしないため
  誤入力をしやすくなってますので、面倒ですがやっといてください。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy3a.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy3b.jpg

  ということで
  右の画像が、頂点選択/移動ツールで首の関節を選択したところ。
  ※矢印及び丸い囲みはフォトショップによる(略

  中心線を書いたときと同じように、関節を入れたい場所で順番にクリックして
  右腕のワイヤーフレームを作成していきます。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy3c.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy3d.jpg

  再度位置確認。今度は右足を書くので、股間を選択。
  同要領で右脚のワイヤーフレームを作成。



eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy4a.jpg

 ここまでの作業状態を確認。
  できてますかね。



 反対側を作成します。
  まったくおんなじ点をカンだけで書くのは、
  割としんどい(キチンと位置を揃えたいヒトには)作業なので
  右側をコピーして反転するとか なにか方法がないかといろいろ試してますが
  今んとこ、ウチではいい解決法に行き当たってないので
  まったくおんなじ点をカンだけで書いてみてください とりあえず。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy5a.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy5b.jpg

  例によって位置確認、左腕のワイヤーフレーム作成。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy5c.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy5d.jpg

  位置確認、左脚ワイヤーフレーム作成。



 これまでの作業状態をチェック。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6a.jpg

  やはり、左右で見比べてみると関節位置にズレが目立ちますんで
  グリッドを物差しにして修正といきましょう。

  立体物によっては、モノに比べてグリッドが小さくなっていたりするので
  「立体>グリッド設定」でグリッド設定ダイアログを表示、
  その中の. "大きさ"、"ますめの数"を調整して具合のよい大きさにします。

  なお、マス目は床面にしかないので、
  回転ツールを使ってモデルを90度回転させる必要があります。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6b.jpg

  修正後。
  微妙なズレまでは拡大しても直しきれない
  (場合がある)ので、そのままでー



eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6c.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6d.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6e.jpg

  正面からの修正が終わったところで、今度は横から修正。
  1枚目はワイヤーフレームの位置確認。
  足の裏まで飛び出ているのは、末端をつま先にするため。

  ということで2枚目、つま先になる点を、頂点選択/移動ツールで範囲指定。
  3枚目、その点をドラッグしてつま先に移動。
  ↑というように範囲指定せずに、1つ1つ動かしてもいいんですが
  まあ気持ちラクができるので。間違いなく位置が揃うし。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6f.jpg eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6g.jpg

  最後に上方から位置確認。
  腕の関節が中央に来るよう、点を移動。

  こちらの作業もしなくてもいいように見えますが、
  点を中央に置かないと、回転させた時に
  思わぬ方向にパーツが移動してしまうので、割と必須。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy6h.jpg

  最終確認。
  ついてきてますかー



 いよいよ関節入れます。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy7a.jpg  eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy1.jpg  eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy7c.jpg

  まず、「編集>すべてを選択」。(1枚目の画像)
  そして「立体>骨組み設定>骨組みを入れる」。
  うまくゆくと2枚目の画像のようなダイアログボックスが出ます。
  OKをクリックすれば、3枚目のように関節が入ります。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy9b.jpg

  で完成。
  「立体>骨組み設定>骨組み有効」にした後、
  頂点選択/移動ツール、または頂点選択/回転ツールで
  各部の骨組みを動かすとポーズが取れます。

  思い通りに動かすには、また少しコツをおぼえなきゃいけないんですが
  それについては 実際に動かして覚えた方が早いかもー
  (法則が分からないうちはかなりもどかしいですが、根気よくいじりましょう。)

  なお、コンボイのように
  体を折り曲げる程度の変形であれば

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy8b.jpg

  ちゃんとトランスフォームもできます。
  このままだと一部見苦しいんで、なにかしら工夫は必要ですが。
  ちうかコレ 手首の関節位置がズレてるワ。ショック。

  なお、「立体>骨組み設定>骨組み角度を初期ポーズに戻す」で
  ロボモード(最初期のポーズ)に戻せます。
  誤って「今のポーズを初期ポーズに設定する」にしてしまうと、
  手動で元のポーズにしなくちゃいけないとゆー
  めんどくさイベントが発生してしまうので、注意。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy9b.jpg



で ここまでが、骨組み入れる話。
ポーズが取れるようになってくると、やはり欲しくなるのは武器
っつーことで、早速作って持たせてみましたコンボイガン


eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy7c.jpg

・・持たせるの失敗。
コブシと銃が前腕についてきません。
何度やってもダメ コブシと銃をグループ化してもダメ
ナニが原因なんすか、一体。



とか思いながら とりあえず変形させてみたら、
原因が分かってきたかも。

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy8b.jpg

なんか、足の方の関節に影響を受けているらしく
足を動かすとコブシと銃も一緒になって動いてしまう とゆー
それならこないだ学んだアレだ、骨組みの影響範囲の変更だ。

結果:
何度試しても、やっぱダメ。
またもや宿題がー


とりあえず今回については、
仕方がないので位置合わせで持ってる風に見せかけてみた

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy10b.jpg

eijaikaya-2005-03-09_rokkaku-convoy10c.jpg


三歩進んで二歩下がる。
ナムナム。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック