旅立つ朝に別れを。

10ヶ月、長いとも短いとも言えぬ その間 
遊んだ時間は短くとも、君達との楽しかった日々は忘れまい 

eijaikaya-2006-11-03_tabidachitoys.jpg

てなー感じで、こないだの日曜日、
獣王たちは わが家から旅立ってゆきました 
ロクイチ用部品取りで確保していたジャガーロード、
6年間がんばってくれたVHSデッキとともに。
ちなみに行き先はハードオフで、お値段
2,350円(内訳:獣王2,150円、他各100円)でした。

その替わりといっちゃなんですが
入ったばかりの給料をポッケにつっこみ、ザラスに行った(超危険
ら、うっかり新獣王を買い揃えてきちまいまった


NewRay社製 1/12 RoadRider collection

eijaikaya-2006-11-03_gsx-r1300r_1.jpg eijaikaya-2006-11-03_gsx-r1300r_2.jpg eijaikaya-2006-11-03_gsx-r1300r_3.jpg

SUZUKI GSX-R1300R HAYABUSA
パーソナルカラーがリュウケンドーとぴたりカブって、
見るからに専用マシンな雰囲気。
撃龍剣2本差しは両面テープ使ってます。
塗装のはがれが怖かったんで、ソッコー外しましたけど。


eijaikaya-2006-11-03_crf450r_1.jpg eijaikaya-2006-11-03_crf450r_2.jpg

HONDA CRF450R
リュウガンオーとオフ車ってのはー
一見イメージに差があるような気もしないではないですが
折々見せる体当たりのスーパーアクション
(白眉はやはり、パワースポット内での壮絶肉弾戦。
それをシメる胴回し回転蹴りは、さすがプロの技でした)
その辺りからの発想と思っていただければ。
ちなみにこれのみ、maisto社製。


eijaikaya-2006-11-03_v-max_1.jpg eijaikaya-2006-11-03_v-max_2.jpg

YAMAHA V-MAX
色合いはちょっとばかし異なりますが
あえてリュウジンオー用でどうかと、V-MAX。
黒素体の一般販売はまだか。


eijaikaya-2006-11-03_yzf-r1_1.jpg eijaikaya-2006-11-03_yzf-r1_2.jpg

YAMAHA YZF-R1
こちらは、リュウケンドーとはなんのゆかりもないですが
うちのアクプロの余ってる人と。
しかしこの色合わせだと、アレやね
アギト(ライダーの)の方が似合ってた気がしないでもない。


eijaikaya-2006-11-03_yz426f_1.jpg eijaikaya-2006-11-03_yz426f_2.jpg

YAMAHA YZ426F
リュウケンドー2体目の獣王、とゆーか
Vジェットに対するブルーバージョンとゆーか。
競技用マシンだけに、メンテ用スタンド(ぽいもの)が付いてますが
簡単に取り外し可能。(要ドライバー。)


各599円、5台で2,995円。
空くはずだった部屋のスペースは、これで半分に。
なにやってんだー

・・まあ いいフンイキ出してるんで、
ヨシとするか。<いいのか



あと 思い切りついでに、数週間悩んだ挙句
ラスイチ狩ってきた、投げ売りスタコン。

eijaikaya-2006-11-03_starconvoy1.jpg

単純ながらも、各所に採用したラチェット関節で
気持ちよく変形できてしまう機構といい
基地のフンイキ満点のマイクロトレーラー収納ギミックといい
立体的には非常に満足度の高い一品。
まあ TF漢なら という条件がつきますけど。

eijaikaya-2006-11-03_starconvoy2.jpg

思えば、発売当時 興味はあったけれど
コンボイにガンダムアンテナが!とか
よりによって名前がスターか!とか
素直に受け入れられずにスルーしてしまって

7、8年ほど前のモチャ探索行で再び出会った折も
迷いながらもスルーして、次に行ってみたら もう無くなってて、
今回が3度目の迷いどころだったとゆー。
いや やっぱ、買ってよかった。
今回は大事に田舎に持って帰って保管しとこう。



ところでスタコンといえばー
思い出すのは、以前
おじさまのどなたかだったか語ってくださった
妄想"その後のロディマス"。

ザ☆ヘッドマスターズ劇中にて
マトリクスを腹ん中に抱えたまま TFの新天地を探しに旅立ち
持ち逃げのそしりを受けていた(熱心なファンからは)
そんなロディマスコンボイですが

実は、新天地探索の過酷な旅の中で、
彼のボディは大ダメージを負い
遂には、生き延びるための唯一の方法として
マイクロボディへの乗り換えを選択しなければならなかった
そしてその際、マトリクスの器と一体化を余儀なくされた と

地球に帰還したロディマスが
スターコンボイの胸部に搭乗するのは、
つまりそういうことなのだという
コレはかなり、目からウロコなトランスファン的
愛のあふれる妄想ウラ設定。
オフィシャル認定してくんないかな。>タカトミ

ちなみに艱難辛苦の果てに発見した新天地こそ
V惑星だった、という話でした。完璧。

この記事へのコメント

  • 学研

    ああ…獣王が…獣王が…(T_T)
    新獣王と聞いて、てっきりリデコの方々を揃えなさったのかと焦りましたが。
    いや新獣王の方々リーズナブルですな。いつもながらポージング良すぎです。ガンオーにオフローダーは目ウロコですな。確かに似合うかも。
    スタコンに関しては何から何まで激しく同意ですね。手の甲の肉抜き穴以外かなりいい感じ。マイクロンの皆さん、とっとけば良かったなぁ…(泣)
    2006年11月04日 11:14
  • michusas

    リーズナブルではございますが
    サイズ差は実は、実車とずいぶん違っていたりします
    (アクプロは多分、1/10なんじゃなかろうか。)

    > 肉抜き穴
    気になりますよねってゆーか
    最初は、腕を向ける方向間違えたかと思いました(笑

    今回のスタコンにおける、もうひとつの大きな収穫が
    やはりマイクロロディマスでして いやー
    長い間、パチモン( ↓ 画像中央)で気を紛らわせていたのが
    ようやくスッキリスッカリいたしました
    eijaikaya.up.seesaa.net/image/eijaikaya-2006-11-03_pachirodimus2001.jpg

    > マイクロン
    田舎のダンボール箱から発掘
    ・・してくる勇気は さすがにナイかなあ。
    2006年11月04日 21:19

この記事へのトラックバック