私が悪うございました。

誘惑に勝てず買ってきたった
アクティックギア

とりあえず、ボリューム重視で
レッドショルダーカスタムと 
あと、ダイビングビートル付きヘリコ。

eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog0.jpg

で やね。
その昔やってたみたいに、ジャスコ駐車場に停めた車ん中で
簡単に撮影して済ませようと思って、箱開けたんですが
結局諦めました。
このパーツ数を車中で扱ってると、無くすわな。

eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog1.jpg

ちうか、表題の通りなんですが
ウインドウから見える部分だけで判断して
ボリュームがー とか言ってた自分を反省。


eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog2.jpg eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog3.jpg

早速組んでみる。
パーツ数が多そうなんで、ちょっと時間かかるかなと思ってたけど
あら、案外ちょちょいで出来るのね。

ATといえば、の降着ポーズは もちろん完全再現。
このための足周辺のギミックや、
コクピットハッチ開閉のためのスライド機構などなどー
考え抜かれたアイディアが、なかなか好印象。
関節の可動も、なんてスムーズな。


eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog4.jpg

現行ミクロと対比するとこんなな感じで。

eijaikaya-2006-11-24_acticgear-scopedog5.jpg

乗れませんでした。
残念。


モデルとしては、プロポーションもイメージ通りで
各ギミックの満足感もありますし まあ、それはいいんですが

ただ、うーん 気になる点もあるわけで
特に ちんまいパーツがぽろぽろ落ちる ってのが、どうにもストレス。
原因のひとつに、接着されてないってことがあると思うんですが
左腕のキャノン(名前失念)をジョイントする肘パーツが
1mm程度のポチで非接着固定してあったりとか。

スコープドッグだけの話かと思いきや
ダイビングビートルも足の板なんかは、
あんま触りたくない感じだったりして

結論として あくまで個人的な感想ですが
なんでまたこの小ささにしたんかなあ と思わないでもない。
もうワンサイズ、できればミクロサイズまで大きくしたなら
ポチの保持力も上がったろうから、わずかでもマシになったような。
オトナの事情ってやつかー。


ただ、アクティックギアの面白さはよく分かりましたんで
今回、撮影は間に合いませんでしたけど そのうち
ATフライ&ダイビー(カン・ユー付きってのがまた、気が利いてる)
も、じっくり触っておきたいかな。

この記事へのコメント

  • uki

    1/48にしたかったのかな?
    1/35でも良かった気がしますけど。。。
    よく動くクセに動かして遊べないとなると
    ストレス溜まりますねー。
    2006年11月27日 07:01
  • michusas

    ひとつには、あの大きさなら
    他社商品では展開できないビークルが出しやすいってので
    差別化の意味はあると思います。
    今度発売されるジオラマのやつも その流れかなとか。

    > ストレス
    早速箱にしまってまいまった(笑
    2006年11月29日 06:44

この記事へのトラックバック