変身ヘルメット。

なんてのはどうかと、考えてみた。

本編では、ヘルメットをかぶると変身準備 
軽く殺陣をはさんだ後、バイザーを下ろすことによって変身 
・・という風に使用すると想定。

まあ、従来商品でも ヘルメットってのはー
定番アイテムではあったんですが、
この案のキモは、安価な作りのそれを
シリーズの中核アイテムにしてしまおう、という話で

絵にすると、こんなな。

eijaikaya-2006-12-10_henshin-helmet.jpg

変身ヘルメット(¥4,980)
変身ベルト(¥2,480)
変身ブレス(¥1,280)
変身パジャマ、変身シューズと合わせて
コンセプトは「ヒーローへの完全変身」。

ヘルメットはボリュームがあるため所有感も充分で、
しかも最も印象的な「ヒーローの顔」そのものってので
作り込めば、子供さんには結構クるかなと。
何よりも、変身することで世界(視界)が変わる、
ココがおいしいとこかな と。


具体的な主要ギミックに関しては、
メットをかぶった後、電源ボタンで起動。(効果音つき)
バイザー下ろせばスピーカーから「変身!」(音声サウンド)
と ともに、電飾がきらびやかに発光。そして変身完了音。

機構的に、メット単体では
子供さんのアクションと連動させるのは難しいので
変身後、時間が経つと サウンドが勝手に始まる方式を採用。
まずは状況が差し迫るような効果音が鳴り始め、
それが第2段階に達した時点でボタンを押すと、必殺技サウンド炸裂。
その後は、継続して遊ぶことを考慮して、
一定時間経過後に効果音が再び鳴り始め以下ループ。
バイザーを上げることによって電源オフ。

ベルトとブレスは、単体では まあまあの遊べようなれど
ヘルメット側に隠された音声・電飾ギミックを発動させるキーでもあり、
3つを揃えることで最大限のプレイバリューを発揮する趣向。
(もちろん、パッケや広告ではその点を大きくアピールする。)

例えば、ブレスについては
メットの前にかざすことで、モードチェンジ効果音発動。
そしてブレスを変形させ、再度かざすことで、その必殺技音発動。
この機構は、そう複雑なものではなく
ブレスには磁石かなにかを仕込んでおいて、
メットに近づけたのが1回目か、2回目かを判断させるだけ。
(つまり、実は変形させなくてもOK。)
この内容なら低コストで再現できるかなと。

ベルトは、ヘルメットとどうやって連動させるかが
ちょっと考えどころなんですが
ヘルメットやブレスに合体させるような装備を吊り下げる、
いわば「変身グッズホルダー」に、簡単な音声ギミック導入
(装備をホルスターに入れるとガチャリと効果音が、みたいな。)
・・といったところが無難なセンか。

ちなみに、変身スーツでなくて変身パジャマなのは、
そっちの方なら親御さんが買いやすそうなので。
子供さんも、おねんね準備を喜んでしてくれそうだし
着替えて、テンション上がって遊びまくったら
疲れてそのまま就寝。みたいな。
(上がりっぱなしで寝やしないかもしんないけど。)


さてー ここからは現実的な話で
問題点として懸念されるのは、やはりコレですかね。

 ・ 重い。

  電飾、スピーカー、電池(単3×2?) と
  本体重量に加えてそれぐらい乗っかかるとなると、
  主購買層のうち、幼年にとっては事故の危険性もあるような。
  ジャングルジムの上でかぶってて 落下したりしたらとか
  考えるのもコワイ。

  重量軽減策としては、まずはやはり
  電源とスピーカーをヘルメットから下ろす。
  首周りに装飾(プロテクターなど)つけて その中に仕込むとか。
  ベルトからコードで供給するというのも一案ですが
  絡まって余計に危なそうなのと、何よりも
  ヘルメットが単品で遊べなくなるので、ダメか。

 ・ 視界不良

  こちらも危険性の話で、バイザー下ろした状態だと
  どうしても視界が悪くなって事故の可能性が高くなる気が。
  バイザーを従来商品同様、薄めのスモーククリアにすれば
  それで解決 するのかな。
  事故の前例は、なかったとは思いますけど。
  あと、できればバイザー内に
  ヘッドアップディスプレイよろしくLEDをつけたいところですが
  あんまりよろしくないかもしれない。目には。


まあ、コッチ界隈としては
これが問題といえば問題ですか。

 ・ 大きなお友達 非対応。

ベルトやブレスなら、バンドの延長でなんとかなりますけど
ヘルメットはさすがにどうにもなりますまいー。
まあDIYの店で安メット買ってきて移植する
(更に日常でも使用する)ツワモノもいそうですが。今の世の中。

この記事へのコメント

  • 学研

    臨場感はかなりあるかもですね、コレ。
    位置に気をつけないとLEDの光が自分じゃ見えないかもですね。
    シャンバイザーってどう処理してたんだろ。
    ファイズフォンに本物の携帯仕込んでた人を思い出しました>ツワモノ
    2006年12月10日 12:01
  • uki

    サイズの調節ができないのが一番の欠点じゃないかと、
    対象年齢ぐらいの歳だと1歳違うだけで、
    結構大きさが変わりそうな気がします。
    2006年12月11日 01:00
  • michusas

    > シャンバイ
    ああ、シャンバ

    ・・・そういえばありましたそういうのが。<今頃か
    とりあえず検索してみたところ、
    詳しいレビューをされている方のページがあったんで
    読ませていただいたんですが 額のクリスタルが発光して
    それがバイザーに映り込むようで。
    それで十分かもなあという気もー。

    > サイズ
    そこんとこはあんまり深く考えてなかったとゆーか
    実際に変身ヘルメット( ↓ 例)
    www.takaratomy.co.jp/products/ryukendo/products/0001/0006.html
    があるから、まあ大丈夫かなとか。

    というよりもー
    こういうのかぶるってのが
    本当にちんまいお子さんだけってこと
    なのかもしれない逆説的に。
    2006年12月13日 17:02
  • uki

    いや、そう言うのが有るのは知ってるんですけど>実際に変身ヘルメット
    所詮メインアイテムの補助アイテムじゃないですか?(のわりに高いけどw
    ギミックも重さも少ないだろうから、
    顎紐だけのテキトウな保持力でOKだろうけど、
    色々詰め込むとなると、グラグラじゃ遊び難いんじゃないかと。

    頭のヘルメット部分はパジャマのフードに任せて、
    スキーゴーグルみたいなモノにしたらどうでしょうか?
    2006年12月13日 18:55
  • michusas

    いちおうその辺の対応策を、考えてはみて
    そして結局ダメかもしんないなあという論調で
    しぼんで終わってるのが、本文だったりするんですが
    (ミもフタもない。)

    自分でかぶった時の感じだと
    ちんまいお子さんには、やっぱりあれ以上の重さは
    危険性が高くなるような気は、しないでもないかな とか。
    具体的な実験をしているわけじゃないので、
    予想の範囲でしかないんですが。

    メーカー側も考えたことないわけないよなあとは
    思ってましたけども なぜ商品化されないかって考えると、
    やっぱりその辺なんすかねえ。理由としては。

    > スキゴ
    そー それだとますますシャンバ(略

    まあ、ヘルメット そしてヒーローの顔そのもの
    ってのが狙いどころなので、ゴーグルだと
    ちょっとズレてしまうわけでございます。
    2006年12月15日 13:14

この記事へのトラックバック