この後片付けは、もはや使命。

とー いう気持ちも、なくもなかったり、
こないだのダイアバトルスV2を使った マグナス芸。

購入直後だったこともあり、早いうちになんかネタっとかんと、
巷のダイアバトルス祭りに乗り遅れたら損。という思いでやってみたんだけど
ギミックスキーなわたくし的には、もうちょい仕込みがしたかった気がしていて、
つまりは、表題のような心境でございます。


で 以下、この数日の成果
パワードダイアバトルスV2、テイク3。

2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko4.jpg

て こないだのアイデンティティの半分は、マグナスのウラ側使ってるという点にあったのに
結局正面方向を使うんかーい (しかも背面の腰部分がやっぱりスカスカ)

まあ エエのです
もっとウルトラマグナスまんまな感じが出るのかな、という思いもありましたけど
案外そうでもなかったし、伏目。


2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3tate1.jpg 2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3tate2.jpg

飛べるかどうかは別として、青いウイングを装備。
ボレットファイターは、余分に乗っかってるだけのように見えますが、
腰スカスカ感を軽減させるという、大きな役目を負っております、視線誘導的な意味で たぶん。

とー ここまで書いて、スカスカ部分にボレットファイターはめればよかった!と気が付いた。
撮り直し はいたしません。さすがにめんどい。

2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko1.jpg 2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko3.jpg
2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko6.jpg 2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko5.jpg

ダイアバトルスのパーツを一か所に集めた、バリバリの逆三角形な体格。
ただしー おかげで肩が、ほとんど動かせなくって、思うようにポーズがつけられないとゆー


2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko10.jpg

おもむろに、巨大剣を装備。

セイバーさんの首とったり。という絵ヅラにしか見えませんが
気のせいか 気のせいだな うん・・。

2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3tate3.jpg 2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3tate6.jpg
2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko11.jpg 2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko9.jpg

まあ 前回、デカイ獲物がほしかったけど出来ませんでしたつーところが惜しかった感はあるんで、
その点はクリアできたかなと。



でー なんだ、せっかくギミックスキーとか名乗ったんだから、
もうちょいコレで遊んでみようかな と。

いうわけで

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car2-1.jpg

パワードダイアバトルスV2、キャリアカーモード

いろいろ気になる点は見え隠れしてますけんど
カラーリングの統一感で、ごまかせてる気が するようなしないような。

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car1-1.jpg 2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car1-3.jpg

構成的には、うつぶせ寝ダイアバトルスのふくらはぎに、ジョイント半分ずらしてボレットファイターを装着。
乗っけてるだけ感ありありですが、固定はできてなくもない というカンジ。
セイバーさんもちゃんと駐機できてます。屋根の上は好みじゃなかったんで、1階に鎮座。

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car1-2.jpg 2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car1-4.jpg

うすうす感づいてらっしゃる方もおられると思いますが、
牽引というほど、キャブとトレーラーはガッチリくっついていなくて
まあ はっきり言って、見立て合体ですよ そこんとこは。<居直るな

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car2-3.jpg 2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car2-2.jpg

セイバーの駐機は、グーゼンですがそれっぽくできていて、後輪はちゃんとストッパー止め、あり。
前輪もマグナス右足とマグナス左足の間のミゾにはまってて、射出機用レールと解釈。
ただし発進ゲートは、幅がちょっと寸足らずで、セイバーさんは通過できませんでした。無念。

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car3-1.jpg

キャブについては、後輪らしきものが見えませんがどうーなってるんで とおっしゃる方もおいででしょうが
アレだコレ、きっと、翼自体がフリーゾン的なフィールド張って揚力を得る構造になっていて、うん
それで尾翼は折りたためば反重力的なアレ具合を得る構造になってるんだきっと。
なんて便利ワードなんだフリーゾン。ミノフスキー的。

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car3-2.jpg 2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car3-3.jpg

ロボ頭は、そのままでは真後ろ向けられないので、もぎってハメ直す、お子様テクニックで解決。
がーしかし、そのあと元に戻すとどうもユルユルなもんで、よく見たら 上からハメた後、手前に押し込む
(L字にハメる)仕様になっておりました。ゼンマイギミック作動時に頭がポロリするのを防ぐためだと思いますが。

余談ですが、ボールジョイントの径が合えば、いろんな顔が挿げ替えできると思います。
どなたか試してみてー

2016-06-05_diabattles-v2_carrier-car2-4.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_bunri1.jpg

セイバーさん出撃後、ボレットファイターもVTOL式で離脱。
キャブが立ち上がって、ダイアバトルスV2に。


2016-06-05_daiabattles-v2_sotai-tate1.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_sotai-tate2.jpg

キャブだった時の流れで、翼はさかさまに装着。
翼を開けば滑空形態にもなれますよ と。

2016-06-05_daiabattles-v2_sotai-tate3.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_sotai-tate4.jpg



で ここまできたら、やっとかんとコレも。

2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko1.jpg

己の身を銃身とする、決死の姿、セイバーキャノンモード。

駅弁 という単語が真っ先に浮かんだあなたは、手遅れです 真人間には戻れません。

2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-tate1.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-tate2.jpg
2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko3.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko2.jpg

砲口ちいさくね?とも思えるけれど、きっとアレだ そこからフリーゾン的ななにかが(略
便利なワードだフリーゾン。

2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko4.jpg 2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko5.jpg

そしてダイアクロン遊びらしく、射撃管制として1名乗り込んでます的な。
ハッチを閉めるのは、危険なので(ミニフィグが) 開けっ放しで乗り込み。危険かも(パイロットとしては)


2016-06-05_daiabattles-v2_cannon-yoko6.jpg

ちなみに セイバーは、いまはまだパイロットが操縦しておりますが
開発中の小型ドロイドをコクピットに組み込むことで、自立思考型サポートマシンとしての運用が可能になる という妄想。

2016-06-05_daiabattles-v2_syugo.jpg

最後に、集合写真。
立てたキャリアーの上にボレットファイターのっけただけのテキトー合体が
意外に好みの感じになってしまって、ちょっとくやしい。

ま でも、こうなると、スターセイバーのスター部分(名前失念 も持ってきて、
グレート合体までいかないとダメな気が <自分を追い詰めるのはやめろ



いやはーしかし、この6月5日時点で、アマゾンさん家はもとより
おひざ元のタカラトミーモールまで、売切れ御免の完売御礼状態
定価15,000円+Taxの高価格商品、それもマイナーメジャーな作品が、
ここまで大健闘すると、誰が予想したことか。

長らく男児玩具に関わられた高谷元基さんが中心となって製作されたことで、
有形ブロック遊びを存分に堪能できる出来栄えとなった、それもさることながら
失われて久しかった「これぞロボットアニメの主役ロボ」の存在感を体現したデザインとカラーリングが
おもちゃ漢の枠を超えて、オノコたちの心にフックした結果だと思います。

Twitter検索:ダイアバトルス を追っかけてると、
やべーコレ買っちゃいそう →買っちゃった! →おれも買っちゃった →各所で完売(そして高騰)
の流れがリアルタイムで見られて、鳥肌モン。爆発的な売れ方とは、まさにこのことか。
第2弾商品については、この再現とはなかなかならないでしょうが
注目度の高まっているこの中で、どんだけ健闘してくれるか 今から楽しみ。

あーそういえば アンケート、今回は忘れずにやっとかんとアカン。マジに。
参考リンク:タカラトミーファンズ.com

みなみなさまも、ぜひ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック