あの日を境に、のんきにネタってる場合じゃなくなった

そうー 東京おもちゃショー2016 での、ダイアクロン第2弾告知のことでございます

何が出るかなと思っていたら、そうきたか
新型パワードスーツビッグパワードGV

パワードスーツ単体の出来も素晴らしいものですのに、
ビッグパワードのみならず、ダイアバトルスとも連携できる(!) というとこがミソで、
そのダイアバトルスの発売直後から口コミで話題となり、大きな反響を得る原動力となった、有形ブロック遊びを
更なる形で遊び尽くせる、これ以上ない最高のチョイス。

アマゾンさん家で品切れ、高騰するなど話題になった直後に、こうした商品が発表されたってーのは
奇しくも、というべきか いやは、やっぱり開発陣の思惑通りというべきか。
個人的な思い入れ先行で第2弾はロボットベースがいいなあと思ってましたけど、
今回の発表で、作ってる側の、本腰を据えて展開する覚悟を見させていただいた気分。脱帽。


同時に展示されたダイアバトルスV2のバリエーション3機も、予想の上では
腕足はともかく本体はそこまで変わらんじゃろうー と思っていたら、たまげた。
東京まで飛んでって、まじまじ見たくなるほどイーカンジのシルエットとディティール具合。(参考リンク: Twitter on タカラトミー公式
ちゃんとオリジナルのダイアバトルスV2のパーツも使っていて、さりげなくバリエーション機であることをアピール。
うわ これちょっと、価格割増しでも、買わざるを得ませんろう。

販売スケジュールは、まだ発表になってませんけど
ビッグパワードは案外早い時期に発売になるんじゃないかなと。11月ぐらいには。
追ってダイアバトルスV2のリデコ勢が続々投入 とか。

もー たまりませんなあ。
フトコロ具合の心配も、たまりませんが。超心配。



で 表題では、のんきに どうだこうだやってる場合じゃ とか言ってましたけど
まあ、ニュースが飛んでくるまでに、大方こしらえていたので、以下ネタはいります。


もう ええかげん、マグナス芸はええじゃろうと 思ってましたけど
撮影後に転がしていたVスターと、撮影に使わなかったマグナス部分(便宜上命名) 見てたら
あー もしかして

2016-06-12_v-star-magnus1.jpg

やはり、ぴったり。 ※接続はできておりません


2016-06-12_v-star-magnus2.jpg 2016-06-12_v-star-magnus3.jpg
2016-06-12_v-star-magnus4.jpg 2016-06-12_v-star-magnus5.jpg

しかし、うー ん なんという、この だからどうした感。

平成ダイアクロン隊員も一応、乗っけてるんで
ゆるしたげてー



というだけでは、さすがにアレなんで

2016-06-12_v-star-bolet-fighter1.jpg 2016-06-12_v-star-bolet-fighter2.jpg

マグナス部分が分離 すると、その奥にバトルス03のコクピットが逆さま待機中。

2016-06-12_v-star-bolet-fighter3.jpg

ひっくり返して02のコクピットもくっつければ、Vスターボレットファイターが完成。
どうにかダイアクロンネタらしくなってきた。

2016-06-12_v-star-bolet-fighter5.jpg 2016-06-12_v-star-bolet-fighter4.jpg

とゆーかコレちょっと、足が黄変はじめてるじゃーないですか、ショックゥ。
買ったあとしばらく飾ったままにしてたのがアカンかった。



ちなみに分離後のマグナス部分は、どこへ行ったかというと

2016-06-12_magnus-base-camp1.jpg

前線基地となっておりました。
ダイアクロン隊員がいて、はじめて成立するネタ。

2016-06-12_magnus-base-camp2.jpg 2016-06-12_magnus-base-camp3.jpg

前面と天井をだらしなく展開して、ロードヴァイパー発進 的な。
座席だった部分がコントロールパネルみたいに見えてるとこが、ちょっとイイ。



で ここまでくると、あとはもうお約束ー

2016-06-12_star-magnus1.jpg 2016-06-12_star-magnus2.jpg

宇宙のナンバーツー、スターマグナス参上。チョーシコイてる感ハンパない。
ちょっとカッコよく見える、その錯覚の9割は、スター部分(便宜上命名)の
ポージングが決まるよう設計されてる、元々の出来の良さに頼っております。

背中から見た時の、この背負いもの感もたまりませんなあ。(悪い意味で



でー この流れになると

2016-06-12_star-daiabattles-v2_yoko2.jpg

やるしかあるまい、スターダイアバトルスV2

2016-06-12_star-daiabattles-v2_yoko1.jpg

体の柔らかい人が張り付いているだけ ではありません たぶん。
ネタ的には単純だったんですがー 肝はやっぱ ↓ ココですかね

2016-06-12_star-daiabattles-v2_tate4.jpg 2016-06-12_star-daiabattles-v2_tate2.jpg

ダイアバトルスの腕ジョイントが、実はこの部分にピッタリでした、スターセイバーの手。

ダイアバトルスさん、タカラ伝統の5mmジョイントが一切ない独自色の強さゆえ、
組み換えで遊ぶ際には腕の持っていきどころが少なくて、シルエットの変化つけるのに頭ひねってましたけど、ココだったかー

2016-06-12_star-daiabattles-v2_tate3.jpg 2016-06-12_star-daiabattles-v2_tate1.jpg

なわけで、ガンマン気取りの絵ヅラに。カッコよく見える錯覚の9割は(略
ちなみに、試みにウルトラマグナスにも持たせてみましたが、そっちはそこそこのホールド具合でした。



で だ

ここまできたら、そらもう やらんとアカン、
期待に応えて予想を裏切るはエンターテイメントの基本 なんですけど

2016-06-12_great-diabattles-v2b_yoko1.jpg

組むには組めた、グレートダイアバトルスV2
上半身は、アカンこともないこともない こともない (肩の位置に見立て合体の苦しいところがありますが、さておいて)



2016-06-12_great-diabattles-v2b_tate8.jpg 2016-06-12_great-diabattles-v2b_tate2.jpg

全身を見ると うまくいってんのか、いってないのかビミョウな感じに。裏切りすぎる (悪い意味で

イメージ的には、タイムロボ&タイムシャドウの合体だったんですがー
自立についても、トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド(の台座部分)がないと不可能
とー いうか、わずかの傾きですぐ倒壊してしまうので、ポーズ付けができないのが、残念ポイント。
足底の空洞にダイアクロンメカを仕込むつもりだったんですが、危険度の高さに、断念。

2016-06-12_great-diabattles-v2b_tate7.jpg 2016-06-12_great-diabattles-v2b_tate4.jpg

とはいえ、背中のキャタピラ具合はスキかも。
足のタイヤと相まって、合体ロボ感がムンムンしてはる。

あーしかし、頭で考えた時には、ウルトラマグナスのウルトラ部分(便宜上命名)の特殊な構造ゆえに、
案外アッサリグレート合体できるやろー と思っていたのに、おごりが仇になり、結果は悲惨なものに。ガクリ。

2016-06-12_great-diabattles-v2b_yoko4.jpg

「グレート合体は本当にあったんだ!」 的な活躍想像図。




それはそれとして
ほんまにちょっと、困っちょります。

トランスフォーマーアニメイテッド までは、アホーみたいになんでもかんでも買っていた、わたくしですが
当時の転職を機に、いっぺん購入スタイルを考え直さなアカンということで、以降のシリーズは
トランスフォーマープライムトランスフォーマーアドベンチャー も、ダークサイドムーンロストエイジ
涙を呑んで、購入を断念 (アームズマイクロンとか、超ツボ&長く使えるアイテム群だったのに)

しておりましたのにー
マスターピースシリーズ が、統一サイズ概念でカーロボットの展開を始めた辺りから、
タカトミ製品をいじくりたい指がうずうずし始めまして MP-21 バンブル の発売を機に、
一気に MP-12 ランボル からの過去商品を、怒涛買い。<アホーとしか言いようがない

でも、まあ マスターピースだけなら、追っかけられないこともない と思っていたところに、
ユナイトウォリアーズ展開と、ダイアクロン の大復活ですよ、旦那さん。
この時点ですでに、使っていい額を振り切ってはる。

とー 思っていたところに、まさかま さ かの、ヘッドマスター(タイタンズリターン)が、レジェンズ枠で年内リリース決定。
実写映画版最新作 TRANSFORMERS The LAST KNIGHT の来年展開に合わせたスケジューリングなんでしょうけど(邪推
TFの中でも、モチャギミック的には結構ハマった思いのある(8割方、カバヤ食玩のおかげですが)
そのヘッドマスターが、現在の技術でリメイクされて、このタイミングで8人まで揃うとか ちょっと どういうことー!

巷の噂では、シックスショットもヘッドマスター化されて待望の復活を遂げるらしく まあ、そちらへの思い入れは、実は薄いんですが(個人的感想
先日のタカラトミーステージショー in 東京おもちゃショー2016では、スーパージンライの今冬発売もアナウンスされたとのことで
もしかして、G1日本版路線のあんなこんなヒトたちが、続いていったりするのかな と思うと
(うろ覚えですみませんが、確かタイタンズリターンに続く次期タイトルがプライムウォーズというお話でしたし)
うわー もう、買い控えてる場合かー


・・いや、待て 冷静になれ
手元で月々使えるお金ってのは、決まっとる。
マスターピース・ユナイトウォリアーズ・ダイアクロンに加えてレジェンズまで追っかける余力があるわけが

と言いながら、体は正直。
一度は取り消したアマゾンさん家の注文を、その日のうちに改めて注文し直し。
これに加えて タカラトミーモール限定 トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-EX リンクスマスター もあるわけで
秋ごろまでは月々10K超え、9月末に至っては30K超えの大出費。※現在予約が始まっている分だけの話。

こんなん払っていけるわけねー! と言いたいところですが、そこはこちとら、自営業。
2倍、3倍働けば、払えないこともない。覚悟決めてやるしかありませんなあ。


ああ、でも 昔から気にはなってた トミカ ハイパーシリーズの、2016年新展開
ホワイトホープ に始まるウォーカービークルシリーズが、ツボでツボで
1個税抜き4,000円、7月から発売開始か。

うん ゴクリ・・。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック