大倒壊。

まあ まずは、こないだのエントリに掲載する都合で、
昔撮った トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW01 スペリオン の画像フォルダを見直していたと思いねえ。

するってえとー てめえでも、すっかり忘れちまってたんだが
こういうの ↓ が出てきたわけよ、おたちあい。


2017-03-21_unitewarriors10_early1.jpg



今や、わが家のスペースを圧迫する一大勢力であるところのユナイトウォリアーズも、この時点では、
第一弾のスペリオンが発売されたばかり。

第2弾のメナゾール が発売されたら、これの腹部以下をこしらえて
大型ユナイト試してみようか その雛形として記念撮影しとこう とか、考えていたんだ そういえば。

2017-03-21_unitewarriors10_early2.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_early3.jpg



で せっかく思い出したんだから、ちょっとやってみるかと、
トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW03 ガーディアン 使って下半身を試作。

2017-03-21_unitewarriors10_early4.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_early5.jpg

うーん 悪かあないんだけど、直立で立たせると不格好になるだろうから、足をハの字に開かせたいものの
そうなると、支えがなけりゃまともに立てず、これは困った。
メガトロニア のデカハイヒールを使えば、足首の角度調整ができますけど
可能な限り、スペリオン+ガーディアンしばりで いっときたいところ。
試しに上半身を乗っけてみるも、やはり倒壊に次ぐ、倒壊の連続。

そしてー 何度目かの挑戦の末に、
どうも、ハの字にさせることに無理があるようなので、ともかくいっぺん、直立で立たせてみるか。






2017-03-21_unitewarriors10_2-2.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_2-4.jpg

たー 立った、クララが(略
しかも、意図せずして ハの字気味に開いてますよ股。

どうも、ホットスポット股のわずかな開きが、足が伸びた分だけ、下に行くほどハの字になっていったようで
なんじゃらほい 最初からこれでよかったんかーい


2017-03-21_unitewarriors10_1-2.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_1-1.jpg
2017-03-21_unitewarriors10_1-3.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_1-4.jpg

気になるのは、ちょっとばかし、胴体が長すぎることですか。
いやは 確かに撮ってるときも、気にはなったけれど、グーゼン安定して立った この機を逃すと
いつ撮影できるかわかんないので、素知らぬフリで、撮影続行させていただきました

がー さすがに、もう一段胴体を縮める方法も、試しておかんとあかんじゃろうと、
画像編集中のPC前で、改めてトライ。

2017-03-21_unitewarriors10_early6.jpg

縮められそうに見えた股関節は、実はすでに限界。
なので、シルバーボルト機首を胴体前面に回して、わずかでも嵩を減らそうと考えたわけですがー
それやっちゃうと、ガーディアン胸プレートを正面に向けざるを得なくて、となると
シルバーボルトの足(このデカイロボの胸両側)が、支えを失って下に垂れ下がり。

それに伴い不自然なスペースも大きくなり、胴体のラインまでどんくさくなるわで、やめて正解だったか。
撮り直すとなると、どえらい労力になりましたので、思わず胸ナデオロシー。

2017-03-21_unitewarriors10_detail1-1.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_detail1-2.jpg

四肢の接続については、肩と腕は割としっかりくっついてまして、
なにせ (1)肩担当の首スペースに腕担当の腕、(2)腕担当の首スペースに肩担当の腕、(3)肩担当の機首に腕担当の腕、(4)腕担当の機首に肩担当の腕を、それぞれロック
オマケ的に腕担当の腕を胴体担当の前面出っ張りにフックさせてますので、倒壊しても簡単にはバラバラにならなくて、それは良かったんだけど
画像編集してると、パーツが思わぬ方向に向いてるのに後から気づいたりして。右肩の羽根の方向が前後で揃ってなかったりとか。

2017-03-21_unitewarriors10_detail2.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_detail1-3.jpg

逆に、足の接続は心もとなくて 下側の足と上側の足をつなぐのは、上側の足に接続したコブシのみ。
上側が下側の足をつかむようなカンジ。


そしてー この問題からは、逃げられますまい

2017-03-21_unitewarriors10_2-3.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_2-1.jpg

前後幅、超薄ッ これは想定外。
ホットスポットはしごが白いのでそう見えるだけ、というわけでもなく、正面画に比べて、なんたる厚みのなさ。
コンピューティコン も参加しての15体合体だったら解決 ・・は、ムリか 逆に。



ここまて撮った直後。

やっちまっただー

2017-03-21_unitewarriors10_clearance.jpg

「はい 撤収ー。」

「すー すんません アクションポーズもなんとか撮れないか、あれこれやってるうちに、焦ってうっかりミスしてまいまして、そこで気力が尽きてまって」
「キミ 誰の話してるの」



ちょっと横道にそれますが こんなんも発掘できました
てめえでもすっかり忘れちまってた、その2 トランスフォーマー 実写映画版第1作 ディセプティコン陣営で5体合体を模索した、夢のあと。2007年8月撮影。

2017-03-21_unitewarriors10_early200708_1.jpg

2017-03-21_unitewarriors10_early200708_2.jpg 2017-03-21_unitewarriors10_early200708_3.jpg

胴体と右腕は、MD-01 ブラックアウト アーンド MD-04 スコルポノック
足候補は MD-02 バリケード&フレンジーMD-03 ブロウルMD-05 プロトフォーム スタースクリーム

2017-03-21_unitewarriors10_early200708_4.jpg

これはおそらく、この直前に撮った、実写映画版第1作第1弾商品の発売記念 ↓ オートボット5体合体

eijaikaya-2007-07-05_unite2.jpg eijaikaya-2007-07-05_unite3.jpg

それに対して、ディセプティコン5体合体を目指していた。 と思う たぶん。
MD-07 メガトロン が発売されたら、腰回りを形作って完成。みたいな。
当時は量販店勤務でしたので、そこまで試す余裕がありませんでしたが いまならー
と思いきや、当時品はすでに帰省先に放り込み済。いや残念、残念。




先日のスーパーリンクネタに並び、今回の2チーム合体ネタも、あれこれ試しようがあるネタなんですが
ただ2組積み上げるだけなのに、えらい神経使いましたので、興味はあるものの できれば遠慮したいところー
・・とか言っといて、唐突におっぴろげる可能性も <余計な一言やめとけ


あの ちなみに、最近ずっと 平成ダイアクロン +トラフォネタがつづいてますんで
この度は、それは避けようと思ってましたけど、やっぱり合うか合わないかは、わたくし的にも気になるところになりましたので
やってみた、隊員4名+パワードシステム搭乗。

2017-03-21_unitewarriors10_da-powerdsystem.jpg


結論:やめときゃよかった。

いやしかし、待て 上半身と下半身でマシンに分離変形して、それぞれにパワスー搭乗するってネタなら、
もうちょいオモロくなるんじゃ(略

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448167219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック