先月末からこっち、この時期わたくし個人としましては

例年おなじみ、4月下旬納品を予定していた パンフレット ・・と呼べるほどでもないものを、
無償で作るサイドワークを、先日やっとこ終えまして ようやく遊んだった ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ

ちなみに、パンフ作業と並行していた、もうひとつのタスク トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ たちのお片付けも、地味に進行中。
トラフォ界隈を大いに驚かせた コンバイナーウォーズ ライオカイザー の国内導入も、どうも、ナイ話になるようで(個人的感触)
最終商品と目される UW-EX バルディガス も無事に到着したことだし、一旦箱にしまおうかなと。

一緒くたにしていた武器の、どれをどの箱に納めたらいいか分かんなくて時間かかったり
折角リンクスマスターの箱にきれいに納めたと思ったら、後から ラチェット 出てきて あー間違って ファーストエイド 入れてもた、やり直しかーい!
とかやってて、進捗率まだまだ半分というところ。でも、連休後には、身の回りが少しスッキリできる予定。


2017-04-23_da_cosmobattles-v2_2.jpg

さてー ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ。
イマジネーションを刺激する追加パーツの数々を手にして、あれこれロボスタイルを試したかったんですけど、とりあえず
こないだの、肩キャノンを後ろ向きにまとめたスタイルが気に入っていたので、改めて撮影。



2017-04-23_da_cosmobattles-v2_1.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_3.jpg

どうしてもコブシが逆に向きますので、気になる方はアカンかも。武器を持たせれば 幾分マシな印象にはなりますが。
あと、さすがの高額商品 しっかりシャッキリ足関節で、↑みたいなバランスでも、しっかり自立できます。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_4.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_5.jpg

背面で目立つ、ソードを交差させての収納は、コレ 自分で絵描いてたら
ゼッタイ出てこん感覚ですあ。有形ブロックいじってこその発想。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_6.jpg

もちろん、サブアームも展開可能。


一方で、今回初導入のボレットコネクター
どんな風に使えるのか、ちょいとー試してみるか ということで触り始めて

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet2.jpg

終わってみると結局、アホほどくっつける謎スタイルに。
カラーリングについては、左右できれいに分けることを考えながらも、チグハグカラーを選択。なんとなく。

投げ出した2本の足は、好みの分かれるところ。
ニューミクロとかダイアクロンぽい というのは、さすがに強弁か。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet1.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet3.jpg
2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet4.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet5.jpg

使用パーツは、ダイアバトルスV2V2プロトタイプ月面基地ver そして宇宙機動タイプのボレットファイターとコンテナ1つ、あと パワードシステム 赤/青。
ちょいとしたこだわりで、各所で描いたアーチが、チャームポイント。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet6.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet7.jpg

余談ながら、このアーチのおかげであちこちにヌケの部分があって、ここ最近のお手軽フォトショ作業
(被写体の周りをおおまかに範囲選択して→ 境界を広めにぼかし→ 背景と被写体をそれぞれレベル補正) だと
どうしても いい画にならなくて、うーん・・ しゃあない てんで、結構気を使って範囲選択。印刷用ほど手間はかけてませんが。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_jet8.jpg

機体中央のコンテナを開くと 青パワスーが格納されていて、上下で赤青パワスーが並ぶ絵ヅラが、地味ながらお気に入り。
暗くて分かりにくいとは思いますが。



で まあ、このノリなら

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet1b.jpg

やらんとあかんでしょうー ガッタイジェット。
ダイアバトルスV2 + V2プロトタイプ月面基地ver + V2宇宙機動タイプ + パワードシステム赤 + コンテナ内にパワスー青/宇宙海兵隊AB で
コンテナ1個を除けば、現在発売中の商品全合体になるはず。ちまちましたパーツはさすがに積めてませんが。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet2b.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet3.jpg

このシルエット、ダイアクロンらしさとは ちょっと違うカンジで うーん、どこで見かけたものだったか
思い浮かぶキーワードをいろいろ検索してみまして、やっと判明 超スーパーカー ガッタイガー かもしんない。
ええ まあ、全然ちゃうという気も、しますけど。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet4.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet5.jpg
2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet6.jpg 2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet7.jpg

機体後部は、ボレットファイターの先端部分だけで接続している関係で、もともと下がり気味だったところに
更にコンテナを付け足したことで、トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド の台座部分がないと、形態の維持も難しいってのが、ナンなところ。

単体ジェットモードの時に、なんでまたここに赤パワスーが、と思われた方もおいででしょうが
A)キャプテンシートを形成するためだった が正解。例によって野ざらしですが。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet8b2.jpg

キャノピーパカー。総勢14名が乗り組んでおります。
さすがに乗り手が足らなくて、今までの撮影では整備要員として使っていた青隊員も、急遽搭乗。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet9.jpg

コンテナパカパカ、情景遊び。

2017-04-23_da_cosmobattles-v2_gattai-jet10.jpg

最後はお気に入り、パイロットの姿がキャノピー越しに透けて見える1枚で締め。
トラフォの楽しさとはまた違う、ダイアクロンならではの良さが見える というと、大げさかな。




ところで パンフ作業・ユナイトウォリアーズのお片付け・そしてこのエントリ と
地味にタスクが渋滞していた間、ひさびさに、見たいドラマが立て続けにやってきまして

 WOWOW×東海テレビ 共同製作ドラマ 犯罪症候群
 CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
 日曜劇場 小さな巨人

うーん どの作品も、骨太で、見ごたえありそう。 しかも、刑事モノ。
これから何日か かけて、じっくり拝見させて頂きたいと思います。

とーいうか 普段なら、ドラマはそんなに熱心にチェックしないんですが、
年明けから、見ようかどうしよか、録画までせんでもええかいな と思って結局スルーしてしまった
火曜ドラマ カルテット が、やはり巷の評判は上々だったとのことで あーこれは、アレだ

その年の9月下旬ごろからCMが投下されてて、11月上旬放映開始だからまだ大丈夫だな と思って油断してたら
年の瀬をはさんだこともあり、あっという間に全話見逃して、後から苦労して見直した SP 警視庁警備部警護課第四係 にハマったときと、おんなじパターンだ。
(ちなみに、世間的には本当に大変な時期で、足を向けるのもためらわれたのですが、しっかり観てまいりました。 SP劇場版 革命篇 も。)

見損ねたー って話になると、毎週楽しく拝見してましたのに、肝心かなめの最終回だけ見逃してしまって、
それだけ借りに行くのもなあ ということで未だに見れてなくて、ビミョウに気持ちの整理が付いていない 日曜劇場 ルーズヴェルト・ゲーム とか
第1シーズン(地上波放送)、第2シーズン(WOWOWで放送)までしっかり見たのに、スピンオフドラマと劇場版を見逃した TBS×WOWOW 共同製作ドラマ MOZU とか

観るとなると、つまみ食いでなくて 頭(1話)から最後まで、ガッツリ見たい派のわたくし的には、ドラマ関連はどうも不運が多いような。
ドラマだからというよりも、1時間モノだからかもしれませんけど。
以前話題にしました ドラゴンゲート も、3時間たっぷり試合・バックステージ・そしてマイクパフォーマンスまで見せてくれるGAORAさんの放送を、
わざわざ毎週録画しておきながら、その大ボリュームゆえに視聴を消化できなくなっていって、今はリアルタイムで見れるときしか見てない(情報は追ってますけど)とゆーことも、ありましたし ねえ。


2017-04-23_da_cosmobattles-v2_group-shot2.jpg

えらいこと話が横道にそれましたが
ダイアクロンに関して あと、これは言っときたい
先日発売と相なった タカラSFランド エヴォリューション 「変身サイボーグ」の後継者たち(双葉社・刊) は、わたくし的には逸品でした と。

構成としては、タカラSFランドのスタートとなる変身サイボーグから、現在までを紹介する体を取りながら、
そのラインナップを見るに、高谷元基さんが平成ダイアクロンの開発に至るまでの経緯を、未発表企画(そして、その試作品群!)も交えながら追っており、
平成ダイアクロンの誕生を読み解くには、必携の一冊だと言えましょうー
興味深いインタビューもモリモリ載ってますので、製作ウラ話スキーの方には、オススメ。
わたくし的には、平成ミクロマンで熱望しておりました、体格差の表現が、すでに初期段階で構想されていたって点に、クリビツ。

えっ と、個人的には いま新規8センチ素体でそれやってくれても、全然かまわんのですけど
高谷さん的にタスクいっぱいいっぱいのようなので、あと4、5年は無理かもしんない(笑

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449272722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック