あの日かなえると誓った夢が、いまこの手の中で

17年の時を超え、リアライズ。

2017-07-21_diaclone_fire-convoy1b.jpg

トランスフォーマー カーロボット C-001 炎の司令官 スーパーファイヤーコンボイ の、アノ座席に
平成ダイアクロン隊員 が、ピッタリ座り。

発売当時から、コアなおじさんたちの間では、ダイクロン隊員が座れると話題になっていたトランスリペアに、
平成版ながら やっと手に入れたダイアクロン隊員をセット。 んー 感慨深い。


とー ゆー わけで
先日お話いたしました、帰省先で深い眠りについている箱の数々の、外面がずいぶん傷んでおりましたので
一般人にはなじみの薄い、特大サイズ のダンボール箱を注文して、苦労して運び込んで
この連休を利用しての、一部詰め替えをしてまいりました。

2017-07-21_diaclone_fire-convoy2.jpg

トランスリペアには床モールドも施されており、ダイアクロン隊員とのスケール感は良好。
ちなみに、微妙にクリアがかっていたりラメ入ってるのは、同じファイヤーコンボイでも
トイザらス限定 ゴッドファイヤーコンボイ スペシャルクリアバージョン を使っているから ですね。

C-023 機動隊長 ゴッドマグナス と絡めても、イケますなあ
さすがのポテンシャル、ダイアクロン隊員。

2017-07-21_diaclone_tf-carrobot-godmagnus.jpg





2017-07-21_diaclone_gokusyo-transformers.jpg
今度は、平成ダイアクロン隊員と 極小変形トランスフォーマー のみなみなさま。
モノホンとのサイズ差が気になるかと思いきや、案外、悪くない。

2017-07-21_bjpm-families_stikfas_megablock.jpg
一時期大いにハマったブロック玩具たち、BJPM ブロックジョイントプラモデル
STiKFASMEGABLOCK も発掘。中央のやつは、BJPMファミリーズ
さすがに日焼けはしておりますが、14年前のままの姿でちゃんと残っていて、ああ なつかしい。

BJPMといえば、公式サイトが こちら に移転されていて、そしてー 疎くて申し訳ない、昨年までずっと新作を展開されていたとは。
わたくし的には、凝った大物もいいですけんど、ランナー1枚程度で組める小物がもっとあったら、触ったことなかった方に向けて
間口が広がっていいんじゃないかなあと。



そして、忘れられない一品とも、ひさびさの再会。

2017-07-21_tf-collection_kagoshima-dirge.jpg

かつて商品展開されたトランスフォーマー復刻版 の1体で、
日本各地のイベントで発売された中のひとつ、コレクターズエディション 鹿児島「20世紀おもちゃ博」限定販売 航空兵ダージ
上記リンク先にて、当時の不評の程がうかがい知れると思いますが、わたくしも、その件に関して言葉を発した1人で(旧サイト時代の話)
それを見られた方が、この鹿児島ダージを譲ってくださった とゆー
結局ダージは、その後展開された トランスフォーマー アンコール でも発売されなかったわけで いま思い返しても、
お送りいただけたお気持ちとともに、頭が下がります。


2017-07-21_machine-microman-trinity_omake-hotwhile.jpg
こちらは その折、おまけとして頂いた ホットウィール
個体名は、到底検索不可能ゆえに、調査断念。

操ってるのは、ミクロマン マシンフォース マシンミクロマン トリニティ
ミクロフォース関連も、てっきり知人に譲ったと思っていたので、当時買ったものがごっそり出てきて、思わず二度見。


ゆえあって殆どを譲った 平成ミクロマン も、そこから漏れた若干数を発掘。
マイクロンの箱を処分したとき、ひと袋にまとめた その中に紛れて、ずっと眠っていたようで。

2017-07-21_heisei-microman-super-izam_tf-microns2.jpg
親和性高いじゃろなあとは思ってましたけど、平成ミクロの腕足に トランスフォーマー マイクロン伝説 のマイクロンたちを合体。
このおもちゃ然とした たたずまいが、スキ。 個人的に。
(右腕)MM-09 強襲破壊部隊デストラクションマイクロン エクスディメンジョンズ クラッシュ
(左腕)MM-21 保安警備部隊エマージェンシーマイクロン エクスディメンジョンズ ツイスト
(右足)MM-02 航空防衛部隊エアディフェンスマイクロン マッハ
(左足)MM-14 宇宙攻撃部隊スペースマイクロン エクスディメンジョンズ アポロ

ひとつ問題は、この ミクロマン マグネパワーズ スーパーイザム の型を使用した別カラー版。
何者で、どこで買ったか なにかの限定版だったのかすら思い出せず、検索しても情報が出てこない。

当時はリアル店舗での購入にこだわって、通販は利用していなかったので、限定版であるなら
トイザらスか と思いきや、こちら高知でのトイザらス開店は2001年1月1日でしたので、時期的におかしいことに。
ええ もう、まったくの謎ですあ。



それはさておき マイクロンといえば、
こちらも親和性高いんじゃないかと思っておりました ダイアクロン パワードシステムセット

2017-07-21_da-powerdsystem_tf-micron1.jpg 2017-07-21_da-powerdsystem_tf-micron2.jpg
A&Bタイプ 宇宙海兵隊バージョン の、Aタイプ
(左)with MM-12 限定版エアミリタリーマイクロン エクスディメンションズ リーコン
(右)with MM-15 海上砲撃部隊シーマイクロン フロート

2017-07-21_da-powerdsystem_tf-micron3.jpg 2017-07-21_da-powerdsystem_tf-micron4.jpg
(左)with MM-08 陸上防衛部隊ランドミリタリーマイクロン エクスディメンジョンズ ボム
(右)with MM-03 陸上防衛部隊ランドミリタリーマイクロン クラック

ダイアバトルスとの相性は、まだ試しておりませんが、そのうちトライしてみようかと。
がしかし、形状の特殊なマイクロンジョイントしか備えていないので、単純な接合方法では、結構難儀しそう。


それからですね

今回の帰省におきましては、わたくし的大本命の用事がありまして

2017-07-21_diaclone_super-machalerrt1.jpg
トランスフォーマー カーロボット C-025 音速追撃員スーパーマッハアラート
カーモードにおいて美しく造形された、そのコクピットに、果たしてダイアクロン隊員は乗れるのか否か ってーやつですよ。

昭和隊員は、そのシート形状から無理があるとは思っておりましたけど
平成隊員なら、あるいは。

2017-07-21_diaclone_super-machalerrt2.jpg 2017-07-21_diaclone_super-machalerrt3.jpg

超ねそべり気味ですが、座った と、見えなくもない。
まあ この、寝ただけ状態で満足なのかと言われると、空しさが残るわけですが。

とはいえ

2017-07-21_diaclone_super-machalerrt5.jpg 2017-07-21_diaclone_super-machalerrt4.jpg

ボンネット裏に、それとなく隊員を搭乗させれば
ダイアクロン カーロボットの仲間入りを果たした、とも 見えなくもない。

とりあえず留飲は下がったので、箱に戻して、
お盆時期に、またお片付けの続きをすることにしましょうかー



ただー 想定外だったのは、きちんとシリーズごとに箱を分けたように記憶してましたが、実は全くそんなことはなくて
大箱への単純な詰め替え作業で済むはずが、一旦大箱に退避させて→ 全部出そろう辺りでシリーズごとに詰め直す、
おっとろしい手間のかかる作業になりそう ということですかねー

それも、いちいち開封しなければ1、2日で済みそうなんですけども
今回のエントリを見返す限り、お盆休みまるまる使っても、足りなさそう。 しゃあない、しゃあない。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック