あー  っちゅう間、11月。

祖父の五十日祭が近づきました、この度、遺品整理で出てきた不要なものを、業者さんに依頼して、一気に片づけてしまおう、
ゆー話が家族から出るのは、いいーんですよ

その中に わたくしが 納屋に退避させている あれやこれや まで入れる計画があるちうーのは、どうなのよ。
まあ、10数年の間、無用に広いスペースを占拠しているので、強く反論できない立場ではありますが。
とるものもとりあえず、緊急に帰省。


2017-11-06_tidy-up.jpg

納屋を居室に改装するため、空にするのが主目的でしたので今回は、これこの通りのみかん蔵への移動でセーフ。
しかし、いつまた どうにかせいと言われることかと、恐々。

ちなみに右側の大きな箱は、今年の夏に帰省した折、特大サイズの段ボールに詰め直したもの。
他のものは、今回はそれする時間はないため、単なるこちらへの移動のみ。




2017-11-06_boxof-takara-dreamforce01.jpg

かつて 旧タカラが、R/Cロボット新時代の旗手として世に送り出した(おおげさ
スーパーロボット DREAMFORCE01 も、ご覧の通り、箱の中で永い眠りについたまま。
よみがえる日は、もう来ないと思いますけど、捨てるのも、ちょっとなあ。

こういう ↓ 体を張って撮影した思い出もありますし。

2017-11-06_20020116_takara-dreamforce01.jpg

当時出来たばかりだった高知県警本部、そこに間近い交差点の角に台を据え、トミカ2台とDREAMFORCE01を乗せて撮影。
しかも、黒いバスが大挙して市内を走り回る、異常事態の中。参考リンク:Google検索 - 2002年1月 高知 右翼
今の時代なら間違いなく、バカッター扱いされる事案。

ちなみに、Google ストリートビューを参照しますと 大体この位置 ですね
実際は、もう少し北の歩道上から撮影したと思いますけど。



話を戻しまして

気になったのが、大きい模造紙でくるんだ、謎物体。

2017-11-06_boxof-great-gattai.jpg

開けて納得、中身はグレート合体箱×4つ。
片づけた当時は、コレまとめて入れられるダンボール箱がなかったからか。

そういえば、新世紀勇者復活計画 ゆーものもありましたが、
手元にないものがグレート箱で出ていたら、ぜひ買っときたかった。今さら叶わぬ夢ですが。


2017-11-06_tf-carrobots_blackconvoy.jpg

夏からの懸案だった、トランスフォーマーカーロボット D-012 デストロンガー暗黒司令官 ブラックコンボイ の所在も確認。
シリーズ毎にまとめた箱に入ってなくて(多分、サイズ的な問題)、そら なんぼ探しても、見つからんはずですワ

年明けまでは用事続きのため、帰省してのお泊りは、出来そうにないので
整理整頓は来年になりますかねー



さて お片付け話だけってのも、ナンなので
おもちゃい話も、少々。


巷では、ダイアクロン DA-12 パワードシステム ジャイロセプター
ダイアクロン DA-13 パワードシステム ダートローダー が発売され、有形ブロック祭りの真っ最中なわけですが
まだ開封すら出来ていない わたくしとしましては、8月ごろに撮ったストックを おっぴろげる程度が、関の山。

2017-11-06_da-powerdsystem_stikfas-arms.jpg

タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-05 パワードシステムセット A&Bタイプ 宇宙海兵隊Ver のAさんが手にしているのは、
こないだ持ち帰ったランナー の中からの、唯一使える装備、STiKFAS の銃器類。
おなじSTiKFAS系でも、他の装備は径がユルかったり似合わなかったりで、ことごとく使えず。無念。
とはいえ、この銃器はちょうどイイ感じになったかな。地味ですが。


2017-11-06_vv-diabattles-v3v_preview.jpg

7月に予告した、直近ではダイアバトルス最後になるであろう大ネタも、絶不調停滞中。
カメラ深度が気になってどうだ、こうだ言わんと、イッパツ撮りそのままにおっぴろげとけばよかったと、後悔。
ビッグパワードGVが到着するまでに片を付けとかないと、自分でやってて飽きかねません。




そうそう それから、みなみな様は、3カ月も前の話題を今頃か と言われるかもしれませんが
パワーオブ ザ☆プライムズ の話も、しときたい


コンバイナーウォーズ、タイタンズリターンにつづいて、プライムウォーズトリロジー3作目が
遂に衆目のもとに明らかになりまして。(8月上旬の話

 tfw2005 - Hascon 2017: Generations Power Of The Primes Display Case Pics

前2作も発表当時、相当テンションあがったものでしたが、今回のシリーズも、
思わずもツッコんでしまう話題が多くて(いい意味で、もちろん)これまた、たまりませんなあー
そうきたか!の連発ですわ。


ホットロディマスが、トレーラー部分と合体してロディマスコンボイになる とか
少し前なら、ちょっと安直かなあと思ったりもしたものですが(個人的感想)

この度のパワー オブ ザ プライムズの、そのそれは、各形態の完成度の高さもあり、メッサ気に入った。
ロディマスコンボイ時の後頭部がゼッペキなのは、ナンですが 旧トイへのオマージュと思えば、なんとか許容範囲内。

これまで、低価格帯からマスターピースまで、数々のロディマスが世に送り出されてきましたが、
わたくし的には、過去最高のお気に入りロディマスになりそうな予感。
手に入るのは、いつだー 来年10月ぐらいまでなら、大人しく待ちましょう(何様


そしてそのロディマスと同規格で、オライオンパックスが胸に収まるG1コンボイもラインナップ。
初見では、ジンライ&スーパージンライかしらと思いましたけど、なるほど そうきたかー
しかも、アレですわ ロディマスコンボイとG1コンボイが揃うってことは
夢のダブルコンボイ誕生! が再現できるということで、この時点で両方お買い上げ確定。


に しても、こうなると、ゴッドジンライはすでに今年出てますが
順番的に言えば次は、スターセイバーまでいかないと、アカンでしょうー

劇中イメージの徹底再現に挑んだマスターピース版と同じアプローチは、難しいでしょうから
ここはひとつ、今の時代なりのスターセイバーにトライしていただきたいところ。
ロディマスのトレーラーひっくり返してリデコしての、Vスターとか なさそうでアリな話じゃないかしら。
でもそれだと、機構以外は総とっかえになるかな。



そうきたか、その2。
こういう形でよみがえるとは、プリテンダーシェル!

スクランブル合体がきて、ヘッドマスターがリリースされた、その流れから
いつか遠くない内に、再デザインされた姿が見られるのではと思ってましたけど、思ってたらすぐきた。
しかも、股から下の可動をバッサリ切り捨てた、大胆仕様。昭和ダイアクロンのパワードスーツを思い出す 的な。

てっきり この時代にプリテンダーがよみがえるなら、スマートなスタイリングで、シェルはフル可動じゃろうという予想をあっさり飛び越え、
等身高めの元祖プリテンダースタイルを、きっちりと引き写してくる、その心意気に脱帽。
とはいえ、プリテンダー好きを公言される方々の多くは、あの かわいいオッサン要素を愛でる傾向が強い(※個人の感想です)
という思いも持っていたので、ああ きっとこれは、コアなプリテンダー好きの手で企画された商品なのだな、と 得心。


今回の、タイタンマスターサイズを内部にカッチリ収納&武器に変形して他のTFに装着、というギミックは、
それだけなら琴線に触れなかったところを、プリテンダーの意匠を与えられたことによって、俄然引き立った感。
海外版では中身は13プライムのようですが、日本版は、ぜひともプリテンダー顔に変形するタイタンマスターに入れ替えた、
アニメ準拠のプリテンダーセット(サイバトロン5名、デストロン4名の2種)を、タカトミ限定あたりで発売して頂きたい気も。

と いうか、このセールスがもし好調だったなら、その昔、手の届かない存在としてあこがれたメガプリテンダーたちも、
来期にはラインナップされたりするんでしょうか。双頭のおじさん顔サイバトロン戦士 とかも。
ワクワクするわー



そして、遂に出た タイタンクラス、プレダキング!
デバスターがあの大きさなら、コンバイナーサイズってわけにはいかないでしょうよ と思っていたら、
やってくれたコレ、まさに うあーははは!デストロンの逆襲ー!(加藤精三ボイス

立体物の公開は、まだまだ小出し気味ですが 懸念があるとするなら、やはり翼があるために、
既発売のデバスターと並び立つ大きさには、なれそうにない点。

大型商品ほどコストの問題は大きいでしょうから、あの印象深い大きな翼を再現しようとすると、
必然的にボディはデバスターより一回り二回り、小さくなるはず。
合体時に、肩からちょこんと覗く程度の大きさだと、物足りないでしょうし(デザインでフォローできるかもしれませんが)
トランスファン的には、デカい決定版プレダキングが欲しいんですが、さー どうなることやら。

まあ、冷静になって考えると、↑ のサイズを目指してゆけば、胴体役のレーザークローの大きさだけで
もうリーダークラスを超えるものになりそげな。やっぱり、トシロー考えだったかな。



そして、そして そうきたかー
さすがに、コンバイナーの話はもうなかろうと思っていたところに、オボミナスですと。オ ボ ミ ナ ス 。
まさかすぎる。

しかも、こちらもまさかの、ダイノボットのコンバイナー導入が確定。
個人的には、かつてコミックボンボンに掲載された、雑誌オリジナルのダイノボット5体合体が思い起こされます
(がー 何年も前から探しているのに、なぜか未だにそれらしき記事を取り扱ったアーカイブに行き当たらないので、記憶違いなのかも)


コンバイナーといえば、金型流用を駆使して、なんとかこれまでのラインナップを繋いできた、という印象もあり。
ということは、オボミナスとダイノボットで終わるはずがなくて、キングポセイドン・ゴッドネプチューン・ダイノキング、
果ては参乗合体シリーズのゴラードラまで、きっと展開されるに違いない。(邪推

あの あと、もののついでで構いませんので、ダイノボットのリカラーが発売される計画があるとしたなら
トリケラトプスはオレンジ、プテラノドンはグレー、ステゴザウルスは草色、ブラキオサウルスは水色に染めた、
宇宙海賊セットをタカトミ限定で、ぜひ。長年待ち望まれていたアイテムでしょうし。
個人的には無理矢理スーパーリンクさせて、プテダーとホーマーを再現する遊びも、計画済み。(気が早すぎ
マスターピース版エクスカイザーとのサイズ差は、ちょっと無理があるでしょうけど。



ああー 今回も、待ち遠しすぎますぜ 来年が!

この記事へのコメント