ほらー、もー。

小銭が出来たら、ザラス向けて走っちゃう悪癖が、
鎌首もたげてしまったじゃーないですか。
なんて罪作りなの トランスフォーマー スタジオシリーズ


2018-04-27_tf_studio-series2018_toysras-instock.jpg

とー いうわけで、前回の衝動買い から わずか3日後の4月24日、再び地元ザラスに。
さすがに SS-07 グリムロックSS-08 ブラックアウト は売り切れ。



棚の在庫が少なくなっていたのは、SS-01 バンブルビーSS-02 ディセプティコンスティンガーSS-06 スタースクリーム。各残1。
SS-04 ラチェット も少なくなってましたけど、だだ余りだったのは、SS-03 ディセプティコンクロウバー、そして意外、SS-05 オプティマスプライム
棚の補充がされていた可能性はありますが、それにしても、こんなにかー と感じるぐらい。
まあ、直前までいろんなサイズのオプティマスが発売されてましたので、その影響もあるのかな、とか。(邪推
単純に、主役扱いで他よりもかなり多めに仕入れている可能性も、ありますけど。


2018-04-27_tf_studio-series2018_toysras-nostock.jpg

うまうまと スティンガー&スタスクをゲット。
ネット購入環境のない子供さんのことが、脳裏をよぎりましたが煩悩にあらがえず。

ちなみに先日の段階では頂けた クアッドバレルショットガン プレゼントキャンペーン は、店員さんが確認してくれていたようですが
頂けなかったので、すでに配布は終了していた模様。



2018-04-27_tf_studio-series2018_mpm05-barricade1.jpg

そして早速開封。
同日発売の、こちらも逸品 トランスフォーマームービー マスターピース MPM-5 バリケード と記念撮影。
個別に撮影は出来てませんが以下、簡単ながら触った感想を。


ディセプティコンスティンガーは、もっと単純な変形機構かなと思っていたので、ともするとマスターピース版まで昇華できそうな合理的パーツ移動を見るに、
お値段以上の内容は、十分にあるかなと。カーモードの完成度もヨシ。

個人的には第1作以来、久々となるF-22スタスク。※近年の実写映画版シリーズは、積極的に買っていなかった(フトコロ事情につき)ので。
変形させてる途中は、ジェット機モードはやっぱり厚ぼったくなるのかなあと思ってましたら、完成させてみると、なるほどー
こういう風にまとめたか、三角錐。しかも着陸脚の使い方・畳み方が、オノコごころにびんびんくるあ。

ブラックアウトは、こないだも撮ったんで、今更いろいろいうこともないですが
この、ヘリコの後部がパタパタ組み上がって伸びていく感触、どっかで体験したことあるなー と思ったら、
間違いない アレだ、ミュータントタートルズ マシンミューテーション マシンドナテロ ヘリコプター

その変形機構を動画で紹介されている方もいらっしゃるので、詳しくはそちらをご覧頂ければと思いますが、改めてその変形を見るに、ただただ、驚愕。
しかもコレ 1990年代前半の商品だったので、もしかするとCADでなくて図面に線引いて、この変形を実現していたんじゃなかろうか。脱帽。


2018-04-27_tf_studio-series2018_mpm05-barricade2.jpg

そして、MPM-5 バリケード。
変形機構については、スタジオシリーズの方も、マスターピースに引けを取らないアイディアが投入されていると思いますが
そこはさすがの、マスターピース。ダイキャストを要所に使用した、手応えのある造りが、イイ。

シルエットも当然、これまで以上に劇中イメージの再現に尽力されており、納得出来。
確かに、フレンジーが欲しかった気は、しなくもないですけど。


2018-04-27_tf_studio-series2018_mpm05-barricade_mpm03-bumblebee.jpg

トランスフォーマームービー マスターピース MPM-3 バンブルビー とも並べてみましたが、
ロボモードでもカーモードでも、対の存在として、なかなかの見映え。



はあー、しかし スタジオシリーズやムービーマスターピースの順調な滑り出しを見ていると、
G1リメイク路線の次の鉱脈は、ここにあったか実写映画版。の感。

年末の映画バンブルビーの関連商品も、ここに乗っかってくるのかな。
ますます小銭できたらダッシュが、やめられなくなるじゃーないですか。やだわもー。

この記事へのコメント