トラフォもろもろ、ふでのむくまま。

毎年どおりの慌ただしいゴールデンウィークも、やっとこ終わりましたので
連休序盤の地元ザラスのお話から。今更ですが。


2018-05-02_toysras_instock.jpg

4月29日、16時40分ごろの地元ザラス。
トランスフォーマー スタジオシリーズ の在庫は、この5日前とあまり変わらない様子。
この辺の、スタートダッシュはガツンとくるんだけど、一定数以上はピタっと売れようが止まっちゃうところは、さすが陸の孤島。安定感すらある。

そして、前日アマゾン買いした3種に加え、
この日この場でオプティマスをお迎えしたことにより


2018-05-02_transformers-studio-series2018_vehicle-mode.jpg

スタジオシリーズ第1弾商品、わが家に集結。
まったくアマゾン予約しない状態から、ここまで揃えたのって、実は初めてじゃーないかしら。
それだけ期待感を抱かせてもらえる商品群ということですよ。

旧商品のサイズ変更したものが混ざってるのがちょっと、というご意見も、時に目にしますけれど、
しばらく実写映画版の購入から遠ざからずを得なかったわたくしにとっては、なんーの問題もありません。



2018-05-02_transformers-studio-series2018_robot-mode.jpg

ちなみに、個別に画像は撮れておりませんが、今回購入したそれぞれの商品について。

実写映画版 第1作における商品化 のイメージが強くて、ダークサイド・ムーン版 の細身が少しイメージちがうかなあと思っていた、ラチェットは、
広めの肩幅をスッキリさせた、さらに細身のシルエットでの再商品化。でも、この方が本編どおりなのかも。頭の大きさ以外は。
おもちゃ的な面白さといいますか、アクロバティックな変形ギミックは、スパイス利かせる程度に収まってますが、なるほど納得出来。

クロウバーは、そのモンスター然とした悪役らしい姿を しっかり立体化。変形難度は、まあまあ。
いやはー しかし、今になって クランクケースハチェット 買っておけばよかった感。サイズもちょうど良さそうですし。
スタジオシリーズが順調に続いた先の、再販のような形でラインナップに入ってくる可能性に賭けてみるかー(望み薄
お手頃価格の敵役としても適任ですが、やがてラインナップされるであろうアイアンハイドのサイズをイメージするのにも、よさげ。

オプティマスは毎シリーズごとに、このおんなじ形のトラックから、いろんな変形方法を駆使しておんなじ形のロボットモードになってますけども、
この度のオプティマスも、意外な手法でこの課題を実現。ギミック的には、リベンジ版リーダーサイズに近いかも。(8年程前のうろ覚え
上半身マッチョ、下半身は足長スラリの劇中イメージは、当然のように再現。変形の手応えも十分で、これは買って損なし。
最初は いらないかなーと思っていた クアッドバレルショットガン も、剣2本だけの装備だった時に比べてポージングの幅が広がり、イイカンジに。

ただーし、バンブルビー
うちのがたまたまハズレだったのかもしれませんけど、ルーフはほとんど固定できないわ、腕は両方とも外れやすいわで、
ビークルモードもロボットモードもスタイリングが最高に良いだけに、余計に残念な気持ちに。
基本、よっぽどのことがないとメーカーさんに交換はお願いしない(めんどいので)派ですので、このままにしますけど
他がよかっただけに、うーん これは痛い。


2018-05-02_transformers-studio-series2018_form-into-line.jpg

統一サイズ商品らしく、整列させて比較。
間違いなく本編通りということではないと思いますが、概ねこんなところかと。


2018-05-02_transformers-studio-series2018_dino-ride.jpg

MB-09 ダイノライド グリムロック&オプティマスプライム ほどではないですが、ラオウと黒王号を思い出すサイズ差。
グリムロックの首周りは、上から見ると少し細くなっていて頼りない感じでしたけど、またがってもらって丁度よい具合に。
手ごろな くつわがあれば、いい絵ヅラになりそう。


で 去年、調子に乗って買ってたダイノボットたちが、
これでお払い箱になるかと思いきやー


2018-05-02_transformers-studio-series2018_grimrock-vs-dinobots2.jpg

TLK-05 グリムロック を中核に、TLK-04 ダイノボット スラッシュTLK-12 ダイノボット スラッグ
そして MB-10 ダイノライド ストレイフ&バンブルビー と急遽合体。

これで少なくとも、価格的には スタジオグリムロックに引けを取らないことに。<そういう問題か




ここ最近、平成ダイアクロン に注力していて、トラフォネタが薄かったんですが ユナイトウォリアーズ も一段落しましたし。
改めて振り返るに、この半年ほどの、界隈の騒がましさよ。

海外と歩を揃えた展開でゆくことになった、ということからか、個人的に評価していた トランスフォーマーレジェンズ は、事実上の終了。
パワーオブ ザ プライム 国内展開は、レジェンズで好評だった国内向けグレードアップはならないようで、淡い期待もかなわぬ、海外との同一仕様。
そのパワーオブザプライ(略)、Machinima の手になるアニメ版は、なぜか日本は視聴対象に含まれず。(なんでや
かてて加えて、年末公開予定のバンブルビー スピンオフ映画も、国内で公開する明確なソースがまだ出てこなくて(自分でも気が早いとは思いますけど)
よもやのザ・ムービー的、五大都市のみ公開・地方の方はセル&レンタルで見てねになるんじゃあるまいな。とか、悶々。


その中にあって、奇しくも地元高知の自治体が、トランスフォーマーとのコラボ商品を発表するという、
喜ぶべきかツッコむべきか、ちょっと困るニュースが。

 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す - インサイド
 幕末維新博とコラボ ファッションやゲーム、高知県が新企画 - 日本経済新聞

記事発表時点でまだ商品内容は企画中で、6月22日に正式発表となるそうですが、
せめて ストリートファイターⅡ×トランスフォーマー 並みのクオリティは、堅持してもらいたいところ。
何かのリペイントだろうなー とは思いつつ、そうなると、ネタ元に何を引っ張ってくるかが、気になるところ。
あんまり古い金型は、出してこれないでしょうから(メンテが必要だと思うので)LG06 ゲルシャーク をカツオに見立てて、
LG-41 レオプライム を、いろは丸と土佐闘犬に2段変形する坂本龍馬にするってのでー、どうなのよ。無理が過ぎる感が強いですが。

・・あいや、そういえば、独自展開はダメという話だったと思うんですけど、こういう場合は、いいのかな。
仮に小規模の商品ならOKとしても、こっちの方向性 だと地域活性化の一助は、担えそうにないと思いますけど。



それはそれとして
KCB 高知ケーブルテレビ さまのお力で、瀬戸内海放送 のあれやこれやが視聴できる環境にある、現状。
ライダー、戦隊はもちろん トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察、そして 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION も、
おかげさまで楽しく視聴中。

ドライブヘッドは、わたくし的にはレツゴーでの参加が印象的だった、加戸誉夫さんが監督をされているということもあり、毎週見ておりましたが
キャラ絵は洗練されていて今風、ロボCGもはったりの利いたカッコよさで、満足出来。
演出を主要視聴対象寄りに徹されていたためか、ちょっとギャグがしんどかったり、主人公がウザ(自粛)ということもありましたけど、
とにかくロボカッコイイで、1年見させていただきました。

その放送枠を引き継いだ、シンカリオン。
キャラ絵は前作に比べて、ぐっと線を減らしてますけど、ロボのカッコよさは健在。(CGディレクターは別の方ですが)
番組開始以前の販促PV で集めた期待を裏切らない、ステキクオリティ。
お話の構成、人物の関わり方も好印象ですし、ぜひ1年間この調子で走ってもらいたいところです。


でー 気になるところは、カミワザ・ワンダからつづく土曜朝の、このタカトミ枠。
次回作は何が来るかということで、ドキムネしながら想像の翼を広げたいところ なのですが

トランスフォーマー国内独自展開の可能性を絶たれたと思しき、最近の事情を思うに、
あーこの王道ロボ路線が好評を博している、この時期のこの枠に、和製トランスフォーマー がハメられそうにないのが、なんて勿体ない。

正義側が大型×1、中型×2、小型×3、悪側は大型×1、中型×1、小型×2ぐらいの多すぎないラインナップでスタートして、
本格的ななりきり商品を取り入れて「サイバトロン」「デストロン」の名称を復活させた、王道路線のロボ物とーいうカンジなら
オノコゴコロに びびんとくるものが、出来そうな気が。


2018-05-09_ideaof-transformers_ani-sat-7.jpg
*ざっくりイメージで済ませようと思ってましたけれど、無駄な凝り性が災いして、もうちょっと時間が掛かりそうな気配に。


まあ わたくしの びびんアンテナといえば、
これこそ いまどきG1ライク再アニメ化やー もしかしたら当たるかも!と大いに期待した
トランスフォーマー アニメイテッドが、残念ながら視聴率競争では芳しくなかったことを思えば、
それほどのものでもないんでしょうけど。

しかし、事情が許せば見たかった
いまどきのヒロイックなトランスフォーマー。

この記事へのコメント