いつか まだか、もう出たかと気をもんで。

昨晩やっとこ発送、ダイアクロン DA-29 バトルバッファローMk.IV〈ストライカー〉
ただーし わたくし、30日の夜には帰省する予定ですので、本格的に遊べるのは 年明けからですかね。

2018-12-28_already-sent_da29-battle-buffalo.jpg


映画 バンブルビー 関連の話なんかも、ずっとしたいと思ってるんですけど
帰省先でテキスト作業してきましょうかね。自然の中の環境ですんで、いやでもカンヅメになれますしー。


ちなみにこちらも到着しました
タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-30 パワードシステム マニューバ ガンマ&デルタセット(宇宙海兵隊/空中戦術部隊 Ver.)

2018-12-28_da30-maneuver-gamma-delta_arrived.jpg

とりあえず、いまは開封する時間が取れませんので、撮影台の横にそっと置くのみ。



そうそう 撮影台といえば、先日のスペース再設置が奏功したか、いろいろと開封する気持ちに、やっとなってまいりまして、
まあ確かに 週5日を占めていた夜のサイドワークが、年の瀬になりお休みとなったことが、大きな要因ではありますが

タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-25 パワードシステム マニューバアルファ&ベータセット(マニューバプロトタイプ/宇宙海兵隊Ver.)
タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-26 ワルダースーツセット〈ダーク カソードタイプ〉
部屋で埋もれていた2点を拾い上げ、ひとしきり遊んでみると うーん
イマジネーションの電撃が、びりびりきた かも。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill1.jpg

その閃きが ここに現出、ダイアクロン・パワードスーツ マニューバシリーズ 6体合体。
その名も マニュバリオン。





上半身は、腕側パワスーの腕にある、胴体との固定ジョイント(四角くて長細い差込み型のやつ)を、胴体側パワスーの その穴に接続。
左右に長く伸ばした胴体側パワスーの腕を、腕側パワスーの片足で押し上げてテンションをかけ、どうにか固定して、盛り上がった肩シルエットを形成。

下半身は もっと単純で、腰パワスーの拳にある3mmジョイントに、両オス3mmジョイントを介して
足パワスーの背中を接続しております。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill5.jpg

その特異なシルエットは、目指して組み始めたわけではなかったけれど、気が付くと、
かつて 売り切れると夢にも思ってなくて、後からあたふたした(そして結局買い逃した)
トランスフォーマーリベンジ RA-29 ブローン を追っかけた感あり。

ちなみに合体前パワスーの片足のみを使って、合体後の前腕シルエットを細く見せているのは、これはもう完全に
ライオカイザー リスペクト。


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill6.jpg

上半身と下半身の接続は、乗っけてるだけですんで、
持ち上げればすぐ分離できる、親切設計(違


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill9.jpg

アクションポーズも思いのま と言いたいとこですがー
太ももに当たる部分はヒザに接続されていない 見立て合体であり、
また構造上、前方への いわゆるモモ上げポーズもまったくできませんので、フルアクション要素は、気持ち程度。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill10.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill7.jpg


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill2.jpg

そして これに、各コンテナから武装を拝借。



2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_land-combat2.jpg

マニュバリオン、陸戦武装。

マニューバシリーズに付属するパーツを、もっと使いたかったんですが
そのほとんどが例の、四角くて長細い差込み型のジョイントしか備えておらず、結果思ったようにはボリュームが出せませいで。
それでも なんとか、手持ち武器については ヘビィウェポンのシルエットになったかな、というところ。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_land-combat1.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_land-combat3.jpg

タナボタいことに、この肩パーツの追加によって 心許なかった肩パワスーの固定が、かなり がっしりと改められ、全面解消。
(胴体パワスーのコブシで肩パーツを掴ませました。)

これで、まあまあ強敵がきても、負けやしませんぜー




とー その声が聞こえたか

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs1.jpg

唐突、怪獣襲来。

2018-12-28_diaclone-waruder-4-unite1.jpg 2018-12-28_diaclone-waruder-4-unite2.jpg

ワルダースーツ4体合体 怪獣モード、ワルダロイドン。
ダイアクロン DA-23 ワルダースーツ フリンガーDA-24 ワルダースーツ スタング
そしてDA-26 ワルダースーツセット〈ダーク カソードタイプ〉4体で、怪獣の姿を象ったマルチプライズでございます。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs2.jpg

マニュバリピンチ!
かくなるうえは



2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_winged1.jpg

翼を展開、ひと呼んで ウイングマニュバリオン。

その小さな羽根でどうやって飛ぶの とか、考えてはいけません。すべてはフリーゾンのなせるワザなのです。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs3.jpg

ちなみに構図でごまかしてますが、実はワルダロイドンの方が頭ひとつ程度、背が低いです。
2月下旬発売予定の ダイアクロン DA-31 ワルダレイダー ラプトヘッド が来たら、さすがに圧倒できると思うんですけど。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_winged2.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_winged3.jpg

さー
これでカイジューモードなんざ、目じゃありませんぜ

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs4.jpg




とー その声が聞こえたか(二度目

2018-12-28_diaclone-waruder-4-unite3.jpg

まさかの上下逆転変身
ワルダースーツ4体合体 星人モード、ワルダロイデアンに。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs5.jpg

えッ またピンチー?!

もう結構、ネタが尽きた感があるんですけど こうなったら、しゃあない
乗れば乗るほど強くなる理論 からは遠ざかりますが、その逆発想で

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs6.jpg

あえての分離ですよ と。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_bedsill3.jpg

なわけで、撮り始めた時にはまったく構想にありませんでしたが、うっかり星人モードができてしまったので
行きがかり上、急遽誕生 マニュバリオン 上半身3体合体&下半身3体合体。


まずは下半身から。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_lower-body2.jpg

ダイアクロン DA-28 パワードシステム マニューバデルタ
タカトミモール限定 DA-25 パワードシステム マニューバアルファ&ベータセット(マニューバプロトタイプ/宇宙海兵隊Ver.)の3機で構成。

緊急でっち上げですので、ダイクロン隊員を乗せる予定のなかった(頭がきれいに収納できないと6体合体時に股間が目立つため)
赤いマニューバアルファに、あわてて隊員乗せたったー

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_lower-body3.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_lower-body4.jpg

6体合体の際に正面を向いていた宇宙海兵隊用ベータとデルタのキャノピーは、今度は後方向きに配置。
ダイアクロン隊員でなければ乗りこなせない、精神的にもハードすぎる座り心地。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_lower-body1.jpg

もともと肩関節の可動範囲は広かったのですが、それと長い銃身のおかげで、ムリムリながら 両手持ちポーズも実現。
しかしー こうして見ると、すらりと細い長い脚に加え、肩幅も広くなくて、女性体型に見えなくもない。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_lower-body5.jpg

うーん このシルエットの変化は、予想外。
赤ボディということもあり、メインパイロットは女性になるとしたものか。



そして上半身3体合体チーム
ダイアクロン DA-21 パワードシステム マニューバアルファ
ダイアクロン DA-22 パワードシステム マニューバベータ
ダイアクロン DA-27 パワードシステム マニューバガンマ の3機で構成。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust3.jpg

これまた 見立て合体で、あちこち気になるかとは思いますが
両腕は、もちろん胴体には直接つながっておりません。
いままでも多用しておりました、シルエットがそれらしく見えればOK、の精神。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust2.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust4.jpg

背面上方に突き出たウイングなどは、6体合体時に使用したパーツを下半身担当と分け合って、拾い出し。
マニューバベータとマニューバガンマ、それぞれの肩を接続しております。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust1.jpg

問題は、この じゃまっけなデカイ肩を担ぎながら、手持ち武器がない とゆーこと。
この腕の短さで徒手空拳で戦うというのは、さすがにムリが。


そこで、コレですあ

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust5.jpg

ベータ足とガンマ足を展開し、フリーゾンによる防御フィールドを形成。バリアーモード。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust6.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust7.jpg

ベータ足とガンマ足を合掌させ、弾道エネルギーを放射状に投射。グロリオールモード。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust8.jpg

そして最終形態、正面にベータ足とガンマ足を集束、自ら砲弾と化す ストライクラッシュモード。

2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust10.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-3-unite_bust9.jpg

これ、撮影中に夜が明けてしまったんで、画像以上のことは試してないんですけど
改めて見てみると、3mmジョイントも多数空いてるし、これを核として大型の合体に挑戦できそげな。
青アルファは少し関節がヘタり始めてるんで、赤アルファに変えて試してみるかな。時間の余裕ができたなら。


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_vs10.jpg

これでわが家のワルダー対策も、チリバツ。
安心して年が越せそうです。


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_scene3.jpg

オフショット。
「キミらメインパイロットは、フツーに正面向けてるんで平気やと思うけど、後ろ向かされたり横倒しにされたまま最前線で戦わされる、
腕足コックピット担当のボクらがどんどけ怖い思いしてるか、こんこんと説いたろか」

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_scene2.jpg 2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_scene1.jpg

さすがのダイアクロン隊員も、今回の配置にはご立腹の様子。
まあ そりゃーそうですわ。


2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_scene4.jpg

マニューバシリーズも数が揃ってきまして、コンテナを並べるだけでも、なかなかガレージらしさが出てまいりました。
これはー 情景遊び用の小道具が、欲しくなりますわ。

2018-12-28_diaclone-maneuver-6-unite_scene5.jpg

「ほなー 来年もこのノリで、よろしう頼んますー」

この記事へのコメント