寝顔にキスでもしてあげたいけどそしたら一日

旅立ちが延びるだろう。を地でゆく展開。


30日には田舎に帰るはずじゃなかったんか というのは、ええ まあ
確かにその予定でしたけんど

ひさびさ、旧友との 夜明け前までのグダグダカラオケで過ごした朝、
うっかり ダイアクロン DA-29 バトルバッファローMk.IV〈ストライカー〉 を開封してしまったら
正午ごろには、ごらんのとおりでございます。


2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3shot1.jpg

腕足ユニットを取り外して、ストライクヘッダー、ボレットモジュール、ボレットビークル3機で集合写真。
各ダイアクロンメカとの幅広い連携あそびも楽しそうですが、この最小単位の構成でも、遊べそうな予感。


2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3shot2.jpg 2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3shot3.jpg

しかし、色合いもそうですが、このマシン形態のカッチリ感に、′80年代戦隊メカを思い起こすものが。

2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3shot4.jpg

うーん ちょっと腰を据えて、取り組んでみたい。
どんなものができるのか、見当もつきませんが。



2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite6.jpg

3機合体状態でも、あそんでみました。
前腕を後ろに向かせて砲撃特化形態。

2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite2.jpg 2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite1.jpg

足も縮めて短めに。砲撃の反動に耐えやすい仕様ということでー。

ま もともとは、ストライクヘッダーのパルスビームライフルを余剰パーツ扱いにしたくなくて、
取付場所を探しているうちに、あれやこれやといじって、この姿になった。的な。

2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite3.jpg 2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite5.jpg

もちろん自立はできず、ひじは伸ばせず ひざも曲げられません。


2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite4.jpg

変換ジョイントや他機体のパーツを持ってくれば、前腕をもっと自然なスタイルにできると思いますけど
とりあえずワンパッケージでの遊びだと、こんな感じになりますかー。


2018-12-30_da29-battlebuffalo-mk4_3unite7.jpg

うーんこれは、明日早々に帰省して、
年が明けたら マッハで帰ってこないと。

この記事へのコメント