すぐきた恐竜ロボ。

というー わけで、ぐにゃぐにゃ悩む隙もなく、あっちゅう間に届いた トランスフォーマー マスターピース MP-8 グリムロック。(夕方注文の翌々日。)
梱包も丁寧で、商品内容も問題なし。トイフォレストさま、おありがとうございますー

で 早速

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_and_dinobots1b.jpg




一旦アマゾン箱にしまっていた パワーオブプライム を再び開封し、PP-11 ダイノボットスラッグPP-12 ダイノボットスワープ
PP-13 ダイノボットスナールPP-14 ダイノボットスラージ とともに記念撮影。大きさの差はありますが、満足満足。

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_and_dinobots2.jpg

ロボモードでも1枚。
これだけでも十分 元をとった気になりますが



2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_vs_grimrocks1.jpg

今度は、PP-15 グリムロック、最後の騎士王 TLK-05 グリムロック
スタジオシリーズ SS-07 グリムロック と混ぜて、おやこマシンの対決。

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_vs_grimrocks2.jpg

お約束、ロボモードでも。


あーしかし、並べてみたかったといえば このヒトと、ですよ

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_vs_mp41-beastwars-dinobot1.jpg

ダーダー恐竜こと マスターピース MP-41 ダイノボット(ビーストウォーズ)
劇中どおりなら、人間vsモビスーぐらいのサイズ差があるかと思いますが、まあ おもちゃのことですんで。

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_vs_mp41-beastwars-dinobot2.jpg

そういえば 上の画像でも使用しているパワーベース。
ダイノボット発売後に なにかしらの展開(おそらく単品売り)があるようなことを、こちらのインタビュー で匂わせてましたけど、音沙汰ない。
マスターピース MP-43 メガトロン(ビーストウォーズ)MP-44 コンボイ Ver.3.0 でもアダプタは付属しないようだし、先のことはあまり期待できないのかな。
わたくし的には、アダプタの使用は面倒くさい(そして汎用性に難あり)ながら、ちょっと気になっていただけに、残念。

とー いうかですね、ここ数年、
わが家で大活躍だった トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド さんの先っちょ(3mm軸部分)が次々に折れてしまって、ついに残1に。
タカトミモールではすでに品切れてますので、アマゾンで5つ買い増しておきましたけど、あーそういえば あれも箱の山に埋もれてるんだった。
いまの状態だと気に入った画が撮りにくいんで、早めに救出しとかないとー。

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_vs_mp41-beastwars-dinobot3.jpg

ロボモードでも、恐竜同士の対決。 並べて改めて思いますけど この2人、何から何まで かみ合いそうにない感。

ちなみにですがダイノボットさん、相変わらず説明書見ないわたくしがあかんのですけど、胴体をかっちり収められなくて、つつくの めんどいん。
生マスターピースはみな、CGモデルのまんまの姿を現出させている、驚嘆のプロダクトではありますが、
その分、クリアランスに厳しさが残り、変形のさせやすさには、少しナンがあるかなと。
いや 作られた方も、ちゃんと説明書読まない人にゴネられるのは、納得いかないと思いますけど。汗。


そしてー 大本命

2019-01-xx_transformers-masterpiece08_grimrock_and_hotrodimus-wheelie1.jpg

トランスフォーマーレジェンズ LG29 ウィーリー&ゴーシューター よりウィーリーが、
PP-08 ロディマスプライム よりホットロディマスがやってきて、ぎゃー これで満足度ふりきりましたー
カネのあてもないのに SG-07 ウルトラマグナス カートにいれるとこだった。あぶなー

2019-01-xx_transformers-masterpiece08_grimrock_and_hotrodimus-wheelie2.jpg

いやは 迷いに迷った末ではありましたが、やはり買ってよかったグリムロック。
しっぽ連動の頭ふりふりギミックとか、本体の小ネタあれこれについてもコメントしたいのですが、時間切れ。

2019-01-24_transformers-masterpiece08_grimrock_and_convoys.jpg




あの ちなみに


こちらも忘れず、やってますので。


2019-01-24_transformers-ikuzocross_rival-retake.jpg

どうしても おなご忍者 がうまくまとまらなくて、
泣く泣くワルガキ路線にもどしたら、まだ書きかけ+色テストの最中ながら、なんとなく突破口が見えてきた感じに。
主役と並んだときに、どちらでも主人公になれそう 的なキャラ。

そも、少女への変更は、その方が、お話に艶がでるかなあという程度の考えだったんですがー
一枚絵なら、むしろ少年vs少年の方が分かりやすくて、よろしいのか。
やってもたからということも、もちろんありますけど。汗。

マスク要素、にんじゃ要素ともに前稿からなくなってますが、マスクは、おなごであればこそ あの耳ピコがいいアクセントになったけれど、
ワルガキにそれをさせてもカンに障るだけだったので、取り払い。
にんじゃについては、まだ少し思案中。いまんとこ色テスト1(真ん中の白+淡紫)が有力で、ここに にんじゃを少し足す案もあるけれど、
その右隣、野戦の得意そうな色テスト2が、昆虫騎士たちの一団に傭兵として混ざるシチュエーションも、悪かないかな とも思い。

ちなみに むこうずねの謎パーツ(POP書体のAみたいなの)は、靴ひもの簡略描写で始めたんですけど、
いつの間にか よく分からない物体になり、そのまま採用。


とりあえず、ちゃがまる(土佐弁)のだけは、なんとか避けたいので
わずかな歩みでも前に進んでいきたいところ。

ま 本音をいえばー 集中力が切れる前のスピード勝負で作ったロゴやなりきりアイテムも、
日に日にやり直したい気がむくむくと <あかんでしょう

この記事へのコメント