だれかせつめいしてくれよ!

いよいよ、3月発売分の スタジオシリーズ が予約開始とあいなった、はいいんだけど
予約を入れてから、ま さ か と気になって、支払い予定をチェック。


2019-02-10_preorder_transuformers-studio-series_201903-04.jpg

3月〆のおもちゃ代、計 きゅうまんよんせんごじゅうよえん。


きゅうまん・・・ 払えるかー!(吐血

こないだ、トランスフォーマー マスターピース MP-43 メガトロン (ビーストウォーズ) が1月から3月に発売延期になって、助かったー と
思っていたのに、迷いながらも ダイアクロン DA-33 ビッグパワードGV〈デストロイヤー〉 を諦めて、なお この金額。
3月22日には 映画バンブルビー も公開されますので、確かに、ドカンとあれこれ発売されても おかしかなかったんですけど、もはや大台目前。
さすがのわたくしも、ギブアップ。

キャンセルできないタカトミモール限定品は差し置くとして、BWメガトロンだけ諦める、という案も考えたんですけど
どうもスタジオシリーズのほとんどまでキャンセルしないと、アカンくさい。いまんとこ。
スタジオシリーズ、再販の可能性に賭けてみるか、それとも あとから高値で買うのか。うーん。

とはいえ メーカー様には、購入者の軍資金という少ないパイを、同業他社と奪い合うため
発売して発売して発売し抜いて、一番売り上げた会社が4年間おもちゃ界隈で大きい顔をするためにも(懐かしいフレーズ
自制せず、良い商品を次々発売していただきたいところ。



それはそれとして、こないだの日曜日。

サイドワークの一環で週2度訪れる、いつもの帰省先にて、毎年恒例の駅伝大会があるってんでー
わたくしは走りはしませんでしたけど、沿道に立って見守ることぐらいは出来るってので、協力をさせていただくことに。

で、ぴんときた。
みかん蔵にて、梱包の傷みを待つばかりとなっていた おたからたちを、整理し直すチャンスだコレ。
なーわけで駅伝前夜、22時ごろからスタンバイして、10数年ぶりの開封作業開始。
いちいち開けて触ってると、片づけが進まないのですが


2019-02-10_yuusya-series_group-shot2.jpg

早速つまづいた。
勇者シリーズ、グレート合体セット軍団。


2019-02-10_yuusya-series_group-shot1.jpg

勇者エクスカイザー / 太陽の勇者ファイバード / 黄金勇者ゴルドラン / 勇者指令ダグオン 各主役たち、夢のそろいぶみ。
購入当時も こうして並べたことはなかったので、長らくの夢がかない、ご満悦。

ちなみにゴルゴンの股関節、変形させ忘れてますので、もっと怪獣風のガニ股にできます すいません。


2019-02-10_yuusya-series_group-shot3.jpg

一段階変形。

ファイバードの肩アーマーは、上げ忘れです すいません。
だって一度にいっぱい いじってるから、うっかりするんだモン!(逆ギレか

ここにいないマイトガインとジェイデッカーは、発売当時、資金繰りの目処が立たないうちに店頭から消えてしまい、
ダ・ガーンは番組終了後に探し始めましたので、セット箱を見ることもかないませんでした。片方だけならそれぞれ見つけてたんですけど。


2019-02-10_yuusya-series_group-shot4.jpg

そして合体。
横幅や武装などにボリュームの差はあれど、全高はそれほど違いがなくて、この大きさを目指して設計されていたのかな、という感じ。

さらに


2019-02-10_yuusya-series_group-shot5-1.jpg

超巨大合体グレートエクスカイザー / 最強合体グレートファイバード / 黄金獣合体グレートゴルドラン / 超火炎合体スーパーファイヤーダグオン、揃い踏み。
with ダイアクロン パワードスーツ Fタイプ
さすがの、圧倒的サイズ差。



以下、簡単ながら各商品のご紹介。

2019-02-10_yuusya-series_great-exkizer1.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-exkizer2.jpg

まずはー シリーズの始祖にして すでに完成された姿を誇る、グレートエクスカイザー。
以降登場のどのグレート合体よりも まとまりのあるプロポーションであることに、改めて感嘆。
前2年の蓄積があったことも、大きいと思いますけど。

ただ、同時期のライバル商品(有り体に言って戦隊ロボ)を集めていた知人に当時遊んでもらったところ、比べてプラの厚みが頼りない、との感想でした。
確かに、遊んでいても始終ぎしぎし音を立てるんで、そこんとこは反論しづらい点。


2019-02-10_yuusya-series_great-exkizer3.jpg

キングエクスカイザーに、真っ二つのドラゴンカイザーのひざから上をかぶせて、大きな肩と腕を形成。
ドラゴンカイザーのひざから下を履かせて足を延長。大きな胸プレートで正面を覆い、頭部は二重の入れ子から展開する、という合体構造。
グレート合体といえば下駄、との印象が強いのですが、こちらはブーツ形式といったところですか。

キングエクスカイザーの肩、E状のマークの下に、グレート合体用パーツ装着を誘導するためのレールが
デザインに組み込まれてるのが、オシャンティ。


2019-02-10_yuusya-series_great-exkizer4.jpg

大河原邦男 ブレイブシリーズデザインワークス にて紹介されたドラゴンジェットの変形案に従い、腕を上に畳んでドラゴンキャノンを脇にセット。
これはこれで、まとまりがあっていいーんですけど、あの寝そべり変形を見慣れた今となっては、違和感の方が強いかも。


あとがつかえてますので、どんどん まいりましょう。

2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird1.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird2.jpg

実はこの中では 一番のお気に入り、グレートファイバード。
ブーツ構造の踏襲や、左右に分割することなく着込めるよう改善された上半身など、前作の合体システムを さらに一歩進めた姿、とも見える。(私見
大きな姿の割に武装が頼りなかった点についても、胸アーマーをそのまま剣と盾にしてしまう大胆な発想で解決。
また、2号ロボの腕を武装として肩の上にのせるアイディアも、グレートファイバードが初出 なんじゃなかったか、たしか。


2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird6.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird4.jpg

2号ロボとなる ジェット合体グランバードと、グレートファイバードの武装を持たない姿。
その独特の合体方式を改めて見るにつけ、マスターピース 勇者シリーズ がもしも継続していたなら、どのようなギミックでよみがえっていたのか、
今更ながら気になるところ。


2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird5-1.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird5-2.jpg

腕を胸の前で合わせたファイバードと、ひざから上を左右に展開したグランバードが、前から着込む要領で合体するギミックが秀逸。
今回のブーツは グランバードのひざから下を、中ほどから後ろに折りたたんで履かせる方式で、スペースシャトルのツートンカラーをうまく取り入れてます。


2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird7.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird3.jpg

ファイバードの変形も、なかなかの凝りよう。ヒコーキの変形といえばバルキリー式になりがちなところ、おもちゃい方向性でうまくカタチにしてる感。
2つのパーツから成るグランキャノンを、剣と盾それぞれの接続パーツとして使用する点も、気が利いててイイ。

ただーし、ご覧のとおりの、黄変を通り越して茶色変に至っているほどの、プラの劣化具合でしたので、今回取り外しの際にツメが折れてしまって
(画像はありませんがグランバードをファイバードに固定する部分も)、ショックではありましたけど、最後に思いっきりフルで遊ばせてもらって、悔いなし。涙。
まだ反対側のツメも、折れずに残ってくれてますし。


2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird8.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird9.jpg

そして、おもちゃ漢なら気になるところの、平成ダイアクロン隊員と火鳥勇太郎のサイズ比較。
火鳥兄ちゃんが2人いますが、背中が銀メッキ=ファイバード付属、背中が白パーツ=グランバード付属のものとなります。

背丈は 隊員とほぼほぼおんなじですが、太さがずいぶん違うため、兄ちゃんはパワスーに乗れないものの、隊員のファイヤージェット搭乗は無問題。
寝かされてるだけにしか見えませんが。


2019-02-10_yuusya-series_great-fighbird10.jpg

おまけ:フレイムカノンは背部に回せますが、劇中のように完全に折りたたむことは出来ません。



時代は一気に下って、グレートゴルドラン。

2019-02-10_yuusya-series_great-goldran1.jpg

思い切って2号ロボの上半身を大型武器にしたことで、
花魁さん と揶揄された(当時の身内回りで)ファイヤージェイデッカー から、大きくスタイル改善を果たしました が
その分、他のグレート合体に比べてボディは小柄に。

ただー 金メッキが、なかなかいい仕事してます。


2019-02-10_yuusya-series_great-goldran2.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-goldran4.jpg

全身ほぼ金メッキ仕様となった復刻版 超勇者復古烈伝 BR-05 グレートゴルドラン は、その発表当時は
いや当時品あるし、無理して買わんでも と思ってスルーしましたけど、今回改めて原典に触れてみて、そっちの方もちょっと見てみたかったかなあと、今頃。
結構な金額でしたんで、どのみちムリめではあったんですけど。購入は。


2019-02-10_yuusya-series_great-goldran3.jpg 2019-02-10_yuusya-series_great-goldran5.jpg

武装なしグレートゴルドランと、大空合体スカイゴルドラン&合体パーツ状態のレオンカイザー。スッキリシルエットが、スマートカッコイイ。
その分、レオンカイザーさんがばらばらになる必要があって、合理的なんだけど、遊びにくさは強め。


2019-02-10_yuusya-series_great-goldran7.jpg

 「いや、シルバーナイツ の関係者じゃないですよ ほんとう違うから、なんでそんなじろじろ見るの」

なんとなく持ってきててよかった、トランスフォーマー スタジオシリーズ SS-20 サイドスワイプ


2019-02-10_yuusya-series_great-goldran8.jpg

サイドスワイプと黄金剣士ドラン、黄金将軍カイザーは、ほぼ同サイズ。
時間に余裕があれば、サイドスワイプがゴルゴンやカイザーの胸にピタハマるか、検証してみたかったんですけど、この時点ですでに夜中の3時過ぎ。
以降巻き気味での進行となります。


2019-02-10_yuusya-series_great-goldran9.jpg

記念撮影。ほんまにすいません、ゴルゴンさん。
ちうか、エクスカ・ファイバとプラの劣化がどえらいことになってたのに、ゴルドラン関係はみな新品みたいな きれいさで。
この色のおもちゃというと、簡単に割れるイメージがあったので、ちょっと意外。

以前、マスターフォース好きの方に、おもちゃ屋巡りで見つけた未開封ブラックザラックをお送りしたら、開けてソッコー真っ二つに割れちゃったらしくて
逆に気の毒な思いをさせてしまったのを、どうしても思い出すといいますかー




とか 昔を懐かしんでいるうちに、夜が明けそう。
最後の一体、おもちゃらしさ溢れるモチーフと作りで、まさにザ・勇者シリーズと呼んで差し支えなかろう、スーパーファイヤーダグオン。

2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon1.jpg

スーパーファイヤーダグオンといえば、ドデカアーム&アタッチメント換装ギミック。

2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon2.jpg 2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon3.jpg

バケット/ドリル/クロー と、ユニット交換によって遊びが広がるとこが、おもちゃらしくてイイ。使用しないものは車体後部に取り付けておけます


2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon4.jpg

とか 言っときながら、ぶら下げられるはずのパワーダグオン胴体下部にアタッチメントを装着していない辺り、
あーおそらく ここ撮ってたときは、睡魔の胸の中で、船漕いでた頃なんですわ、きっと。
実は、正面からの画像も撮り忘れてます。<あかんでしょうよ

しかし まあ、潔いゲタっぷりは、様式美の世界ですらある。
シュっとしすぎる下半身のシルエットは、宇宙剣士ライアン無限砲ガンキッド を装着することで解消されます。


2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon5.jpg 2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon6.jpg

ちなみに、すでに試された猛者もおいででしょうが、作中での合体バンク冒頭、背中合わせにドッキングするパワーダグオンとファイヤージャンボの姿。
実際におもちゃでも再現可能なんだろうという思いはありながら、これまで試す機会がなかったため、この場を借りて実演。
ファイヤージャンボでなくて、ファイヤーダグオンと背中合わせ合体してるのは、あーそうさ うろ覚えでやってみたら間違えてたてーやつですよ(逆ギレか

まあ 結果、できます!ということで。
スーパーファイヤーダグオ(略 の胸プレートが余りますが。


2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon7.jpg

スクランブル合体からの系譜、前線基地モード(ファイヤーベース)にもなれます。
ダグファイヤー(パトカー)、ファイヤーラダー(はしご車)、ファイヤーレスキュー(消防車)を格納できるほか、発進あそびを楽しめるギミックもあり。

ダグオンの商品群は、こうしたモチーフの選択もさることながら、デザインの秀逸さでも、シリーズ断トツ。(私見
おもちゃ作る人は みなさんそうでしょうとは思いつつ、コレに関しては 本当に、おもちゃで遊ぶのが大好きな人の手になるものではないのかな と。
ライナーチーム の、新幹線の後部にパーツつけて ロケットカーにしたりジェット機にしたり、という発想にも、脱帽。
個人的な嗜好で、映像作品の作風とは肌が合わなくて、本編しっかり見てませんでしたけど(合体バンクはアホほど繰り返し観てきましたけど)、
もしも合っていたなら、ぜったい全商品買ってましたわ。これほんま。


2019-02-10_yuusya-series_super-fire-dagwon8.jpg

最後に、融合合体つながりでパワスー搭乗。本当はEタイプがいいんでしょうけど、ユーゴーするなら。


それとー ダグオンの話となりますと、アンテナ低くて存じ上げなくって 今更ながら知ったんですけど(武器の名前を画像検索してるときに)
この人スゴイ。愛があふれてはる。


どうも、ガンプラを素体にして 勇者たちをアクションフィギュア化されてる方々が一定数いらっしゃるようで、はー
これ、イイ。後日時間作って探索してみよう。その世界。




・・というところで、終わってもよかったんですけど
結局翌日、駅伝のお手伝いが終わったあと、また戻ってきて いろいろ引っ張り出したので、この際 と。


2019-02-10_bandai-catalog1998.jpg

まずはー しょっぱなから変わり種、業者向けバンダイカタログ1998年版。
新番組・新商品紹介はもちろん、とみのさん・かときさん各人へのインタビュー、あとスクープ記事として 超合金魂第2弾の試作原型公開とか。(ナツい
女子高生流行モノ最新レポートなどのアミューズメント関連の記事にもページを割いていて、この時代を振り返るのに、いい資料です。

なんでこんなんが手元にあるかといいますとー
うちの姉の同級生で、親しくさせて頂いていた方が、卒業後そちら方面に就職されて、そのご縁でお送りいただいたんですよねー

ちなみに、ご結婚されたときの写真がうちにあるんですが

2019-02-10_wedding2001_kuuga-doremi.jpg 2019-02-10_wedding2001_zugoumagu.jpg

その頃は、勤められていた会社の恒例行事で、アトラクスーツが盛り上げに来てくれたのだそう。今もやってるのかな おんなじ風に。



2019-02-10_beastmachines_dx-jetstorm.jpg

こないだからずっと、片付ける箱の引きが悪くって、この日開けたものも、状態の悪いものがでーるーわでるわ、
ビーストマシーンズ のデラックスサイズ ジェットストームさん、ダンボール箱の中にはおいでましたけど、ビニール袋が破れてしまっていて、
土と埃にまみれてまして(かじられてはいなかったけど、たぶんネズミにも触られてたはず) ・・なので、ウェットティッシュ使って、きれいにきれいにお掃除。



2019-02-10_tmnt_machine-mutation_sprinter1.jpg

いろいろ詰め込んでいた中から、緩衝材でくるんだままのものを発掘。 なんじゃろかと思って開けてみたら
自分で買った覚えのない ミュータントタートルズ 48 マシンスプリンター・ワゴン が転がりでてきて、あーこれは! とある方からの誕生日プレゼントかー
(お手紙も、大事に保存させていただいております。)


2019-02-10_tmnt_machine-mutation_sprinter2.jpg 2019-02-10_tmnt_machine-mutation_sprinter3.jpg

このスプリンター、単なる裏返し変形と思いきや まあ、確かに裏返し変形ではあるんですけど
結構凝ったパーツ移動&展開をするんですよー 固定ピンもちゃんとあって、これでおそらくCAD使用していない(時代的に)ってのは、まさにオーパーツ。
このシリーズに関わられた方、いま何してるんでしょう。気になるわー


2019-02-10_metals-cheetas_premium-of-the-lot.jpg

また出た変わり種、ビーストウォーズメタルス がまだ日本で本格展開する前、
映画版 ビーストウォーズスペシャル 超生命体トランスフォーマー 公開に絡めて ほっかほっか亭 とのコラボで行なわれた、
すきやき弁当を買ってメタルスチータス海外版を当てよう!キャンペーンの、当選品。
くじ運よくないわたくしが当たるぐらいなんで、全国で何人も応募してなかったんだと思いますけど、記念品として保管しておりました。




2019-02-10_microman2004.jpg

おまえたちもいたのかよー ミクロマン2004 マスターフォース と、アクロイヤーX
てっきりアノとき、譲った中に、一緒に入ってるもんだとおもっていたけど、そういえばー 前回他のダンボール箱開けた時も、
タツノコファイト仕様 とか、ミクロフォース とかも出てきたもんな。そうかそうか。

気になる背後のイカスマシンは、こちらもお世話になった方からの贈り物、ミュータントタートルズ タートルキャリアー
なかなかの大胆変形を駆使して、でっかいカメに変形できます。


2019-02-10_microman2004_acroyer-x.jpg 2019-02-10_microman2004_masterforce.jpg

というーことで、ここに大復活、あの当時 その後の商品展開に夢を馳せた人たち。
AX-11 アクロスコール / AX-12 アクロクレイヴ / AX-13 アクロボルテック / AX-14 アクロバイオム
MF2-01 スカイマスターハヤテ / MF2-02 グランマスターアラン / MF2-03 ダイブマスターロベルト
MF2-04 オートマスターライアンだけいないのは、たぶん この撮影 のあと、どっか別にしまったからじゃなかろうか。汗。

そしてご報告、アクロスコールとグランマスターアランさん、うちのも ひざと足首の関節が割れてました。
当時そういうお話がミクロ界隈から聞こえてきたときには、えーそんなことあるんや ぐらいにしか思っていなかったのに。




そして、実はもらった時に一度開封はしてたんだけど(参考リンク
そのあと大事にしまっていたのが、コレ

2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron1.jpg

トランスフォーマー ギャラクシーフォース GD-14 マスターガルバトロン
第一子ご出産のお祝いに、なんだったか ちょっとしたものをお送りしたら、お礼がコレだったという(笑
さすが長い付き合い、よく分かってくれてはるー


2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron3.jpg

マスターメガトロン/マスターガルバトロンは、いかにも悪の総大将的なワルカッコいいシルエットはもちろんのことながら、
なんといっても そのデカさで所有欲を満たされるところが、お気に入りポイントですかねー
いまの商品で言うところの 5体合体したコンバイナーぐらいのボリュームがあって、当時でも、これほど大きい司令官は珍しいんじゃなかったかな。


2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron4.jpg

コレですもん。


2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron5.jpg

ジェットモードへの変形は、カーモードのノーズを後方に向けるだけの単純なものではありますが、カッコイイので、OK。
あとイグニッションギミックのことすっかり忘れてて、武器を取り出すのに しばらくあーでもない、こーでもないしてしまいました。はずかしい。


2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron2.jpg 2019-02-10_transformers-galaxyforce_gd14-master-galvatron6.jpg

パワスーは、胴体内にフツーにピタ入るんですけど、外から見て全然入ってることがわかんないので、わたくし的には ときめかず。
せめて このキャノピーが開けばなあ。いや厚みがないんで、開いても寝そべるのが精いっぱいだと思うんですけど。




とー ここで、謎の袋が出現。


2019-02-10_origin-is-not-clear.jpg

わたくし的には珍しく、こまごましたパーツがごっちゃに入れてある 不思議な内容で、最初なんなんじゃろうと思ってましたけど
あれは Get Ride! アムドライバー 、これは ROBO WHEELS、そしてFパワスーに構えさせてる長い砲身の武器は、
第1回東京トイフェスティバルにて、結構な高値で買ってしまったアジアントイ ラゼンカ についてた武器ですよ。地球勇士ベクターマン のビデオ付き。
同行のみなみなさまの失笑が忘れられません。



そして、このアイテムの並びを見て、思い出してきた。
これ せっかく作って撮ったのに、使わず眠ってたネタ用のやつですわ。間違いない。

さかのぼること15年前、ミクロマン再復活に沸くおもちゃ界隈(注※個人的観測範囲内 において
ミクロマンを素体に大小の改造で楽しんでらっしゃる方々がいらして、遊んでもらっていたんですが

その流れで大阪まで行くとなったときに、手ぶらじゃあかんでしょうなあと
触ったこともなかったパテなどの道具をわざわざ買ってきて、持ち込み用のブツ作成にトライしたときの、アレだー
その苦闘の記録はこちらに→ 参考リンク: / / / / / / /

まあ 結局、魔改造達人たちの スゴすぎるあれやこれやを前に、恥ずかしくておっぴろげられなくて
こっそり持ち帰ってくるしかなかったわけですが。


でー 帰ってきてから、せめて自サイトには画像をあげとこうと、撮ったのよ 確かに。
そのあと作業してる途中で、ま 一段落したから もういいか、という気持ちになったんじゃーないか。たぶん。
この当時は、画像加工した後の元画像をいちいち削除して(2007年ぐらいまで)加工画像だけpsdファイルにまとめてたもので、すっかり忘れておりまして
今回、普段うちで見かけないアムドラ関連のものが混ざっていたことで、やっと思い出せたのでした。


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_production-process1.jpg

サブアーム&肩キャノンには、元の造形を活かして 食玩武装獣士ゼロアーマー ゼロパンサーの腕を使用。
実は結構なお気に入りアイテムで、これしか手元に残していなかったんですが、ここまでやんないとネタになんないだろうなあと
意を決してちょんぎり、ボールジョイントを接続しました の説明用画像。黄色い矢印は、ココにリューターで穴あけちゃいました の矢印。


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_production-process2.jpg

そして来阪まで日にちがなくなった中で、サーフェイサー吹いたはいいんだけど、降雨もあってか2日経っても乾かなくて、
焦って生乾きを触ったら、えらいことに。


でーもう、ここで一旦完成と切りを付けたものが、こちら。

2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item1.jpg

ボディはミクロマン ミリタリーフォース のVIRTUAL TASK、頭部は アストロミゼットワールド ベータミゼット のノーム、
肩を覆うパーツはアムドライバーのダークの武器セットから拝借、そしてゼロパンサー。


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item2.jpg

3mm接続でミリフォ肩とつなげてますので、これを一軸回転させて 砲撃モード、シールド付き。


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item3.jpg

肩パーツを展開して、ゴリハンドモード。
ここまでは、当時も公開していたわけですが


こっからが、この詰め合わせたちの出番。

2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_additional-gimmick1.jpg

それぞれに、ドリルで3mmメスジョイントを増設。

2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_additional-gimmick2.jpg

そして開けたジョイントに、サブアームの肘を接続。
これによって、ごちゃパーツたちがすべて、前腕換装ギミックに対応可能に。
なお、イカスマシンが気になる方は ガシャポンフォーミュラ で要検索。


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_additional-gimmick3.jpg

こんな とか


2019-02-10_200506osaka-microman-offline-meeting_item_additional-gimmick4.jpg

こんなデカアームドも、できるように。

ボルジョ丸出しがあまり好みではなかったんですけど、いまなら ジャイロセプターダートローダー 等に付属の変換プラグもありますし、
それっぽいヒジ関節が作れそう。あー 今更ながら、もっかい あそびたくなってきた。
いまの部屋のどこかに眠ってるはずなんで、近いうちに掘り出しておこう。



2019-02-10_jikka-axia_temporary-evacuation1.jpg

残念ながら、今回のお片付けでは6分の1、7分の1ほどの箱しか整理できなくて、
やむなく かつて米蔵だった場所に再移動。前回より環境はマシになったので

2019-02-10_jikka-axia_temporary-evacuation2.jpg

どうしても箱に収まりきらなかったコレが、そのまま放置になるんですけど
今回はまあ、大丈夫ですろうー




それはそれとして(本日2度目

この日曜日に、ワンフェス が開催されるということで、ダイアクロンスキーとしては 今年も新たなニュースが期待できるんやろうなあ
まあ 大抵のことにはおどろかないつもりでおりますけど、とか


言ってたら
てんで別方面から、腰抜かすニュースがとびこんできた



マジンガーZ対トランスフォーマー
呆れるほどの素敵ニュース。これは買うしかない。


ヨシ 迷っていたけど、仕方がない。
ひときわ価格の高いBWメガトロン、涙をのんでキャンセルするしか


・・・

2019-02-10_impossible-of-cancellation.jpg

で で でけへんのかーい!
いやこれ、どないしよう。4月頭。

この記事へのコメント