お前の時間が早まり お前のおもちゃが覚醒する。

つまりー とっくに手元に到着しながら、多忙につき未開封だった、わたくし待望の
タカラトミーモール限定 トランスフォーマーレジェンズ LG-EX ビッグパワード が、ついに梱包解かれて、復活するということに。


2019-04-29_transformers-legends_lgex-bigpowerd_unite5.jpg

早速、しもべたちを腕にしてみました(悪癖


あーしかし、それにしても webコミック に登場していたとはいえ、
LG65 ターゲットマスターツインツイストLG66 ターゲットマスタートップスピンが、
ビッグパワードに合流して5体合体するとか、思ってもみないから、そりゃーそっちは買い逃しもしてますわな。




2019-04-29_transformers-legends_lgex-bigpowerd_unite1.jpg 2019-04-29_transformers-legends_lgex-bigpowerd_unite3.jpg

そのツイツイさんとトプスピさん、もしも手元にあったなら、↑ の足に合体させたかったんですけど。丁度スカスカですし、ふくらはぎ辺り。
手に入れようと思えば、多少割高ながら アマゾンさん家でまだ買えるようですけど、いまのわたくしのフトコロ具合だと、どうにも手が出せません。


2019-04-29_transformers-legends_lgex-bigpowerd_powerd-masters2.jpg

あの ちなみに、今回のこのブツは、なかなか よう出来てます。
塗装箇所もかなり多くて、リデコの域を超えた、作品への愛ある逸品と言っていい。
遊びごたえは、もうひと押しあると より楽しめたかなあとは思いつつ、それを補って余りある、ヒーローチームとしての存在感に満足。

スターコンボイも GENERATION SELECTS 枠で無事発売が決定しましたし、
となると、あと スターセイバーさえ復活すれば、G1司令官が全員リメイクで勢ぞろいできる、ということに。
どうにか発売への道が開けたシーコンズの例もありますし(コンバイナーウォーズ開始から4年越え)、気長に待ちますかねー



あと もう1個、こちらは やっと開けたのではなくて
到着してすぐ開けたった、トランスフォーマー シージシリーズ SG-18 シックスガン

とーいうのも、同系統商品の トランスフォーマー シージシリーズ SG-05 オートボットコグ 発売の折も、
そのとんでもない遊べようゆえに、界隈がえらい騒ぎになっていたことが、記憶に新しいところ。
当然今回も、発売直後から新しいチャレンジが続々ツイートされておりまして(参考リンク:Twitter検索:シックスガン
わたくしも参戦したいけれど、ネタカブするのだけはどうにか避けたい てんでー
じゃ、早めにエントリするしかなかろう。と


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite1-5.jpg

まずはー 買ったらやってみたかった、コグ+シックスガン。

この2体での合体は、割とみな 試してみるらしくて、多くの作例がツイートされてるんですけど
なんとか、目新しいつなぎ方になるようにと、ちまちま手を加え。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite1-1.jpg 2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite1-2.jpg

最大の特徴は、おなかが直接つながってない とゆーことですか。
確かに奇をてらいもしましたけれど、それよりも、ボディのバランス的に、このぐらいの位置に腰を持ってきて、ここに胸を持ってきたいと
試行錯誤しているうち、いつの間にか こんなな風に。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite1-3.jpg

そのため、デカハンドとして有用ということで 各所作例でも大活躍の、4連棒状ジョイントも、腰の後ろにひっそり隠されております。
まあ コレをこうしたおかげで、スタイリングの差別化には貢献できてますけど。空しい。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite1-4.jpg

おなかの空洞には、どうもパワスい人がピタハマる予感がしますが、今回はあえてスルー。

それと、薄々勘づかれた方もおられると思いますが、ボディ上面の白いパーツは乗っけただけで、接続は出来ておりません。
ひざ関節もありませんので、まともなアクションポーズは、ほとんど取れません。(最近こんなんばっか




とー ここで終わってもいいんですけど、せっかくなので、
今度はオートボットコグを主体にして、組み替え。

2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-5.jpg

いやはー トリコロの無駄遣い といいますか
色づかいが騒がましく、バランスもよくなくて、まあ ありもので組むから どうしようもないことですけんど。
ただ、シルエットだけは スキ路線、わたくし的に。アーミーカラーとか、見てみたい。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-1.jpg 2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-2.jpg

完全にツマ先立ちにしてしまったので、スタンド必須。その代わり、乗っけただけ合体は今回ナシ。
背面のコグ下半身と4連棒状ジョイントとが、たまたま うまいこと接続できていて、となると次なる展開へのアイディアも高まるところですけど、
今見えてる分で全パーツ使ってしまっており、あとは買い増しするしかない、という。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-3.jpg 2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-6.jpg

薄々勘づかれ(略 まともなアクションポーズは(略
ただーし、プラスワンギミックとして、隠し腕を展開できます。隠せてなかった気もしますけど、腕。


2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_unite2-4.jpg

そして必殺、足キャノンキック。



2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_two-shot1.jpg

今更ではありますが、あのコグとシックスガンが、こんな立派な、遊べる単品おもちゃになる日が来ようとは。
地道にトランスファン つづけてきてよかった。

2019-04-29_transformers-siege_sg18-sixgun_two-shot2.jpg

もちろん トランスフォーマー シージシリーズ SG-25 ブラント も予約しましたので、
そのときには、なんとか彼らの親玉たちも復活させて、集合写真を撮ってみたい んだけど
そうなると、もう屋外でオープンセット組むしかない という気も(笑





とか

のんきに言ってる場合じゃあない
突然とびこんできた、トランスフォーマーサイバーバース 国内メディア展開、4月27日開始のビッグニュース。

確かに、今夏から国内商品展開もはじまるとのことで、やるかもしんないとは漠然と思っていたけれど
原語版は、あからさまな海外向きの作画、演出方法でしたので、好き嫌い・良し悪しはさておいても、国内地上波では
やんない方がいいんじゃないかなー と懸念していたところに



わー まさかの、ネットのみで展開とは!(2019年4月末現在)
後日 カートゥーンネットワークキッズステーション でも放送、という可能性も なくはないのですが
トランスフォーマーアドベンチャー から一歩進んだ、といいましょうか これは・・ 大英断。

確かに、トランスフォーマーアニメイテッドトランスフォーマープライム
トランスフォーマーアドベンチャーも、それぞれ良い作品ではあったけれど、一般層に支持されたかというと、そうでもなさそう。
トランスフォーマーという作品の一般への訴求力が弱いのか、それとも海外作風がウケないのか。
直近3作が未完続きということも、タカトミの意向というより、単純に、日本での需要具合が継続を許さなかった、という事情は、透けて見える。
(こないだ3月24日に撮ってきた地元トイざラスのトラフォ棚には、悲しいかな、まだアドベンチャーの商品が写ってます。
そうした中で、Youtubeを中心にメディア発信するというのは、コロンブスの卵とみるか、苦肉の一手とみるか。

わたくし的には、地上波放送もリスクが低いとは言えず、むしろハイリスク ハイリターン。
そういえば、絶好調に見えた ベイブレードバースト も あえて同方式での放送に切り替えてますし、
実は勝算あっての判断なのかもしれません。旧タカラは昔から、リサーチを徹底して行なう会社だったという話ですので。



そして、邦訳版がスタートするとなると、どうしても始まってしまうのが
その演出に対するバッシング。

過去、アニメイテッドの放映時には、ひとつひとつセリフのチェックがなされ、原語版との違いやカットされたシーンを
殊更に強調するサイトが設置されるという、大がかりな動きもありましたが、ある意味で そこが、隔離された空間として機能していたとも思えます。
ですが、それから9年が経ち、Twitterが主戦場になると目される今回、望むと望まぬとに関わらず、否定的意見も目に飛び込んでくるはず。(というか、すでに目にした。)
認められないといわれる方々の中でも、圧の強い言葉が、楽しく見ている方々の妨げにならないかは、心配。


こうした傾向は、タカトミ側でも懸念されていたのか、スタッフの発表は小出しに行なわれ、
ソフトランディング目指して慎重を期されたのかなと、受け止めました。
ナレーションがユーチューバーの方であることとか、音響監督が岩浪美和さんだとか。

それ以上のニュースが出ず、今回配信にどの程度の予算がついているか見当もつかなかった1週間ほどの間は、
大概のことは受け入れるわたくしも さすがに、もしかしたら全編、ユーチューバーの方による実況中継で ウルトラファイト 状態なのかもしれないと、
不安を抱いてもおりましたけど


結果的に、配信開始直前、タカトミ公式から あっとおどろくキャストの発表があり、演出方向の示唆もされたことで、
なんとか当初の不安は、解消されることに。



配信開始後は、Twitter検索:サイバーバース をご覧いただければ分かるとおり、賛否両論。
今は ただただ、配信の度にイヤーな思いをさせられるのだけは、勘弁願いたいな、という気持ちです。はい。



以下、第1話~第4話まで見て、わたくしの感想、箇条書き。(ネタバレ控え目)

・冒頭からガンガンしゃべるバンブルビー。
 原語版では、実写映画版よろしく ラジオなどの音声を再生して話す、ということのようでしたけど
 こちらはすべて、木村良平さんの声で統一。
 そのため、もともと幼児性を強調する演技づけをなされていたバンブルビーのキャラクター性が、より明確になった感。
 (原語版は、幼児性+ラジオ音声の両方を立てて、キャラづけがボケてしまっていたように見える。)

・ウインドブレードが、親しみやすさ・かわいさ共に上増しになっているのは、これはもうー 悠木碧さんの声の力に他ならない。
 原語版でもお姉さん的立ち位置にいたと感じましたけど、こちらは加えて、保護者の雰囲気。
 興味津々で落ち着きのないバンブルビーを、頭ごなしに怒らずに、小さい子をやんわり諭すように言い聞かせたりとか。
 声のトーンもちょっと上げ気味で、ちょこちょこリズム感ある ひと声はさんでくるのが、またいい。

・声の話になると避けて通れない、ナレーション。
 よっちさんという方が起用されてまして、ボンボンTV と提携する関係でのことかもしれませんが
 じっくり聞いてみると、違和感というほどのものでもないかな、という印象。(本音。
 いかにもなナレーションでなくて、実況中継スタイルを選んだのは、これは演出のセンスかな。
 フツーの語りだと、ダメだったかもしれない。

・演出上の作風は、ざっくり言って、生ビーストウォーズそのまんま。
 なので、アドリブというよりも、脚色が強め、一部のメンツは自由にしゃべってます といった印象。
 分かり易いのが1話。終始おっとっとネタが飛び交ってますけど、この一貫した使用方法を見てると、
 岩浪さんが書いたセリフに沿ってるんじゃーないかしら。
 とー いうか、おっとっと てモロに現行商品名ですが、大丈夫なんですか。

・そしてー これを楽しみにしておりました、子安武人さん・千葉繁さん・鶴岡聡さん・稲田徹さん・上田燿司さん と
 何事かしでかしそうなメンツが集められてて、これで何も起こらないわけがない。特に千葉さん(笑
 4話まではクスっとくる程度で、楽しく拝見させていただいてますけど、5話以降はどうなっていくのかなー。 

・鶴岡さんのスタスクが、まんまプライム版スタスクで、子安さん千葉さんも まんま両リーダー。
 で 木村さんのバンブルビーがいて、と 各作品から出張してきている印象。
 こうなると、次は誰がやってくるのか、ということに俄然興味がわいてくるわけですけど、
 個人的には、松山鷹志さんを待っております。ゼッタイ肌が合うと思う。

・ちなみにサイバーバースの原語版は、日本から見られた時期に なんとか追ってたんですけど、空き時間もなく、あえなく3話で脱落。
 英語が分かんないことも確かに大きかったけれど、起伏の薄い展開と、カートゥーン寄りの絵と、あと物語の立ち上がりが全然ぴんとこなかった。
 記憶喪失のバンブルビーが、ウインドブレードを相棒にオールスパークを探す、とか。
 邦訳版は、そこんとこ声のパワーで押し切ってますけど。



おもちゃの方も、もちろん興味津々。スパークアーマーシリーズの、普段にないモチーフの合体メカが、もー大好き。
バンブルビー+戦艦とか、ゲルシャーク+ドリルタンクとか 思いつきませんてフツー。

 BWTF.com - Toy News: Official Stock Photos of "Cyberverse" Toy Fair 2019 Reveals

しかしー いま、本当ぎりぎりのところで買い物してますんで、購入はムリめですが。
空から急に、いちおくえんぐらい降ってきませんかね。<仕事はげめよ

この記事へのコメント

  • 名無し

    トランスフォーマーサイバーバースだったら松山鷹志さんもスラストあたりで来そうな上田中敦子さんはスリップストリーム、檜山修之さんはショックウェーブ、飛田展男さんはラチェット、小野賢章さんがホットロッド、櫻井孝宏さんがブラー、速水奨さんがプロールで出てきておかしくないですね。
    2019年04月30日 21:05
  • michusas

    そういえば、いろんなキャラが登場するんでしたサイバーバース。
    原語版4話以降未見ですので、どんなひとが登板してくるか存じあげませんけど
    お名前あげられてる方々が来ると、なかなか楽しそう。

    とはーいえ、トラフォがらみでない方がおいでになる可能性も、割とありそうですが、岩浪さんだと。
    ま そこから、新しいおなじみさんが増えるかもしれませんけど(笑
    2019年04月30日 23:22