ガッツンきた、新章開幕。

ついに来たー ダイアクロン、2019年からの新機軸「トライヴァース」の始動が
先日の 静岡ホビーショー にて、正式にアナウンス。

 電撃ホビーウェブ - 『ダイアクロン』トライヴァース<トライダッシャー>や『トランスフォーマー』MPM-8 メガトロン、
 『ゾイドワイルド』パキケドスなどを展示!【第58回静岡ホビーショー(2019)速報レポート】タカラトミー


単なる昭和ダイアクロン ダッシャーシリーズの再リリースに終わらない、
新たな着想の上に構築された この姿を、どうして冷静に見守っていられようかー




今回、会場で流された製作中PVでも具体的なカラーリングが明らかにされていなかったようで、
つまりアレかコレ、何色になるか期待しながら待っとけよー という、公式サイドからの挑戦状ってやつだ、きっと。(邪推

とー いうことで早速 Twitter画像検索:トライダッシャー で見られた画像を元に、ぬりえを作成。
とりあえず、ダイアバトルスカラーで1枚。

2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari1.jpg



それっぽくはなりましたけど、これだとさすがに、ダイアバトルスそのまんま過ぎか。

2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari2.jpg 2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari3.jpg

(左)黄色+オレンジ、(右)赤+黒でぬりぬり。ちょっと攻めてみましたけど、黄色はさすがにナイか。
緑が似合いそうですけど、宇宙海兵隊ver.が出るでしょうし、今はいいかな。
と いうかキャノピー色に塗ってるとこ、間違えてますわ。いま気づきましたけど。


カラーリングについては、本来は様々な組み合わせが考えられるはずですけれど、
同システムのバリエーションが続くという商品の事情を考慮すると、
ベースカラー(シルバーとか)に、パーソナルカラーを加えてシリーズの統一感を出す、という方向性もありそう。
実際、パワードシステムはそれ系なので、この推察は、見当違いとまでは言えないかなと。

さらに的を絞って、この第1弾トライダッシャー
暖色系と寒色系、どちらが採用されるか?まで考えて、やはりココは、赤かなと。
パワスーA型も赤でしたし。でもマニューバアルファは青だったか。


2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari4.jpg 2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari5.jpg

うーん 別のロボアニメのよう。
まあ、見栄えの問題もあり、実際の商品は差し色をもっと用いる可能性が高いんでしょうけど
情報不明瞭のこの時期に、こうやってあそべるってのが、ちょっと楽しい。


なお、おまけとして 塗り試したい方向け、未ペイント状態の物も掲載しておきます。
勝手にお借りした画像から、読み取れる線をトレースしただけで、自筆というほどのものでもありませんので
加筆修正など含め、ご自由にお取り扱いくださいませ。

2019-05-19_diaclone-trivers_tridasher_color-vari0.jpg


ワンダーフェスティバル2019冬 のパネル展示によれば全高150mm、今回の展示でも
ダイアバトルスより頭ひとつ小さいところを既発売商品と並べてアピールしてましたので、この「ひとまわり小さい」ことが、今シリーズの要なのかな、と推察。
例えば、アンケート結果などで より買いやすい価格帯の合体ロボを求められた とか、ダイアバトルスとマニューバの中間サイズの遊びやすいロボを構想していた、とか
そういうことなんですかねー。

わたくし的に気に入ったのは、タンクモードのときに、畳んだ足をクローラーに見立てて、その上に足裏を乗せたとこ。
足を畳む変形となると、足の印象を残したままになりがちなところ、このアイディアひとつでそれを覆しているところは、さすが。

余談ではありますが、今回のトライダッシャー試作品展示画像を見たとき、シルエットも何もかも違うんですけど
エンジンオーセイクウオー が連想されて、もしも あのカンジで合体ロボが次々リリースされるってことなら、イイなあと思ったりした。個人的感想。


気になる価格については、まだ詳報聞こえてきませんので当てずっぽうですけど、
ダイアバトルスが3機合体で15,000円だったので、1マン切りは難しそう。12Kぐらいですか。アマゾン買いでギリ、10K切りできるかも。

気になる といえば、今夏のダイアクロンEXPO開催も、そう。
前2年は7月第1、2週に開催され、いずれも5月下旬に告知されていたように記憶してますので、開催されるとすれば、そろそろアナウンスがありそう。
トライヴァースの色付き試作はまだでしょうけど、それ関連で新情報が出るか、興味をそそられるところ。


あと そうそう、サイバトロンマークがくっきり映ってるんで間違いないと思いますけど、展示していたボレットコアを乗せてるアレは
トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド じゃないですかー 展示を担当された方の、個人所有かもしれませんけど。
うっかりポッキリいっちゃう欠点さえなければ、安くて使い勝手いいので、接続部分を改善してもらって、改めて発売してもらえれば。ぜひ。

2019-05-19_transformers-display-stand_improvement-idea.jpg






などと 平静を装っておりますけれど、わたくし
この1週間ほどは、気が休まりませいで なにがて、WindowsUpdateさんに関するトラブルで ですよ。
※以下、モチャい話は一切出てこないので、読み飛ばし可。


先日のWindowsUpdate、わが家のマシンは 表面上は、特段問題を抱えたようには見えませんでしたけど
大型アップデートを済ませた翌朝、Excelファイルを開いてガクゼン。
結構細かくレイアウトに気を使っていたファイルが、なぜか崩れて、手直し必須の状態に。
比較できる元ファイルがないので よう分かりませんが、セル幅とか余白が少しずつ異なる値になったのかも。

でー これがまた、仕事の印刷用が多いのに 原本開いてその状態だったんで、じゃこれまで何年もかけてそれ使って作ってきたファイル、
開くたび全部手直しが必要になるってことかー!

2019-05-19_excel-trouble-revise1.jpg 2019-05-19_excel-trouble-revise2.jpg

こんな作業を行ごとに、ちまちまやるとか。ありえへん。
しかも手直ししてみて、モニタ上ではまだ崩れてるんだけど、印刷するとちゃんと直ってる という場合も多々あり、かなり面倒。

ところがですね
せめて、この大変具合をネタるしかないと、キャプ画を用意しようと思ってましたら
どうも その後の別アップデートで一定の改善が行なわれたらしく、あのとき直さなあかんと思ってたはずのファイルが、問題のない状態に。

せー せめて ネタにするのが終わってから直さんかーい!
どうしても必要だったファイルだけ、2日間ほど自力で直したのに、超ムダ骨やんかー

まあ、これに懲りて さすがに今回は、新Office買うしかナイということですか。
この5月の支払いがドギツかった(7万超え)けれど、6月の支払いは予算内、7月・8月の支払いについても今んとこ予定のない状態ですし



・・あら、ちょっと 

もしかして、控えないかんと思って予約してなかったり、泣く泣く予約キャンセルした あれこれ、その時期に買えるんと違うかな。
とりあえず DA-36 パワードシステム マニューバ アルファスパルタンDA-35 スカイジャケット <ストームセイバーズver.>
予約を入れ直しましたけど。

2019-05-19_preorder_diaclone_da35-da36.jpg

Office、こんな調子で買えるかな。わが事ながら、心配。

この記事へのコメント