わたくしの中ではすでに、半年以上お休みしていた感。

その、数ヶ月の間のこまけえ話は、あとに回して
所用につき帰省したこないだ日曜日、ダイアクロン DA-40 トライヴァース トライダッシャー 特別Ver で遊ぶ時間が作れたので、ひさびさネタってみた。


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-vehicle2.jpg
ボトムマシンが、バトルス01後部にカッチリ接続。
想定された合体ではないんでしょうけど、見慣れたバトルス01が、あからさまにパワーアップされて、新鮮。



2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-vehicle3.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-vehicle4.jpg
ボトムマシンの足と足の間にバトルス01後部がちょうど挟まり、
トップマシンとボトムマシンを接続する凹ジョイントにバトルス01後部のジョイントが引っかかる、それだけとはいえ
赤と青の色味も揃うよう配慮してくれており、うまい具合にマッチして、イイ。

ただー まあ、イケると思って同接続でロボ組みもしてみたんですけど

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-robo.jpg
こっちは、ナイかな。



2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-vehicle1.jpg 2019-10-03_daiaclone-trivers-tridasher_mode-tank.jpg
今回、コクピットにロールバーが追加されたことで、キャノピーを開けたままにしていても
単純な開けっぱなしということでなく、「そういうスタイルのビークル」に見えるようになったというのが、お気に入りポイント。
これは ↓ ロボモードでも同じ印象。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-robo1.jpg
ちなみに、いろんな遊び方を試したくなるトライダッシャー背面のアームマウントベース。
今回は90度起こして、その裏側にクランク状のジョイントを付けることで、D-MAXキャノンを
肩の上から脇の下まで、自由に構えられるよう配置してみました。(表側につけても、そう出来そうな気はしますけど。)

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-robo2.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_unite-robo3.jpg
うーん しかし、過去のダイアクロン商品、片っ端からもってきて、あんなんとかこんなんとか
付けて外してお気に入りスタイルを、試してみたくなるな コレ。


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_mode-jet1.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_mode-jet2-2.jpg
左の画像、トップマシンに02ボレットモジュールをはめてますが、ややキツめなので、おすすめは出来ないかも。割れはしないと思いますけど。
あと、トップマシンの背中側を上にしてもボレットコアがはめられますが、面白味はいまひとつかな。


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_groupshot2.jpg
ダイアバトルスV2と並べて1枚。
3体合体と2体合体の差で、足らない1機分、トライダッシャーが小柄に。

これまでの平成ダイアクロンの、大商品と小商品をつなぐ中間として登場した、このサイズ。
シリーズ開始から4年目を迎えて、昨年までの熱狂が一段落する中、楔として重大な責任を負っているのが、ひしひしと伝わります。
(トライダッシャー特別版を、女性隊員1名+でありながら定価1万以下に抑えたのも、利益より起爆剤としての役割を期待されたからかなと、邪推。)

しかし、カラバリがまさかブラックバージョンになるとは。
ダッシャもジェッタもディガも、宇宙海兵隊カラーがアホほど似合うと思うんですけど まさかの後日、3体セット発表 とかになるんじゃ。




2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_groupshot1.jpg
そして初体験、女性隊員。 ムーンアサルター開けてませんでしたので。

2019-10-30_daiaclone_woman-member1.jpg 2019-10-30_daiaclone_woman-member2.jpg
その可動域は、男性隊員より細身でありながら、ご覧の通りの改善具合。
シルエットも、マンガっぽく強調するんでなく、自然なラインでまとめていて、好印象。

胴の前後可動範囲が広げられたことで、おしりをつき出す仕草がサマになっていて、ここんとこも センスの良さを感じます。
参考リンク:Gigazine - なぜ女性の「背中の反り」は魅力的に見えるのか?

2019-10-30_daiaclone_woman-member3.jpg 2019-10-30_daiaclone_woman-member4.jpg
ただ、四肢の横方向への開きは全然できなくて、左画像がほぼ限界。ロードヴァイパーも、できれば乗せたくないカンジ。
おそらく強度を上げるための、やむを得ない処置かと思うので、このコレがあってのスタイルの良さと思えば、納得せざるを得ないかな。


ついでですので、男性隊員の話。
わたくし的には、最近付属しているシールド下ろした頭の隊員は、あんまり好みではないので、
シールドなしの旧バージョンも混ぜながら、展開していただきたいところ。

あと、今回女性隊員が首の横ロールを採用したことで、男性隊員も、同じギミックを備えたバージョン2が
来年辺り、出るんじゃないかと思いますが そうなると、価格も必然的に上がってしまうでしょうから、悩みどころ。
肘・胴の可動を廃したダウングレード版(=商品に付属)と、バージョン2(=隊員セットのみ)とで並行展開するのも、アリかも。





ところで、せっかく一緒に持ち込んだパイセンがた、
どうせならナニするしかないでしょうと


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup-diabattles2.jpg
アーマーアップ、ダイアバトルスV2。
腕は引っかけ、足はいつものアノ足、背中のバトルスV2は定番のはさみ込みで固定。

この腕の固定方法を探すのに、ずいぶん時間がかかって、夜が明けるんじゃないかと思った。ホンマ。
当然ながらすぐポロリますので、アクションポーズなど、ゆめのまたゆめ。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup-diabattles1.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup-diabattles3.jpg
もしかしなくても バトルス01がハブられてるんじゃ とか、気付いても口にしてはいけません。
だってトライダッシャーの股関節、クリックないもんで、上半身の重さと床の滑りでゆっくり開脚していくんですものー
何度倒壊させて、心が折れそうになったことか。


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup-diabattles4.jpg
ダイアバトルスV2とのサイズ差は、足の延長によって逆転。
宇宙機動タイプが相手だと、さすがにボリュームでは負けてますが。


その宇宙機動タイプを、同じ要領でアーマーアッ(略

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_diabattles-space-mobile-type1.jpg
まあ さっきのと、さして印象変わらな(略
今回、トランスフォーマー専用ディスプレイスタンド までは持ち込めなかったんですが、やっぱり持ってくるべきだった 無念。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_diabattles-space-mobile-type2.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_diabattles-space-mobile-type3.jpg



最後に、ストライクバッファローとも。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_strike-buffalo2.jpg
四肢の接続を逆転させ、足を腕として使ったことで、肩タイヤのシルエットが実現。結構、スキ系。
腕の接続は、バッファロー足の空間にダッシャー腕を差し込む単純な方式。足は、バッファローツメでダッシャー足首をつかんでます。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_strike-buffalo3.jpg 2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_strike-buffalo1.jpg
ボレットモジュールとボレットビークルがくっついていないことは、お気になさらず。
まあ、無理にくっつけなかった こっちの方が、スッキリまとまったので逆によかったかも(よかった探し


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_strike-buffalo4.jpg
で こっちも開けてみたキャノピー。
うーん どっちもスキ。棒立ちしかさせられないのが、まことに残念。

2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_armorup_strike-buffalo5.jpg
いやはーこれはー いろんな組み合わせを、試してみたくなりますなあ。
もいちどイチから出直します、の心境といいますか

もしかすると、気持ち一段落ついてしまったユーザーに、そうしてもらうためのトライヴァースでもあるのかな。
うがった見方すぎるとは思いますけど、ダイアバトルスの実質的な再販も、その一環と読めなくもない。


2019-10-30_daiaclone-trivers-tridasher_abandoning-something.jpg
ま とりあえずわたくしは、撮影後、そのまま車に置きっぱなしになっているダッシャーたちを
自室に引き上げるとこから始めないと。





(以下、割と読み飛ばしても大丈夫な話。)


前回エントリが5月の末で、それ以降これまでの間、ブツだけは次から次と到着しては、積み上がってまして
トランスフォーマー マスターピース MP-43 メガトロン (ビーストウォーズ)
トランスフォーマー シージシリーズ SG-25 ブラント
トランスフォーマー マスターピース ムービーシリーズ MPM-8 メガトロン
トランスフォーマー SS-38 スカイドリフト
タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-37 ストライクバッファロー ムーンアサルター
トランスフォーマー シージシリーズ SG-32 オートボット スプリンガ―
ダイアクロン DA-38 ワルダレイダー バグヘッド
ほか タカトミ限定 GENERATION SELECTS スターコンボイ や、デバステイター合体要員などなど、総額11万以上が、梱包すら解けていない有様。
さすがに トランスフォーマー マスターピース MP-44 コンボイ Ver.3.0 は、開封しましたけれど
ひと通りの変形を楽しむのが、やっと。

なにが原因でこの事態に至ったか、そのプロセスをもう一度見てみよう。(政宗


とはーいいながら、難しい問題は一切なくて、
サイドワークの中で、ひとつ大きなタスクを追加したら、本業にシワ寄せがきて
結果おもちゃで遊ぶ時間を削らざるを得なくなった という話。

エアチェックについても、特撮2作品は録り溜めてかろうじて見てますけど、YouTube頼みの ウルトラマンタイガ は脱落気味。
設定回りや役者さんはイイのに、お話の傾向が、わたくし的にはかなりしんどい。トレギアを絡める都合上、そっちいくんでしょうけど。
「タロウの息子の物語」なんだから、タロウ的な明快路線で、タロウ怪獣リスペクトしてくれたら、それでよかったのにー。


YouTubeといえば、このところの 東映特撮YouTube Official は、わたくしがこっちの道に転げ落ちた時代の作品配信が続いていて、
特にいまやってる 世界忍者戦ジライヤ は、はじめて作った同人誌で扱った作品でもあり、思い出深い。
先ごろまで配信されていた 特捜エクシードラフト も、思わずうなづく竹子に涙する第1話「死の幼稚園バス」、
いまや名脇役として有名 遠藤憲一さん出演、情緒の交錯が心にしみる第9話「危険な家族ごっこ」、
更生を誓い出所した元スリ師がやむにやまれず再び罪を犯してしまう第14話「遥かなる父の旅路」だけはもう一度見たくて、なんとか視聴。
逆に、放送当時これはすごい話だと思い、巷でも語り継がれる 超人機メタルダー の異色作・第11話「勇者の追撃! 天空にそそり立つ巨人!!」が、改めて見てみると、
細かいところが気になり集中できなかったりして、(スキはスキなんだけど)これはこれで、複雑な心境。

料金気にせず、手軽にみられるとあって、おなじみ タカラトミー TAKARATOMY はじめ、TMSアニメ55周年公式チャンネル
TatsunokoChannel / タツノコチャンネルサンライズ手塚プロダクション公式チャンネル などなどの、気になるあれやこれや
のがさず視聴したいのに、オー ガッデム。

中でも、当時地上波で放送していなくて、先輩宅で第1話「ふきだまり」と第2話「鯨捕りたち」だけ見せて頂いた、白鯨伝説
今なら全話見れる(期間限定)とのことで、うーん もう、どうしたらいいのー




・・という、余裕のなさっぷりなのですが

この状況に、思い起こすものもあり。
おもちゃを買ってはくるものの、ネタ作っておっぴろげるとこまで、どうにもテンション上げられなかった、
あの、長期休眠時代。

当時は、おもちゃ買ってきて、開けて遊ぶこと自体は出来なくもなかった がーしかし、納得出来の逸品に触れて、頭じゃそう分かっていたのに
トキメキを感じられなくなってしまって となると必然的に、購入意欲もめっきり下火に。
そのままフェードアウトしてもおかしくなかったのに、こうして おもちゃ界隈に戻ってこれたのは、奇跡というほかない。
(なので、ユナイトウォリアーズ には、大変感謝しております。)


ただ、いま もしそのときと同じように、心が動かなくなったら 今度はもどってこれないかも とも思い、
そうなると、疲れてるときに無理してアマゾン梱包とかなくていいかな と。

それでもダメなら、潔く、おもちゃ漢としての 幕の引きどきなのかもしれない。




ま 今回、そんなことを考えながらも こんだけ遊び倒してしまう時点で、それが杞憂でしかない
根っからのおもちゃ大好き(精神年齢5歳)おもちゃラーであると気づいてしまう、
これもまた悲しいような、うれしいような。

この記事へのコメント