どうせこの世はワンウェイドライブ、右折も左折もままにはならぬ。

いや、なんとなく。ぽっかり思い出しまして。



無事に届きはしたものの、なかなか遊べていなかった ダイアクロン DA-42 トライヴァース トライジェッター<特別Ver>
ちまちま時間つくって触ってますが、トライダッシャー とは、また異なる面白さ。じっくりあそんでいきたいと思います。
そうしてる間に、すぐ次がきちゃうんですけど。


2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet1-1.jpg
とりあえず合体ジェットモード。
とりたてて工夫はしてないんですけど、翼を大きめに組めないかなと、あれこれお試し。



2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet1-2.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet1-3.jpg
効果的とまでは言えないけれど、ワンパッケージだと これが限界か。
いやしかし、この有形ブロック玩具特有の、翼の形状の特異さよ。オノコゴコロに刺さるー。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet1-4.jpg
あとやっぱ、コレですあ、ランディングギア。さすが分かってはる。



2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet3-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet3-2.jpg
上半身ジェット。とりたてて(略
トライダッシャーで採用されていた接続基部の90度回転ギミックは、トライジェッターではオミット。その分、武装やウイングなど付属品が豊富になってます。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet4-1.jpg
ボレットコアの接続向きと翼の取り付け位置を変更。こっちの方が翼大きめになりますけど、もうどなたかやってそう。


2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet2-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet2-2.jpg
下半身ジェット。
初報を目にした当初は、大仰なスラスターが太ももに付いてるのねえ程度に、見ておりましたけど、
遊んで納得、コレ計算したうえでのこの配置かー!(内股にすると丁度真ん中にスラスターがくる。)
膝の赤いワンポイントも、ユーザーがここを尾翼に見立てるだろうと見越しての配色なのかも。お釈迦様の手のひら的な。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet5-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_jet5-2.jpg
ちなみにバナシ、腕モードにもトランスフォー(自粛)可。
スラッシュキャリバーを、割としっかり持てます。つま先とカカトで。



トライヴァースシリーズは、気軽にさわれて、しかも長く楽しく遊べるという、なかなかのオススメコンテンツなのですが
気になる点がないわけでもなくて、つまり 接続基部が2箇所あるのに、そこにはめるボレットコアが1個しか付属しない、ということ。
(もちろん、2セット以上買い足しても解決しない。)

価格を抑えるためには致し方ない、ボレットコアのバラ売り(隊員セットのような形式で)でもするのかな、と思いきや そこはさすがの高谷さん
早々に ボレットコア/拡張機動タイプ(仮) を参考出品ながら発表されて、購入をスルーさせてもらえないとこまで高めて提示してくる、したたかさ。
うーん 抜かりなし。



さてー トライヴァースといえば の、VERSシステム。
ひとまずこんなんで、どない。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-1.jpg
長モノ抱えた機動力重視の機体で、右肩に射撃管制パイロット付き。
ダイアクロン世界からはちょっと外れた、リアルメカ寄りになりましたけど。足首のウイングを見なかったことにすれば。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-6.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-3.jpg
いまや1日読む機会を逸すると、以前読んだツイートまでさかのぼるのが大変になるほど、つぶやきが増えたダイアクロン界隈。
正直、ネタカブチェックがなかなか難しくなりまして、もー ざっと見て、カブってなさそうというところで、ご勘弁。(後ろ向きな言い訳

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-4.jpg
バックシャンも、まあまあ、悪かあないですろう。自画自賛。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-8.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-7.jpg
2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-5.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode1-9.jpg
わたくし的に、射撃管制用ボレットコアが無造作に肩にくっついてるのが、割とスキポイント。
下向きにぶら下がりっぱなしのメインコックピットは、気の毒とは思いますけど、まあ 吹きさらしだった昭和コックピットを思えば(ダイクロンあるある

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode2-1.jpg
足を人魚のようにたたんで、肩の上に乗っけたブースターを倒せば、空中戦も可能に。的な。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode2-2.jpg




2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-4.jpg
今度は、長モノを折り畳んでバックパックのように背負わせてみる。
これはこれで、また違うSFテイストの妙。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-6.jpg
2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-5.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-2.jpg
最初は、キャノンを肩の上に残さず、完全にハコ型にしまうことも考えましたけど、結果的に これでよかったのかも。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode3-3.jpg
背面が結構な重量になりましたが、トライジェッター付属のアーム型ジョイント1本のみで懸架できてます。
さすがの品質。



2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-4.jpg
寝そべり変形ながら、巡航形態にもなれます。 このカタチにしてみて、またもお釈迦様(略 という思いに。
つま先とかかとを閉じたこの状態、あなたが機首にもってくるのはわかっておりました ゆー造形してますもん。ぎゃふん。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-2.jpg
この形態でようやく、メインコックピットと射撃管制コックピットが同じ向きに。
シルエット的に、宇宙とんでるフンイキになっちゃいましたけど。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-3.jpg


そしてー

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-6.jpg
もちろん、この状態でも長モノは展開可能。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-7.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-8.jpg
長モノを組み込むと、それだけでカッコよさがアガるんですけど、
深度の関係で、1枚撮っただけでは気に入った画像にならなくて、いくつもの画像を貼り合わせないといけないのが、地味なめんどポイント。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_mode4-5.jpg
まあ、いいか カッコよくなれば。自画自(略

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_vers-system_short-respite.jpg
いちおう、ダイアクロンらしさの演出で、隊員絡めた情景も1枚。




ダイアクロンといえばですね

十分、うがち過ぎの見方であるとは自覚しておりますけれど 2017年夏のワンフェスにて展示された参考出品
宇宙ステーションCX-1 戦闘指令ブリッジ 見たときから、もしかしてコレ ひそかな新ロボットベースの胸部分を示唆しているんじゃないか
ということをチラチラ考えたりもしていて


というーことは

2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm1-2.jpg
こういうことか バラ売りプレイセットを集めると、新ロボットベースが完成する 的な。

その案が思い浮かんだ11月の頭ごろから、六角大王Super5 の力を借りて、少しずつ作っていたわけですけれど
かんたんな説明用モデリングで済ませるだけでよかったところを、リブート版ならココにロボ用グリップがつきそう、とか
やりすぎかもしんないけど、バイポッドついてる方がリブート版らしくなるかも いうて手を入れてって、こんなな状態に。

2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm1-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm1-3.jpg
かんたん説明モデルですので、開閉機構のためのヒンジ(骨組み)は組み込まずに、展開状態と収納状態2種類のパーツを作って、
それぞれ表示・非表示を選択することによって、2モードを再現。

2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm2-3.jpg
ポイントは、肩接続を DA-50 ワルダロス<ギガンター> から採用の、20mmジョイントにしてあるところ。
ワルダロスでは尻尾の接続に使ってますので、つまりその大きさから言って、この新ロボベーの片腕、まるまるワルダロスサイズになる、ということに。
もちろん、今回20mmジョイントが発表となったのは、新ロボベーにも用いる前フリであろう という、邪推が入っております。

2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm2-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm2-2.jpg
2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm3-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm3-2.jpg
このサイズで、合体後の重量もかなりのものになることを思うと、フル可動は望めず、少なくともヒザ・足首は関節固定。
首と右腕は一定程度のポージングが取れるようにはなるでしょうけど、ほかは股を八の字立ちさせるのが精いっぱいかな、と妄想。

2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm3.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_light-arm4.jpg
ターゲットスコープは、ベタすぎてちょっとー とも思いましたけど、この視点から見ると、ないと逆におかしい てので、採用。
クローになるギミックは、狙いすぎて逆にベタいんですけど、採用。


2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_body1-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_body1-2.jpg
2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_body2-1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_robotbase-playset-idea_body2-2.jpg
実は左腕より先に、胴から作り始めたんですけど、全然ノレなくて、放置。
多分いま再開しても、すすみそうにない気が。




(以下、おもちゃ漢には割とどうでもいい、読み飛ばしOKな長めの近況報告。)

前にも書きましたか、今年後半はひたすら慌ただしくて
11月入ってからこっちは特に、いろんな用事にじゃまされて、いつも以上に おもちゃで遊べておりません。

2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_interference1.jpg 2019-12-12_diaclone-reboot_trivers-trijetter_interference2.jpg
↑ トライジェッター到着後の日曜日、なかなか遊ばせてくれなかった原因のひとつ。



田舎には、道づくりと言いまして、地域の者がお互い様で、農道などを整備する集まりがあるのですが
祖父から数えて男がわたくしだけ(お父ちゃんは婿養子、叔母もいとこも女性ばかり)ということもあり、うちからの参戦は、わたくし1人。
ほんまに、子がおらんいうのは こういうとき、先々を考えさせられます。

2019-12-12_ginger-washing20191020.jpg
それを終えた後、道具の手入れをしてると、ショウガを作っている方から 山のようなおすそ分け。
おいしいんですけど、ガシガシ洗う面倒な作業が追加に。


その道づくりが10月半ば。10月始めはといいますと、サイドワークの関係で、実は弾丸上京しておりました。

2019-12-12_tokyo-tour20191006-1.jpg 2019-12-12_tokyo-tour20191006-2.jpg
2019-12-12_tokyo-tour20191006-3.jpg 2019-12-12_tokyo-tour20191006-4.jpg
上京いうても毎回、台東区と羽田の往復しかしておりませんが。おもちゃ屋寄る間もなし。
雨に降られたんでタクシー拾おうとしたら、生まれて初めて乗車拒否されて、何事かと。さすが東京砂漠。


2019-12-12_tokyo-tour20191006-5.jpg 2019-12-12_tokyo-tour20191006-6.jpg
その日の帰りの便、羽田第1ターミナルのおみやげものコーナーの2階では、トミカのイベントがあったようで。(詳細不明)
気になりながらも、上がって見るほどの勇気もなく素直に帰高。



でー こないだの12月上旬は、2泊3日の宮崎旅ですよ、やっぱりサイドワークがらみ。

2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_01.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_02.jpg
子供のころ乗ったとき以来のフェリー船内に、大興奮。
バシバシ撮影してましたら、同乗者に冷たい目で見られて、え なんでー フツーアガりませんー!?

2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_03.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_04.jpg
2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_05.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_06.jpg
以前乗ったのがずいぶん子供のころ、ほとんど40年前でしたので、いまどき設備の充実っぷりに、びっくりですあ。
ちなみに、こういう旅程でした、参考リンク。

2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_07.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_08.jpg
2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_09.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_10.jpg
日曜が本番だったのに、土曜日の前夜祭のあと2次会まで行き、0時過ぎに帰ってきて、うっかりテレビつけたら WOWWOW が映って、
しかも アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー。当然、見ながら寝オチで、どこまで何があったかも、うろ覚えですよ。

2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_11.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_12.jpg
2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_13.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_14.jpg
行きは曇天模様でしたけど、帰りは高く青い空の、晴天。
あかつき号 が遭遇したような どえらい事態には、なりそうな予感すらしませんでした。

2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_15.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_16.jpg
2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_17.jpg 2019-12-12_miyazaki-tour20191207-1209_18.jpg

おいしいお酒も飲めましたし、満足満足。
次回行くとなると、4年後か。


年末は、例年なら30日から年明け2日ごろまで帰省するのですが、
今年は家で長くいるよう予定してますので、その間に まだ開封できていないあれこれで、遊んでおかないと。
PP-31 プレダキング とか PP オボミナス とか。<まだ開けてなかったの

この記事へのコメント