ふたあそびめは、こんなんでどう。

やっと手にできたということで、引き続き、あそび続けている トミカ絆合体アースグランナー

そういえば、このときのためにと買っておいた ビルドアップトミカシリーズ
いまこそ 活躍してもらおうかー


2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah1.jpg

ドラグニルアーマー・セット・アースグランナーレオチータ。
戦闘補助を行なう自律稼働AI搭載トミカ「ビルドアップトミカ」のレオチータ対応型であり、それ自体がアースエナジーの蓄積装置でもある、
オロチトミカを核とするドラグニルアーマーを装備したレオチータ。

・・とか、どない。
関係性のない2商品ですのに、赤白緑3色の色味が偶然にもぴったり合って、これしかないでしょうー の感。



2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah3.jpg

もー 言ってて恥ずかしくないんかと思われてもええです、正直な話、ここ何年かで一番、撮っててエンドルフィン出た。
あきれるほどカッコイイ。もともとのレオチータの良さゆえではありますが。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah2.jpg 2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah4.jpg

ただーし、可動面を活かそうと足首の横ロールを取り入れましたら、ドラグニルアーマーの強度がぎりぎりで、派手な開脚には耐えられなかったという。
なので、棒立ちポージング多め。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah5.jpg 2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah6.jpg

左手も、単なる楯ではなく、よくわからない武器っぽいものがついております。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah7.jpg

ま よくよく考えてみると、剣がこの向きになるってことは、斬るというよりフライパン式にぶっ叩く格好になる気も。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah8.jpg 2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah9.jpg

得物を逆手に構えれば、ドリルを武器にすることも。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah10.jpg

しかし、不思議。 もともと腰回りや足を細く感じやすいスタイルだったのに、下駄が大きくなっても、鈍くさくなるのではなく たくましさが強調されて、
むしろカッコよさが上がるという。大きめの肩のおかげかもしれませんが。

2020-04-26_earth-granner_dragneel-armor-set_leo-cheetah11.jpg

ちなみに小遊びとして、レオチータから分離したアーマーを組み合わせ、エイ型ガオグランナーにすることも可能。
難点は、ジョイントがゆるくて すぐポロること。



でー そうなると、こちらも。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah9.jpg

パワードアーマー・セット・アースグランナー イーグルチータ。
キャノンはシンプルな形状に留めるも、太めに。残りのパーツは、使いどころに悩みましたけどハサミ付き、攻防一体の楯に。
ハマートミカを大容量バッテリーとして、速射・連射・溜め撃ちなど 多彩な攻撃ができるという設定。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah1.jpg 2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah2.jpg

足元(下駄)は、先のレオチータよりかは扱いやすかったんですが、それでも急に外れる懸念は強くて、やっぱりこちらも ポーズはおとなしめ。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah8.jpg

テレビ本編のパワーアップは、こういう方向にくる可能性はゼロだと思いますけど、
思ってた以上に、デカキャノン担いでも不自然さがないのは、やっぱハコロボであることの利点ですかねー。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah5.jpg 2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah3.jpg

地味なお気に入りは、背面のブレードアンテナ。
大キャノン=ミリタリー風味=背面ザックに通信装備 という、呆れるほどの単純アイディア。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah4.jpg

顔が影になってるのは、そういう効果を狙って撮ったんではなくて、主光源が左にあるのに、大きめの楯が右手にあったので、そうならざるを得なかっただけ、という話。
まあ でも、ええ感じになったので、結果オーライ。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah7.jpg 2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah6.jpg

いまひとつ形状がわかりにくいと思いますが、楯のハサミ(黒い部分)、開閉できます。

2020-04-26_earth-granner_powerd-armor-set_eagle-cheetah10.jpg

こちらは、ジャイロ6つ持ちのハチドリ型ガオグランナーに組み替え。




2020-04-26_earth-granner_group-shot.jpg

全車集合。



本日放送の第4話より、いよいよ先行配信版以降の物語、スタートダッシュ後のお話が描かれだすわけですが、いやー
前向きに、楽しみに待ちたいと思います。

気にかかるのは、同時期の他作品もコロナ対策として、次々と放送延期・再放送切替えになってますので、
アースグランナーも本日分までは放送できても、第5話以降は、しばらく見れなくなるかもしれないなあ、と。

もちろん製作にかかわるみなみなさまの安全を守ることが最優先ですので、延期自体はやむなしで いいと思うんですけど、
おもちゃは年間の発売スケジュールがばっちり決まっていて、次々やってくるはずなので、そこまではズラせないと思うんですが、どー どうーなるのかな。
いまの感染拡大の様子を見るに、製作される側は、1カ月程度のお休みでは再開できそうにない気が。


ともかく こちらとしては、見て応援、買って応援しかできないので、
積極的に推してまいりたいと思います。



・・あの ちなみに、ダイアクロンのことも、忘れておりませんので。念のため。
(トラフォも。)

この記事へのコメント