一見すると、もしかしてスポーツバッグ。

eijaikaya-2007-12-26_photocube-pro01b.jpg

この状態で、直径350x90H mm。
ムービーオプティマスは大きさの対比で。

eijaikaya-2007-12-26_photocube-pro02.jpg

早速取り出してみる。
とー

eijaikaya-2007-12-26_photocube-pro03.jpg

一気に、900mm×900mm×700mmのテントサイズに巨大化。
フレーム自体の復元力によって自動的に展開するので、
ご購入の際は、間違っても車内などで広げてはいけません。<普通しません


そうー 今回ご紹介するのは、こないだチラっと話にでてきた
PhotoCube Pro

これがあったら、撮影環境を整える手間が楽になるかもしんないなあと、
そう思いましてー ええ、さらりと書いてましたけど、こないだのコメントは
実は割と本気だったとゆー(笑

ただ、サイズ選択に関しては、大は小をなんとやら
どうせ買うなら大きい方をということで このフォトキューブのプロ版を選んだんですが
うーんコレは、マキシマス3兄弟が肩を並べて撮影できそげな。
お手軽撮影するならPhotoCube Miniでよかったか。
430mm×430mm×470mm。

ちなみに すこし触った感じだと、たたむのにコツが必要な部分がある
(説明書でいうところの、行程11 の箇所)ので、最初戸惑うかと思いますが
何度かやってる内に慣れますのでー。
まあバナテクいじるほどの難易度ではないかなと。



さー 準備は整った、早速いくか記念撮影

と言いたいところですが<またですか
背景用の模造紙買ってこないかん。
ケチらずロール紙&ピンチセットも一緒に頼んどけばよかった。

 ・・・


ちなみにズルズルんなってますので
以下、各々事細かに書き綴りたいところを
あえてざっくりとはしょっての、見てます雑記。

見てますその1 風魔の小次郎

 車田フリークでも賛否分かれるであろう、今回のTVドラマ化。
 異論もあるとは思いますけど、私的には、
 やはり原作への溢れんばかりの愛が好印象かな と。
 参考: jp.youtube.com/watch?v=PBLewty5kLs

 追加されたオリジナル要素についても、割と許容範囲。
 アクション描写はまったくクルマダしてないですが
 数々の「あの名シーン」再現の前には、小問題ですあ。
 原作とは異なる結末を見せることになるであろう最終回にも、期待中。

見てますその2 機動戦士ガンダム00

 意外なようですが、楽しく見てます今んとこ。
 始まる前の印象は ああ、なんかこー
 背伸びしたい年頃に、こういう話がイイと思って書くのよね と
 ヒキ気味に受け止めていたんですが、とりあえず第1話を見てみると
 荒唐無稽な挑戦だと誰もが分かったうえで、それぞれ謎解きを始めたってので
 ちょっと興味を引かれてる感じですかねー アギト的と言いますか。
 ユニオンの対ガンダムチームにG3ユニットを重ね見てしまった
 (キャラはずいぶん違いますが。各人。) ・・のも、期待する要因のひとつで。
 まあ 無差別テロをコロリと解決してしまったのには、ちょっとコケましたけどー。
 と あと、なんだかんだで何も解明、解決されないままに
 グダグダんなってウヤムヤ幕引きになる予感は、気のせいなのか(笑

 ちなみに、メカに関してはまったく ぴんときませなんだ。
 辛うじてデュナメスが引っかかるぐらいかー
 ヴァーチェは、装甲パージあんつー安直なものでなくて
 あのぶっとい手足がバキバキに展開して、あれもこれもの超武装が
 盛りだくさんで出現、とゆーのなら、スキになれたかも。

見てますその3 仮面ライダー電王

 世の中便利になったおかげで、こちらド田舎高知ですのに
 本放送後わずか2~3日のタイムラグで、最新エピソードが見られるようになりまして。
 (ちなみに地元ゲキレンは、こないだ19日放送分で快盗三姉妹。電王は未放送。)
 そのおかげで おししく見させていただいております。
 テレビ朝日さま他各位さまにおきましては、なにかとご都合もあるでしょうけれど
 ぜひぜひバンダイチャンネル内でも構いませんですんで、ネット配信をご検討頂きたいところ。

 作品についての細かいアレコレは、今更語るもヤボかと思いますんで
 残る3話、ぜひ期待して見させて頂きます。

そして見てますその4 獣拳戦隊ゲキレンジャー

 電王人気の陰に隠れて、いまひとつ話題にのぼりませんが
 今年始まった時から ずっとお気に入りだったのがゲキレンジャーでして。実は。
 拳法モノってことで、アクション重視の作風に傾くのかと思いきや
 "2つの修行"を対比することで、拳を学ぶ、その道のいかなるものかを指し示す とゆー
 武道の本質を語る物語だった。ココが気に入りまして。

 各話プロットも、開始当初から非常にしっかりとした作りであり、
 またセリフ回し、敵方のネーミングセンスも抜群。
 主要キャラクターのハマリ具合も、なかなか。
 こちらはこれからが、最終回に向かってのラストスパートの始まりになりますが
 いやもお アノ人とアノ人がどうなるのか、気が気でない。 


ちなみに ULTRASEVEN X は、正月明けの休みにゆっくり見てみたいかなと。
ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルも気にはなってるんですけど
コレ放送済みのエピソードは後から見れないのね。無念。

この記事へのコメント

  • 学研

    いやマジにスポーツバッグかと。
    コレは小学生くらいのお子様も入れますなあ。
    入れてどうする。
    私ただモチャに遊ばれてるだけなのでよくわかりませんが、撮影って、凝りだすと結構大変なんすね。

    遅いにも程がありますが「小次郎」のギャオ配信教えて頂いて、有難うございましたm(__)m
    いやーギャオはお気に入りに入れてるのに、全く気付きませんで;

    いやー壬生は生きてるわ、兜丸は生きてるわで、物凄いアレンジされてるのに、メルヘンはきっちり言ってくれるあたりが素晴らしい。
    スタッフが根本のところを良く判ってる感じです。
    「ちょっと違うけど、これはこれで」の典型だと思います。
    ああDVD全力で楽しみだ。

    ガンダムも戦隊もウルトラも、大分ご無沙汰してますが、電王だけは観てました(過去形。録画失敗率高し_| ̄|○)。個人的には初期の「ちょっといい話」系が好きでした。
    おかげで?12月の買い物は、TFそっちのけでデンライナーばかりに。わかっちゃいたけど、長いオモチャだ・・・
    2007年12月29日 23:52
  • michusas

    年をまたいでしまってすいまーせん
    がっくり寝オチてしまってました。

    > コジロー
    細かいところだと、夜叉で最初に消えるのが
    やっぱり不知火(笑 つーとこにもちょっとくすぐられるかもー

    ただ、確かに 回によって当たり外れはかなり感じます
    個人的には2・3・4話、7・8話、9話辺りはお気に入りなんですが。

    最終回は、原作どおりに武蔵がアレされることは
    やはり無かったわけですが (つか実写でされても困る)
    その代わりに斬ったのが・・ うーん
    いいのかなそれで、キャラ的に。みたいな。


    最終回まで見終えてみての、お話の構成としては
    かなり堅実に作っていた感はありますね。予想外に。<失礼な

    例えば1話では、姫子が心情を語るシーンが挿入されていて、
    コレいるんかなあ、どうなんかなあ とか考えてましたけど
    小次郎との絡みがあるゆえの伏線だったりとか。
    あと、ほんの一言だったんですが ちゃんと壬生に夜叉姫のことを
    「姉上」って呼ばせてた(2話)のは、今回見返すまで気付きませんでした。

    このイキオイで次はぜひ、男坂か雷鳴のザジをー。

    > 録画失敗
    そういうおにいさんにはコレがお役立ちです
    大きな声ではいえませんが。




    www.fooooo.com/

    漢字でなくて、英字で。
    2008年01月01日 10:46

この記事へのトラックバック