あの日かなえると誓った夢が、いまこの手の中で

17年の時を超え、リアライズ。

2017-07-21_diaclone_fire-convoy1b.jpg

トランスフォーマー カーロボット C-001 炎の司令官 スーパーファイヤーコンボイ の、アノ座席に
平成ダイアクロン隊員 が、ピッタリ座り。

発売当時から、コアなおじさんたちの間では、ダイクロン隊員が座れると話題になっていたトランスリペアに、
平成版ながら やっと手に入れたダイアクロン隊員をセット。 んー 感慨深い。

続きを読む

ふと気付く→ 足らない→ あわてて足元どけて辺りを見回す

誰しもそんな、ダイアクロン隊員捜索班になった経験があるはず。
なーわけで

2017-07-15_diaclone-member-chamber1.jpg

わたくしも、隊員の整理整頓に便利と巷で話題の100均ケースを、遂に購入。
もうちょい小ぶりなタブレットケース類でもあればよかったんだけど、買いに行ったダイソーさんになかったので、妥協。

続きを読む

まえまえから、うすうす気づいてはおりましたが

長らくお世話になっております こちら seesaaブログ さま、より良い仕様を目指して、度々仕様変更されており
この4月にも 新デザインシステムへの移行 という、規模の大きなものが行なわれましたが

今回を機に、これまで少しずつ手直ししながら使ってきたスタイルシートにも別れを告げ、スッパとイチからやり直し。
・・は、いいものの ヘッダー部分のテキスト型ブログタイトルが外せなくて(自作のロゴを使いたいのに)
なにか方法がないものかと、模索中。 壁紙の設定もし直したいんですが。


あと 表題の件、うちん家でいいますと 2009年1月28日 以前の記事では、サムネイルは表示されているのに
それをクリックした先の画像表示ページが非公開となっておりましたが(2009年2月22日の記事 以降は問題なく表示されます)
サムネイルそのものを、新しいタブまたはウィンドゥまでドラッグすれば、元画像もきちんと表示されますので、お手すきの折に、どうぞお試しくださいませ。




さて、平成ダイアクロン
今回は、意図せずして ダイアバトルスV2 の、正調パワーアップと相なりました の巻。


2017-05-15_victory-diabattles-v2v_1.jpg

3つのV2の力が、いま ひとつに。
その名も ビクトリー ダイアバトルスV2V
(ブイツーブイ)

続きを読む

先月末からこっち、この時期わたくし個人としましては

例年おなじみ、4月下旬納品を予定していた パンフレット ・・と呼べるほどでもないものを、
無償で作るサイドワークを、先日やっとこ終えまして ようやく遊んだった ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ

ちなみに、パンフ作業と並行していた、もうひとつのタスク トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ たちのお片付けも、地味に進行中。
トラフォ界隈を大いに驚かせた コンバイナーウォーズ ライオカイザー の国内導入も、どうも、ナイ話になるようで(個人的感触)
最終商品と目される UW-EX バルディガス も無事に到着したことだし、一旦箱にしまおうかなと。

一緒くたにしていた武器の、どれをどの箱に納めたらいいか分かんなくて時間かかったり
折角リンクスマスターの箱にきれいに納めたと思ったら、後から ラチェット 出てきて あー間違って ファーストエイド 入れてもた、やり直しかーい!
とかやってて、進捗率まだまだ半分というところ。でも、連休後には、身の回りが少しスッキリできる予定。


2017-04-23_da_cosmobattles-v2_2.jpg

さてー ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ。
イマジネーションを刺激する追加パーツの数々を手にして、あれこれロボスタイルを試したかったんですけど、とりあえず
こないだの、肩キャノンを後ろ向きにまとめたスタイルが気に入っていたので、改めて撮影。


続きを読む

うさばらしんのすけ。

こまけえ話はあとにして、
平成ダイアクロン パワードシステム と、スーパーリンク・ユナイトウォリアーズ で遊んでみよう、後編。



そもそもは、ここからすべてがはじまったのだ 的、
前回はゾンビウォーブレークダウンで解説してましたけど そうだ、この組み合わせがはじまりなんだった。
トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-EX リンクスマスター トレイルブレイカー with トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW05 コンボイグランドプライム プロール

2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl0.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl3.jpg
2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl2.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl1.jpg


続きを読む

このさいはっきりいわせてもらおうか。

前回、一発ネタを1つのエントリで終わらせたい とか、小生意気なこと言うてましたけど
画像の編集やってもやっても終わりが見えなくて、心が折れそうになってきたので
アッサリ前言を翻し、前後編にすることに方針転換しましたよ とな。

いうわけでー
ダイアクロン パワードシステムセット、乗っけるところを探していた中で
手近に転がるユナイトウォリアーたちが、目に留まったお話。

つまり

2017-03-03_da-powedsystem_zombiewarbreakdown-diabattles-lower1.jpg

こういうことか ラー イドオン。


続きを読む

箱庭ダイアクロン。

なんーぼ 実家商売で、時間配分が自由にできる身とはいえ
事務所で個人的なあれやこれやは、やったらアカンわな (昔はともかくとして今は)と思ってました



2017-02-26_diaclone_powerdsystam-marinecorps2.jpg

本日たまたま、わたくし1人だけなのをいいことに、朝一番で佐川さんに届けて頂いた タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-05 パワードシステムセット A&Bタイプ 宇宙海兵隊Ver
アーンド タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-04 ダイアクロン隊員セット

そしてお客様に出すための、お茶菓子のカンカンのふたの裏を使用して、サクっと記念撮影。
指揮官2人に立たされる青隊員と、早くお小言終わらせて整備はじめてくんないかなと待つ、緑隊員の図。
先日のような、中・大型商品と連携させる遊びも楽しいですが、こういう、
限られたスペースでシチュエーションを楽しむ 箱庭遊びが出来るのも、ダイアクロンならでは。

あと、赤隊員を見慣れた目には新鮮なカラーリングの、青隊員もさることながら
いかにも古強者な雰囲気を漂わせる緑隊員が、かなりイイ。
買い増しして部隊を編成したくなりますわ。手遅れですが。

こうして手に取ってみると、ダイアクロン隊員のカラバリは
なかなかに、次々と揃えたくなっちゃう危険な存在ということを改めて思い知りますなあ。


続きを読む

何ができるか、地味にあれこれ試しているわけですよ。

とはいえ わが家には、それぞれ1個ずつしかない
ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット BタイプBタイプ
ネタ1つをカタチにして撮影して ってやってる内は、次のネタに行けないわけで
世間様の遊ぶスピードに乗り遅れがちですが、まあ こちとら何年も、半ば冬眠していた身。
今更そんなん気にしても、しゃあない

(以上、ウザいほど長めの言い訳)

そー いやー スピードといいますと、昨年、撮影スペースを常設したことで
撮りたいときに気軽に撮れるようにはなったのだけど、そも もともとは、撮影環境を整えれば
前環境よりもフォトショい作業が減ってイイカンジなんじゃなかろうかと考え、それからやっとこ重い腰をあげたのだけど

気分よく撮れるようになると、以前にもまして カメラの深度 の浅さが気になってしまって (スマホ撮影なんで、どうしようもない)
それまでも、ピント合わせたとこが異なる複数の画像を切り張りしてはいたけれど(参考リンク: 証拠画像。)、今の環境になってから
1枚の画像作るのに どえらい時間をかけるようになってしまって(参考リンク: 証拠画像 その2。) あーもうー ええかげんにしなはれ <自分
結局 もともと、こまけえことが気になる性分なんでしょうなあ。



というー しょもない話は、おいといて
パワスー最初に触ったときに、多分ぼっちり座席に座れるじゃなかろうか と思っていたので
早速試した ↓ コレ

2017-02-16_da-powedsystem_dragstrip1-1.jpg

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット Aタイプ with トランスフォーマー DD-12 ドラッグストリップ&マスターディザスター

またヒューマンアライアンス使ってんのか そのネタもう飽きたー
と言われても、致し方ない がーしかし、だって ちょうどぴったりハマるんですもの
パワスー胴体が、ドラッグストリップの座席スペースに。 いや本当。(参考リンク: 証拠画像 その3。

続きを読む

つー いー にー、きた この日が

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット AタイプBタイプ、満を持して発売。
いやは 待たされましたわ、半年以上。

商品は、手のひらサイズのボディに秘めたフルアクション要素と
全身に組み込まれた3mmジョイントが発する 超遊んでくれオーラ がハンパない感。
これからじっくり遊んでまいりたいと思います


とりあえず、手近にあるものでくっつくとこ探してみた

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-1.jpg

参乗合体 トランスフォーマーGo! G10 ヒショウマル を多目的ミッションユニットとして運用。的な。
どうぶつ要素はできるだけ、隠す方向性でー

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-2.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-3.jpg
2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-4.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-5.jpg

続きを読む

パワスー発売直前の、微妙な時期ではありますが

どうにも、こないだの
トランスフォーマーレジェンズ LG35 スーパージンライダイアクロン DA-01 ダイアバトルス V2
絡めた遊びを中途半端に済ませていたのが 気持ちに踏ん切りつきませんでー


なわけで、改めて。
お題は 「ダイアバトルス専用ビークルとしてのスーパージンライ」

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front1.jpg

敵陣に切り込み ありったけ砲撃したら、飛び降りて次の形態に移行する
人呼んで、巡行そのまま突貫モード。<ネーミングセンスなんとかならんのか

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front3.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side1.jpg
2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side2.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front2.jpg

座席に腰をどっしり沈み込ませていて、座り心地よさげ。
空飛ぶ砲座、の感もあり。


続きを読む

シメはロボットづくしで と

いう意図は、なかったんですが まったく
やってみたらこうなった、的な。

おなじみ、ヒューマンアライアンスより
トランスフォーマー DA22 オートボットサンダーヘッド&タングステン少佐 とダイアバトルスV2で

2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-t4.jpg 2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-t1.jpg

重機ぽいロボ。<ほかに表現する言葉ないんか
毎度くっつけるとこ探すのに悩むダイアバトルス腕の、今回のくっつき先は

2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-y4.jpg 2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-y5.jpg

コ ↑ コでした。 こんなとこに、まさかのぴったり。(ほぼ)
おかげで、このどんくさいスタイルが実現。いやはー ロボ魂が、きゅんこきゅんこ言いますなあ。


続きを読む

今回は、コクピットこだわりで。

こまけえ話は、おいといて
とりあえずまず トランスフォーマー DA21 バックファイアー&スパイク・ウィトウィッキー と、バトルス02のコクピットで
自走砲モード。

2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa7.jpg

自走砲 というかコレ あれか、シューティングゲームに出てくる、
ぴんこぴんこ地面を飛び跳ねながら弾撃ってくる、ザコい敵機。('90年前後な思い出

2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa3.jpg 2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa4.jpg

ではありますが 機体後部上面に据えた砲座は、隊員にぴったりサイズで よさげなカンジ。
いろんな角度から撮っても、しっかり砲手が写るし、エエわコレ。砲座前面のシールドも、それっぽい。


続きを読む

深淵への挑戦者。

もはやダイアバトルスV2で遊んでるのか、
ヒューマンアライアンスで遊んでるのか どっちだか分かなくなってますが
今回はこちら、トランスフォーマー DD-12 ドラッグストリップ&マスターディザスター


で 前フリなしでいきなりドン、こんなんなった、サブマリンモード。

2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine1.jpg

まあ、潜航艇でなくても 戦闘機でも宇宙船でもよかったんでしょうけど
機体前面がエイっぽかったり、海ガメっぽかったりで、じゃ それでええか、と。

2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine2.jpg 2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine4.jpg
2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine5.jpg 2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine3.jpg

手前ミソなのは、重々承知ではありますけれど
後部下面の小羽根(赤紫のパーツ)が、地味にイイんじゃないかなと。


続きを読む

大きく遊んだあとは、ちまちまと。

なかなか終わりが見えない、ダイアバトルスV2/ダイアクロン隊員遊び。

こないだは、曲がりなりにもグレート合体までいったんで、
今度はぐっとスケールを小さくして、早くもナツカシ玩具になりつつある、ヒューマンアライアンスから
トランスフォーマー DA23 サンドストーム&デドクリフ上等兵 がご登壇。


前回までは、くっつける側が かなり大きかったわけですが、今回は真逆なわけで
そうー なると、ダイアバトルスV2で遊ぶというよりも
ダイアバトルスをパーツとして遊ぶ、という方向になり

2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm1.jpg

とりあえず まず、ツメ腕モード。
それっぽく見えるのは、いろんな見立てができるよう造形されてるパーツさまのおかげ。

2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm2.jpg 2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm3.jpg

リアル寄りのサンドストームと、ダイアバトルスのヒーロー色がマッチするか気になるところでしたけど、案外悪くなかったか。
足を腕に履かせてるだけやんけ とか言ってはいけません。


続きを読む

あの日を境に、のんきにネタってる場合じゃなくなった

そうー 東京おもちゃショー2016 での、ダイアクロン第2弾告知のことでございます

何が出るかなと思っていたら、そうきたか
新型パワードスーツビッグパワードGV

パワードスーツ単体の出来も素晴らしいものですのに、
ビッグパワードのみならず、ダイアバトルスとも連携できる(!) というとこがミソで、
そのダイアバトルスの発売直後から口コミで話題となり、大きな反響を得る原動力となった、有形ブロック遊びを
更なる形で遊び尽くせる、これ以上ない最高のチョイス。

アマゾンさん家で品切れ、高騰するなど話題になった直後に、こうした商品が発表されたってーのは
奇しくも、というべきか いやは、やっぱり開発陣の思惑通りというべきか。
個人的な思い入れ先行で第2弾はロボットベースがいいなあと思ってましたけど、
今回の発表で、作ってる側の、本腰を据えて展開する覚悟を見させていただいた気分。脱帽。


同時に展示されたダイアバトルスV2のバリエーション3機も、予想の上では
腕足はともかく本体はそこまで変わらんじゃろうー と思っていたら、たまげた。
東京まで飛んでって、まじまじ見たくなるほどイーカンジのシルエットとディティール具合。(参考リンク: Twitter on タカラトミー公式
ちゃんとオリジナルのダイアバトルスV2のパーツも使っていて、さりげなくバリエーション機であることをアピール。
うわ これちょっと、価格割増しでも、買わざるを得ませんろう。

販売スケジュールは、まだ発表になってませんけど
ビッグパワードは案外早い時期に発売になるんじゃないかなと。11月ぐらいには。
追ってダイアバトルスV2のリデコ勢が続々投入 とか。

もー たまりませんなあ。
フトコロ具合の心配も、たまりませんが。超心配。



で 表題では、のんきに どうだこうだやってる場合じゃ とか言ってましたけど
まあ、ニュースが飛んでくるまでに、大方こしらえていたので、以下ネタはいります。


もう ええかげん、マグナス芸はええじゃろうと 思ってましたけど
撮影後に転がしていたVスターと、撮影に使わなかったマグナス部分(便宜上命名) 見てたら
あー もしかして

2016-06-12_v-star-magnus1.jpg

やはり、ぴったり。 ※接続はできておりません

続きを読む

この後片付けは、もはや使命。

とー いう気持ちも、なくもなかったり、
こないだのダイアバトルスV2を使った マグナス芸。

購入直後だったこともあり、早いうちになんかネタっとかんと、
巷のダイアバトルス祭りに乗り遅れたら損。という思いでやってみたんだけど
ギミックスキーなわたくし的には、もうちょい仕込みがしたかった気がしていて、
つまりは、表題のような心境でございます。


で 以下、この数日の成果
パワードダイアバトルスV2、テイク3。

2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko4.jpg

て こないだのアイデンティティの半分は、マグナスのウラ側使ってるという点にあったのに
結局正面方向を使うんかーい (しかも背面の腰部分がやっぱりスカスカ)

まあ エエのです
もっとウルトラマグナスまんまな感じが出るのかな、という思いもありましたけど
案外そうでもなかったし、伏目。

続きを読む

6月入ってからのご到着じゃろう と思いきや

不意を突いて、きやがったー
Amazoneさん家からのお知らせメール

「ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりました」
 ダイアクロン ダイアバトルスV2 初回限定版
 お届け予定日:5月29日~31日


それからのわずか2日間、どんだけソワソワしたことかー
ヤマトさん家の荷物問い合わせを、アホほど見に行きましたぞね。 :参考リンク

2016-05-31_diabattles-v2_2.jpg

うー ん
・・いやは、本当 過去最高の、待たされた感。
しかし待っただけのことはある、この胸の高鳴りが、サイコーに心地いい。


荷物の到着を待つ間に、時間ツブシにと、こまかい話もテキストに起こしはじめてたんですけどもー
ダイアクロン第2弾は、ダイアバトルスV2の腕足換装バリエで済ませて新規造形は第3弾を待たなアカンのじゃないか
(TFとはスタッフの規模がダンチだと思うので、開発に時間がかかる&
半年ぶりの告知なのにシルエットすら発表されないってとこが、ミョーに気にかかる)とか
上記のことを思うとやっぱり当面は、3体合体ロボのどれか、ワルダロスかバトルバッファロー辺りが
次期新規金型商品になるんじゃないか とか、まあ勿論一番欲しいのはロボットベースなんですけど とか
しかしそうはいっても初報の折に添えられたセル画風ダイアバトルスの背後には、しっかりロボベーが書かれていたけれど :参考リンク
メッサイイ絵だったのに、その後使われないところを見ると、あのロボベーは単純にイメージイラストなだけで、
実際はそこまで企画が進んではいなかったのかな とか


ぐにゃらぐにゃら書いてるところに、件のブツが、ガッツン到着。
そうーなると、テキスト書いてる場合じゃなくなって、チョロ書きになりますが↑の話は終了。

そしてー 自分以外の方には用途不明であろう、
個人的にダイアクロンといえば の懐かしいアイテムを引っ張り出して、
いよいよお迎えのはじまりー。


続きを読む

ここんとこ ずっと、ハートを熱くさせてくれている

復活ダイアクロンについて考えてみたことを、つらつらと。

最大の懸案は、どうやってシリーズのフラッグシップたるロボットベースを、
イメージ通りのサイズとギミックを両立させたまま、多くの方が購入を検討できる価格帯で立体化するか
とー いうところに集約されると思うのですが
これ、3分割 すれば、もろもろ解決するんじゃないかなと。

ここでひさびさ、六角大王 Super5 を起動。(何年かぶり)

2015-11-14_diaclone-robotbase-rebooting1.jpg

続きを読む

代替わり。

唐突ですが

warugakiaction-2009-12-16_camera-history1.jpg

もろもろあって、新たなるデジカメがウチにやってきた。
Panasonic DMC-FZ7

左は、その前に使ってた RICOH RDC-i500
'01年ごろデビューの古いヤツですが、
いまのケータイ DoCoMo F904i がくるまで
最前線で戦っておりました つかスペック的には
まだまだイケるクチだと思います。ずっと眠ってはいますけど。

で 懐かしいものついでに
こんなんも引っ張り出してきた

warugakiaction-2009-12-16_camera-history2.jpg

SONY CCD-TR3300
それは8ミリビデオなんじゃ とツッコむなかれ。
旧サイト開設から1年半は、これで撮影した画像を
ビデオキャプチャで取り込み画像加工していた、と ゆー
今にして思えばオットロシイ手間かけて、1枚の画像を作っておりましたので
RDC-i500 にはじめて触れたときは、腰抜かすほどたまげました。

このカメラには特別思い入れがあって
なにせ自主制作映画のマネごとをしていた時の相棒でしたから
何かしらの形で、また使う機会があればという思いで、手元に置いてます。
まあ それ以前に、Hi8ビデオテープがもう売ってないと思いますが。


とー ここで話を終えてもいいんですが
懐かしついでに、アレだ TR-3300でかつて撮りまくった、
あれやこれやをおっぴろげてしまおうかな と。
クリスマスプレゼントの代わりにでもなれば、幸い。


*以下、過去ネタサルベージの羅列。
 なのですがー 画像サイズが小さいものを拡大するなどしたため、
 非常に見づらいものがあるとは思います。悪しからず。
 あと、やたら長いです。

続きを読む

実は今年厄年なんじゃなかろうか的

昨年末からの踏んだりけったり的ストリームが
この何ヶ月かの間に一気に押し寄せてきて、ああもお。(減給とかな。)
・・まあ、こうなったからには ちょうどいい機会なので
公8・私2だった生活を、5・5に戻してしまうかな と。

てんでー ひさびさにシーサーさんのお世話になってみると
これまで、唯一気になる点だった画像アップロード周りのシステムが、
大分良くなってるやないですかー 複数の画像を一括アップできたりとか。
(以前は1枚ずつしかできず、メッサ時間かかってた。)

あと、サムネイルのサイズも変更できるようになったので
いままでの、しょんぼいものより格段に見やすくなりました。
各画像クリックで、フルサイズが見れます。

さー これからは、もうちょい
自分のこと考えた生活を始めるべやなあ。


eijaikaya-2009-06-09_oritatami-bike.jpg ただーしお給金ダウンの影響は、いかんともしがたく
 わたくし的当面の対策と致しましては、
 アパート付属の駐車場を一旦返還して(クルマは実家預け)
 近距離の移動にはチャリンコを導入。これで月々6Kの節約。

 つーことで ←早速買ってきた、折りたたみ自転車
 いちまんきゅうせんはっぴゃくえん、現金一括。
 もう少し安いものと、どっちにするか迷ったんだけど
 メチャ軽量で持ち運びラクいんで、どうせならコレいっとけ! と。

 まあ、大方のおもちゃ漢にはどうでもいい話
 つーかソレはいつものことですか。涙。



ということで、今度はおもちゃの話を。

eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley00.jpg

ビーグル版 1/10 VR-052T モスピーダ レイ機

全身金色のカネゴンなどに圧倒されたTAFのビーグルブース(GA Graphic 2009年03月18日)
を見てると、どうもコレ4種全て世に出す覚悟なんじゃないか(株)ビーグルさん。 つーことで
その心意気を支えるべく、リベンジ商品を差し置いてガッツン買ったったー

と 言いたいとこですが、実は
リベンジ商品の発売日うろ覚えだったもんで
購入時期がモロカブしまして、軍資金が絶えただけだったり。
(レイ機は予約可能になった時点でソッコー注文していた。)

eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley01.jpg

基本的な仕様は、
前回のスティック機(左)とあんま変わんないように見えますが
目立つのは、インナースーツの素材と寸法の変更ですか。
各部を可動させた際に、若干寸足らずに感じていたスーツが
程よい具合に改善されていて、好印象。

ちなみに 単体で立たせるには安定性に不安な面が、って点については
台座のアームを取り外して、3本目の足として使用すれば無問題ということに
今回はじめて気が付いたわけですが
ヤコログ -Yacolog- さん家で、すでに紹介されてました
うーん さすが。

eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley05.jpg eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley03.jpg

そして今回のお買物によって、モスピーダのツーショットが実現。
機甲歩兵っぽさが一気に高まり、オノコ的にしんぼうたまらん。燃えるー。


eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley04.jpg そうそう アームといえば、最初の画像でやってますが
 1つの台座に2本を差せるようになってますんで、
 (ちなみに左の画像では、そうなってませんすいません)

 1台にライドアーマー2体を飾ることが可能。
 段差をつけて飾らないと背中のタイヤが干渉して、
 ちょっと窮屈だけど。

 ちうかもしかして
 アーマーサイクル用のスタンドも使えば、
 3体まで飾れるんじゃないか実は。
 やっぱバートレー買うべきなのか。(買うけど。)



eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley06.jpg

メットオフ状態は、こんなな具合。
アニメ本編のイメージを投影しつつ、リアル寄りにイマジネした造形は
商品の性格を鑑みれば、アニメまんまにするよりか、こうであって正解だったかなと。
スティックぐらいイっちゃってもよかったんすけどね。わたくし的には。

てゆーかそういうことよりも、
首のおっきなネジ穴は塞いでほしかったかも。
気になるわー。

eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley02.jpg

レッツ・ツーリング。
うーん やっぱりこういう画を見ると、後部コンテナほしまるわ つーか
もしもコンテナだけじゃ商売しにくいってんなら、
搭乗者の私服バージョン(つまり可動フィギュア)とのセット売りってので、どないだ。

着せ替えを前提とせずに、可動機構をほぼそのままに転用すれば
開発コストもそうベラボーな話にはなんないと思いますしー
あと、1)ライドアーマー(本商品)への客足の牽引 2)ミント等の他キャラに繋がる商品展開の拡大
などなど、メリットは大きいんじゃーないかと。素人考えですが。

eijaikaya-2009-06-07_mospeada-ley07.jpg

なにはともあれ
大枚はたいて買っただけの価値は、十二分にあったと 胸張って言える出来。
手元にくるまでは、並べられたらイイ画になるだろーなー ぐらいにしか思ってなかった
ダブルライダー状態も、想像以上に じーんとオノコ心に響きます。

つー ことで、買おうかどうかと悩める子羊たちは
さっさとしょもない迷いを捨てて、買ってしまえば幸せになれます。断言。