あー  っちゅう間、11月。

祖父の五十日祭が近づきました、この度、遺品整理で出てきた不要なものを、業者さんに依頼して、一気に片づけてしまおう、
ゆー話が家族から出るのは、いいーんですよ

その中に わたくしが 納屋に退避させている あれやこれや まで入れる計画があるちうーのは、どうなのよ。
まあ、10数年の間、無用に広いスペースを占拠しているので、強く反論できない立場ではありますが。
とるものもとりあえず、緊急に帰省。


2017-11-06_tidy-up.jpg

納屋を居室に改装するため、空にするのが主目的でしたので今回は、これこの通りのみかん蔵への移動でセーフ。
しかし、いつまた どうにかせいと言われることかと、恐々。

ちなみに右側の大きな箱は、今年の夏に帰省した折、特大サイズの段ボールに詰め直したもの。
他のものは、今回はそれする時間はないため、単なるこちらへの移動のみ。


2017-11-06_boxof-takara-dreamforce01.jpg

かつて 旧タカラが、R/Cロボット新時代の旗手として世に送り出した(おおげさ
スーパーロボット DREAMFORCE01 も、ご覧の通り、箱の中で永い眠りについたまま。
よみがえる日は、もう来ないと思いますけど、捨てるのも、ちょっとなあ。

こういう ↓ 体を張って撮影した思い出もありますし。

2017-11-06_20020116_takara-dreamforce01.jpg

当時出来たばかりだった高知県警本部、そこに間近い交差点の角に台を据え、トミカ2台とDREAMFORCE01を乗せて撮影。
しかも、黒いバスが大挙して市内を走り回る、異常事態の中。参考リンク:Google検索 - 2002年1月 高知 右翼
今の時代なら間違いなく、バカッター扱いされる事案。

ちなみに、Google ストリートビューを参照しますと 大体この位置 ですね
実際は、もう少し北の歩道上から撮影したと思いますけど。



話を戻しまして

気になったのが、大きい模造紙でくるんだ、謎物体。

2017-11-06_boxof-great-gattai.jpg

開けて納得、中身はグレート合体箱×4つ。
片づけた当時は、コレまとめて入れられるダンボール箱がなかったからか。

そういえば、新世紀勇者復活計画 ゆーものもありましたが、
手元にないものがグレート箱で出ていたら、ぜひ買っときたかった。今さら叶わぬ夢ですが。


2017-11-06_tf-carrobots_blackconvoy.jpg

夏からの懸案だった、トランスフォーマーカーロボット D-012 デストロンガー暗黒司令官 ブラックコンボイ の所在も確認。
シリーズ毎にまとめた箱に入ってなくて(多分、サイズ的な問題)、そら なんぼ探しても、見つからんはずですワ

年明けまでは用事続きのため、帰省してのお泊りは、出来そうにないので
整理整頓は来年になりますかねー



さて お片付け話だけってのも、ナンなので
おもちゃい話も、少々。


巷では、ダイアクロン DA-12 パワードシステム ジャイロセプター
ダイアクロン DA-13 パワードシステム ダートローダー が発売され、有形ブロック祭りの真っ最中なわけですが
まだ開封すら出来ていない わたくしとしましては、8月ごろに撮ったストックを おっぴろげる程度が、関の山。

2017-11-06_da-powerdsystem_stikfas-arms.jpg

タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-05 パワードシステムセット A&Bタイプ 宇宙海兵隊Ver のAさんが手にしているのは、
こないだ持ち帰ったランナー の中からの、唯一使える装備、STiKFAS の銃器類。
おなじSTiKFAS系でも、他の装備は径がユルかったり似合わなかったりで、ことごとく使えず。無念。
とはいえ、この銃器はちょうどイイ感じになったかな。地味ですが。


2017-11-06_vv-diabattles-v3v_preview.jpg

7月に予告した、直近ではダイアバトルス最後になるであろう大ネタも、絶不調停滞中。
カメラ深度が気になってどうだ、こうだ言わんと、イッパツ撮りそのままにおっぴろげとけばよかったと、後悔。
ビッグパワードGVが到着するまでに片を付けとかないと、自分でやってて飽きかねません。




そうそう それから、みなみな様は、3カ月も前の話題を今頃か と言われるかもしれませんが
パワーオブ ザ☆プライムズ の話も、しときたい


コンバイナーウォーズ、タイタンズリターンにつづいて、プライムウォーズトリロジー3作目が
遂に衆目のもとに明らかになりまして。(8月上旬の話

 tfw2005 - Hascon 2017: Generations Power Of The Primes Display Case Pics

前2作も発表当時、相当テンションあがったものでしたが、今回のシリーズも、
思わずもツッコんでしまう話題が多くて(いい意味で、もちろん)これまた、たまりませんなあー
そうきたか!の連発ですわ。


ホットロディマスが、トレーラー部分と合体してロディマスコンボイになる とか
少し前なら、ちょっと安直かなあと思ったりもしたものですが(個人的感想)

この度のパワー オブ ザ プライムズの、そのそれは、各形態の完成度の高さもあり、メッサ気に入った。
ロディマスコンボイ時の後頭部がゼッペキなのは、ナンですが 旧トイへのオマージュと思えば、なんとか許容範囲内。

これまで、低価格帯からマスターピースまで、数々のロディマスが世に送り出されてきましたが、
わたくし的には、過去最高のお気に入りロディマスになりそうな予感。
手に入るのは、いつだー 来年10月ぐらいまでなら、大人しく待ちましょう(何様


そしてそのロディマスと同規格で、オライオンパックスが胸に収まるG1コンボイもラインナップ。
初見では、ジンライ&スーパージンライかしらと思いましたけど、なるほど そうきたかー
しかも、アレですわ ロディマスコンボイとG1コンボイが揃うってことは
夢のダブルコンボイ誕生! が再現できるということで、この時点で両方お買い上げ確定。


に しても、こうなると、ゴッドジンライはすでに今年出てますが
順番的に言えば次は、スターセイバーまでいかないと、アカンでしょうー

劇中イメージの徹底再現に挑んだマスターピース版と同じアプローチは、難しいでしょうから
ここはひとつ、今の時代なりのスターセイバーにトライしていただきたいところ。
ロディマスのトレーラーひっくり返してリデコしての、Vスターとか なさそうでアリな話じゃないかしら。
でもそれだと、機構以外は総とっかえになるかな。



そうきたか、その2。
こういう形でよみがえるとは、プリテンダーシェル!

スクランブル合体がきて、ヘッドマスターがリリースされた、その流れから
いつか遠くない内に、再デザインされた姿が見られるのではと思ってましたけど、思ってたらすぐきた。
しかも、股から下の可動をバッサリ切り捨てた、大胆仕様。昭和ダイアクロンのパワードスーツを思い出す 的な。

てっきり この時代にプリテンダーがよみがえるなら、スマートなスタイリングで、シェルはフル可動じゃろうという予想をあっさり飛び越え、
等身高めの元祖プリテンダースタイルを、きっちりと引き写してくる、その心意気に脱帽。
とはいえ、プリテンダー好きを公言される方々の多くは、あの かわいいオッサン要素を愛でる傾向が強い(※個人の感想です)
という思いも持っていたので、ああ きっとこれは、コアなプリテンダー好きの手で企画された商品なのだな、と 得心。


今回の、タイタンマスターサイズを内部にカッチリ収納&武器に変形して他のTFに装着、というギミックは、
それだけなら琴線に触れなかったところを、プリテンダーの意匠を与えられたことによって、俄然引き立った感。
海外版では中身は13プライムのようですが、日本版は、ぜひともプリテンダー顔に変形するタイタンマスターに入れ替えた、
アニメ準拠のプリテンダーセット(サイバトロン5名、デストロン4名の2種)を、タカトミ限定あたりで発売して頂きたい気も。

と いうか、このセールスがもし好調だったなら、その昔、手の届かない存在としてあこがれたメガプリテンダーたちも、
来期にはラインナップされたりするんでしょうか。双頭のおじさん顔サイバトロン戦士 とかも。
ワクワクするわー



そして、遂に出た タイタンクラス、プレダキング!
デバスターがあの大きさなら、コンバイナーサイズってわけにはいかないでしょうよ と思っていたら、
やってくれたコレ、まさに うあーははは!デストロンの逆襲ー!(加藤精三ボイス

立体物の公開は、まだまだ小出し気味ですが 懸念があるとするなら、やはり翼があるために、
既発売のデバスターと並び立つ大きさには、なれそうにない点。

大型商品ほどコストの問題は大きいでしょうから、あの印象深い大きな翼を再現しようとすると、
必然的にボディはデバスターより一回り二回り、小さくなるはず。
合体時に、肩からちょこんと覗く程度の大きさだと、物足りないでしょうし(デザインでフォローできるかもしれませんが)
トランスファン的には、デカい決定版プレダキングが欲しいんですが、さー どうなることやら。

まあ、冷静になって考えると、↑ のサイズを目指してゆけば、胴体役のレーザークローの大きさだけで
もうリーダークラスを超えるものになりそげな。やっぱり、トシロー考えだったかな。



そして、そして そうきたかー
さすがに、コンバイナーの話はもうなかろうと思っていたところに、オボミナスですと。オ ボ ミ ナ ス 。
まさかすぎる。

しかも、こちらもまさかの、ダイノボットのコンバイナー導入が確定。
個人的には、かつてコミックボンボンに掲載された、雑誌オリジナルのダイノボット5体合体が思い起こされます
(がー 何年も前から探しているのに、なぜか未だにそれらしき記事を取り扱ったアーカイブに行き当たらないので、記憶違いなのかも)


コンバイナーといえば、金型流用を駆使して、なんとかこれまでのラインナップを繋いできた、という印象もあり。
ということは、オボミナスとダイノボットで終わるはずがなくて、キングポセイドン・ゴッドネプチューン・ダイノキング、
果ては参乗合体シリーズのゴラードラまで、きっと展開されるに違いない。(邪推

あの あと、もののついでで構いませんので、ダイノボットのリカラーが発売される計画があるとしたなら
トリケラトプスはオレンジ、プテラノドンはグレー、ステゴザウルスは草色、ブラキオサウルスは水色に染めた、
宇宙海賊セットをタカトミ限定で、ぜひ。長年待ち望まれていたアイテムでしょうし。
個人的には無理矢理スーパーリンクさせて、プテダーとホーマーを再現する遊びも、計画済み。(気が早すぎ
マスターピース版エクスカイザーとのサイズ差は、ちょっと無理があるでしょうけど。



ああー 今回も、待ち遠しすぎますぜ 来年が!

あの日かなえると誓った夢が、いまこの手の中で

17年の時を超え、リアライズ。

2017-07-21_diaclone_fire-convoy1b.jpg

トランスフォーマー カーロボット C-001 炎の司令官 スーパーファイヤーコンボイ の、アノ座席に
平成ダイアクロン隊員 が、ピッタリ座り。

発売当時から、コアなおじさんたちの間では、ダイクロン隊員が座れると話題になっていたトランスリペアに、
平成版ながら やっと手に入れたダイアクロン隊員をセット。 んー 感慨深い。

続きを読む

ふと気付く→ 足らない→ あわてて足元どけて辺りを見回す

誰しもそんな、ダイアクロン隊員捜索班になった経験があるはず。
なーわけで

2017-07-15_diaclone-member-chamber1.jpg

わたくしも、隊員の整理整頓に便利と巷で話題の100均ケースを、遂に購入。
もうちょい小ぶりなタブレットケース類でもあればよかったんだけど、買いに行ったダイソーさんになかったので、妥協。

続きを読む

まえまえから、うすうす気づいてはおりましたが

長らくお世話になっております こちら seesaaブログ さま、より良い仕様を目指して、度々仕様変更されており
この4月にも 新デザインシステムへの移行 という、規模の大きなものが行なわれましたが

今回を機に、これまで少しずつ手直ししながら使ってきたスタイルシートにも別れを告げ、スッパとイチからやり直し。
・・は、いいものの ヘッダー部分のテキスト型ブログタイトルが外せなくて(自作のロゴを使いたいのに)
なにか方法がないものかと、模索中。 壁紙の設定もし直したいんですが。


あと 表題の件、うちん家でいいますと 2009年1月28日 以前の記事では、サムネイルは表示されているのに
それをクリックした先の画像表示ページが非公開となっておりましたが(2009年2月22日の記事 以降は問題なく表示されます)
サムネイルそのものを、新しいタブまたはウィンドゥまでドラッグすれば、元画像もきちんと表示されますので、お手すきの折に、どうぞお試しくださいませ。




さて、平成ダイアクロン
今回は、意図せずして ダイアバトルスV2 の、正調パワーアップと相なりました の巻。


2017-05-15_victory-diabattles-v2v_1.jpg

3つのV2の力が、いま ひとつに。
その名も ビクトリー ダイアバトルスV2V
(ブイツーブイ)

続きを読む

先月末からこっち、この時期わたくし個人としましては

例年おなじみ、4月下旬納品を予定していた パンフレット ・・と呼べるほどでもないものを、
無償で作るサイドワークを、先日やっとこ終えまして ようやく遊んだった ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ

ちなみに、パンフ作業と並行していた、もうひとつのタスク トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ たちのお片付けも、地味に進行中。
トラフォ界隈を大いに驚かせた コンバイナーウォーズ ライオカイザー の国内導入も、どうも、ナイ話になるようで(個人的感触)
最終商品と目される UW-EX バルディガス も無事に到着したことだし、一旦箱にしまおうかなと。

一緒くたにしていた武器の、どれをどの箱に納めたらいいか分かんなくて時間かかったり
折角リンクスマスターの箱にきれいに納めたと思ったら、後から ラチェット 出てきて あー間違って ファーストエイド 入れてもた、やり直しかーい!
とかやってて、進捗率まだまだ半分というところ。でも、連休後には、身の回りが少しスッキリできる予定。


2017-04-23_da_cosmobattles-v2_2.jpg

さてー ダイアバトルスV2 宇宙機動タイプ。
イマジネーションを刺激する追加パーツの数々を手にして、あれこれロボスタイルを試したかったんですけど、とりあえず
こないだの、肩キャノンを後ろ向きにまとめたスタイルが気に入っていたので、改めて撮影。


続きを読む

うさばらしんのすけ。

こまけえ話はあとにして、
平成ダイアクロン パワードシステム と、スーパーリンク・ユナイトウォリアーズ で遊んでみよう、後編。



そもそもは、ここからすべてがはじまったのだ 的、
前回はゾンビウォーブレークダウンで解説してましたけど そうだ、この組み合わせがはじまりなんだった。
トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-EX リンクスマスター トレイルブレイカー with トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW05 コンボイグランドプライム プロール

2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl0.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl3.jpg
2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl2.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl1.jpg


続きを読む

このさいはっきりいわせてもらおうか。

前回、一発ネタを1つのエントリで終わらせたい とか、小生意気なこと言うてましたけど
画像の編集やってもやっても終わりが見えなくて、心が折れそうになってきたので
アッサリ前言を翻し、前後編にすることに方針転換しましたよ とな。

いうわけでー
ダイアクロン パワードシステムセット、乗っけるところを探していた中で
手近に転がるユナイトウォリアーたちが、目に留まったお話。

つまり

2017-03-03_da-powedsystem_zombiewarbreakdown-diabattles-lower1.jpg

こういうことか ラー イドオン。


続きを読む

箱庭ダイアクロン。

なんーぼ 実家商売で、時間配分が自由にできる身とはいえ
事務所で個人的なあれやこれやは、やったらアカンわな (昔はともかくとして今は)と思ってました



2017-02-26_diaclone_powerdsystam-marinecorps2.jpg

本日たまたま、わたくし1人だけなのをいいことに、朝一番で佐川さんに届けて頂いた タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-05 パワードシステムセット A&Bタイプ 宇宙海兵隊Ver
アーンド タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-04 ダイアクロン隊員セット

そしてお客様に出すための、お茶菓子のカンカンのふたの裏を使用して、サクっと記念撮影。
指揮官2人に立たされる青隊員と、早くお小言終わらせて整備はじめてくんないかなと待つ、緑隊員の図。
先日のような、中・大型商品と連携させる遊びも楽しいですが、こういう、
限られたスペースでシチュエーションを楽しむ 箱庭遊びが出来るのも、ダイアクロンならでは。

あと、赤隊員を見慣れた目には新鮮なカラーリングの、青隊員もさることながら
いかにも古強者な雰囲気を漂わせる緑隊員が、かなりイイ。
買い増しして部隊を編成したくなりますわ。手遅れですが。

こうして手に取ってみると、ダイアクロン隊員のカラバリは
なかなかに、次々と揃えたくなっちゃう危険な存在ということを改めて思い知りますなあ。


続きを読む

何ができるか、地味にあれこれ試しているわけですよ。

とはいえ わが家には、それぞれ1個ずつしかない
ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット BタイプBタイプ
ネタ1つをカタチにして撮影して ってやってる内は、次のネタに行けないわけで
世間様の遊ぶスピードに乗り遅れがちですが、まあ こちとら何年も、半ば冬眠していた身。
今更そんなん気にしても、しゃあない

(以上、ウザいほど長めの言い訳)

そー いやー スピードといいますと、昨年、撮影スペースを常設したことで
撮りたいときに気軽に撮れるようにはなったのだけど、そも もともとは、撮影環境を整えれば
前環境よりもフォトショい作業が減ってイイカンジなんじゃなかろうかと考え、それからやっとこ重い腰をあげたのだけど

気分よく撮れるようになると、以前にもまして カメラの深度 の浅さが気になってしまって (スマホ撮影なんで、どうしようもない)
それまでも、ピント合わせたとこが異なる複数の画像を切り張りしてはいたけれど(参考リンク: 証拠画像。)、今の環境になってから
1枚の画像作るのに どえらい時間をかけるようになってしまって(参考リンク: 証拠画像 その2。) あーもうー ええかげんにしなはれ <自分
結局 もともと、こまけえことが気になる性分なんでしょうなあ。



というー しょもない話は、おいといて
パワスー最初に触ったときに、多分ぼっちり座席に座れるじゃなかろうか と思っていたので
早速試した ↓ コレ

2017-02-16_da-powedsystem_dragstrip1-1.jpg

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット Aタイプ with トランスフォーマー DD-12 ドラッグストリップ&マスターディザスター

またヒューマンアライアンス使ってんのか そのネタもう飽きたー
と言われても、致し方ない がーしかし、だって ちょうどぴったりハマるんですもの
パワスー胴体が、ドラッグストリップの座席スペースに。 いや本当。(参考リンク: 証拠画像 その3。

続きを読む

つー いー にー、きた この日が

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット AタイプBタイプ、満を持して発売。
いやは 待たされましたわ、半年以上。

商品は、手のひらサイズのボディに秘めたフルアクション要素と
全身に組み込まれた3mmジョイントが発する 超遊んでくれオーラ がハンパない感。
これからじっくり遊んでまいりたいと思います


とりあえず、手近にあるものでくっつくとこ探してみた

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-1.jpg

参乗合体 トランスフォーマーGo! G10 ヒショウマル を多目的ミッションユニットとして運用。的な。
どうぶつ要素はできるだけ、隠す方向性でー

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-2.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-3.jpg
2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-4.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-5.jpg

続きを読む

パワスー発売直前の、微妙な時期ではありますが

どうにも、こないだの
トランスフォーマーレジェンズ LG35 スーパージンライダイアクロン DA-01 ダイアバトルス V2
絡めた遊びを中途半端に済ませていたのが 気持ちに踏ん切りつきませんでー


なわけで、改めて。
お題は 「ダイアバトルス専用ビークルとしてのスーパージンライ」

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front1.jpg

敵陣に切り込み ありったけ砲撃したら、飛び降りて次の形態に移行する
人呼んで、巡行そのまま突貫モード。<ネーミングセンスなんとかならんのか

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front3.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side1.jpg
2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side2.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front2.jpg

座席に腰をどっしり沈み込ませていて、座り心地よさげ。
空飛ぶ砲座、の感もあり。


続きを読む

シメはロボットづくしで と

いう意図は、なかったんですが まったく
やってみたらこうなった、的な。

おなじみ、ヒューマンアライアンスより
トランスフォーマー DA22 オートボットサンダーヘッド&タングステン少佐 とダイアバトルスV2で

2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-t4.jpg 2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-t1.jpg

重機ぽいロボ。<ほかに表現する言葉ないんか
毎度くっつけるとこ探すのに悩むダイアバトルス腕の、今回のくっつき先は

2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-y4.jpg 2016-07-02_daiaclone_hada22-autobot-thunderhead_work-bot-y5.jpg

コ ↑ コでした。 こんなとこに、まさかのぴったり。(ほぼ)
おかげで、このどんくさいスタイルが実現。いやはー ロボ魂が、きゅんこきゅんこ言いますなあ。


続きを読む

今回は、コクピットこだわりで。

こまけえ話は、おいといて
とりあえずまず トランスフォーマー DA21 バックファイアー&スパイク・ウィトウィッキー と、バトルス02のコクピットで
自走砲モード。

2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa7.jpg

自走砲 というかコレ あれか、シューティングゲームに出てくる、
ぴんこぴんこ地面を飛び跳ねながら弾撃ってくる、ザコい敵機。('90年前後な思い出

2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa3.jpg 2016-06-23_daiaclone-hada26-whirl_spa4.jpg

ではありますが 機体後部上面に据えた砲座は、隊員にぴったりサイズで よさげなカンジ。
いろんな角度から撮っても、しっかり砲手が写るし、エエわコレ。砲座前面のシールドも、それっぽい。


続きを読む

深淵への挑戦者。

もはやダイアバトルスV2で遊んでるのか、
ヒューマンアライアンスで遊んでるのか どっちだか分かなくなってますが
今回はこちら、トランスフォーマー DD-12 ドラッグストリップ&マスターディザスター


で 前フリなしでいきなりドン、こんなんなった、サブマリンモード。

2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine1.jpg

まあ、潜航艇でなくても 戦闘機でも宇宙船でもよかったんでしょうけど
機体前面がエイっぽかったり、海ガメっぽかったりで、じゃ それでええか、と。

2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine2.jpg 2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine4.jpg
2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine5.jpg 2016-06-19_diaclone-hadd12-dragstrip_submarine3.jpg

手前ミソなのは、重々承知ではありますけれど
後部下面の小羽根(赤紫のパーツ)が、地味にイイんじゃないかなと。


続きを読む

大きく遊んだあとは、ちまちまと。

なかなか終わりが見えない、ダイアバトルスV2/ダイアクロン隊員遊び。

こないだは、曲がりなりにもグレート合体までいったんで、
今度はぐっとスケールを小さくして、早くもナツカシ玩具になりつつある、ヒューマンアライアンスから
トランスフォーマー DA23 サンドストーム&デドクリフ上等兵 がご登壇。


前回までは、くっつける側が かなり大きかったわけですが、今回は真逆なわけで
そうー なると、ダイアバトルスV2で遊ぶというよりも
ダイアバトルスをパーツとして遊ぶ、という方向になり

2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm1.jpg

とりあえず まず、ツメ腕モード。
それっぽく見えるのは、いろんな見立てができるよう造形されてるパーツさまのおかげ。

2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm2.jpg 2016-06-17_diaclone-hada23-sandstorm_arm3.jpg

リアル寄りのサンドストームと、ダイアバトルスのヒーロー色がマッチするか気になるところでしたけど、案外悪くなかったか。
足を腕に履かせてるだけやんけ とか言ってはいけません。


続きを読む

あの日を境に、のんきにネタってる場合じゃなくなった

そうー 東京おもちゃショー2016 での、ダイアクロン第2弾告知のことでございます

何が出るかなと思っていたら、そうきたか
新型パワードスーツビッグパワードGV

パワードスーツ単体の出来も素晴らしいものですのに、
ビッグパワードのみならず、ダイアバトルスとも連携できる(!) というとこがミソで、
そのダイアバトルスの発売直後から口コミで話題となり、大きな反響を得る原動力となった、有形ブロック遊びを
更なる形で遊び尽くせる、これ以上ない最高のチョイス。

アマゾンさん家で品切れ、高騰するなど話題になった直後に、こうした商品が発表されたってーのは
奇しくも、というべきか いやは、やっぱり開発陣の思惑通りというべきか。
個人的な思い入れ先行で第2弾はロボットベースがいいなあと思ってましたけど、
今回の発表で、作ってる側の、本腰を据えて展開する覚悟を見させていただいた気分。脱帽。


同時に展示されたダイアバトルスV2のバリエーション3機も、予想の上では
腕足はともかく本体はそこまで変わらんじゃろうー と思っていたら、たまげた。
東京まで飛んでって、まじまじ見たくなるほどイーカンジのシルエットとディティール具合。(参考リンク: Twitter on タカラトミー公式
ちゃんとオリジナルのダイアバトルスV2のパーツも使っていて、さりげなくバリエーション機であることをアピール。
うわ これちょっと、価格割増しでも、買わざるを得ませんろう。

販売スケジュールは、まだ発表になってませんけど
ビッグパワードは案外早い時期に発売になるんじゃないかなと。11月ぐらいには。
追ってダイアバトルスV2のリデコ勢が続々投入 とか。

もー たまりませんなあ。
フトコロ具合の心配も、たまりませんが。超心配。



で 表題では、のんきに どうだこうだやってる場合じゃ とか言ってましたけど
まあ、ニュースが飛んでくるまでに、大方こしらえていたので、以下ネタはいります。


もう ええかげん、マグナス芸はええじゃろうと 思ってましたけど
撮影後に転がしていたVスターと、撮影に使わなかったマグナス部分(便宜上命名) 見てたら
あー もしかして

2016-06-12_v-star-magnus1.jpg

やはり、ぴったり。 ※接続はできておりません

続きを読む

この後片付けは、もはや使命。

とー いう気持ちも、なくもなかったり、
こないだのダイアバトルスV2を使った マグナス芸。

購入直後だったこともあり、早いうちになんかネタっとかんと、
巷のダイアバトルス祭りに乗り遅れたら損。という思いでやってみたんだけど
ギミックスキーなわたくし的には、もうちょい仕込みがしたかった気がしていて、
つまりは、表題のような心境でございます。


で 以下、この数日の成果
パワードダイアバトルスV2、テイク3。

2016-06-05_powerd-diabattles-v2_3yoko4.jpg

て こないだのアイデンティティの半分は、マグナスのウラ側使ってるという点にあったのに
結局正面方向を使うんかーい (しかも背面の腰部分がやっぱりスカスカ)

まあ エエのです
もっとウルトラマグナスまんまな感じが出るのかな、という思いもありましたけど
案外そうでもなかったし、伏目。

続きを読む

6月入ってからのご到着じゃろう と思いきや

不意を突いて、きやがったー
Amazoneさん家からのお知らせメール

「ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりました」
 ダイアクロン ダイアバトルスV2 初回限定版
 お届け予定日:5月29日~31日


それからのわずか2日間、どんだけソワソワしたことかー
ヤマトさん家の荷物問い合わせを、アホほど見に行きましたぞね。 :参考リンク

2016-05-31_diabattles-v2_2.jpg

うー ん
・・いやは、本当 過去最高の、待たされた感。
しかし待っただけのことはある、この胸の高鳴りが、サイコーに心地いい。


荷物の到着を待つ間に、時間ツブシにと、こまかい話もテキストに起こしはじめてたんですけどもー
ダイアクロン第2弾は、ダイアバトルスV2の腕足換装バリエで済ませて新規造形は第3弾を待たなアカンのじゃないか
(TFとはスタッフの規模がダンチだと思うので、開発に時間がかかる&
半年ぶりの告知なのにシルエットすら発表されないってとこが、ミョーに気にかかる)とか
上記のことを思うとやっぱり当面は、3体合体ロボのどれか、ワルダロスかバトルバッファロー辺りが
次期新規金型商品になるんじゃないか とか、まあ勿論一番欲しいのはロボットベースなんですけど とか
しかしそうはいっても初報の折に添えられたセル画風ダイアバトルスの背後には、しっかりロボベーが書かれていたけれど :参考リンク
メッサイイ絵だったのに、その後使われないところを見ると、あのロボベーは単純にイメージイラストなだけで、
実際はそこまで企画が進んではいなかったのかな とか


ぐにゃらぐにゃら書いてるところに、件のブツが、ガッツン到着。
そうーなると、テキスト書いてる場合じゃなくなって、チョロ書きになりますが↑の話は終了。

そしてー 自分以外の方には用途不明であろう、
個人的にダイアクロンといえば の懐かしいアイテムを引っ張り出して、
いよいよお迎えのはじまりー。


続きを読む

ここんとこ ずっと、ハートを熱くさせてくれている

復活ダイアクロンについて考えてみたことを、つらつらと。

最大の懸案は、どうやってシリーズのフラッグシップたるロボットベースを、
イメージ通りのサイズとギミックを両立させたまま、多くの方が購入を検討できる価格帯で立体化するか
とー いうところに集約されると思うのですが
これ、3分割 すれば、もろもろ解決するんじゃないかなと。

ここでひさびさ、六角大王 Super5 を起動。(何年かぶり)

2015-11-14_diaclone-robotbase-rebooting1.jpg

続きを読む

代替わり。

唐突ですが

warugakiaction-2009-12-16_camera-history1.jpg

もろもろあって、新たなるデジカメがウチにやってきた。
Panasonic DMC-FZ7

左は、その前に使ってた RICOH RDC-i500
'01年ごろデビューの古いヤツですが、
いまのケータイ DoCoMo F904i がくるまで
最前線で戦っておりました つかスペック的には
まだまだイケるクチだと思います。ずっと眠ってはいますけど。

で 懐かしいものついでに
こんなんも引っ張り出してきた

warugakiaction-2009-12-16_camera-history2.jpg

SONY CCD-TR3300
それは8ミリビデオなんじゃ とツッコむなかれ。
旧サイト開設から1年半は、これで撮影した画像を
ビデオキャプチャで取り込み画像加工していた、と ゆー
今にして思えばオットロシイ手間かけて、1枚の画像を作っておりましたので
RDC-i500 にはじめて触れたときは、腰抜かすほどたまげました。

このカメラには特別思い入れがあって
なにせ自主制作映画のマネごとをしていた時の相棒でしたから
何かしらの形で、また使う機会があればという思いで、手元に置いてます。
まあ それ以前に、Hi8ビデオテープがもう売ってないと思いますが。


とー ここで話を終えてもいいんですが
懐かしついでに、アレだ TR-3300でかつて撮りまくった、
あれやこれやをおっぴろげてしまおうかな と。
クリスマスプレゼントの代わりにでもなれば、幸い。


*以下、過去ネタサルベージの羅列。
 なのですがー 画像サイズが小さいものを拡大するなどしたため、
 非常に見づらいものがあるとは思います。悪しからず。
 あと、やたら長いです。

続きを読む