正念場がやってきた。

以前は、こういう事態が発生する度 
えらいことんなったと思ったものでしたけど 
もう何度めなんだってんで、さすがに慣れちゃいまして
 
なにがってー
この11月中に、職場のおばちゃんが一人辞めるてな話ですよー。
その退職後は、わたくしは月8休を半分に割って、
半日出勤16日になる予定。しばらくの間は。

それはいいんだけど、気になるのは
遅れはじめてるアニメイレビューのことで。

もともと、そんなん今(当時)の環境で、長期間できるわけない と思ってたのを、
いやー 時間の都合をやりくりすれば、もしかしたら、やってやれないことはない
むしろ今やらんでどないするオレ。と ハラくくった始めたわけで
まあ 最終話までレビューが続けられたら、その辺の話もしときたいんですけど

とりあえず、
ちょとしんどさは増しますし、遅れもしますけど
レビューはつづけていきますので。
中途半端の事例はもう増やせないしー。<笑えません


トランスフォーマー アニメイテッド
第29話「メガトロンの襲来」

グレートウォーの体験者であり
最終兵器たるオメガスプリームの教育者、友人でもあったということで
ここんところお話の中心にいるラチェットおじさん。

今回は、いつもは出番を奪ってゆく鍵がないってことで、
本来の救護員としてのカッコイイとこを見せる と
そのはずが、なかなかうまくゆかなくて
珍しく弱音も吐いてしまったりして

アニメイおなじみの、サリが鍵をさせば即新品同様にリペアできる
そういう絵ヅラを見慣れていたことと、あと先入観で、
トランスフォーマーなんだから、なんでもサクサク直せてしまうと
思い込んでいたけれど でも、これが本当ですよねー
手を尽くしてはじめて、鍵の力には及ばないまでも、重体が重傷になる程度。

そして、それでもなんとか修理を果たす
ある意味こっちの方が、カッコイイ。
ラチェトらしいともいうか。

・以下、いつもより駆け足気味ですが、もろもろ。

 オメガスプリームの休眠
 泣かせるなあ。

 サムダック博士
 ずいぶん大きくなったんだな、サリ
 とゆー 娘への気遣いと、愛を感じさせる言葉なんですが
 なんとなくギャグに聞こえてしまうのはなぜ(笑

 しかしまあ、なぜか今回は
 プロールでもラチェットでも、メガトロンでも
 いまいくぞー的に駆け出した描写のすぐあとに、現地に到着するんで
 なんか不自然 つか変(笑

 メトロフレックス、出ましたねー
 立ち上がりはしませんでしたけど、こういうくすぐりはイイ。

 ブラー、あわれ。
 なんだったかは秘密だ ってコワイな。
 子供さんコレどこまで分かってるんだろなあ。

 踏みつけようと足を下ろすオメスプに、
 レッキングボール振り回してやる気まんまんのアイちゃん
 それを押しのけて回避させるオプティマスとバンブルビー
 こういう局面でも、こんなとこ見せてくれるのが、らしくてイイ。

 わざわざポリゴン風の絵になって戦ったりとか
 なんかもー メッサ懐かしい絵ヅラ。

 以前、原語版みたときのことスコっと忘れてて、
 あーここでイケメン参上だったか! 想定外だー。
 しかしまあ、なんて楽しそうなんだスタスク。
 いきいきしてんなあ。

 "やるべきことをするべきだ
 たとえそれが納得いかないことでも"
 演出的にはベタだけど、イイ。

 結局オメガスプリームの意識はどうなったのか
 つーのは、のちの話ですかね。<もう忘れてます


・今週の音仏一家
 ふたたびデカいゲーム筐体を持ち込んでの、
 あからさまな販促回、第2回。
 しかもこれ、発売当日らしいじゃーないですか。
 すごいやる気になってて、一体どうしたの(笑

 なにげにウラ技も公開したりして
 でも、やったことないんで分かりませんなあ。

・次回予告
 今回はものまねネタで。
 オプティマスさん、やるんだったら
 あなたにはオカマ役があるじゃーないですか(笑

間に合いませんで(略

まあ 最近珍しくないことになってきちゃいましたんで、
気にせずまいりましょう。<気にしなさい


今までは、どちらかといえば 
ボンボン全盛期世代のよしみで見守っていたようなわけですが 
一方で、なんかそのうちイイものが見れそうな予感もあって 
一応エアチェックをつづけていたわけですよ。

そうしたら、先々週。
ついに光った それも意外なエピソードで。


SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors
第28話「江東の碧眼児」

正直言って、三国伝は、
フツーに見られるロボアニメとゆーところかな、ぐらいの気持ちで視聴してまして
まあこれは作品の性格上、致し方ない。枠も15分しかないし などとー
失礼にも思ってましたけど

今回のエピソードは、ちょっと違った。
あらすじとしては、賊のアジトに乗り込んでった妹を、
偉大な兄を失い塞ぎ込んでいた弟(主役の一人)が、思うところあり、
彼女を連れ戻しに自ら出立するってところから始まるんですが


賊をシバいてねじ伏せて、己を取り戻す とか、よくある話にせずに、
兄から諭されていた、月のごとく優しき真の勇気を体現することによって
刀を振るうことなく、賊に手を止めさせる。

まとった気から形作られた虎の姿が吠えて、
しかしその瞳が優しげに表情を変えると"月"がカブる とゆー、この演出。
こっから先、どこまで続くか分かりませんけど、ちょっとコレ
今後も見続けていかないとー と思いましたさ。

とか言ってたら先週は、ほとんど半分
袁紹編(と呼んでいいのか)を振り返る形の回想シーンで構成されてて
15分の半分だとほとんどドラマらしいことできません状態。
イイ話のあとだっただけに、もったいない。


さてー そして、こっから本題
先週、いやさ先々週のアニメイテッドレビュー。
29話放映直前の、出勤ぎりぎりまでがんばったんですが
8連勤の壁は厚かったです。涙。

トランスフォーマー アニメイテッド
第28話「サリ、トランスフォーム!?」

ついになっちゃいましたねえ、大人サリ。
なにげにトランスフォームする場面だけ、急に別のアニメな絵ヅラに(笑

これにて子供サリの姿とはお別れになるわけですが、今にして思えば、
必要に応じて 子供から大人に変身するってのも、見てみたかったような。
ま 残り話数(そして出番)も多くないので、そうしたとしても
ややこしくなるだけだったかもしんないけど。

・ヘッドマスター三度登場。
 本当、先週姿を見るまですっかり忘れてましたけど
 最後の出番がしっかり残されていたんですねー
 それにふさわしいドタバタなやられっぷりで、
 端役ながら、しっかり見せ場を作っていっちゃって
 岡野浩介さんのカッ飛んだノリっぷりあってのキャラでした。
 おつかれさまー。

・宇宙をさまようメガトロン&イケメン(本人)
 毎度おなじみデコボコやってるようで、仲良くケンカしな風に。
 なかなか自分の思惑通りに事が運ばないようですが、メガトロンさん
 それでも着実に目的に向かっていくところは、さすが。
 てかもう、コワさですよね。これは。

 そしてひさびさにきた、アナゴさんネタ(笑
 不意を突かれてウケました。

・それにしても今回は
 第3シーズン特有の、お話の内容の重さが
 ズシリとのしかかりますよねー。

 つねづね忠告されていた、鍵の乱用による弊害が、
 サリ自身の身に降りかかる形で発現して、
 バンブルビーに生命の危機まで与えてしまうという、トラウマ展開。

 また、戦時とはいえ(戦時だからこそ なのか)
 オートボットの非道な面が露わにされ
 そしてまた、ザンコク一歩手前の描写で葬られてしまうブラー。

 明るく楽しいだけでない、こうした描写が
 作品に深みを加えるものにもなる
 (というか、自分の好みとしては、かなりアリ。)
 ・・なんですが、うーん フクザツな心境だ。
 このアニメイテッドという作品で、ってのがね。
 いやアニメイテッドだからできたことなのか。

・以下、もろもろ。

 ショックウェーブ、唯一のマジなキャラだけあって
 やることも言うこともコワイのなんのー。
 被害に遭ったブラーさんは、関わった相手が悪かった、としか。
 まあ、結構アホの子だったとゆーのも要因のひとつなわけですが(笑

 以前破壊されたはずのファンゾーン警部のパトカーが、
 新品同様(シミなし)になって復活。
 新たに支給されたのか作画ミスなのか
 まあ別にどっちでもいいんですけど。<いいんかい

 パーセプター登場。
 まさかの合成音声とはー 原語版通りってことですか。
 顔つきがそれっぽいんで、ここは江原正史さんにお願いしたかった。(勝手に

 オメガスプリーム覚醒
 この機械然とした口調から、あの人間じみたネガティブトークを発するようになるまで
 一体なにがあったのかは、もはや想像するしかないわけですが、
 そこんとここそ、フィルムで見たかったかな。
 アニメイらしさとは、ちょっと違うようになるかもしんないけど。

 ひさびさモンスター登場。
 こういう突拍子の無さも、アニメイらしくてイイ。
 しかしまあ、なんてー ザコキャラ具合。

・今週の音仏一家
 オチをアマノッティが引き受ける、いつものノリか
 とー 思いきや、今回はおねえちゃんが当たっちゃうという、
 まさかのガチ黒ひげ危機一髪(笑
 さすがに特製ジュースを飲むのは、一口が限界だったようで。
 しかしホンマに楽しそうにやってるなあ。

 アマノッティのブログにて、
 クランクアップを迎えた音仏一家の様子が1枚映ってますけど
 実は泣いてんじゃないかアマノティ とか見えなくもない。

・次回予告
 バンブルビー弔いネタ。
 ちょっとだけ、さよならラットル!?(サブタイ点滅)事件を思いだす(笑
 あとブラーのことも、ちょっとは嘆いてあげてください。涙。

 にがおえ大募集は、そろそろオタい絵も見てみたいような、
 それやっちゃうとアカン気もするような。

ここんとこ毎週のように

話すネタが舞い降りてきて、
それはそれで楽しいトランスフォーマー界隈なんですが。

9月末発売分のおもちゃの話だとか、10月初め発売分のおもちゃの話だとか
DVD2巻の封も切らないうちに3巻が明日には到着しそうとか
2010エディション星間帝王ユニクロンが遅れて我が家にもご降臨だとか
次回作のトランスフォーマー・プライムについてあれこれとか

それぞれ、どっかでなんとか、話に触れておきたいですけんど
もー いまんとこ、週に一度レビュー書くんで、手一杯。
もうちょいで一息つけそうなんですけどねー。


トランスフォーマー アニメイテッド
第27話「サリの秘密」

今回は、まずはー なんといっても web版予告 でしょうー
玄田哲章+高橋広樹、新旧司令官による
正調の正統派な予告編で、ハートが震えちゃいましたよ
いや本当。

ギャラホんときにも、確かこういうのありましたけど
プライマス&コンボイ4人の共演という形で。
そちらも良かったんだけど、それが声ネタの色が強かったのに対して
今回は、ストレートにW司令官という演出だったんで
これで震えんでどないする 的なー。

まあ欲を言えば
そこに石丸博也さんも来てほしかったような、
あーでも15秒で3人は詰め込みすぎか
どうしよう とか。<勝手に悩め


・冒頭、スペースブリッジを守るオートボットvsディセプティコン
 第3シーズン初っ端からの見せ場で、両軍入り乱れてのハードな戦闘が、
 カッコ良くテンポのある作画で拝めて、眼福、眼福。

 岡野浩介さんのホットロッド
 愛河里花子さんのストライカ
 そして石丸博也さんのロディマス!と
 まさかのオリジナルキャスト登板でテンション上がるー
 のは、いいとして

 戦ってる最中は、てっきりアニメイらしく
 頭から終わりまでしゃべりまくってくれると思ってたので、
 叫んだり掛け声だけだったり、しゃべんなかったりしたのは
 ちょっと拍子抜けだったかも。
 もともとBGMが入ってなくて、原語版でも少し寂しいとこだったんで
 ここは入れてほしかった。無念。

 まあ ロディマスも、ちゃんと部隊司令官らしく
 ツワモノ的活躍を見せてくれるんで、いいかなあと。
 最後はやられちゃいますけど。涙。
 しかし、宇宙サビ(直訳)ときましたか。宇宙ペストでなくて。
 監修がついてると思ってたんだけど、気のせいだったかなー。

・過去エピソードが折々入ったり、各人が個別行動を取ったりして
 お話がずいぶん込み入ってきましたけど、子供さんがた
 ついてきてるかなー。
 各シーンで引きつけるものがあれば、連続性が希薄でも
 案外見入ってくれるんじゃ とも思うけど、
 脱落する子が多かったらおんなじか。

・文字通り、宇宙を走って走って、
 サイバトロン星まで行っちゃおうとするブラー。
 ブラーらしさとアニメイらしさと、うまいこと掛け合わせた
 冴えた演出 つか初見でも爆笑しましたわココ。

 あとは勇気だけだ ってのは
 実は番組自体は見てなかったんだけど
 (平成版サイボーグ009)パチンなCMで聞いたことあって、
 あーそうか 櫻井さんて009やってた人か。(今更
 だから加速装置! つーのも言ってたわけやね。

・以下、いつも通りにつらつらと。

 これまでのエピソードでも思いましたけど
 アニメいメガトロンは、いややっぱり、若本さんで当たりだったなと。
 このコワさの質は、ちょっと独特でマネでけへん。

 オメガスプリーム
 ほらまたー そんな、具体的な変形機構を披露するから
 余計におもちゃがほしくなるじゃないですか。
 なんて罪な(笑

 ヘッドマスター岡野さんは今日も絶好調
 そしてヘッドマスター付きスタスクボディも大活躍。
 うーん 引越した時のダンボールん中の、どっかにしまってある
 アニメイスタスクを引っ張り出してきたくなるなあ。

 そして耳ボタンで電話がかけられるオプティマス(笑
 サリとサムダックの間を取り持つためにクサい芝居も披露して
 やっぱこのひと、イイヒトだー。

 オメガ計画
 この絵ヅラは、何度見てもトリ肌が。

・今週の音仏一家
 なんかバッチリ発売日に商品紹介してますけど
 またそんな、アニメイらしくないことを(笑

 おねえちゃんが意味もなく度々映されるのは
 そういうヒト狙いということですかー。
 なんてあざとい。

 マジックがらみは、始めた瞬間にオチまでわかっちゃうんだけど
 まあ、楽しそうにやってるから いいかなと(笑

・次回予告
 フツーにはじまる真面目な次回予告は
 違和感ありまくりなんだけど
 ちょっとカッコイイと思っちゃいました

 ちなみに今回のにがおえ発表
 その絵はまさか、オレタチのレックガーかー!!
 うーん この子は将来エエ子になるわ。

間に合いませんでした。

言い訳したかあないですけんど 
いとこの結婚式ありーの、お休みの日も電池切れでダウンしてたりーので
あーそうさ、落雷マシンもパーツだけは買ってきといて直しもできずに、
まだおもちゃの飾り棚になったままさー。(逆ギレ

アレとかコレとかの話もしたいんですけど
取り急ぎ、レビュー2本立てをお送りいたします。


トランスフォーマー アニメイテッド
第25話「それぞれの思惑」

・オープニングが改めてSE付きに。
 そのうちやってくれるとは思ってましたけど、ココできた。

・唐突に登場、コンストラクティコン。
 出自になんのフォローもないけど、仕方がない。

 話がそれますけど、てっきりDVD特典になるかと思ってた
 原語版#31. Three's a Crowd (ダートボス登場回)は、放映するようで。
 実際のところ、どうなる予定だったかは分かりませんけど
 もしもおもちゃ化していれば、ダートボスを頭部に三体合体でもするんかな
 とか、当時考えてたの思い出しました。

 そのおもちゃ化については、企画当初に予定はしていたと思うんだけど
 それらしき画像がまったくあがってこないってことは
 かなり早い段階でキャンセルが決まったということなんでしょうねー。
 日本版放映終了前に奇跡の発売 ・・は、ないか。それだと。
 むしろパワーマスターオプティマスを(略

・ミックスマスター役が中村大樹さんってのは、すぐに分かったんだけど
 スクラッパー役は、なんてことすんだオラ! とゆーセリフに、妙に聞きおぼえがあって
 クレジットを見て納得。この声 遠藤雅さんかー!!(ビーストウォーズのスコルポス)
 なんとまあ、お懐かしい。

 コンスト組はアニメイテッド大百科にクレジットがされてなくて、
 誰かが兼役するんだろうぐらいにしか思っていなかったので
 このサプライズには、ちょっとコーフン。
 2人とも味のあるキャラで、そこにぴったりの声がハマって
 二重のコーフンですあねー。

・イケメンズ&スリップ&スタスク
 スタスク自称、「いいとこ取り軍団」。よく言った(笑

 さすがの山野井仁さん、同じキャラの人格違いとはいえ、
 5役(!)を見事な演じ分け。それでいて、聞いてて楽しい とゆー。
 原語版イケメンズは、口調だけの変化が主で声質までは変えてないんですが
 どっちがいいかってんでなくて、単純に感心しますよねー。
 サンストームのヨイショっと が、なんかクセんなって何度も聞きたくなる(笑

 スリップストリームは結局、田中敦子さん。
 山野井さんのオカマ口調で6役目は、聞きたかった気もするんだけど
 田中さんが入ったことで、男衆ばかりの中にぱっと華が開いて、
 これはこれでイイ。

・ブラー役は、櫻井孝宏さん。
 期待通りしゃべくりまくってますねー

 G1ブラーに比べれば、確かに早口って感じは薄いんですけど
 前者がおんなじ言葉を繰り返し喋って印象付ける演出なのに対して、
 こちらは説明セリフありきで話の内容を伝えなきゃいけないってんで
 まあ、折り合いの難しいところ。
 ともあれ早口キャラの雰囲気は出てると思います。

・以下、細かいツッコミいろいろ。

 僕も子供のころこういう絵描いたよ て
 さすがバンブルビー 素でそうーいうこと言うかー。
 オートボットのみんなも言いっ放しで、ヒドイ。

 やっと登場、アイちゃん椅子モード。
 おもちゃで再現できないのが残念。

 メガトロンの胸にくくりつけられたサムダック。
 まんが版マジンガーZで、機械獣の体にくくりつけられた
 光子力研究所の職員思いだして、そのあとの展開まで重ねて
 ちょっと寒気が。そうなりませんでしたけど。<当たり前だ

 メガトロンに襲撃されたバンブルビー、
 ブラー見かけたからってあんた、そこでアイちゃん置き去りにして
 ブラーの方追っかけるかな。
 まあ、お話の都合といえば、そうなんすけど(笑

 ちょっと待ったコールなつかしいー。
 でも案外、一部の世代しかおぼえてない気が。

 ヘッドマスターユニットを使ってアインハイドに迫るメガトロン。
 さあさあさあさあ って若本さん、メッサ楽しそう。

 しかしオールスパークの欠片は、完全回収はムリだよなー
 この調子でガンガン利用していたら。
 まあ地味に集めるだけの話が続いてもおもろないですけど。

 ここにきて、強い、圧倒的強さのブリッツウイング。
 一方のラグナッツは、いつも通りのラグナッツで(笑
 ヒヤシンスは ここまで使ったらもう、武器の和名にしてもいいかも。
 もいっこの方は、ボウ! になっちゃいますけど、そうなると。

・今週の音仏一家
 今回もクモねえさんご出演 てので、
 そっち方面が盛り上がるかと思いきや意外な展開に。

 たつやくん、よく手元を見てるとなにか何度も書き直していて
 着実に、アマノッティの弟子化がすすんでんなあと。
 つかほんまに引き算出来んかったんと違うよな(笑

・次回予告
 アニメイテッドおなじみの、初登場回でのキャラ説明。
 ブラーの早口キャラ描写はここで補完。

 ちなみに、またみてねんときに、こないだ募集していた
 トランスフォーマーアニメイテッド お絵かき大募集!の投稿作品の発表アリ。
 オタい絵がセレクトされてなくて、よかったような
 ちょっと見てみたかったような。特に知り合いの絵とか(笑


トランスフォーマー アニメイテッド
第26話「強大なる力」

本編は、まさに正しく最終決戦の様相。
キャラも声も入り乱れての大乱戦で、思わず見入っちゃいますね。
本編カットも、本当こまかいところだけのようで。

・はなれてみてね も、やっとラチェットが登場して
 これでオートボットの5人が揃いましたねー。
 あとはメガトロン・ブリッツウイング・ラグナッツと
 ブラックアラクニアのディセプティコン勢で初期メンツが揃いますか。
 これ次回から新OP絵として入ったりしないかな。まとめて見てみたいー。

・オメガスプリーム役は、ここで登場、玄田哲章さん!
 事前情報で目にしてなかったら、その最初の一言は
 おそらく腰を抜かして驚いたことでしょうー

 体も心も傷を負ったまま眠りについた最終兵器ということで、
 口を開くたび、メッサネガティブなんですがー
 玄田さんの声だとクドく感じない、この不思議。
 ラチェットとのやり取りが、またフンイキ出ててイイ。
 その2人の別れは、一瞬のことだったけど、泣かせるなあ。

 しかしこのオメスプもまた、いかにもおもちゃ化前提そうで、
 それらしき情報が一切出てこなかったのが悔やまれる。
 ま ウルトラサイズ当たりで商品化されてもビミョウでしたけど

 放映当初からおもちゃが売れてた今回の日本版で、実現しなかったんだから
 始まる前から決まっていない限り、ダメだったんでしょうねー。
 とかつって正月商品としてパワマスオプティマスと共に急遽発売決定!
 とゆーことになったら、うれション止まりませんわ、きっと。
 ・・すいません、ちょっと妄想全開でコーフンしてしまいました。落涙。

・以下、つらつらと。

 田中敦子さん、ボタニカんときとはまた違って
 まきぞえ! とかさりげに言ったりして
 なんだかすっかりBWファミリー化(笑

 しかしまあ こうなると、今後登場するあのキャラこのキャラ
 結構、チラリしか出ない人も多かったと思うんですけど
 誰が声をアテるのかってのが、メッサ楽しみ。
 サイバトロン星のメンツで、江原正士さんとか、どうですか。
 うーん夢が広がるなあ。

 この局面でヘッドマスターユニットが再登場するとは
 ここまで想定してストーリー構成を行なっていたとしたら、
 冴えてますなー。
 おもちゃ作った側も、ここまで活用してもらえたら本望でしょう
 っておもちゃ的には、連動機能を付加してある
 ウルトラマグナスとメガトロンで使ってないんだから、微妙かな。

 プロールのあの ンン~ ・・どう表現したもんだか、
 あのあれは、なんか変えてくるかと思ったけど、そのままだったんですねー
 言いようがゴツイけど(笑

 オメガスプリームのトランスフォーム時のBGMが、またイカス。
 アニメイテッドのBGMはほんまにエエ曲揃いなんで、
 なんとか発売してもらえませんかねー。海外でも出てないのかな。

・今週の音仏一家
 この絵ヅラ、家族でTFを見ながらその話題で盛り上がるって
 まさに番組やタカトミが思い描いた、視聴者の姿。
 とー いう話は、さておいて

 やっちまったツーオーワンオー
 よりによって、放送前店頭PRビデオでの呼び名で言っちゃうとか(笑
 もはやネタでやってるとしかー。

 ま おそらくは、渡された資料にそう書いてあったんでしょうけど
 逆に言って、あの場で関わったスタッフの誰もが間違いに気付かなかったとゆー
 トランスフォーマーが、いかにマイナーな作品なのかかを
 改めて知らしめるエピソードにもなってしまいました。涙。

 しかしおねえちゃん
 人外キャラ化がすすんでるのは、もしかして
 その正体は実は ってサリのネタをかぶせる超展開になってゆくんじゃ。
 それはそれで腰抜かすかもしれん。
 ちなみにおねえちゃんカバンには、なにげにでっかい
 オートボットマークのプリントが。それはシュミ悪いと思います(笑

・次回予告
 ここできた!
 宇宙でみにくい言い争いするメガさんスタさん
 まんまカットになるかと思ってたんで、意外。
 いつもとのスタイルの違いが、次回からの新展開への区切りにもなって
 ちょっと冴えてる演出ですよねー。

 次回からのシーズン3放映分は、しかしー
 話は込み入ってるわ、暗いエピソードが多いわで
 メインターゲットおいてけぼりになるかも。
 ちょっとメタルス後半を思い出すような不安感が(笑

 そういうムードを日本版が、どうブッとばしてくれるのかってのが
 半分楽しみ、そして半分不安(笑

落雷マシン、いま。

こんなな状態。アカンがな。

warugakiaction-2010-09-17_animateds.jpg

この2週間、いろいろ試みて、パーツも取っ替えて
可能な限り手は施したですけんど、依然膠着状態のままでして
まあ素人なりに、あとひと押しかー という気もするので頑張ってみますけど
病院送りになるような気も、結構するげ。

ちなみに撮影に使用しているのは、
この夏思い切って買い替えちゃったケータイ docomo PRIME series F-04B

これで写メ撮ろうとすると、人間の笑顔を自動認識して
そこにフォーカスを合わせるという顔検出機能なるものが動作するんですが
上に並んだ9人の中で、ただ一人、これが使える人が。

warugakiaction-2010-09-17_animated-rodimus.jpg

ロディマスさん
確かに、これ以上ないぐらいのスマイル。

手元がてんやわんやで、買ってはいながらも
なんにもコメントできてませんでしたけどー このロディマス
もしかしたら、これまでのロディマスん中で一番気に入ったかもしんない。

warugakiaction-2010-09-17_animated-rodimus2.jpg

とはいえ
一番ロディマスぽい とかいうんでなくて
おもちゃ的なカッコよさ・適度な難度の変形の妙がまず気に入って
そのうえで、いまの時代に現れた新しいロディマスとして、イケてんじゃないかなと。
まあ毎年のように現れてますけど、最近は。

warugakiaction-2010-09-17_animated-rodimus3.jpg

G1劇中を意識したカラーリングなのか、
メインカラーが紫寄りの赤なのが、手にした当初は気になりましたけんど
もう、そうも気になんなくなった ・・とはいえ真ッ赤なロディマス
これ見てるとちょっとだけ手にしてみたくなる

がーしかし、このロディマス買いに行ったときには
すでに店頭から消えていたんですよねー。
わずか4、5年前の、あのTF不人気っぷりを思えば、喜ぶべきことなんだけど
なんだかフクザツだ。


えーそして ロディマスといえば、マスピロ。
こないだ鼻息荒く予想したものの、
結構的外れな話もしていて ああ恥ずかしい。

ホットロディマスからロディマスコンボイに、というギミックは
個人的には、あんまりぴんとこないんですが
両形態ともカーモードのまとまり具合がよさげなので
手にしたときにはきっと、こういうロディマスが欲しかった、とか
ころりと言うこと変わっちゃってるかも(笑


トランスフォーマー アニメイテッド
第24話「クモ女の心」

・出た、その1
 グリムロック=藤原啓治さん、前説から
 名調子で突っ走ってます。さすが。

・出た、その2
 メルトダウン出たー
 相変わらず、生理的にアカン系キャラなんですが
 日本版の演出で、ずいぶん愛嬌が出てきて見れるようになってます
 また家具がだめんなるなあ とか、
 原語版ではどう言ってたんか気になるわ(笑

 最後溶けて終わっちゃってますが
 あー確か、そのあとが ・・あったよな確か。
 メルトダウンがいたから、このエピソードができたのか
 ブラックアラクニアの出自から生まれたキャラがメルトダウンだったのか
 気になるところ。
 幻の第4シーズンが仮に実現していたら、復活したメルトダウンがらみで
 ブラックアラクニアの治療が語られていたかも と考えると興味深い。

・そしてー 出た、その3
 ブラックアラクニアおねえさん(笑

 みゃあみゃあ鳴いてその登場を喜ぶダイノボットたちがメッサカワイイ。
 グリムロックの、この懐きようったら、もー。
 柚木涼香さんのノリっぷりも気持ちよくて
 しかも、キメるとこはちゃんとキメて、イイ仕事してます。

・バンブルビーの10分間だまってるゲーム
 話の流れとは関係ないんだけど
 キャラづけ ってのもあるけど、楽しさの演出ですよねー
 でもちょっとしつこいよ(笑

・そういえば、今頃ですが、モブキャラの話題。
 原語版の頃から気になってたんだけど
 時折、胸に番号付けた人が出てきますけど、アレなんなんでしょうかねー
 個人的にはガッチャマンを思い出すんですが
 あんま似せてもないようだしなあ。番号カブってる人もいたし。

・プリテンダー似のひとたち
 いやー 生きてたんですねえ。
 しかもファンゾーン警部に殴り倒されてた前回と違って
 明らかにパワーアップしてるし。

 で走って逃げてきましたけど、
 ダイノボットアイランドは、これでますます
 一般人の近寄れない変なキャラ大集合の危険な島に(笑

・今週の音仏一家
 お題は、おもいっきり生電話。(プチ懐かしい
 今回は再度の柚木涼香さんご登場で、アマノッティと2人、芸達者が揃って
 笑いのアクセントがバッシリ決まったことで、これまでで屈指の
 オモロイ回になってましたねー。
 いつもやってる、アマノティペースで展開する笑いに
 家族がのっかってくノリもスキなんですけどね。音仏ウォッチャー的には。

 しかしまさか、おねえちゃんの前回の、
 トランスフォーマーの気持ちが分かるようになった発言が
 伏線になっていたとはねー。
 つか ここだけの話、撮った順はバラバラかと思ってました。

 そしておかあさん
 アシスタントがこんなに似合うとは(笑

・次回予告
 初恋ネタはいいんだけど やすえちゃんとか、みえちゃんとか
 なんかちょっと昭和風の名前な気がするのはなぜ(笑

 コンストラクティコン出ちゃいましたねえ
 まあ、出番の完全カットはムリっぽいので、出るかなとは思ってたけど
 (つかミリオン出版のアニメイテッド大百科ではしっかり紹介されてるし)
 次回の突然の登場の際には、おれたちの出自はDVD特典で! とか
 なんかフォローが入るんですかね。収録順の関係でムリかな。

 とゆーか原語版#27. Sari, No One's Home も
 地味にカットになってたんすか、今気付いた。まあ当然ですけど。

 しかしこの話数カット、本当 なんだか引っかかる。
 5月に配信されたwebラジオでは、岩浪さんは話数に関して
 「まだ言えないんですよねえ」と言っていたんですよねー
 この微妙な含みが、どういう風にも受け取れて、ああ気になるわ。

 幻の第4シーズンらしきものがあるのでは、という話は
 こないだしたんですけど、逆にもし4話分ほど切っていく計算をすると
 全42話予定なら、年末で終わることになるんだけど
 ↑も例のDVDチラシの情報だからなあ、うーん 

 ちなみにその、例のチラシは
 まんま同じ内容でDVD 2巻に入ってました。
 もう笑うしかない。

2本立てだよ! アニメイまんがまつり

まんがまつりー と聞くと、無条件に気持ちが熱くなる 
そんな世代ですいません。<なぜ謝るの 

とー いうわけで
遅れた2本分のレビューを一気にやっちゃいます早速。

トランスフォーマー アニメイテッド
第22話「スィンドルの策略」

スィンドル役は神奈延年さん。
アップテンポでリズミカルに話すのが、変に心地よくて困る(笑

神奈さん、ビーストウォーズリターンズん時には
ずいぶん苦心もしたようなんですが、
今回は、しっかりその仇を取りましたねー。

・スィンドルは、デザイン的にはバンブルビーのダークサイド版のフンイキ。
 おもちゃでも、あの瞳とイタズラ小僧っぽいニヤリが表現されてて
 結構、お気に入り。

・原語版では、無言であれこれやっちゃうヒト(だったと思う 記憶アイマイ)
 なわけですが、口調の変更と相まって、いろいろしゃべるキャラになってて
 これが日本版アニメイキャラらしい、楽しげなフンイキ作るのに一役買ってます。
 えんがちょ切った、バリ(ア)張ったー には、一本取られましたわ。

・ラストでは、武装をフル展開してやる気まんまんになってるのに
 一度もぶっ放すことなく撃退されてしまったりして
 ガチバトルしそうでしないお約束が、ここでも(笑

そしてー 今回のエピソードの、もう一方の主役たち
スピードキング・アングリーアーチャー・プロフェッサープリンセス
おなじみのヴィランに加えて、初登場のスローモー。

女っ気はいまひとつ のアニメイテッドに、
はじめて登場したソッチ系人間キャラってことですが、
演じられる本田貴子さんの演技もよろしくて、
いや なかなかイイー感じなんじゃないですかね
スピードキングとのラブロマンス(笑 もあったりして。
能力的にも性格的にも、合いそうですしねー 2人。

・行きがかり上、バンブルビーと手を組むヴィランたちなわけですが
 スィンドルに一撃を加えて、スタっと着地した瞬間の
 アングリーアーチャーの、このむやみなカッコよさ(笑
 そのあと、すぐさま手のひら返すとこも、らしくてイイ。

 最近はディセプティコンがらみの戦いが続いてましたけど、
 こういう、ヴィランが元気に騒ぐエピソードがあるってのも
 アニメイらしい、イイところ。
 このメンツ+αでオモロイ話が作れそう。

そして第3の主役であるバンブルビー なのにー
ワガママ・自信過剰・言うこと聞かない
人に迷惑掛けといてごめんなさいも言えない、このアカンっぷり。
加えて、動けなくなった相手のタイヤの空気を抜くとか(笑

次回もこのアレ具合は、いかんなく発揮されるわけですが、
いや コレ、いいのかなー。て考える範囲越えてるわ。
どうせセリフ変更するのなら、ラストで仲間に注意されるとこの
バンブルビーの返答を、注意を受け入れる格好に変えてしまうのも
方法としてはアリだったんじゃ とさえ思う。

・今週の音仏一家
 今回は、朝ズバい形式で販促ですかー。
 それも第1弾発売の対決セットの紹介をいまごろとは、何事か(笑
 しかしほんま、いろいろ考えまんなあ

 おかあさんとアマノッティの
 (飛行機に車が)勝てるわけない。まず争わないよね。のやり取りには、
 冷静な大人の視点をちょっと感じてしまったりして
 あ、そうかー これが普通人の感覚だった と気付かされたりとか(笑

・次回予告
 スィンドルの歌は、もしかして
 神奈さん作・チョーさんへの挑戦では(笑


トランスフォーマー アニメイテッド
第23話「ダブルエージェント」

ワスプ役は、野島健児さん。
なんとー お名前をどこかで聞いた気がしてたけど
リュウケンドーのゲキリュウケンの人かー!
声聞いただけだと分からんですわ。

ワスプ声に加藤賢崇さんを期待する気持ちもあったけど、改めて見てみても
この役は、ちょっと加藤さん向きじゃないので致し方ないかなあと。
この後のことを考えると余計に。

・青い春と書いて青春
 と ゆー雰囲気の話では、もちろんないんですけど
 ま ひとつのアニメイ的お約束。

・地球から去ったセンチネルは、
 しっかりセイバートロンモードに戻していたとゆー(笑
 そんなにイヤやったんか地球でのことがー。
 でも地味にカッコイイ。商品化は ・・ムリか。

・そして今回の、ある意味でみどころ
 センチネルがニックネームを与えるシーン。

 手足が伸びるのでロングアーム
 アーッ!ハイッ!ドーッ! で、アーマーハイド。
 ワーオ、スゴイプレイだ で、ワスプ。
 バンバン撃ってビル壊す でバンブルビー。
 ハイ、ドーモじゃねえだろアイーン野郎 ・・でアイアンハイド。

 もうー なんて分かりやすさ。
 これが見た目から入るってやつですか。
 つかこの流れでオプティマスプライムの命名が見てみたい(笑 

さて、今回のエピソードでも主役扱いのバンブルビー
今日もあれこれ、やっちゃってくれてますけど
ここ何回かよりマシですかあねー 心証は。
なんだかんだで最後にはきれいにオチつけてますしね。

まあ、同僚にああいう扱いを受けるのは、
分からないでもない気が(笑

・今週の音仏一家
 おねえちゃんが、なんでだか変キャラに(笑
 こういうアプローチもありですか。
 つか今回短めに感じたんだけど、尺自体は
 前回とあんま変わってないのかー。

・次回予告
 ロングアーム/ショックウェーブ役、檜山修之さん登場。
 ショックウェーブはクールなマジキャラ路線ということか。
 日本版でその立ち位置だと、周りのにぎやかさに
 埋もれちゃいそうだけど、大丈夫か(笑 



あー ちなみに、例の落雷マシンですが
GroovyUD-505SA のお導きにより、欲しかったデータはほぼ回収。
奇跡的にハード自体は無事だったようで。
ちなみに以前は同製品のIDEドライブ用 UD-301S 使いました

ただーし、再インストールしようとすると
ドライバー見つからへん ドライバーファイル入っとるメディア入れんかい
言うてくるんで、CDを指定するんですけど、ダメ出しくるんで、
なんだかシステム的にアカンくさい感じ。

もいっこドライブ買ってくるのが早いのか。涙。

魔球つかいまくりで

もう本当、あきれるわ(笑 
どっていめにあーまーふぉすんらと。
↓リンク参照。

トランスフォーマー アニメイテッド
第21話「増殖する敵」


えーさて 今回は、ちょっと気になることがあったんで
原語版引っ張り出して、もっかい見直してきまして
結論といたしましては、もしかして、原語版の時点から
ココんところは不明確だったんじゃーないか と。

何がそんなに気になったのかといいますと、
物語冒頭でも、積極的にグリムロックを撃つことにはためらいがあった
あのプロールが どこから、何を起点にして力に傾倒したのか。
これが分からなかった。


お話的には、電磁パルス発生装置を託されたプロールが、
ディセプティコンに対抗する力を手にしたことで過信し
無謀にも先走ってゆく ・・という筋立てなんでしょうけど
おーい 待て、ちょっと待て

プロールが 唐突に、いつものプロールでなくなったのは
シャトルで月面に乗り込んでって、そこから地球に戻ってくる最中、
兜を手に「捕まえるためならなんでもやるである」
というセリフを発した、そこからだと思うんですが

そのときまでは、特別に心情変化があったようにはなかった。
むしろグリムロックへの対処では冷静な判断力を見せており、
オプティマスらの制止を振り切って飛び出した折でも
傍目には、何か勝算でもあるのかと思って見ていられたぐらい。

例えばの話。
電磁パルス発生装置を渡されたときに、それをじっと見つめるプロール
グリムロックを取り押さえるために容赦なく発砲するプロール
今日はなんか変だよう というアイアンハイド
・・で、シャトルで発進して、以下本編通りなら、おかしくはない。
ここんとこが抜けてるので、後の展開にも違和感が残る とゆー。


まあ 今回は、画的にも、動画的にも
そしてセリフ回しやキャラクター性の描写においても
アニメイテッド屈指の良作に仕上がっているので
細かいところにこだわるのもどうかと思いますけど
わたくし的には、かなりこつ気になる点だったので
あえてミソつけてみた みたいな。


・で、そんな今回 特に見ておきたいのは
 やはりアクションシーン。
 細かい動作まで枚数使ってて、動くのなんのー

 序盤のグリムロックのしっぽ攻撃、
 電磁パルス発生装置を構えるプロールに始まり
 月面上でのスタスク、ロックダウンとの
 低重力下の戦闘描写なんか、本当もう
 ロボアニメスキーでないと描けませんよコレ。

 プロールの肩スラスターを使った姿勢制御、
 着地から横っ跳びに移るあの動き、追うロックダウン
 電磁パルス発生装置を撃ちまくるプロールとか
 ああもお、ひさびさロボ魂燃えたった。

・その月面での戦闘に絡んだ内容でもありますけど
 各キャラクターのカッコ良さが随所にちりばめられてて、イカスー。

 敵の存在を察知するや、余計なことも言わず(笑
 すぐさま次の行動に移るプロールの判断の速さ、的確さ。
 対するロックダウンも、一歩も譲らず
 腕の立つ者同士の戦いって感じが、よく描写されてます。

・大塚明夫さん
 前回登場時もかなりこつ良かったんですが
 もう、こういう役をやらせたら右に出る方はいませんわ。
 今回はまた、敵でも味方でもない敵対者、という
 特異な立ち位置にいるキャラクターを、嫌みなく演じられていて
 それゆえのセリフ回しが、いちいちカッコよすぎる。

・で この流れで話題にすると、
 引き立て役みたいになっちゃいますけど(笑
 もう一方の主役は、イケメンズですよねー
 このネーミングも日本版ならではといいますか。

 山野井仁さん、今回もナイスワークで
 赤紫スクリーム(仮名)は、今までもいたキャラだったけど
 サンストームのさわやか饒舌キャラは、初めて見たわ。
 この際なので、数少ない女性声優枠であるスリップストリームも
 山野井さんにオカマ口調で演じてもらうのはどうかと(笑

 イケメンズといえば
 サンストームはもろそのまんまなんで、納得できるんだけど
 赤紫ボディの方は、誰と言っていいのかなあ
 スカイワープとはちょっと違うしなあ。あーモヤモヤするー。

・ちなみにオープニング前の変形バンクもスタスク。
 なんですかこのカッコ良さ。スタスクのくせにー

 あーしかし 日本版始まる前までは、
 こういう日本的ロボアニメ描写は
 アニメイテッドにゃ似合わないと思っていたけど
 あのオープニングで慣れちゃったんですかねー。

・そういえば、赤紫スクリーム(仮名)と対決した際の話。
 原語版ではその戦闘の最中に卵が割れるシーンがあって、
 これはグリムロックと戦ったときには失うことのなかったものが
 今のプロールではこういう結果を導いてしまう、という暗喩になってて
 物語のくさびとして必要な描写で、ここんとこがカットになってるのは
 知ってる人にとってはイタイんだけど、ご覧の通り
 カットしても、おかしくはない流れになっている とゆー
 ある意味、アニメイテッドらしいエピソード。
 個人的には、入れてほしかったんですけどねー。

 まあ 意地悪なこと言うつもりはないですけど
 逆にその演出を活かすとなると、グリムロックと対峙した時点では
 力を過信していなかった、とゆー証明になってしまうんで、
 どの時点でー の例の困ったねじれについて考えなくてはいけなくなるんで
 知らないフリしとくのが、いいような気も。(笑

・ちなーみに ここまで話がきてて、今更って感じではありますけど
 プロールのセリフの中から、今回の行動の真意が語られてます。

 スタースクリームを捕まえるのに必要なことをした
 ディセプティコンは私たちよりずっと進んでいる
 パワーもあるし強い
 やつらに勝つためにはこちらも強くならないと

 あ やっぱそういうことなのね。と思ったもんな。
 聞くまでは、何か特別な理由か事情でもあるんかと(笑

・原語版といえば、この回 ステラサイクルとゆー
 ビーストウォーズから登場した時間単位がセリフ中に出ていたんですが
 かつての日本版ビーストウォーズでも使ってたぐらいなんで、
 今回も聞きたかったところ。SF描写的に。

・そして今回も、ちょこっとした声の出演が。
 グリムロックはまだしも、スナールとスワープは、まさに一言のみ。
 逆に、しゃべりそうで全くしゃべんなかった
 センチネルとプロールは、なぜなのか気になるわー。

・あと小ネタいろいろ

 どうせやるんならもっとうまくやれ って(笑
 わざとらしすぎると思ったわー。

 いまごろ気づいたか
 タキオントランスミッター

 やなかんじー
 ここで使ってきたかー 油断もスキもありまへんなあ。

・今週の音仏一家
 予期せぬ展開 柚木涼香さんが天の声で登場とは!
 これにはテンションあがりましたさ
 以降、誰が登場してくるかって楽しみもできましたしねー

 しかし、まあ本当 すごいテンション(笑
 イロい声色をアクセント程度にしか使わなかったのは、
 やっぱり対象年齢の問題なんですかあねー。

・次回予告
 やっちまったー
 世界一有名なネズミやっちまった(笑
 ディズニーレーベルつながりで大目に 見てくれるのかコレ。
 本当もー 魔球使うにもほどがあるわー。


さて そうーいえば
原語版#14. Nature Calls がDVD特典になり
コンストラクティコン登場回の#22. Rise of the Constructicons も
どうやらそれに続きそうってことなら
全42話と明言されている今、2~3話分足らないということに。
いや 過剰な期待は、したらアカンとこないだ学んだばっかり

・・とはいえ、ちょっとだけなら、夢を見ていいのかな
原語版#42. EndGame, partII 後のオリジナルエピソードがあるとー。
もしもそうなら、小躍りして喜んじゃうんだけど。

ま 案外、あっても総集編の最後に
数分追加って程度かもしれませんけど。ちょっと気になる。

またもや2年ぶりとなりました

warugakiaction-2010-08-21_ridersinn-nakatosa2010.jpg

お気に入りのあの場所、ライダーズイン中土佐 に 
盆の最中のお休み利用して、行っちゃいました 

・・なんですが、がー
責任者が変わったとのことで(町営ということには変わりないよう)
備え付けのシャンプーと石鹸が、まず撤去。
まあこれは、前からあんま使ってなかったんで、いいとして

これは痛い 自動販売機の撤去。
当てにして飲料関係は持ち込んでこなかったんで、結構ショック。
真っ暗やみの農道を10分ほど歩いて、最寄りの自販機まで買いに行きました。

管理についても、多分、以前と同じく
ご近所の方がお世話しに来てくださっていると思うんですが
やっぱり人が変わると、勝手も変わってしまうということなのか
頼んでいた寝具はきれいに用意されて、お掃除もされていたんですが
気付くとトイレットペーパーが切れていて、これはアブなかった。

晩ご飯・朝ご飯も、予約制になったようで
いきなり朝飯ないですかー つて聞きに行くと、
困らせてしまうので、頼みたい方は前もって確認しなくてはいけません。
便利だった以前と比べると、ちょっとマイナスの印象がありますけど

とはいえ ここはやはりイイ。
海がすぐ目の前なので、波の音を聞きながら
夜中にぼんやりと、どうーでもいいこと考えてだらける時間が、
汚れた心にじんと染みます。

おかげさまで、ひさびさ筆がすすんでしまいました。

warugakiaction-2010-08-21_otobotofamilies-drawing.jpg

ズバっとおっぴろげたいとこなんですが、
お見せできる状態にするには、こっからが大変なので
さあ、いつになるのやら。いつものことですが。

そして翌朝、田舎に帰省。
改めて、どー にかせないかん大荷物たち。

warugakiaction-2010-08-21_obon-kisei2010b.jpg

まあ 箱つきの状態なんで、ツブせば半分になるとは思うんですが。
上に積み上げたまんまの ドリームフォース01 の黒箱が泣かせる。
もう動かないんだろなあドフォー。

warugakiaction-2010-08-21_obon-kisei2010a.jpg


トランスフォーマー アニメイテッド
第20話「視聴率レース!」

原語版視聴当時も思ったことですが、この回
あんまりオモロイ印象がなかったり。いや、ぶちゃけますとね。

謎の青いスポーツカーが登場して、その正体は ってんで、
そこがひとつのみどころなわけですが、まあ もう知っちゃってますしねー
おもちゃも手元にあるし(笑

ただの車じゃなくて、実はディセプティコンでは、いや
オールスパークの欠片で操られる特殊な車らしいけんど つーところで
興味を引く物語のギミック(そして意外な展開でラストには、以下自粛)は
ロボッツ・イン・ディスガイズというトランスフォーマーの特徴を
うまく生かしてますよねー。
トランスフォーマーならではのプロットの作り方といいますか。

・なんかこの回のサリの作画は
 毒気がなくて、フツーにかわいく書かれてるのが
 変に違和感ある(笑

・アイアンハイド
 今回は、おいしいコメント続出で。
 正直いつも見ていて、三宅健太さんなら、
 もうちょいハジけてもいいのになあ という気がしていたので
 このぐらいノってると気持ちがいいかも。
 
・ガダムネタを結構使う岸尾だいすけさんですが、この回は
 一方的に攻撃される痛みと恐怖を教えてやろうか ってそれ確か
 ゼータガダムとかで聞いたことがあると思いますけど
 飛田展男さんと小杉十郎太さんの、お2人の前でやっちゃうってのが
 なかなかええ根性してはる(笑

・その小杉さん演じる、マスターディザスター
 原語版からそうだったんだけど、キャラ立ちがいまひとつで
 フツーに悪いだけの人ってとこが、惜しい。
 もうひとヒネりあるだけで、食い付きが違うと思うんですけどねー。

・サリの机の上の信号機
 やっぱりプロールの、あのアレですか。
 深読みしすぎですか。

・ヒヤ!ヒヤ!ヒヤシンス!
 しつこくヒヤシンス!

 ってこの回 いつにもまして
 ブリッツウイングがやかましい(笑
 アイキャッチでもまた歌ってましたねー
 これおぼえちゃう子供さんとかいるんだろなあ。

・ファンゾーン警部の愛車、唐突に登場、そして破壊。うーん
 ここ、気になってたんですけど わざわざそうする必要あったのかなー
 壊さなくてもよかったんですよねえ。
 バンブルビーと色まで一緒だったんで、まぎらわしかったんで としてもやね。
 なんか理由があるんかなー。

・今週の音仏一家
 バラエティー番組の定番ネタ、罰ゲーム。
 最初からアマノッティが飲む段取りになってたんだろうけど
 スタジオの盛り上がり方がハンパないのは、なぜ(笑

 ジャンケンときのかけ声で「最初はグー、トランスフォーム」てのは
 個人的にはありえへんと思うけど、はやったらどうしようという気もする(笑

・次回予告
 今回のサブタイトルに引っ掛けてか、ラーメンで視聴率ネタ。
 なんてあざとさですか。

さんをつけろよデコ助野郎ガー。

いやあー 来ちゃいましたねえ岩田光央さん 
前説から、もー 日本語版はこの人しかいなかった、というハマリ具合で
メッサ輝いてるわ(笑


今度の土曜日は帰省しなきゃいけないってんで、
その前の晩にひさびさ、2年ぶりライダーズイン駆け込んでくることにしまして
今回は、急ぎ足でレビュー本編に入ります。

トランスフォーマー アニメイテッド
第19話「レックガーの暴走」

・冒頭 オートボットが市民のためにゴミ片づけを。
 ココ、ちゃんと流してくれたんですねー。
 戦う以外にこういうこともやんなくちゃあねー と
 自分たちで分かりやすくコメントまでするという(笑

・ラグナッツ
 メガトロン様直々のご命令に感激したのか
 いつものセリフ(ちょっと長いバージョン)入るんですが
 聞きあきてるのかメガさんキレ気味に
 よッしゃ! 言うのが画にハマっててウケる(笑

・おひさしぶりアングリーアーチャー
 岩田さん(違 との絡みは完ぺき。
 そして完成度の高い、イノキモノマネのモノマネも健在。
 ほんまグラコンとおんなじ人の声とは思えへん。
 大人スパイク似の人の声もやってましたかね。今日は。

・レックガー
 バカタレ・クサいんだよ・ガラクタロボットー
 縮めて、レックガーなのね。
 うわー 原語版どうなってたか気になるー 見直したーい!

 で 岩田さんはじめ、芸達者が集まったこともあり
 元のフィルムからしてすんごいキレてる内容だったということもありで、
 みなさんすんごい回転の高さ、ブン回しですあ。
 ある意味、こないだのディセプティコンとオートボットの決戦と
 また異なるテンション。


・しかし、まあ 今回はほんま
 改めて見ても、国内外ともによく放送できたなつーぐらいの
 倫理的に大丈夫か なエピソード。

 困ってる妊婦さんと旦那さんが
 散々な目に遭わされちゃうってだけで、結構アレなのに
 ラチェットも、わざとじゃないってことにはなってるけど
 いつにもまして無神経で、口が悪くて偏屈なヒトに描かれてて、
 レックガーなんか、ちょっとフツーじゃないヒトそのもので
 ぺったんこぺったんこ言いながら横転した車をタコ殴りにしたり、
 終始ハエはたかってるしで いや本当、これはアカン。

 ・・なんだけど、プロット自体がちゃんと背骨の通った作りになっていて
 単なるドタバタ話に終わっていないのが、ポイント高い。
 ラストのレックガーを引き揚げようとするシーン、それに続く
 サリとバンブルビーに称えられてしまうシーンは、ちょっと泣ける。

 あと 最初にパウエルが、道徳的な問題行動を起こしときながら
 これでわたしはさらにヒーローだ と言ってるのに対比してのレックガーの
 それじゃあ、なれるの ヒーローにも? というセリフ
 そして自身が広げたトラブルを解決するためレックガーに挑んだラチェットが
 最終的にヒーローとして迎えられる、という
 アンチヒーローを主役にしながら、実はヒーローについて語る物語だったという、この構造。

 クセのある演出が冴えてるし、オチもきれいでイイ話なんだけど、
 まあ ちょとキテる人じゃないと書けない本ですよねー(笑

・出た しりとり(笑
 それにしても しりとり>りくぐんたいさ>さいれん
 て、そこで陸軍大佐はありえへん、サリ(笑

・緊急事態なのに、このサリの落ち着きよう。
 なんかじゃりん子チエ(チエちゃん)思い出しました ナゼか。

・ぶりぶりぶりぶりー
 いや確かに、原語版見たときにも そういうイメージあったけど
 岩田さんに言われると余計にアレな。さすが下品声優トップ3(笑

・「お前に出来るのは運ぶことだけだ、ゴミをな!」
 ああ 耳に残るわコレ。日常的に使いそう<使うなよ

・問題がいっぺんに片付いたネ!
 バンブルビー、それはひどすぎるんじゃ(笑

・そしてラスト
 切られてなかったー!
 どうなるか本当に心配だったんで、よかったー。

・次回予告
 トランスフォーマーアニメイテッド お絵かき大募集!の告知があったんで
 ネタはあんま入れらんないかな と思いきや
 しっかりラチェットの販促やってました
 逆に、そんな売れてないんかつて心配なるわ(笑

・今週の、音仏一家
 放送委員になりたかったたつやさん
 普門館をめざしてがんばるゆうかさん
 ブログの返信が気になるひろゆきさん

 とーいうのを、ニュース風に語るんだけど
 台本どおりなのかなー と思いきや、あの吹き出す様子からして
 ゲンコーの内容はナイショだったのか
 それか、普門館(笑ってコラえてネタか?)とか出てくる辺り、
 リアルにそういう雑談をしてたのが元になったんじゃないか、てな気が。

 カミまくりたつや・吹き出すゆうか・非常に残念ですね(笑 のおかあさん
 このあとメシでもいくか、のアマノッティ
 この家族は、ほんまに仲ええんやなあと思えますわ。

 たとえ日本中でいらん言われても、
 わたくしは応援いたします。音仏一家。

アニメイDVDがやってきた が。

入金請求の日に、たまたま仕事休みだったもんで 
メール確認後、いなった入金してきまして、で 昨日サガワさん経由で届きました
トランスフォーマー アニメイテッド DVD Vol.1

はやる気持ちを抑えて、梱包解いて 
そして えッ!? ・・てしばらく、固まった。


ガクゼン その1  日本語吹替えのみ収録
こないだ確かに、チラシに英語/日本語収録と書いていたはず。
(つか同じチラシがこのDVDにも入ってる。)
メインメニューをつぶさに見渡しても、どこにも英語音声の文字はなし。
再生しても、内容はやはりそのまんま。
で そうなると↓

ガクゼン その2  字幕なし
英語/日本語/吹替用日本語 どころか、字幕そのものがない。
2度目のガクゼンだったんで、ショックは大きくはなかったんだけど
小さな期待がもろくも崩れて、半泣きに。

ガクゼン その3  音仏一家パート、ばっさりカット
そこへ、さらなる追い打ち
音仏一家に関するパートはすべてカット。
確かにこれは、こないだシグやんに一言いただいていて、
そうかもしんないなあという思いがあったので、分かっちゃいたけど
ご丁寧にも冒頭の テレビを見るときは~の部分までカットされているという
そこまでするか! の徹底ぶり。

そして、原語版からのカット部分は復活せず。
まあ これは正直、入替えられたエピソード順を戻さないといけなくなるため
4話に音波大作戦が収録されている時点で、ナイ話かなと思っていたので
がっくりはこなかったけど ちょっとだけ残念。

日本で何人いるかの音仏ウォッチャー その1人であるわたくしはもちろん
まさかのカットシーン復活を夢見たファンと、
そして英語音声・字幕収録に期待した原語版ファンにも応えられない
この仕様、なんという悲しい結果。


ただ、冷静に考えれば、アマゾン価格で2,255円。
この値段であれもこれもと期待した自分が図々しかった とも言える。
(映像特典も、新規ではないけれど結構なボリューム入ってるし。)
あのチラシさえ、この通りのこと書いてくれてたら、
ここまでガックリこなかったのに と肩を落とさざるを得ませなんだ。

前回のエントリを読まれて、もしも期待させてしまった方がいらしたら
確認不足にて、ご迷惑をおかけしまして、本当、すいませんでした。
お詫びいたします。


しかし本当 どうーしてこうなったのか、
何割ぐらいの確率で実現するはずだったのかってのは、ちょっと知りたい。
チラシになるとこまでいったんだから、あの内容で検討はされたんだよなー。
まさか、できるか分かんないけどとりあえず書いとけ とは
・・なんないよなあ。

ダウナーノリで埋め尽くすのも、ナンなので
ここでちょっと今回のDVDの、イイところもご紹介。


イイとこ その1  16:9 ビスタサイズ収録
テレビ放映版だと 画面小ッさ! と不評だった
本編のあの見づらさが、上下の黒ワクが取れてスッキリ解消。
これは快適です。マジに。

イイとこ その2  クリアーな音声
実際耳にした方が分かりやすいと思うんですが
例えばチョーさん=ブリッツウイング のおもちゃ買ってねネタは、
実は第1話から言ってました、という話。
(メガトロンが艦橋に入室する直前、4人が騒ぎ出す中。)
早口だったバンブルビーやスタースクリームのセリフのいくつかも、
はっきり聞き取れます。

あと、1話のまたみてねんとき、
後ろでうっかり笑っちゃった人の声が入ってます(笑
実はこれはテレビ放送版でも聞こえないこともないんですが
イヤホンがないと気付かない程度でした。

イイとこ その3  映像特典
まあ わたくし的には、無くてもいい部分なんですけど(笑
資料性を重んじる方には大事なとこなのかも。

・スペシャルムービー
 (てれびくん3月号ふろく収録)
 これよく見ると、ディセプティコン陣営の集合図の中に
 さりげなくグリムロックがまぎれてます。
 1話のダイジェストが入ってますけど、すんごいジャギー(笑
 どこで拾った動画やねんバリな。

・番組紹介CM
 レスキューファイアー最終回の後に放映されたもの。

・戦え!!オートボットVSディセプティコン
 (テレビマガジン3月号ふろく収録)
 おもちゃ紹介。
 コマ撮りは使わずに、潔く手で変形させて、クルマ動かして、
 武器だって手で持って飛ばしちゃう という
 そうそう、こういう海外仕様みたいなCMが見たかった。
 ちょっと長くてタルいけど(笑

そしてこれが一番大事なところ
イイとこ その4  次回予告~またみてねは完全収録
ココ切られちゃうと、さすがに次は買わなかったかも(笑
アニメイテッドのアニメイテッドらしい、イイところなので
よくぞ残した! と言いたい。結構本気。


ちなみに、エンディングへの繋ぎは、テレビ放映のときと同じく
本編終了直後にエンディング曲がかかる という構成。
ただし画はまったくタイミングが違っていて、尺も短めになってます。

実はこれ、テレビ放映版ではエンディング曲が
前半は1番の歌詞、サビはリピート部分を使っているためで、その分長くて
♪ラドンラドンラドン、ゲロンゲロンゲロン、ディモンディモンディモン
と歌ってるところが、今回のDVDでは ♪ラドンラドンラドン だけになっている、
つまり1番のみ収録となっていることで、この短さになってる と
ゆーわけなんですねえ。(変更の理由は、謎ですが。)


ま ともかく、そりゃガックリすることもありましたけど
改めて1話から見直して、買ってよかった(わたくし的には)と思いましたし
この投資がトランスフォーマーを支える、小さな礎のひとつになるのなら
お安いものでございます。

どうせなら、1話から8話に関しても
時間を作ってレビューしていきたいんですけどねー。
元取っときたい気もするしー。(笑

きッ たー。

待たされること、1か月。
ついに到着 アニメイテッドスキー必携のファンブック
Transformers Animated: The Allspark Almanac 2

巷のウワサ通りのネタ盛りだくさん具合で、
英語が分かんない人でも、端々のキーワードやビジュアルで
十二分に楽しめてしまうので、購入を迷われている方は
思い切って買っちゃうことをオススメいたします。

そんなな中でも、特に目を奪われたのが、このページ
パワーマスター オプティマスプライム

劇中序盤に登場した消防車モード後部コンテナの、
やけに具体的なデザインから あるんじゃーないかとは思ってましたけど
本当にあった、コンテナとの合体モード。
しかもタカラ伝統のゲタ合体。テンション上がるー。

warugakiaction-2010-08-07_animated-powermaster-optimusprime1.jpg

隣のページ(下記参照)にも具体的な構造スケッチが描いてるんで
変形・合体パターンは、そう凝りまくったものでもないと分かります が
なかなか小技をきかせてるなー という印象。

変形は、基本的にウルトラサイズのオプティマス準拠のようですけんど
フロントバンパーが下腕に接続されている他、肩~背中周りがちょっと違うカンジ。
肩の処理(ボールジョイント接続)から察するに、オプティマス本体は
デラックスサイズ相当と見た。(邪推

しかし、ここまで具体的な画が出来ていて、3面図もできていて
それでも結局発売になんなかったというのが、なんとも惜しまれる。
デザイン要素を引き継いだウイングブレードオプティマス
(というか、パワマス版がキャンセルになったがゆえの廉価版 なのか)
については正直、もう一つ気持ちが盛り上がらなくて購入予定外。
あー この仕様で、ナンとかなんないか。今から。<なりません

warugakiaction-2010-08-07_animated-powermaster-optimusprime2.jpg


トランスフォーマー アニメイテッド
第18話「爆鎮完了!」

例のアイアンハイドの名前は、
アーマーハイドってことになったんですねえ。
ある意味、ウマイことやったなあと思わなくもないですが
はっきり言っちゃうと、最初から(自主規制
まあ それぞれ事情があるんで仕方ないかってとこですか。

・こないだも思ったんですが、ウルトラマグナス
 なんかシメの時にはイイこと言うもんで忘れがちですけど
 毎度結構、高圧的な態度でモノ言ってきますよねー。
 よく周りがついてくるなー。

・センチネル、態度はアレでも一応、
 オプティマスとの友人関係は修復されたってことなんすね
 つーことは、あの(この)イジワルな面は、わざとやってたんでなくて
 素だったんかい とゆー(笑
 まあ、センチネルらしくてイイんですけどー。

・スタスク復活。
 そしてあっさり返り討ち。これでこそスタスク。

 不死身のスタースクリーム というフレーズに、ちょっとニヤリ。
 幽霊に ってのもありましたっけー。
 ここらへん、原語版からそう言ってるのか
 日本版監修(いると思いますけど)が付けたのか、気になるところ。

 そしてスタスクといえば、やっぱり今回は、葬られるたびに
 アーメン・ソーメン・冷やソーメン言われるのがウケる(笑
 その前に言ってるのから続いてるんですよねー。
 以前のエピソードでもありましたけど、そういう通しで挟むネタは
 岩浪さんが用意したネタなのかなー。それとも、こーいうのも即興で出来るんかな。
 あ あと、チョーさんの
 ソーメン食べましょ とこぼしていくのもイイ。

・知ってる人間は泥棒だけ
 言い得て妙とはこのことか(笑

・タキオントランスミッター
 そんな簡単に取り外せていいのか。(しかも誰も気づいてない。)
 つかそれ持ってきてもらったからって、すぐ通信機作れちゃう
 サムダック博士はほんまにスゴイ人なのかもしれない。
 つか、こんな宇宙規模の大放送、オートボットは察知できんのかーい

・今回も冴えてるオプティマス
 センチネルを手玉にとって、推察・洞察力も、行動力も
 ここ一番の決めどころもビシッと決めて
 で そういうオプティマスの指示のもと、
 抜群のチームプレーで事件を解決するオプティマス部隊。

 そして きたぞ! から、またまたオプティマスのカッコイイタイムが。
 こういう司令官を見たのは、もしかしたら初めてかもしれない(笑
 結構、歴代の司令官はトンデモな面が目立つ人が多かったですからねー。

・あのマグナスハンマーでも
 オールスパークの力はおさめられない とゆー
 この期に及んで何故でしょう、司令官(笑

 しかしまあ、ウルマグは、相当の力をもってると思ってたけど
 今回の描写だとスタスクには一撃でやられるわ
 自慢のハンマーでもオールスパークには歯が立たないわ
 暗に偽証を強いるわ(笑 うーん イメージ悪いなあ。

・メガトロンの制裁を
 人違いで交わそうとするスタスク
 カッコよすぎる(笑

 あとスタスク兄さんいま
 ト書きを読んだように聞こえたのは気のせいか
 そのパターンは初めて見たわ(笑

・しかし本当、アニメイテッドはパワーバランスの描き方が絶妙。
 ディセプティコン勢をオートボットより圧倒的に強力な軍団としたことで
 ヴィランの存在感も生きてるし、今回や、以前の決戦の時のように
 力と知恵を駆使したとき、はじめてディセプティコンを撃退できる、
 というエピソードのカッコよさが際立ってますわ。
 まあ パワーアップ合戦が定着した日本では、地味めにも映りますけど。

・今週の音仏一家
 ゲームで遊びまくる姿を実際に見せる というのはいいーんだけど、
 太めのオノコ2人がえんえんゲームし続ける、この絵ヅラのアレ具合(笑

 ゲーム画面の背景にあるエンブレム
 なにげに以前作った音仏家仕様のやつですか
 いろいろ言われてますけど、スタッフが、このパートに
 思い入れをもって接しているのが、こういうとこで分かりますよねー。

・次回予告
 夏休み仕様かー!
 いつの間にやら、ここにも3バカチームが出来てしまいました
 けど、いいなあ コレもー。キャラクターが好きになるわ。

 レックガーの声、誰になるんかなー。
 あのアカンっぷりを演じられるのは
 岩田光央さんぐらいじゃないかと思うんですが。


つかこっちでは、
CATV経由でテレビせとうち=アニメイ本放送が見れるんですけど
アニメイテッドのまたみてねのすぐ後で、岩田さんが
「このあとはおはコロ!」つーて言うんですよねー。

それ聞くたびに、
いつコッチくるのかと、気になってます(笑

マスピロ変形方法を考察してみる。

あんたー そんなん、なんぼ考えても
解が得られるわけないのに、意味ないがな と 
ゆー声も、あるかもしれませんがーね 

ま 今が一番あれこれ推察できて、楽しい時期なんで
トランスフォーマーのメモリアルイヤー記念にやってみようかなと。
(やってみたいだけとも言う。)

使用画像は他所からナニしてますが本当、今回こっきりのことなんで、
大目に見てもらえたら、いいなあと。<誰宛てだ


8/5時点で、公開されている数枚の画像の中から
変形の基本構造を解くカギとしてまず選んだのが、
やはり横フカンからの、この画像。

warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy5.jpg

そして正面からの2枚。

warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy3.jpg warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy1.jpg

注目すべきは、胴体内部に見えるクリアーパーツで
ここは、その形状からあの特徴的なフロントガラスと見て、間違いない。
(若干疑問の残る点もあるけれど、それは後述。)

それを踏まえて、改めて横フカン画像を見直すと
車体上面を形成するパーツ構成が見えてくる。
つまり、こんな風。

warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy6.jpg

胸部パーツの裏には、カーモードのボンネットが隠されている、という推測。
肩のタイヤ方向も、これなら現状の向きから移動させる必要がなくなる。

下半身(腰)は、胸側ではなく、ルーフ側に接続されている構造か。
つまり腰を180度回転させると背中のガワパーツが正面に来て、
展開し、リアルーフなどを形作る。
腰の前タレは、上部にヒンジが見えるので、背中側で上に跳ね上げ折りたたむ。

頭ん中だけの検証でしかないですが、
カーモードになるためのパーツの向きは、おかしくはないはず。


ただ、残る問題は
これをしてもホットロディマス的なシルエットになるようには見えず
またトレーラーモードの画像を見るに

warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy7.jpg

細部が判然としないけれど、この滑らかなシルエットにはなりそうにない。
肩周りの形状の違い、フロントガラスの微妙な形状の違い
またボンネット先端の四角さ具合、など ここがちょっと分からない。

不鮮明な画像なので断言はできないけれど、ここでは
謎のヒンジと、ウイング前面の溝が謎を解くカギになる と見た。

warugakiaction-2010-08-05_masterpiece-rodimusconvoy8.jpg

結論からいって、今回のマスピロ
独自解釈によって単体でキャブ(notホットロディマス カーモード)
に変形したロボモードが、コンテナ部分に隠されたガワパーツを被る形で
なめらかなシルエットのトレーラーモードになれるんじゃないか
・・というところですか。

来月のおもちゃ誌あたりには、鮮明な画像が載ると思うので
それが見れたらもっかい頭ヒネり直してみたいところ。

ついにあの、マスピロが。

もとい 長らく夢見たあの
マスターピース・ロディマスコンボイが、先日おひろめと相なりまして。
参考リンク:その1 その2
ともかく早速感想を。

第一印象としては
まだこれから微調整してゆくとは思うんだけど、
今の時代に現れた高価格帯のロディマスってことで、期待しすぎてるのかなー
なにかもうひとつ、ノリきれない感が。

変形機構の弊害か、胸のパーツが真四角なので
ちょっとどんくさい印象(もちっと上辺が幅広だったなら)なのと、
顔も面長気味で。これは色がついたら、印象変わるのかな。
ただ、未だ謎に包まれた変形ギミック
特に"ロボ単体で何になるのか"ってところは、興味の尽きないところ。

幾重にも折りたたんだ背中のガワパーツの、真ん中にあるのは
もしかしてボンネットじゃないのか いや位置的にルーフ部分じゃないのか とか
後頭部下側にあるヒンジはなんのためのものだ とか。
足の内側に収納したタイヤもあり、単体で自走可能なモノにはなりそうだけど
ホットロディマスそのものの姿になれそうかってことになると・・ うーん。
つかスタンドないと自立できないのかな。今時点では?

また、商品自体のサイズも気になるところ。
横に置かれたペットボトルが、500mlか2lかで、ずいぶん大きさが変わってくるんですが
もし500mlペットボトルなら、バイナルテックよりわずか大きいぐらい。
2lだったらマスピコと、もしかすると同じぐらいになるのかな。

あとモビルディフェンサーの方は、まあ
ギミック的に昔とまんまおんなじってのも、どうかと思うんだけど
(完全版マスピコは、そういう意味もあって実は買ってません)
ココに凝って金額がハネ上がっても困るので、ある意味これでいいのかなと(笑

あー 早く、日本の何かのイベントで展示でもされないものか。
そしたらより詳細な情報がもたらされると思うんだけど。
気になるわー。


トランスフォーマー アニメイテッド
第17話「ヘッドマスター、ふたたび!」

今週は、やっぱりココかなと。
泣きじゃくるサリへのバンブルビーのセリフ

 目が水漏れしてる
 水、漏らしたいだけ漏らしていいんだよ
 そばにいる 安心して
 いつでもどんなことでも話してくれていいんだよ
 聞くからさ

まあその分、
サリを元気づけようとするバンブルハイドの
あれやこれやがメッサウザかったんですけど(笑

・新オープニング画
 スタスク軍団が乱舞する、前バージョンの方がスキなんだけど
 まあ これはこれで。歌詞も2番になって新鮮。
 効果音、慣れた頃に無くなって、さびしいなあ。

・今回は、オプティマスが
 首だけ状態のセンチネルを見て吹き出すシーンがカットされてるってんで
 mixiの関連トピックでどないやねん風のコメントがいくつか続きましたけど
 個人的には、そんな重要なことでもないかなと。
 まあ、イヤミ成分を除去した、スッキリ編集版と言おうか
 日本版オプティマスのキャラ作りに準拠した処置ですよねー。
 実際そこ含む演出で、オプティマスのオットコマエ度が上がってますし。

・オプティマスとセンチネルは、
 冒頭からずっと絡んでましたけど、ほんまええコンビや
 昔からこの調子だったんだろなあ て気がするわ。
 オプティマスより上の立ち位置にいたいんだけど、
 困るといちいち頼ってくるセンチネルがカワイすぎる。

・ヘッドマスター再登場
 相変わらずのキレてる人具合。
 いかにもな退場でしたけど、再々登場は、あったっけ。

 今後の活躍(パウエル陣営の一員として)
 に含みを持たせる終わらせ方になってましたけど
 そのせいで、後味の悪さが残るのが ねー。

・アゴシートベルト
 ある意味アニメイテッドらしい演出(笑

 オプティマスの耳アンテナって
 そこ、伸びるんかい。

 つかプロールの出番、そこだけかーい
 ウルトラマグナスもか。
 こないだのダイノボットもそうでしたけど
 アニメイテッドは時折そういうのあるなあ。

・頭を使うんだ
 でやはりここでも使うのか と思ったけど
 あれ、投げなかったなー そうだったかなあ
 と思ってたら、あ やっぱり使ってました。
 トラフォの新定番ネタですね。もはや。

・本当はデキる子、オプティマス。
 今回も大事なとこでは本気モードの強さを見せてくれて、
 人の良さだけが取り柄じゃないってのが分かるという。
 もちろん頭も冴えてますしねー。
 こういう演出が折々入るのは、いいなあ。

・今週の音仏一家
 ええかげん、おねえちゃんの服装には
 もうちょい気を使ってあげたらどうなのかー。
 いまどきあんな地味なワンピースはかわいそう。
 つか多分、私服の方がもうちょっとかわいく映ると思います

 エンブレムは、ヒロモネアんときのアレですねー。
 今回はあんまりにあからさま過ぎる販促で、ちょっと引く(笑

・次回予告
 なんで予告だとこんなにも、ウルトラマグナスが
 物わかりのいいおじさんなのか(笑
 本編の登場はわずかだったのに、オイシイとこ持ってっちゃうなあ。

夢のダブルメガトロン誕生。

warugakiaction-2010-07-25_animatedmegatron3.jpg
・・ええかげん、撮影環境どうにかせんと。

とー いう話は、まあ さておいて、そんなことより
ついについにの大英断で、買ってきてしまったわけですよ
Adobe PhotoShop Elements 8.0
さよなら戦友、PhotoShop 5.5

宝の持ちぐされになるんじゃーないかという懸念も、
ま 結構あるんですけど、さすがにペイントツールでは
お絵かきに限界があったので、観念いたしましてー。

warugakiaction-2010-07-25_animatedmegatron1.jpg

しかし うーん
10年の歳月は、ここまでモノを変えるのか。
あれこれ進化してる のはいいんだけど
今までのクセで直感的に使えないので、しばらくは
難儀しながら使うことになりそげな。

warugakiaction-2010-07-25_animatedmegatron2.jpg

あー あとあと
例の THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
パワーパックが意外に扱い大きいけど、コレ原語版もこうなのかなー。
アート担当グリヒルさんファン向けのサービスなのかな とか。


トランスフォーマー アニメイテッド
第16話「エリートガード」

だが今は
私を信頼してくれる部下がいる
強い絆で結ばれた仲間がいる
彼らと別れるわけにはいかない
この星を離れるわけにはいかない
だから貴様の命令も聞かない!


オプティマス、今のおまえは本当に、
サイコーにカッコイイ。
願わくば、このカッコよさが
子供たちの心に届いてほしい
そしてセンチネルもそんなに
悪いヤツでもないってことを知ってほしい(笑

そのセンチネルですが
しょっぱなから意地悪したり
車ぶつけたりオプティマスの言うこと聞かなかったり
お約束すぎるイヤな人キャラ全開。
そしてウルトラマグナスにひとくさり諭されるのもお約束。

・序盤の話の急ぎっぷりたら、まあ。
 これが子供さんに飽きられるのを避けるためってやつですか。

 社長業に精出すサリってのは、後のシーンでも
 私の会社~とも言うんでカットしてもいいと思うけど
 街を修理するオートボットたちってのは、絵ヅラ的には
 欲しかったですよねー。
 従来のヒーローたちでは見られない姿だし、
 アニメいオートボットらしい描写だと思うしー。
 まあ、尺の都合には勝てないということですか。

・ジャズ、人の言うこと信じすぎ(笑
 しかしイイやつだー。

 まあ、スキャンした車で走りたいと思っていたし とか
 こんなカッコイイ乗り物を造る人間が悪者なわけないし とか
 ぴかぴかしてカッコ良かったなあ、信号か、ほしいなあ とか
 もう、いちいちカワイすぎる(笑

・ディセプティコン陣営
 丁寧な説明セリフ、ありがとうございます
 まあココ切ると、後々話がわからなくなっちゃいますからねー。

・チームダイノボット
 なんて分かりやすいイベントキャラ具合(笑

・ウルマグのスーパーパワー見てると、
 確かにこういうの持ってなかったら
 メガトロンとは対等に戦えなかった気がするなー。

 ウルトラマグナス総司令官って響きは、なんか
 くすぐったいものがあるけど、うーん 悪くない。
 ある意味、感慨深いものが。

・今週の音仏一家
 まさかのファッションショー仕立て、そうくるかー。
 最後に呟いていくのは、すいません 素でウケました。

 そしてトリでお母さんが出てくるかと思いきや、
 リアルバンブルビーが登場するとゆー予想外の展開。
 最後まで中身がお母さんじゃないかって思ってましたけど
 さすがに背丈が小んますぎるかー。

・次回予告
 ほんーまに、しょうもない(笑
 がーしかし、そこがいいのだアニメイテッド。
 1週間の疲れが取れてく気がするわー。

アマゾンさんからのオススメ商品。

まだかまだなんか
Transformers Animated: The Allspark Almanac 2 の入金請求は。
てので、日々アマゾン詣でをしているわけですが。
ある日おすすめ商品リストに↓のような商品が。

トランスフォーマーアニメイテッド大百科(仮)
価格:¥3,990 単行本(ソフトカバー)
出版社: ミリオン出版
言語: 日本語
発売日: 2010/8/26

ページ数が分かんないけどコレもしかして
Transformers Animated: The Allspark Almanac
の日本語訳版ではなかろうか。(注*明確な根拠はありません)

8月26日発売となると、オンエアは第2クール中盤で、
内容的にテレビの先を越しちゃうことになりますけど
まあ もともと海外で放送した内容なんだし、日本語で楽しめるようになるなら
小さい問題でございます。個人的には。

warugakiaction-2010-07-17_marvelenc1.JPG

ちなみに例のアレは、無事到着。
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
小プロ世代でありながら、ぽろっと入手できてしまって
先人のみなみなさまに、なんだか申し訳ない気も。
ちなみに予約申し込み日は5/13でした。

これ読めば最近のマーヴルにおけるクロスオーバーの
あれやこれやが大体分かっちゃうと思いこんで、期待してたんですが
いや イイ本なんだけど、そういう目的だとちょっと食い足りない
(説明不足で)という気もするげな。

タイトルの通り、コレあくまでキャラクター辞典なので
各イベントに関しては、事細かには書かれていない
(っても数ページ割いてくれてますけど)ので、
概要がわかる程度とでも言えばいいのか

warugakiaction-2010-07-17_marvelenc2.JPG

ハウス・オブMとか、もう5年前の話だからか
アベンジャーズのページの中で紹介されてたりとかね。
コデラさん家日刊X-MENヒストリー見てないと
さっぱりなんやら分かんなかったと思われます。わたくし的には。

warugakiaction-2010-07-17_marvelenc3.jpg

しかしまあ ウルヴァリンの実子とされるDakenの扱いが
↑の程度なのが、不憫な。(X-23はもっと大きいです)
ウルヴァリンとこで再度紹介されてるからいいのか な。


・・ずいぶん脱線してしまいました
今週は、予定外の更新したりゴツイ本がきたりで
細かく見直せなかったんですが、いちおう。

トランスフォーマー アニメイテッド
第14話「メガトロンの復活 パート2」

今回は、どこから切っても
のびのびやってる若本さんが目立つとゆー、
まさに金太郎アメ状態。

その復活に駆けつける3バカ幹部たちなのですが
いやしかし、ココの時のスタスクは、ちょっとカッコイイ。
言動はボケてても、バンブルビーを手玉に取る(絵ヅラも)実力の持ち主
として描かれていて、セリフ回しもなんかイイ。
ま オチはいつものスタスクなんですけど。

・ではつづきを おおーうッ!?
 ってなんて昭和なボケを(笑
 今週は作画レベルがちょっとビミョウなんだけど
 ここんとこの絵は、それが妙にハマっててウケる。

・アイアンハイドの肩パカパカかわいいー。
 そういえば、いつやらのエピソードで披露したイス変形ギミックは
 日本版ではカットされたんですかねえ 惜しいなあ。

・サリとブラックアラクニアとの氷上の会話は、
 あー こういうこと話してたんかー。
 これは言葉分かんないと意味わからんわ。
 つか、それでも分かりづらい。

 あと、ブラックアラクニア
 サリと話すときはいつもなんか楽しげ(嬉しげ)なのですが
 もしかしてこれ、オーダーのひとつにそうあったのかな。
 似たもの同士ってセリフもありましたしー。

・サリの歯最強(笑

・そして今回は、なんといっても
 ここぞという時にかかる主題歌。燃えるー!

・サリの出自に関するさわりは、ここですでにされていたんですねー
 しかしサムダック博士のコスチュームは、何度見ても謎。
 実験室の職員(1話の)も同じ服着てましたけど、制服ってことなのかな。
 そんなんでプライベートもうろうろするなよー。

・オールスパークといえば、3話のラストで
 オプティマスの胸にエネルギーが収まるという描写があって、
 いろいろ解釈のしようがある描き方になってましたけど
 あれ結局、蘇生させる分だけのエネルギーを与えたってことだったのかな。
 原語版視聴当時、胸にマトリクス状態になったのかと思いながら
 しばらく見てたのを思い出しました いま(笑

・今週の音仏一家
 まさかのアマノッティ2問正解。
 台本通りかアドリブか まあ台本通りなんでしょうけど
 こうなると、きっとあるであろうお母さんのとき
 どうなるのかが気になるわー。

 あと息子、質問するとき
 メッサカンペ読んでる目線なんですけど(笑

・次回予告
 ウルマグとセンチネルの商品紹介みたいだ
 ってそういう風に編集してますよね、どう見ても(笑

 次回いよいよエリートガード地球到着ってことで
 こちらもまた声の競演が楽しみなー。
 ・・とか最近毎回書いてる気が。

結構重要なことなんで。

メガトロン ライト&サウンド買ってきた話は、今日は脇に置いといて
いつもはナナメ読みする同梱のパンフレット 
そのDVD第1巻の告知を見てて、気がついたんで、ご報告。

animated-dvd01ad1.jpg

コレ、このページ。
下段に書いてある商品仕様に注目。

animated-dvd01ad2.jpg

英語・日本語の同時収録。
しかも字幕も「英語/日本語/吹替用日本語」の3バージョン付くのだそう。



ビーストウォーズリターンズのコメンタリーにて
岩浪美和さんが、メタルス劇場版に字幕付けるのに
何十万もかかったと話をされていたので、今回はナイかなと思っていたんですが
ちゃんと付けてくれる(予定)ってのは、実写映画版効果なのか
それとも原語版を愛する方へのファンサービスなのか。
ともかくコレ、どなたの仕事か分かりませんけど
ガッツリ熱く堅い握手をさせていただきたいです。心意気に涙。

まあ とはいえ、収録時間100分
(↑ではミスプリで000分になってますけど)ということなら、
現行の放映版は1本約24分。原語版+日本版OP・EDだと25分越えそうなので
やはり収録内容は、テレビそのままになる可能性が。
残りの約3分は、原語版DVD特典の小ネタアニメが入ると嬉しいけれど、
まあ 期待しすぎないようにしようかな と。

しかし 英語/日本語 は分かるとして
吹替用日本語も付くって、どうなの(笑 逆に気になるわー。
台本通り収録だったら、アドリブ部分の検証が出来るかな。



よく見ると 放映話数も「全42話」って書かれてますね。
あと、これまであえて明かされていないのではという指摘もあった
物語の舞台についても「地球」と明記されてます。
(ちなみに改めて見てみると、DVD第2巻の商品説明にも同様の表記が。)

とー ゆーことは、宇宙フジツボの話は
やはりこのままカットになるのかな。
つかあともう1本削らないと、42本にならないと思うんですが、どの話かなー。
どれもこれも削れない話ばっかりだったと思うんですけど
どうしても、どれかってんなら ダートボスの話辺りがヤバイかな。

・・ちなみに えー
試算すると、最終回は来1月15~22日辺りですか。
巷でウワサの新作 トランスフォーマー・プライムは、
実写映画版3作目と同時期におもちゃ展開しないってんなら
その頃放映しそうにないので、そこで一旦テレビ展開終了ですかねー。

フトコロ具合的には、助かるんですけど
それはそれでちょっとサビシイ。

よくやったアマゾン。

過日ご報告いたしました件ですが、
1週間待ちに待って、やっときた続報。

> ご注文いただいた以下の商品(注文番号:xxx-xxxxxxx-xxxxxxx)の
> お届け予定日が確定しましたのでお知らせいたします。
> 現時点での新しいお届け予定日は以下のとおりです。
> 注文日:2010-04-23

> Jim Sorenson, et al "Transformers Animated: The Allspark Almanac 2"
> お届け予定日: 2010-07-21 - 2010-07-27

やッ たー
さすがアマゾン。お前を信じてよかった けど

> なお、万が一商品の入荷に問題が発生した場合は、別途Eメールでご連絡いたします。

・・最後のこの一文が、気になるなー。


トランスフォーマー アニメイテッド
第14話「メガトロンの復活 パート1」

本編自体は、原語版視聴当時
つらつらと思いを書き綴ってますんで
改めてとなると、なかなか書きにくいんですが

やはり今回も、日本語で言われて初めてわかる、
ああ お話のキモはここにあったのか的な
思わずポンと膝打つ疑問の氷解が、いくつかありまして。

その中でも、オプティマスの「これは命令だ!」乱発に見られる、
彼の人一倍の真面目さや、一人で抱え込んじゃう悪いクセが引き起こす
チームワークの乱れと事態の悪化が、最たるもので。

まあ ディセプティコンの来襲、メガトロン復活を外の危機とするならば、
このオプティマスの大暴走からなるオートボットの乱調を内の危機として描く、
作劇的に必要とされた描写なんだろうけど、こうまで極端だと
そう描かれちゃうオプティマスが、ちょっとかわいそうな気もする(笑

しかし今回のオプティマス見てると、松岡修造スキーと言われても致し方ない。
つか改めて、3話の予告を作ったヒトは、よくよくアニメイテッドを
読み込んでいる人だよなあと思いました(笑


・今日の前説
 ラチェットのおもちゃネタ、なんてあからさまな販促(笑
 しかもコレちゃんと次回予告んとこでオチがつくとゆー
 アイキャッチでもピンチを呼び掛けて、と
 きちんと流れができてて、まーなんてキレイすぎる仕事ぶり。

・今日のサリの作画は、まあまあカワイイというか
 ええ顔してんなあ。
 ブラックアラクニアの言葉に振り返る時の顔とか、イイ。

・我のことが大好きなラグナッツ(笑
 なんて分かりやすい表現なんだ てか、
 こういう微妙なくすぐりがクセになるなアニメイテッド。

・そしてディセプティコンの三バカトリオ集結。
 この掛け合いがまたオモロイ。
 乱戦シーンなどを見ていても思いますけど、
 おしゃべりで空白を埋めるってのは、大正解かと。

 ラグナッツのセリフ、前回登場時にも思ったんだけど
 1話で言ってたのをちゃんと言わせてますね
 「メガトロン様エライ、メガトロン様つよい」とか
 「オートボットをギタギタのボコボコのズタズタに」とか
 お話には関係ないけど、こういうくすぐりはイイなあ。

・山野井仁さんノリノリ(笑 大好きだー
 もーホントに、楽しんでスタスクやってくれてはる。

 やつは俺がこの手で って、それ言っていいの、みんなの前でー。
 でも2人とも気にしてないんですけど(笑

 ちなみに、スタスクがニューリーダーでなくて
 ボスボス言うてるのは、(今回も言ってましたけど)
 なにか、もしかして理由があるんじゃーないかという気が。
 旧作へのオマージュ(私にいい考えがある、とかサブタイトルとか)を見ても
 日本版には監修が付いてると思うんですが。多分。

・ブラックアラクニア姉さん再登場ー。
 なんでそんな、サリに邪険にされてるのに楽しそうなの(笑

・いろいろとフォローに徹するアイアンハイド
 あんまりフォローになってないところがまたカワイイ。

・今週の音仏一家は、なんで急に事故の話なんかと思ったら
 JAFのトミカが出てくるとは(笑 ・・なんでJAF?

 家族とドライブ行くのいやがる中学生ってのは、
 そこだけなんかリアルな。親御さん向けアピールかココ。

 ちなみにラストカットに
 「家族みんながず~っと仲良く暮らせますように パパ」
 の短冊が映るんですが。
 ホームコメディのきれいなオチみたいなことを。泣かせる。

・次回予告では、ビーストネタがまたもや(笑
 でも笑い袋効果でつられてニコニコしちゃうよなー。
 本編がフンイキ悪いシーン多かったんで、こういう演出なのかな とか
 思いもするんですが 欲目すぎますか。


・・とか言ってる間に
えーナニ、アニメイメガトロン発売になったってマジですか。
いつの間に。

あの音が、公式にギゴガゴゴという表現に

・・なったと受け止めていいーんでしょうか。13話前説より。
しかし どこが鳴ってるんですか?てのは、言われてみれば気になるわー

今回から始まったSE付きオープニングは、
由緒正しきロボットアニメのノリですよねー
なんかナツカシイ。つか最近のロボニメであったっけ。音つきOP。


トランスフォーマー アニメイテッド
第13話「ヘッドマスターをくいとめろ!」

今回は、もうねー
声のメンツのメッサ楽しんで音入れてる具合が観る側にも伝わって、
お話のプロットはそう凝ったものでもなかったのに
(ま 未就学児童さん向けなので、当たり前なんですけども)
なかなか楽しめてしまいました と、ゆー

特に、ヘッドマスター役の岡野浩介さん。
役どころはキレちゃてる悪人ということなんだけど
カッとんだノリっぷりが気持ちよくてメッサハマってて、
原語版ほど嫌悪感を感じないとゆー

また、掛け合いのリズムがいつにもまして冴えていて、
音聞いてるだけでも十分楽しめる つかこのノリは、子供さんスキそうだ。

・絵ネタとしては、
 G1コンボイ風トレーラーですか。あとダニエル(笑
 そういえば、この回だったっけ登場したの。忘れてたー。

・オチの付け方は、まさにカートゥーンって感じですかね。
 日本のアニメだと、イキオイ&ええかっこしいで終わっちゃいそう
 なーところを、知恵と勇気で解決しちゃうという。
 作業用ロボをでっちあげたときに、それが溶けちゃうのを
 あんまかわいそうと思わないってのも、それらしいというべきか(笑

・カートゥーンって感じといえば、
 バンブルビーの口の悪さは本当、突き抜けてるわ。
 この辺の毒っぷりは、一歩間違うと単なるイヤな人になっちゃうのを
 ギリギリんところで個性としておさめてる感じですかねえ。
 国内発のアニメだと、こういう立ち位置は思いつかないですよねー。

・頭を使おう! 大ハヤリ

・そしてやっぱり、アイアンハイドは
 日本語版でも愛されるボケ役で、かわいかったとゆー(笑

・飛田さんひとりで何役もこなして大忙しですよねー。
 まあ、実は毎回そうなんですけど(笑

・お股が裂けそう ってなんでそこでプロールがコメントするの(笑

・今週の音仏一家
 けなげに台本通りやってるのが分かる、ある意味で好編。

 それにしてもー なんかここまで名前出されると、ウドおじさん
 出るか出るかと思わせといて結局出ないんだろなあと思ってても、
 一度きりでいいから連れてきたくなっちゃいますよねー。
 いや、忙しそうなんで、ムリだとは思いますけど。多分。

 あとアマノッティ、いつかバラエティ番組でうっかり
 「私にいい考えがある」使っちゃって、世の中に広めてくれないものか(笑

・次回予告は、きっと あれはー
 予告にならない予告編って言われてる(一部で 笑)
 のを逆手にとったネタの使い方ですよねー。
 なんにしても次回が楽しみだ。特に声の競演で。<またですか


ちなみに、ラストのオプティマスのシメのセリフは
そこで笑かすこともできただろうに、キレイにしめたってのは
コレ実は、アニメイテッド日本版が、しっかり本編を大事にしている
ということの表れに他ならないんですよねー。

まあ 放映開始から1クールを終えた今、アニメイテッドが
リターンズノリでしっちゃかめっちゃかやっていると思ってる方は、
まさかいないと思いますけども。

う そーんアマゾンさん。

そうーいえば、そろそろ来るはずなんだがなー ナニしてんのかなー
と思っていたところに、やってきたアマゾンメール。

> 誠に申し訳ありませんが、以下の注文商品の入荷に時間がかかっており、
> お届け予定日がまだ確定しておりません。
> (注文日:2010-04-23 )(注文番号:xxx-xxxxxx-xxxxxxx)

> Jim Sorenson, et al "Transformers Animated: The Allspark Almanac 2"
> http://www.amazon.co.jp/gp/product/1600106838

> ご注文商品のお届け予定日が現時点で確定していないことをお詫びいたします。

> 現在、お客様に商品のお届け予定日をお知らせできるよう、調整を続けております。
> 誠に申し訳ありませんが、調整のうえ、仕入先から入荷の見込みがないことが判明した場合、
> またはご注文数が入荷数を上回った場合、
> やむを得ずご注文をキャンセルさせていただくこともありますので、ご了承ください。
> 商品のお届け予定日が確定しだい、Eメールでお知らせいたします。

いや確かに、ちょっと出遅れたかなとは思ってたけど。
この仕打ちはないわー。


つか ここ最近、なんか立て続けに予約注文つづけてるせいか
自分でもなに頼んでたのか忘れ気味だったんで、改めて確認してみた

THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
大型本: 400ページ
出版社: 小学館集英社プロダクション
発売日: 2010/7/10
価格: ¥ 4,935

トランスフォーマー アニメイテッド Vol.1[DVD]
時間: 100 分
販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
DVD発売日: 2010/08/06
価格: ¥ 2,255

トランスフォーマー アニメイテッド Vol.2[DVD]
時間: 100 分
販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
DVD発売日: 2010/09/10
価格: ¥ 2,315

EMOTION the Best 疾風!アイアンリーガー DVD-BOX1
時間: 787 分
販売元: バンダイビジュアル
DVD発売日: 2010/10/27

EMOTION the Best 疾風!アイアンリーガー DVD-BOX2〈最終巻〉
時間: 597 分
販売元: バンダイビジュアル
DVD発売日: 2010/11/26
価格: ¥ 23,310(BOX1・2合算)

G-SELECTION 機動武闘伝Gガンダム DVD-BOX【初回限定生産商品】
時間: 1176 分
販売元: バンダイビジュアル
DVD発売日: 2010/10/27
価格: ¥ 23,098


うー ん。支払いできるかなコレ。
アニメイ玩具は7、8月がひとつのヤマのようですが。
つか、そうだった コレも頼んでた。

星間帝王ユニクロン 2010エディション
商品発送予定: 2010年9月下旬
価格: ¥ 10,500
創造神プライマス 2010エディション
商品発送予定: 2010年10月下旬
価格: ¥ 9,450

それぞれ、いま注文しとかないと
後からきっと後悔する つーモノだけに、切れないのが悩みどころ。

・・とゆー話を
アニメイ第13話レビューの前説に使うつもりだったんですが
長くなりすぎてきたんでここで一旦区切っときます(笑


いやしかし、本当に
困っただなや。

ひさびさモチャネタから入りますが。

巷にて、いよいよ発売になったとウワサになってましたんで
遅くなりましたけんど、買ってきたった セーフガード
てのは まあ、いいとして

warugakiaction-2010-06-26_safeguard1.jpg warugakiaction-2010-06-26_safeguard2.jpg
warugakiaction-2010-06-26_safeguard5.jpg warugakiaction-2010-06-26_safeguard6.jpg

しょっぱなから非公式合体の画像載せんのもどうかと思いますが
あいや コレ、むやみにこまごまとパーツ移動できるじゃーないですか。
で たくましい握りコブシも両のカカトに座ってますし(単体ロボモード時)
じゃあ試してみよう てんで試したら、あっさりカタチになったんで
ちょっと撮ってみた、左右ならぬ上下合体。

まあ ジェットモードのアレが上下合体と言うんでないかという気もしますけど
公式で左右合体と言い切ってますしー。

warugakiaction-2010-06-26_safeguard7.jpg
warugakiaction-2010-06-26_safeguard3.jpg

おまけ、アタックモード。テキトーパーツ配置ですが。
しかしこのムチャ合体せえ言わんばかりのパーツ移動しまくり具合だと
もう1体増えても、案外ちゃんとしたロボットとして
合体できるんじゃーなかろうか。


トランスフォーマー アニメイテッド
第12話「対決!ダイノボット」

今週はまた、みどころ・ツッコミどころ満載だったんですが
なにはともあれ、アレですか。呼ばれて飛び出てメルトダウン
ここで一旦CMでーす! も素でウケた(笑
なにより絵にハマってるのがイイーんですよねー
第3話の「ファイト! 一発!」も、原語版見てた時にはそうでもなかったけど
あれ一度聞いてしまうと、もー それしか浮かばないもんな。

あと原語版だと、言葉が分かんなかったせいもあって
生理的にメッサ苦手キャラだったメルトダウンが、なんかカワイく見えてしまうのは
これが演出ってものの仕事なんですかねー。

以下、いつもの通りに つらつらと。

・マツギヤスタローわかりません
 多分アノ人だと思うけど、興味ないんでー
 つかワールドカップをネタにしてくる辺り、あざといわー(笑

・なぜトイレの便器の横に鍵穴が
 て ツッコんだら負けですかアニメイユニバース。
 工場の機械に鍵穴ってのもあったけど、よく考えると
 町工場でそれはビミョーな気もするげな。

・カッコイイの一瞬だけだったけど
 「こいつはサリのぶんだ!」
 ファンゾーン警部ステキすぎるー 惚れるー!(笑

・でーまた、プロールがカッコイイのなんの。
 このカッコよさは、原語版のクールなプロールとは、また違う味わい。

 遊佐浩二さんのプロールは、最初聞いた時には、
 エライごつい喋り方になったんやなーと少し気になったけれど
 (原語版のムードのある口調がお気に入りだったので)
 日本風なシブさの人になったと、そういう事でいいのかな。
 これはこれでイイ。12話にもなって、今頃ですが。 

・予告たのしい(笑
 コレ、やがてスワープ・スナールが人語を話しそうになる(で結局未遂オチ)
 とか なんぼでも広がりあるんじゃーないかしら。
 うーん もっと聞きたい。

・しかしまあ、この間のチームダイノボット登場編でもそうだったけど
 登場>満を持して変形>戦闘描写なし(えー!!
 という超絶出オチは コレ文化の違いってことでいいーんすか。
 フツーの日本製アニメなら、変形してドカーンバコボコしないと
 スカッと終わんないですよねー。

 というか、あー もしかしたら
 ダイノボットがまともに戦ったエピソードって
 ・・あったけ?(未確認

・今週の音仏一家。
 変形させんの、ビミョーな1.3倍速ぐらいでまわしてないか(笑
 とゆーか今回は、一体どうしたこった フツーに商品紹介してるし
 笑かすとこはちゃんと笑かして、フツーに面白かったんですけどー(笑

あと、なんか書くことあったと思うんだけど
どうにも時間切れになったんで、また思い出した折にでもー。