どうー でもいい話だとは思うんですが

個人的には、サイバトロン星って言われるよりも
サイバートロン星と読んでほしかった。(今更
星の名前と軍団の和名が重複するので、なんかややこい。


トランスフォーマー アニメイテッド
第11話「湖底の激戦」

・いやはや今回は、予想の通りに
 にぎやかで楽しい声の競演になっていて
 そんな中でも際立ってたのは、やっぱりラグナッツですわな
 メガトロン様への忠愛ぶりときたら、もー カワイすぎる。
 名ゼリフも数々飛び出して、原語版見直してても脳内再生されそう(笑

・一方で、相方のブリッツウイングは受難つづきで
 鉄球にボコられ、ラグナッツにもボコられて
 あげく不意打ちはされて噴射の巻き添えにされて と
 まあ、それがオイシイ役どころなんですが今回は。
 しかし チ○クリ っての、よくNGになんなかったなー。

・名ゼリフもいろいろ出ましたけんど、やっぱりアレですか
 仲間じゃないか、友達だろ、これは命令だ!(オプティマス)
 もうサイコー(笑


・とー まあ、そういうドタバタが楽しかった中でも、
 サリとラチェットのやりとりは、ちょっとホロリとくる話で。
 なにげにBGMがイイ仕事してる。
 ラチェットの、原語版での偏屈じいさん描写も
 ここでのサリとの関わりで、より生きてくるということだったのか とか

 サリについても、人間の友達に恵まれていない描写は多々あったんですが(原語版
 だからこそオートボットたちとは離れたくない、ということだったのか とか
 一方のオートボットも、なんとなく地球に居留してたわけでなくて
 (現状)アークを修理するまでの間、ということだったのかとか

 日本語で言われて初めて分かる、この回は
 ほんまにいろいろ大事な要素が詰まっていたんですねー
 2年越しでやっと流れが把握できました。涙。


・そうそうサリといえば、今回の作画。
 前回のカワイさと比べて、不動明のアモン合体前>合体後なみの
 目のまわりのクマドリっぷりが、もー。
 おかげで、イヤミ顔とオヤジ的注意顔がよく似合ってましたけど。

・今週の音仏一家は
 トランスフォーマーをネタに盛り上がる家族の姿を描いた
 音仏家らしい描写だったと言えましょうー
 子供のウケを取るために、顔芸を駆使して、それが当たった瞬間
 笑みがこぼれるアマノッティは、ほんまにイイヤツだと思いました(笑

 あと、クイズのためにインシグニアを新たに書き起こしていたりして
 地味にがんばってんなあと。

・今回の次回予告は、11話web版予告でも流れたチョーさんの独唱。
 まさか本放送でやってくると思ってなかったんで、さすがに不意つかれたわー。
 しかし、絵でしか次の話が分からないんで、逆に内容が気になるという
 こんな逆転現象があり得るとは(笑


2週続けて絵ネタなしってのもさびしいので
無理やり作ってみた。

warugakiaction-2010-06-19_shockwave-tank.jpg

前回のを立ち上がらせてみたら
これはこれでカワイくまとまってしまいました。という話。

生アニメイテッド放送中ながら

それも視聴できずに 
前回のアニメイレビューを書かなきゃ時間がつくれない、
あーなんて悲しい話なんだコレ。


今回は特に絵ネタも用意できてませんので、早速に。

トランスフォーマー アニメイテッド
第10話「クモ女の影」

アニメイ序盤の名エピソードということで、
ラストには、ほろりともさせる太鼓判の出来だった今回。

いきなり始まっちゃう冒頭の回想には、ちょっと戸惑いが。
日本ではまだなじみの薄いハロウィンについて
ひとくさり説明するシーンは、カットしなくてよかったような、
あーでも どのみち何分か削ることになるわけだから
あんなこんな名シーン(特にラスト)が削られるぐらいなら
これでよかった気もするげな。

編集側の意図としては、ツカミなのに退屈なシーンだから
(子供さんにとって)という判断かな。
魅惑のおしゃべりメロン5/7配信5/14配信参照。


以下、今回のネタ検証。

・バンブルハイドの 誰ッだお前! ってのは、これはもー
 ビーストウォーズリターンズを見た人
 (つか、ビーストウォーズ世代)向けのサービスと
 受け止めてよろしいので?

・バンブルビーの こいつだよ!僕が見たでっかいクモは! ってのは
 てっきり岸尾だいすけさん発・ウルトラマン最終回ネタかー!
 ・・と思ってたけど、もしかして、原語版でも
 似たようなこと言ってる気がするココ。(英語ワカリマセン

 ちなみに↑の確認で原語版を見直してみましたけど
 ハロウィンで街中を歩きまわるバンハイ&サリのシーンが
 大幅にカットされたんですねー
 切りどころとしては、今回はここしかないって気もします。

・サリのかわいさも際立ってましたよねー
 まあ かわいいっても、日本製のブリブリのやつじゃなくって
 キャラクター的な方で。
 オプティマスを信頼して、慕っているのが見て取れる描写や
 サリらしい表情(にくらしいほどの満面の笑み 笑)とか。

・ほとんど初登場、つか初活躍のセンチネルは
 思いのほかウザキャラになってなくて意外。
 昔仲良かった頃のセンチネルつーことでウザさまだ半分つーことか。
 まあ、本領発揮はこれからだと思いますけど(笑

 で 本編見ただけだと
 オプティマスに食ってかかるところで退場となっていて、
 印象の悪いところを次回予告のコントでフォローしていたのが
 これまた細かい配慮。おもちゃ売んなきゃなんないですからね。

・ちなみに今回の音仏一家
 なにげに音仏息子の髪がガツンと伸びてたのが、無性に気になる(笑
 スタイリストさん髪ぐらい切ったれよー。

 話の内容は、まあ 置いとくとして <いきなりか
 実は音仏内で過去の作品について、初代以外に触れたのは
 今回が初めてなんですよねー
 おそらく子供さんの混乱を避けるためだったと思うんですが。

 混乱を避けるということでは、
 これはもう完全に、邪推以外の何物でもないんですが
 センチネルがセンチネル・プライムとされていないのも
 そういうことなのかなと。商標的な都合もあるでしょうけど。


次回(つか今)、いよいよディセプティコン勢来襲! つーことで、
これはもう大変な騒ぎになるんじゃないかなと。特に声ネタが(笑

音仏一家のトランスフォーマー生活。

そんなこつ、わざわざ言われんでも分かっとるわと 
そうおっしゃる方々もあろうと思いますけど。一応。

今週のアニメイテッド とゆーか
音仏一家のトランスフォーマー生活 を見て思ったことを
とゆーか、まあ、放映当初から このコーナーがなぜ生まれて、
どうしてこういうスタイルになったのか、気になってはいたけれど
しがない一般視聴者ふぜいでは、なんぼ考えても邪推の範囲を出ませいで。


しかしここに、このパズルを埋めるうえでの重要なピースが登場。
こないだ更新されたタカトミサイトのコンテンツ
父の日スペシャル トランスフォーマーアニメイテッドで遊ぼう

改めて指摘するまでもなく、これはweb版音仏一家。
父の日におもちゃをあげようってなー発想には、ずいぶん無理がある(笑 けれど
要は、どちらも、親子二世代でトランスフォーマーを楽しむ手引として
タカトミ側から提案・企画されたものと言明しても、的外れではなかろう

勿論、音仏一家のターゲットには、いわゆるトランスファンは入っておらず
そのスジの人向けのくすぐりが殆ど無いことや
フィルム自体の出来栄えがもう一つと言わざるを得ないこと、
そして本編のカットといった外部要因も相まって、
彼らにマイナスの印象を抱かせることとなったのは、皮肉としか言いようがない。


あーしかし、しかしですね まあ言わせていただきますと
音仏家ウォッチャーのわたくしとしましては <いつからだ
各話ごとで、ずいぶん苦労して作ってるなあと感じるわけですよ。個人的には。

音仏一家のつくりとして
トランスフォーマーを話題とする家族の姿を描く、というものがあると思うんですが
そこに毎回どうアプローチするかってんで、クイズやったり、ミニドラマやったり
似顔絵やったり、海外でのメジャーぶりをアピールするためか英語ネタが多かったり
毎度考えるの大変だろうなあと思って見ているわけですよ。
自分が作る立場になったら、なりふり構ってられないと思うな。コレきっと。

開始当初は出演陣にまだちょっと距離感があったのが、最近は
オフでも仲良いんじゃーないかと思えるほど親密さが伝わってくるのを
ひそかに見て取るのが、最近の楽しみになってます。割と本当。


しかしまあ そんな中で分からないこともあって
たとえば、明らかに関連商品と分かるもの
(当月発売商品、特製Tシャツ、ダイヤブロック版)を手にしていながら
それについて言及しないのは、なんでだろなあ。あえてそうしてるのかなー。
おもちゃ誌のライターさんは、ぜひそこんとこタカトミさんにツっこんで聞いて、
つまびらかにしていただきたい(笑


トランスフォーマー アニメイテッド
第9話「罠の時間」

一応、今週のアニメイテッド本編についても。
と 思ったんだけど、本当、あんま書くことないんよな(笑

エピソード自体が、もうふたひねりぐらい欲しい内容なので
ここはガッツリと濃いキャラづけでもよかったのかも。>スピードキング
主購買層相手には、ちょっと印象薄い話に終わったような気がするなあ。

ちなみに以下のサイトさんで、
関東圏のアニメイ視聴率推移がごらんいただけます。ご参考までにー。
かじくん@視聴率日記アニメイテッド検索結果

そして今回の絵ネタ。
ショックウェーブのディセプティコン・ビークルモードは
後ろ前逆でも良かったんじゃーないか的、検証画像。ちなみにオリジナルはコチラ

warugakiaction-2010-06-04_shockwave-tank.JPG

太ももを180度回転させるだけなんだけど、
微調整が面倒なので、お子さまにはツライかもー。

トートツ、アニメイ話。

warugakiaction-2010-05-29_optimusvsmegatron.JPG

Windows7マシンになってから、文字ツールが使えなくなったり
起動しなかったりで、さすがにアカンかなー と思っていた
うちのあのアレが、遂にまったく立ち上がらなくなっちゃいました PhotoShop 5.5
まあ、よくぞ今まで動いてくれたというべきか。
買い換えるしかないのかねー

と いうーわけで今回の画像は、いずれも
ペイントツールしか経由してない単なるリサイズ画像です。
まあ 普段もそんな凝ったことしてませんけど。


トランスフォーマー アニメイテッド
第8話「ダイノボット誕生!」

各話のゲストキャラが、誰がどんな声でやってくるのか楽しみってのも、
トランスフォーマー アニメイテッドのイイところなのですが
(アングリーアーチャーがグラコンの小西克幸さんと聞いてはいたけれど、
シブく決めるかと思いきや、ああいう風にきたんで素で笑かしてもらいました)

なんとー 今回は、グリムロック役に藤原啓治さん!
第一声ではまだ分んなかったけど、その次のダー ってのでピキュンときた。
しかも本編ではG1グリムロックを、予告などの本編外では
ビーストウォーズダイノボットを思わせるイイとこ取りときたもんだ。

飛田展男さんのスワープ、長嶝高士さんのスナールも
自分の名前しか叫んでいないのに、メッサカワイイ。
予告でのグリムロックとの掛け合いも完成度の高いコントで、またイカス(笑

あと今回は、
ウサギはさびしいと死んじゃうんだよ とか
しりとりとか、懐かしいネタも入ってて
ビースト見てた人には大サービスの回でしたよねー
アイアンハイドのカワイさが霞むぐらいに(笑

オモチャ的には、トランスフォームしたのが最後のワンシーンだけ
(しかもグリムロックのみ)てのが、残念ではあるのですが
原語版で見てた時にもうガックリきてたから、今回は
さほどショックとも感じなかったかな。

warugakiaction-2010-05-29_dinobotsunite.jpg
とりあえず、その昔見た(と思う)ボンボンオリジナル
ダイノボット5体合体風にユナーイト。
いろいろ途中で挫折してますが、雰囲気だけでも。


しかしまー、フグ田くん(違)は
三国伝ではカックイイ孫堅を演じて、こちらでコレってのも、すごいギャップ。
声質は変えてないのに、演技だけでこんな変えられるのかー。スゴイ。

そうそう 三国伝といえば、董卓ですよー
ひと声聞いて、ぴーんときた コレBWIIガルバトロンの小村哲生さんだ(笑
セカンドのときは、歯を食いしばりっぱなしのキャラだったんで
そういうフンイキでしゃべってるのかと思ってたけど、
もともと、ああいう声なのかー。トリビアだー。


・・ちう感じで、
もう推敲一切ナシの、だらだら書き連ねるレビューを
突発的にやってこうかなという気に、突然なっちゃいました。
まあ、いろいろと 思うところありで。イロイロ。

どこから語ればよいのやら

とりあえず
前回の無線LAN開通より3日後が、この惨状。

warugakiaction-2010-05-15_emergency.jpg

稼働4年目を迎えたデスクトップが、なにゆえか
突然のマザーボード沈黙=ご臨終。
やっとこ回収したCドライブのデータは、破損はしてなかったんだけど
繋ぎっぱになっていたLOOXをフリーズさせてしまう超危険物に変貌していて
Mozilla ThunderBirdドコモケータイdatalink のログが、
すぐそこにあるのに拾いに行けない、なんとも歯がゆい事態に。

諦めるには惜しいので、なんとかエクスポートしたいとこなんですが
旧Cドライブ内のそれぞれを立ち上げようとしても、
新マシン内の同ソフトが立ち上がっちゃうんで、さー どうすべやなあ。
知人のお店に駆け込んで、頼むかな。(と考えて早4か月。)

datalink といえば、長らく愛用のマイケータイ F904iが
ついにそのフォロー対象外になってしまったので、これもアタマが痛いところ。
かてて加えて我が家のおかあさまが、3月に腰を痛め、4月に風邪をこじらせ
この5月にはまた腰を痛め てなー具合に次から次へとイベントがやってきて
もうネタなんか作ってる場合じゃない=ネタがなけりゃブログも書けない ということで
長らくの更新停滞となってしまった次第でございます。


そんな中でも、宣言通りのお引っ越しをなんとか終わらせた のはいいんだけど
それに関わる費用がこれまた、たまるか言うばあ(土佐弁)かかっちゃいましたんで
ホントもー、あれやこれや買ってる場合じゃあない

warugakiaction-2010-05-15_mikaifoo.jpg

・・まあ 買ってますけど。そこそこは。


そして、いまトランスフォーマーといえば
ついについにの トランスフォーマー アニメイテッド 日本放映開始。
イキオイで、ぴかぴかオプティマス買ってきちまいまった。

warugakiaction-2010-05-15_ultrasize-optimus2.jpg warugakiaction-2010-05-15_ultrasize-optimus.jpg

番組を見ての感想は、可能な限り書いてきたいところですが。
使える時間が、実家に戻ってきてから、以前にもまして少なくなっちゃいましたんで
1週間じゃあ筆が追っつきませなんだ。

あの ちなみに、わたくし的にはおおむねオッケーです。
最初は抵抗感のあった音仏一家も、3話のアドリブと
4話のNGシーンを放映しちゃうところで、ちょっとスキになってきたかも。
アマノッティも面白くしようて、がんばってますしー。

おー い2009年

どうしてそんなに早く、駆けてゆくかな。
つう心境ですよ本当。

おとつい、いよいよ
職場にかかる有線放送がクリスマス仕様になりまして
もう12月になってるつーのは分かってたんだけど、
例年にも増して、年が暮れるの早すぎますわ。


ちうーことで
ひさびさザラスまで乗り込んで買ってきたのに
撮影したりなんだりしてる間に、半月ぐらい経っちゃいまして
すっかり旬を逃してしまいましたけど

トランスフォーマーリベンジ
RA-24 バスターオプティマス、ジェットパワー仕様。


warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus01.jpg warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus02.jpg

例によって例のごとく、説明書は最後まで読まない派なので
おじいちゃんとの合体方法は好き勝手に変えてます。
なんとなく、映画本編のイメージだと背部のジェットエンジンが
ゴツく盛り上がってる気がしたので、そんなな風に。
あと足を動かしやすいように伸ばしたりとか。

パネルを折りたたんで形成するオフィシャルの武器は、
あのカタチがあんまり好みじゃなかったので
潔く、余りパーツとして盾に。タカラ伝統といいますか。
ちなみに↓の画像では、未使用時として腰に下げてます。

warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus03.jpg warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus04.jpg

ツマ先から下が、長ッ て気もしますけど、
ぜひ薄目にて、遠くから眺めていただければ。

しかし、まあー
これって改めて見直すまでもなく、2009年版ゲタ合体。
'90年代はゲタそのものだったものが、いまの技術だとこんなんなるとは
なんだかちょっと、感慨深いものが。

warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus05.jpg

ヒューマンアライアンス付属のフィグといっしょに。
対比としては、フィグの方がちょっと大きめなんですが
モチャ的にはこのぐらいがちょうどかな と。

しかし、ほんまこつ このオプティマスよう出来てはる。
あの一昨年前に発売されたオプティマスにはじめて触れた時も、
その造形、ギミックのスゴさに驚嘆いたしましたけど
あれに匹敵する、この完成度。

変形ギミックに関しても、わたくし前述のように 取説読まない派なもので
今回初登場のパターン「はずす」ってのは、さすがに思いつかなくって
ひさびさギブアップすることになりました。完敗。
いや 一本取られましたわ つか思いつくわけない。

warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus06.jpg

一斉射撃。
ちなみにこの画像でもそうなってますけんど、
腰のタイヤが水平位置まで上がってるのは
あえてそうしたわけでなくって、大体の場合、
つつき終えて気が付くと勝手にこうなってます。


えーあと 最後にですね
今回、撮影した画像をまんま並べていけば、
もっと労せず済んだはずなんですが
どうしても足元に敷いてるものが気になりまして
柄が水色の水玉なもので。

warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus08.jpg
証拠画像


で 気になる部分だけを ヌキヌキやってこうと
そう思っていたのに、いつの間にやら、全部抜いてくことに。
少ないオフタイムを削って削って作業した、
その甲斐あって こんな副産物↓も出来るように。
全然うれしうないですが。

warugakiaction-2009-12-13_buster-optimus07.jpg

追伸:
今回紹介し損ねた、
ヒューマンアライアンスな スキッズ&ミカエラについては、
また後に。

はっきり言って、これ以上のヒュマアラは、
最初にして最後の出来として もう出ないと思っていた
あのバンブルビー&サムを、がっつん超える出来。
おじさん大興奮ですわ。

フィグ放題。

ついに つーいー に
ひさびさウチに新・基地要員がやってきたー てんで、
そんならもう基地遊びするしかなかろうもん。

eijaikaya-2009-10-16_sam-and-epps1.jpg

いまさらとは言わせない
トランスフォーマー ユニバース USAエディションより
微妙にイイ出来な、オンスロートが参戦。

開閉するドアといい、上部ハッチの具合といい
サム&エップスを待っていたかのような、イイカンジ具合。
サイズの不自然さ以外は。

eijaikaya-2009-10-16_sam-and-epps2.jpg

そして基地モード。
オンスロさん単体では見られたものじゃありませんが
フィグやあれやこれや、絡めてはじめてそれっぽくなる
そういうとこがまたイイんじゃーないかなと。手作り感があって。


 ・・・

ちなみに トラフォとはぜんーぜん関係ない話なんですが
実は今、勤め先が11・1 リニューアルオープンに向けて、改装中
(そして閉店中)でして この2週間ほどは研修として他店に行かされてたんですが

明日でそれも終わり、しばらく体が空くのをいいことに
ちょっと ココ、そして母屋名称を変えてしまおう かなと。
変えることに特に理由はないんですが、まあ
いつもの通りの なんとなく衣替え気分とでもいいますかー

とはいえ、勤め先が開店準備に入る前までに、
しっくりくる新名称が思い浮かなければ無期限先延ばしになるとは思うんですけども
まあ 今しか出来ない、もったいない時間の使い方するのも、いいかなと。

そろそろ、セミリタイア(仕事のうえの)も ええ加減で
やめていい頃合になってきたんで、ひとつ最後のお遊びと思って
見逃してください すいません。<誰宛てだ

突撃ヒューマンアライアンス

財政難につき予約取消 するんやなかったんかーい
というツッコミもありましょうが、きてしまったものは、しょうがない。

eijaikaya-2009-10-10_b-and-s.jpg

というわけで カネのないとこにガツンときたった
タカラトミー トランスフォーマーリベンジより
RA-21バンブルビー&サム・ウィトウィッキー RA-22サイドスワイプ&エップス軍曹

てっきり一緒にくると思っていたスキッズ&ミカエラが
来月中旬発売だったのは、不幸中の幸いか
まあ 調べてそれが分かったからこその予約継続だったわけですが。

eijaikaya-2009-10-10_bumblebee02.jpg

eijaikaya-2009-10-10_bumblebee01.jpg

待ちに待ってたコンセプトの商品だけに、
フィグを絡めて遊ぶ この楽しさがもー たまりません

eijaikaya-2009-10-10_sideswipe02.jpg

eijaikaya-2009-10-10_sideswipe01.jpg

サイドスワイプは、デラックスクラスの方を 映画観に行った帰りに
買うかーどうするかと、悩んで結局買わなくって で後日行ったらもう無くて
しばらくは、あんとき何故買わなかったのかと悔やんでいた
それなのにこないだの再販時もやっぱりスルーしてしまって

で今回のサイドスワイプなわけですが
ギミック満載でよくできてますわコレ がしかし
デラックスの方もやっぱり買っとけばよかった。未練タラタラ。


eijaikaya-2009-10-10_s-and-e_figs3.jpg eijaikaya-2009-10-10_s-and-e_figs1.jpg eijaikaya-2009-10-10_s-and-e_figs2.jpg

そして今回の目玉、2.5インチマン(違
顔の塗りわけがアレなとこが目立ちますけど、特にサムに関しては
服のシワ、靴など各部の造形は思いの他 よく出来てます。
ボディバランスも良好。可動範囲も左画像の通り、小っこいのに及第点。
気になる顔は、この際もう銀メッキにするしかない。

一方で、エップス軍曹に関しては
四肢がヒョロ長くて、ちょっと不恰好なのが残念。
ただ、サムとの身長差を無理から実現した勇気は買いたい。


で だ

カーモードがこのサイズで、乗り手がいるってんなら
やっぱ試しておかんとな。 とーいうわけで
ひさびさ引張り出してきた トランスフォーマー バイナルテック
ま 単に3年と10ヶ月前のアレの再現なわけですが。

続きを読む

あっさり帰還。

変形!ヘンケイ!トランスフォーマー を追っかける旅路へ。

eijaikaya-2009-02-22_hkhktfs01.jpg

ひさびさザラス寄ったら、棚にあったつーだけなんですけども。
チータスだけ無かったのが、惜しい.。ビミョウに。

ハウンドサイクロナスとも
適度な変形難度に、ひとヒネリ利いた変形ギミック。
もちろんアクションポーズもおもいのまま(懐かしいフレーズ)で、
あー ついつい時間を忘れて繰り返しヘンケイさせてしまう。

でも、まあ
彼らの出来も確かに良いんだけれど
オマケ2人組も、なかなか見過ごせません。
とりあえず ジャガーの腰にナイトスティックを合体。

eijaikaya-2009-02-22_hkhktfs02.jpg

あのシルエットを再現するために、もう1体ナイトスティックを用意
・・するのは、さすがに諦めて (昔ならやりかねなかったと思いますけど)
ハウンドの武器で代用したんだけど うーん
やっぱり、なんとかしたかった もう1体。画的に。

eijaikaya-2009-02-22_hkhktfs04.jpg

そして、なつかしネタのスーパーリンク
ナイトスティック×ジャガー。

数日後に発売となるインフェルノは、
まだ買う踏ん切りがつかない状態なんですが
この出来の良さを見てるとやっぱり欲しくなるわー。
どないしてくれよう。


eijaikaya-2009-02-22_tfg2009a.jpg

あ ちなみに、こっちも買いました
トランスフォーマー ジェネレーション2009 vol.1

のっけからのエイジ・ヨシオカ書き下ろしアメコミアートで
いきなしテンション上がる上がる。

eijaikaya-2009-02-22_tfg2009b.jpg

構成としては、
オルタニティ・ディズニーレーベル・マスターピース各商品に2割
変形!ヘンケイ!・バイナルテック・復刻版・マーベルクロスオーバーに2割 と
前半部は、昨年からこれまでの商品紹介。

オルタニコンボイは、これ読んでやっと買う気になってきた。
(ちなみに、長らくおもちゃ誌は読んでませんので。)
資金の工面がネックか。まあ、もう頼んでますけど。ツーハンで。

中盤からは、それまでの水先案内からガツンとギアを上げて
収集する魅力のご紹介。題して、トランスフォーマー・マニアックス。
今回は、ダイアクロン当時から現在に到るまでの初代コンボイの、
数々のバリエーションを事細かに解説。12ページにも渡って(笑

そして、'84~'86の海外カタログ紹介をはさんで、
ソレ系スキーにはたまらない、デザインスケッチ集のコーナー。
いやー あると見込んで、買ってよかった。

eijaikaya-2009-02-22_tfg2009c.jpg

個人的には、バイクトランスポーターとコンボイの合体とか
これはこれで、今風アレンジで見てみたい気もするげな。

eijaikaya-2009-02-22_tfg2009d.jpg eijaikaya-2009-02-22_tfg2009e.jpg

もちろん、最新アイテム数点のものも掲載。
ハマー風ハウンドが、個人的にはちょっと気になるかもー。


この他、開発者各人へのインタビューも5ページに渡り掲載。
いたれりつくせりの内容で、これで2K+Taxはお買得価格。
TF漢なら買っとかなアカン。

あっちゅう間年越し。

あけましておめでとうございま略。

とりあえず、めちゃめちゃ忙しかった年の暮れの仕事場で、
グーゼン見つけた2009年向きの画像を、年賀状代わりに。




本当は、ひさびさ絵でも描いてみるかーとか、考えてたんですが
なんーぼがんばっても思うような立体が描けなくて、やむなく断念。
まあ もともと理想の通りには描けやしないんですけど
ますますひどくなってきたとゆーか。
やっぱ日々ペン持ってないと、ダメってことかー。


やむなくと言えば、変形!ヘンケイ!トランスフォーマーがらみで昨年末の
願望百貨店限定ラムジェットとトイホビーマーケット限定ダージ。

どちらもぎりぎりまで買う段取りをしてたんですが、トイホビーマーケットについては
前回(スカイワープ)はコンビニ決済でもOKだったのに、今回なぜか
カード支払いでないといけなくなってて カード持たない主義のわたくし的には
その時点で 変形!ヘンケイ!トランスフォーマーを追っかける旅は、
終わってしまったのでしたー

で グーゼンというのは重なるもので、
年末に一般販売されたサイバトロンチータスハウンドも、通販申込みし忘れてまして。
ガルバトロンアイアンハイド(とラチェット)までは、予約してたのおぼえてたんだけど
申込みしたかなーどうかなー とか言ってたら、やっぱしてなかったという話。
これも神様のおぼしめしってやつなのか

まあ 確かに あんまりネガい話はしたくはないんだけど
変形!ヘンケイ!トランスフォーマーの世界観に、魅力を感じていなかったのも事実。
じゃ どうならよかったのかー となると、また難しい話になるのですが。
タカトミ側の要望もあっただろうし。
個人的には、TFG2の吉岡英嗣さんのおまけマンガは、短いながら
絵もキャラ作りもなかなかツボにはまって、毎回楽しみにしてたのを思い出します。
とりあえず今後は、陰ながら見守ってゆく方向性で。


とー まあ
そんなダウナーなノリから1年を始めるのも、ナンなのですが
ともかく本年もよろしくお願いいたします。

後悔は忘れた頃にやってくる。

先月ぐらいから、あんだか妙に
生活費のやりくりが苦しくなってまして まあ確かに
運転免許の更新があったとか、急な車のエンコがあったとか
遅まきながら覚えた夜遊びに時々行くとか(笑

原因はいくつかあると思うんですけど
やっぱこの存在は大きいかなと。

eijaikaya-2008-10-29_hkhktfs.jpg
忘れた頃にやってきたヒトたち。

サンストリーカー・プロール・サンダークラッカー・スカイワープの到着で
9月はしめて4,400円。(送料込み。サンクラ・スカワは先払い。)
シルバーボルト・オンスロート・パワーグライド・オクトーン・ランボル・ストリーク
と怒濤の商品点数&単価高だった今月は、17,602円(!) とー

8月までのモチャ代を大幅にガツンと上回って、
もうキュウキュウです。キュウキュウ。
今から来年初の新商品ラッシュがコワイつーか
いまんとこ、予約躊躇中。

MPグリムロックは、ほしいんですけどねー
何となく、イイ感じのウィーリーが付属しそうな気がして。
気のせいですかそうですか。

どちらさまの記憶にも

留められていないこととは思いますが 一応、生きてます。まだ。
アニメイレビューの続きもほったくりっぱなしのままで。


いや 一応
理由はあるのです。

 eijaikaya-2008-08-31_hkhkunite01.jpg
 変形!ヘンケイ!サイバトロン6体合体(未完)

もともと、前回記事を書いた時点で、すでに
アニメイ第1弾の商品は、あちらこちらでレビューがなされた後。
いまさら改めて てーだけでも芸がないのに、一気に書き上げられなくて
残りを後にしてしまって

かてて加えて変形!ヘンケイ!トランスフォーマー新商品の発売
(注*当時の話です) によって、巷の話題は、完全にそっち方面に。
かくなるうえはアニメイ紹介に、変(略) の一発ネタをカブせて、
これでひとまず体裁は整うだろうー ・・てので始めた、ムチャ合体だったのですが

eijaikaya-2008-08-31_hkhkunite02.jpg

こっからさて、どうするかというところで、止まってしまいまして。
どうせネタなんだから、タカラ系譜玩具の伝統で、単純なゲタ合体で完成、と
それでよかったんですが 形状的には合体可能であっても、その体型にもうひとつ納得いかず。
スーパーターボロボ的といいますか、タカラグレート合体的といいますか。

eijaikaya-2008-08-31_hkhkunite03.jpg

こういうのも同時進行してたんだけど
やっぱり具体的にできず、断念することに。
あー おれのおもちゃ魂もここまでか。



などという流れがありましたゆえ、ずいぶんと間が空きましたけど
気にせずつづきを。

続きを読む

アニメいやつらがやってきた

待ってれば、そう遠くない未来に日本版が手に入るに違いない
じゃあおとなしく待ってみよう と構えていた Transformers Animated

それがこの度、奇異な縁で、
学研さんに代理購入していただけることになって
迷いに迷った末、イッキ買いを決行することに。
その節は、おありがとうございます。

しかし、海外モチャがリアルタイムで手元にやってきたなんてーのは
ビーストマシーンズの時以来なんじゃあないかしら。
これもひとえに、劇中の豊かなキャラクター描写と、
独特のスタイリングを大胆な変形機構で実現した、モチャの完成度の高さ
それらがあまりに魅力的だったゆえ。

eijaikaya-2008-07-19_animateds01.jpg

とー いうことでー 思わずズラリ
ディスプレイの前に並べてしまいまった


eijaikaya-2008-07-19_animateds02.jpg

おかげでメニューバーが全然見えません(笑


続きを読む

ここ最近は、見たか見ないか

なんかそういうハナシばっかになってますけど 
とりあえず今回も、噂のアレを見たとゆー話でひとつ。


で 早速ながら、見ました Transformers Animated
90分スペシャル(第1~3話) "Transform and Roll Out!" と
第4話 "Home is Where The Spark Is"、第6話 "Blast From The Past" 。

試聴前の個人的な感想としては
1stビジュアル公開時には、その個性的な顔ぶれに いきなり大ハマリ。
続きモチャ画像が出回り始めたところで 期待が最高潮に達しまして

・・がしかし 待望の動画
(コミコンでおひろめとなった例のアレ) が解禁されてみると うーん 
なんだか、絵ヅラ以外は、割と普通のロボアニメな。
もっとムチャクチャなのがくるかと思ってた分、拍子抜けしてしまいまして

で 年明け後のお休みがようやく取れた、昨日の夜に
とにかく本編見てみるかー てんで、見てみたら
いまや心底トリコに成り果ててますがな だんなはん。


以下、ネタバレを抑え ・・たかったんですけど、盛大にやっちゃってるんで
情報をシャットアウトしたい方はご覧にならないようにー。

続きを読む

ええかげんにせえよ。

7年勤めた先輩が、急に辞めてしまって 
職場がてんやわんやんなってて映画レビューも書く間ない つー 
そんなこたあ、どうでもいい 
つか どうでもよくなる、あのニュース。

先日のキャラホビ2007にて 
あの スカイリンクスの復刻プロジェクトが発表になったとか。


 ・・・・・


歴史的価値も、日本での発売が検討される意味も、
重々承知の上で、あえて言ってしまいますけど 

 TF、ツブす気か。

これまでの実績から何も学んでいない姿勢に、
流す涙も枯れ果てた。

確かに、かのキャラクターの活躍を印象深く覚えている方も多かろうし
それによって、復刻を待ち望んでいたファンもいるでしょう が

しかし、数あるTFのキャラクター中でも
一見さんお断りの商品としては、群を抜いているのが
このスカイリンクスではないかと、あえて言わせてもらいたい。

無策で市場に放り込めば、
実写映画版のヒットによって生まれ始めた波が
脆くも泡になるようで、戦慄が止まない。


どういう経緯から、今回の話が始まったのか
そこんところは計り知ることも出来ませんが
トランスファンにとって価値がある物が掘り出せたから
今すぐカタチにしとかないと
・・とかホゲたこと考えるのは、もうやめなはれ。

担当者さん個人の思い入れを越えた所で
どうしても発売しなくちゃいけないってんなら
海外と同時に発売して、USAエディション と銘打つのもよろしかろう。
それによって、国内生産数を一定抑えるらえるかもしれないし、
また年代差によるチープさも、海外トイということで、
色眼鏡で見てもらえるかもしれない。

で まあ、そういう段取りもおぼつかないってのなら、
発売は中止した方が最善ではないかいなと。
この商品を手にしたいという方の気持ちは分かるけれど
TFの今後を思えばこそ。



とー いうか、
いまどき復刻商品ズラズラ出して商売当てとるメーカーあるんかいな。
どこに乗っかって商売したいのか、全く分かりませんつか
分かりたくもないですあ。

売ってねえ。

いまや朝から晩まで仕事に追われる身ではありますが 
いちおう、アレだけは買っておかなーなるまいと 
巷のゲット報告にはアンテナを立ててまして 

でー 世に出たと、聞いた次の休みに 
ザラスまで急ぎカッ飛んでみたわけですが

売ってねえ マスターピースメガトロン。
ATMの時間外手数料105円かえせー。

ちうか、これは アレか
キスぷれホットロディマスん時みたいに
ソッコー売り切れたとゆー ファンにとっての嬉しい誤算なのか
それとも、マスピスタスクが未だにピクとも売れてない
それが招いた当然の結果なのか。

eijaikaya-2007-04-21_zaras1.jpg

数ヶ月前からのスタスクinザラス:
在庫が4個しかないのに
ムリムリ2フェイスで展開。泣ける。

・・まあ、実際のところ
小量入荷>即完売、の流れですか。マスメガ。
入れないってこたないと思 いたい。

ちなみに余計なおまけ。

eijaikaya-2007-04-21_zaras2.jpg

入荷以来、やはりピクとも動かない
キスぷれオートルーパー。



・・で ↑ が半月前の話で
こうなったら、しゃああんめえ
最後の手段でツーハンに頼ってみるかと
重い腰を上げてみた。つい先日。

eijaikaya-2007-04-21_haisojokyo.jpg

・・よりによって、休みと休みの 丁度合間に持ってきやがったー。
お目にかかれるのは、月曜日(23日)に。

続きを読む

リュウケン後番組がBW再放送になるとのウワサですが。

まさかして
おもちゃもリペ・箱替えを、山のように再販するつもりじゃなかろうな。
そんなこたあない と言えないのがここ数年のTFの悲しさ。


後だしジャンケンになるんで控えてましたけど

 ・ キスぷれロディマスの声が石丸博也さんでない。
 ・ レギオンはやっぱりユニクロン関係者。
 ・ 結局そうなるか、MP-1完全版発売。

なんとなく こうなるような気がしていたガッカリが
次々現実になっていくので、今回は避けてほしいところ。
(ま 置鮎さんのロディマスは、キスぷれ世界には
似合ってると思いますけど。いい意味で。)


続きを読む

トドメさしてきた。

スキッズ、in地元ザラス。
とはいえ 3日前の話なんですが 

いよいよ給料日も間近になって、
それほど節約せずともよくなってきたので 
思い切ってヤっちゃうかー てんで
ザラス行ったら、その時点でラス1 じゃーないですか 
ちょっと予想外。


続きを読む