やっとこ、ここまでたどりついたわな

2018-06-23_finalstage-ofthework.jpg

5年に一度のお仕事免許、更新書類。フィニッシュまであと2、3歩といったところ。
アホほど作った書類の山を、そりゃー 平成ダイアクロン隊員も、思わず見上げますよってに。
月をまたぐ前の提出が最終期限だけれど、間に合うかな。5年分の台帳。

ちなみに イクゾクロス 関連は、書きはじめると、果てしなくつづけてしまいそうなので
気持ちをおさえて、ああしよ こうしよと考えるに留める日々でございます。



さてー そんな中ながら、なんとなく眺めていたツイート群に、気になる話題がありまして
ズバリ、ダイアクロンがもしアニメ化するとしたならば。 参考リンク:Twitter検索 ダイアクロン アニメ
ざっくり読み込んでいくと、賛否両論のキモは、期待する作風になるのかどうかということに、集約できるように見えますが。

確かに、わたくしも以前、メディア化については言及したことがありましたけれど、参考リンク
これは2016年のダイアバトルスV2発売当時の印象で書いたことでしたんで、パワスー発売後、ぐーんとミリタリ度を増した現状と照らし合わせて見るに、
そのとき思い描いたスタイルは、ちょっとそぐわなくなったかな、という印象。


それだからというわけではないのですが
現時点でのアニメ化については、わたくしも、個人的にはノリ気でない。

理由の1つは、そのアニメ化を最高潮として、放映終了後にムーブメントが下火になってゆく現象は、これまでの数々の作品でもあったこと。
まあ、商品寿命を3年ひと区切りと考える、わたくし的見解によれば、打ち上げ花火として映像化に踏み切るのは、なくもない選択肢という気もしますけれど


ただー やはり、方向性。

先にも書いたように、ダイアバトルスしかなかった1年目は、ヒーロー性の強い作風がサイコーに似合っていましたけれど
パワスーの登場を機に、現行商品は戦記モノ寄りに大きく舵を切った感。カラバリ展開も大方は、渋さを強調する方向性ですし

このイメージを受けてかアニメ化については、望まないか、PV で描かれるハードな世界観が見たいとの声が多く聞かれ、この点はわたくしも同意見なのですが
アニメ化の提案自体は、すでにあってもおかしくない、とも考えている派。(邪推です、念のため。


だから まあ、頭ひねってみたわけですよ
ファンが望むと望まぬとに関わらず、諸事情あってアニメ化が実施されるとなったとき、
どういうカタチなら、より多くの理解が得られるものになるのかを。



結論から申し上げますと、現行のダイアクロンは、ハイターゲット路線として、商品展開もPV作成も 今のままのスタイルで続行。
それとは別に、ギミックを簡略化した低価格商品を展開して、これがアニメ作品仕様のダイアクロンとなる、つまり住み分け案。

このアニメ用の商品は、高谷さんの手を離れてしまい、現行の商品展開とも連動しない(例えば、誤飲防止のため隊員のサイズも大きくせざるを得ない等)
けれども、こだわりの現行展開に対する、ハイペースの商品展開が持ち味のアニメ版、という位置づけ。
気になる商品クオリティは、まあ、タカトミさんなら、高谷さんだけに頼らずとも、期待の持てる商品内容になるだろう と。


そんなん平成ダイアクロンちゃう、いらんわな! いう声も当然出ると思いますけど、
そこでちょっと商売人根性を強めに出して、商品のラインナップやシルエットを、昭和版と平成版のいいとこどりにするわけですよ。

ダイアバトルスなら、平成版をベースに合体機構を簡略化して昭和版に近づけ、太もも小羽根やたくましい耳アンテナを復活させたりとか。
その他のラインナップも、リブートを期待する声は聞こえるものの現行展開ではまだ登板の望みが薄い、例えば
スカイベースロボットベース を、こちらで先にリリースしたりとか。


 (※ここにはイメージ画が入る予定でしたが、都合により、各人で思い描いて下さいますよう、お願いいたします。)


とー いう、商品的にも世界観的にも、本流と一線を画するメディア化だったなら
ある程度いまどき寄りのアニメ化でも、受け入れてもらえるんじゃーないかいな。
アニメ本編とともに簡略化・低価格路線商品が終了しても、それを多段ロケットのように切り離して、現行ダイアクロン自体は生き延びられる気もしますし。



・・まあ ↑ んだけ大話しても、実のところ
そもそもアニメ化する話なんざー 影ほどもなかったりして。ぎゃふん。


あい、まじめに仕事に戻ります。

結構残念ニュース。

ただいま最終回目前、大人気放送中の ヤッターマン の後番組が
夢色パティシエール という番組になる というウワサ。

・・わたくし的にはですね
かの番組が時間帯変更になる前の、1年ほど前から
ヤッターマンの後番組は トランスフォーマーアニメイテッドで決まり
と思っていただけに、ちょっとショック。
いや 後を受ける番組自体に非は無いんですが。


重要だったのは、時間帯変更になる前の 月7 とゆー点で、
これが作風にマッチしていて、いいんじゃーないか。
そしてなによりもセカンドワークで世話してる子たちの間で、
月7当時、かなりこつその存在が浸透していたということ。
だからそのウラで、実は放送休止が続いていたと知ったときには
エ、うそー! とか思ったもんな。

まあ 日曜朝に移動した以降は、途端に彼らの話題になんなくなって、
番組自体の視聴率もかつてほどの勢いがなくなった、ということは
結局コナン人気にあやかっていたというだけだったのか。
今になってみると、休みまくりになるよか、よかったか とも思える。

この次のタイミングで行くと トミカヒーロー レスキューファイアー の後辺りが
ありそうなセンだと思うんですが (トミカヒーロー3作目でなくて)
なんだか個人的には、夕方枠の方が似合う気がしないでもない。

あと少々脱線しますけど、日本語版の声のメンツは
あえてビーストウォーズのそのまんまのメンバーでいい気がしてきた
ウルトラマグナスはぜひ梁田さんで(笑


あ あとあと ほんと唐突ですが
もしかしたら、まさかまさかの急転直下の
子猫送り届けの旅(日帰り)が現実になるやも。広島市まで。
1度も行ったことナイんですが、辿り着けるかな。

また本ネタですが。

例の'07 プチCALENDAR にゃんを探しに行った本屋さんで 
たまたまみつけて、そのときは、うーん 手持ちもないし 
こーいうの次々買ってると果てないしなあ。(おもちゃと同じで。)
と思って、あえてスルーしていたんですが 

オトコノコの魂は、むしろ日増しに
求める気持ちの方が強くなるばかりで 
そんなわけで買ってきたった 

 コクピット イズム 02
 発行: イカロス出版株式会社
 定価: 1,500円 (in TAX)
 ISBNコード: 4-87149-884-0

 eijaikaya-2006-12-20_cockpitizm02.jpg


続きを読む

かねてより、しっかり見ておきたいと

そう思っておりました装甲騎兵ボトムズが、
パソコンテレビ Gyaoにて絶賛公開中なわけで

休日ともなれば
当時、未放映地域にて見られなかった分を
存分に取り返さんと、ガッツリかじりつきながら見入っております が

いやもうコレ
その昔に見ていたら、いまどっち方面に転んでるか分からない
そのぐらいにスキ路線な話とメカで。
なんでもっと早くに、無理してでも見ておかなかったのかと
後悔している次第でございます。



で 一線は退いているものの、とりあえず
未だ一応こちとらおもちゃ漢の端くれなわけですんでー
こうなると、アクティックギアを買い揃えたくなるものですが
店頭で何度も手にとって、買っちゃおうかと悩んではみたものの
うーん あの小ささに、あの価格は出せないよなあ。
いや コレクションするサイズとしては、最適なんですが。

作りに作り込んだ1/12やまと版や1/18タカトミ版も、触ってはみたいけど
あのバラエティ豊かなATの数々をずらりと並べてみたいってのが、主なので
そこまでのラインナップを期待できそうにないのは、ちょっとなー。

1/35復刻プラモシリーズ(SAKリバイバルコレクション)は、
マイナーATまでも入っているという、かゆいとこまで手が届く心意気は買うんだけど
作る手間かけられるかってことになると、また別の話で。
カバヤガム版が復刻・・ してもおんなじか。結局。



ちなみに、もっかい見ておきたいなつかしアニメといえば の
逆転イッパツマン・未来警察ウラシマン・機甲創世記モスピーダは
これまたYahoo!動画にて絶賛公開中でありまして。

ただしこちら、Gyao(週ごとに2話配信)と違って
期間限定で全話試聴可能、という仕様。
その公開終了までになんとか見ておきたいところですが

そういう形態だと、一気に見られる環境にあればありがたいんでしょうが
逆に、今週見ておかなくても大丈夫かつーて日延べしてしまって、
そして結局見逃すような気が。

ちうか、そろそろやばいんじゃなかろうかモスピーダ。

第一印象は、過剰装飾。

グリッドマンを初めて見たときばりのー。
ま いまどきの新作ですから そこんとかあ大目にみないと。
なにせタカラ発。<結局それか

つーことで、
視聴するかどうかも決めかねていた先週末 
例によってOPと玩具CMを、以下略

で、ちょっとよさげな感じだったんで録画予約してみた、
テレビせとうち放送枠。(木曜朝 8:05~8:35)


 ・・・

いなったソッコー
ブレイブレオン、買ってきまった

eijaikaya-2006-01-12_ryukendoh-braveleon.jpg

本当は、こっちはスルーして
バスターウルフ買うつもりだったのにー。

続きを読む

一足遅かったり、早かったり

な感じで やってきた、クリスマスプレゼント。
主は自分から自分宛てのものですが。


遅いめにきた品は、遂に降臨 
自炊の必需品・炊飯ジャー 
ジャスコでの見切り品、特価5000円。
これで冷凍食品漬けの日々から開放かー

 eijaikaya-2005-12-27_suihan-jar.jpg


早いめにきたものは、いくつかあるんですが
まずはー こないだの休みに、
ひさびさハローマック行ったときのコレ

 eijaikaya-2005-12-27_diablock_block-insect.jpg

ダイヤブロック ブロックインセクト
DXとどっちにしようか、かなり迷いながらも
千ン百円の差は越えがたく、こちらを選択。


 eijaikaya-2005-12-27_nexus_hero-pictrial2.jpg

それと同じ日に買ってきたのが
ウルトラマンネクサス ヒーローピクトリアル Vol,2 千樹憐 編
前回同様、内容の濃い一冊でした
最終回を残す次号 Vol,3も気になります
つーか最終回だけで一冊埋めるっつーことはなかろうから
ナニが収録されるんだか、今から楽しみ。


そしてー 本年の最後を飾るにふさわしい
熱望していたド本命が、サンタさんから届きました
ガイキング -LEGEND OF DAIKUMARYU- (1~5話)


続きを読む

まさに正しく

チェンジング・ナウ! の チェンジング・ナウ!らしさが詰まった逸品でした
マガジンSpecial 9号掲載の、出張読み切り2本。

読み切り1本目
序盤は あのキャラたちの不意なる再登場で、まずツカミはヨシ
中盤、もしかして タルくなっちゃうかなー
と思いきや シメは さすが、いい具合にチェンジング・ナウ!らしく
笑かせながらも気持ちよくまとめるオチで、ホっと安心。

2本目は、内容自体は連載を読んでいた人向けなんですが
のどかな流れながら、ちゃんと読ませてしまう 独特のフンイキは健在。
逆に初見の方ほど興味を惹かれるんじゃないかしら とか(欲目

ギャグ部分とマジ部分とがうまいこと均衡を保っていた
本来のチェンジング・ナウ!のバランスを、
大きくマジ方向に傾けて描かれた あのラストエピソード
その連載終了後に執筆されたものということで、
今回の読み切りには当初不安も感じていたんですが
いやー 全く杞憂でございました。さすが。


そして、遂に出た
3巻発売日の正式告知。9月16日(金)だそうですよ
今から忘れないようにスケジュールに入れとかんとー


・・それはそれとして

慌てて立ち読みしたもんで、他のは読んでこなかったんですが
帰ってきてからマガスペ掲載陣をよく見たら

島田英次郎兄さんの お憑かれさん も載ってたんですかーい
つーか出ないんすかねこっちは、単行本。

知らんかった

ロッピで注文した商品 
ウチに直送してくるもんだとばかり思ってた 

つーことで、指定店舗に引き取りに行ってきましたよ
映画 ULTRAMAN DVD。
どうせならフンイキ出しちゃおうということで
高知イオンのシネコンで、ポップコンとコーラも買ってきた。

eijaikaya-2005-07-23_ultraman-dvd.jpg


感想:
詳しくは、また明日。
ムック買ってこないかん。

早ッ

eijaikaya-2005-06-24_ryugakiru1.jpg

おとつい在庫ありメールがきて
入金したのが昨日の午前中
ブツの到着は週明けかしら とか思っていたら
もうきた 「竜が斬る!」全4巻。


もともとコレ読み出したのは

eijaikaya-2005-06-24_ryugakiru2.jpg eijaikaya-2005-06-24_ryugakiru3.jpg

1巻冒頭の
この辺のやり取りがツボったこともあるんですが


続きを読む

緊急入電あり

「ターゲット発見」
「了解」

てなー具合で、鈍さんが
職場近くで発掘してくれたおかげで
無事確保に致りました

ウルトラマンネクサス
ヒーローピクトリアル vol,1 姫矢准編


eijaikaya-2005-06-23_nexus-heroepictreal.jpg

ウワサには聞いてましたけど
番組に思い入れのある方ならコレ
なかなか買っとこグレードに達してまっせ。


スタッフインタビューもさることながら
劇中スチールで再現された名場面の数々に
思わずトリハダがー

なお、インタビューの中に若干最終回バレがあるんで
完全シャットアウトで明後日に臨みたい方は
詳しく読み込まないこと推奨。

ちうか
NR側(ちうか主人公)のインタビューがないんですが
・・・次回?

うすうす

覚悟はしていたんですが。
実際、ここ何回かは低調に見えたしー

つーことで、個人的にオシてた
週マガの チェンジング・ナウ!(作/UMA)が
今週号より最終決戦(打ち切り)編スタート。

続きを読む

最近で

一番最後に観た映画がスパイダーマン2で
その前が少林サッカーと 一時期に比べめっきり減った映画館通い。
いや行きたいは行きたいんですが、時間的にも都合的にも
なかなかうまくゆかず。



じゃ どこで長尺もの分を補給しているかつーと
おかあちゃんが録画する 月曜ミステリー劇場 だったりするわけで

いやそこ、コケないように
これはこれでナナメに観る分にはアレで興味深いものもあるわけで
例えば、副音声で流す視覚障害者の方のための状況説明は
ト書きそのままを読んでるので、現場等で変更した箇所が分かったり とか


ま そんな感じで、毎回まじめに観てるわけでもないんですけど
振り返ること2年と9ヶ月前

思わず姿勢を正して見入った作品がありました

 2002年7月8日放送
 横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ
 (原作 横山秀夫/脚本 久松真一/プロデューサー 越智貞夫/演出 清弘誠)


確か最初は、アギト劇場版に出演した(いや当時の感覚ではね)唐渡亮
が名を連ねてるなあ、とか その程度の認識だったと思うんですが

始まってみると、インタビューにもある通り
全編に渡って緊張感が漂い、男たちの役者魂(だま)がぶつかり合い火花散る
近年見ることのなかった硬質のドラマが展開され、
箸持つ手はおろかまばたきも止まるほどに引き込まれてました


続きを読む

今月のボンボン。

なにはなくとも
「爆進!スイッチレイダー」(まんが/渡辺格)、最終回。
商品自体も先が長くないっぽいんでコレ
ホビー展開と連動した終了ということですか
単行本化も予定に無いみたいで 勿体ないー。

ボンボンの質を安定させるためにも
次回作お待ちしてますんで、早めに帰って来てくださいませ
まんが版ギャラホならなおイイんですがー

ま それはそれでまた寿命短そうな。
言ってて泣けるナー

いつの間にか、週マガに

島田英次郎兄さん復活してるじゃーないですか
ちょっとちょっとー いつからなんすか
バックナンバー見に行かないと。

・・とか言いながら、伊達グルーヴも、サッカーけるける団も
コミックス買ってないですな。そういえば。