大倒壊。

まあ まずは、こないだのエントリに掲載する都合で、
昔撮った トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW01 スペリオン の画像フォルダを見直していたと思いねえ。

するってえとー てめえでも、すっかり忘れちまってたんだが
こういうの ↓ が出てきたわけよ、おたちあい。


2017-03-21_unitewarriors10_early1.jpg


続きを読む

うさばらしんのすけ。

こまけえ話はあとにして、
平成ダイアクロン パワードシステム と、スーパーリンク・ユナイトウォリアーズ で遊んでみよう、後編。



そもそもは、ここからすべてがはじまったのだ 的、
前回はゾンビウォーブレークダウンで解説してましたけど そうだ、この組み合わせがはじまりなんだった。
トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-EX リンクスマスター トレイルブレイカー with トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW05 コンボイグランドプライム プロール

2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl0.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl3.jpg
2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl2.jpg 2017-03-11_da-powedsystem_trailbreaker-prowl1.jpg


続きを読む

このさいはっきりいわせてもらおうか。

前回、一発ネタを1つのエントリで終わらせたい とか、小生意気なこと言うてましたけど
画像の編集やってもやっても終わりが見えなくて、心が折れそうになってきたので
アッサリ前言を翻し、前後編にすることに方針転換しましたよ とな。

いうわけでー
ダイアクロン パワードシステムセット、乗っけるところを探していた中で
手近に転がるユナイトウォリアーたちが、目に留まったお話。

つまり

2017-03-03_da-powedsystem_zombiewarbreakdown-diabattles-lower1.jpg

こういうことか ラー イドオン。


続きを読む

箱庭ダイアクロン。

なんーぼ 実家商売で、時間配分が自由にできる身とはいえ
事務所で個人的なあれやこれやは、やったらアカンわな (昔はともかくとして今は)と思ってました



2017-02-26_diaclone_powerdsystam-marinecorps2.jpg

本日たまたま、わたくし1人だけなのをいいことに、朝一番で佐川さんに届けて頂いた タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-05 パワードシステムセット A&Bタイプ 宇宙海兵隊Ver
アーンド タカラトミーモール限定 ダイアクロン DA-04 ダイアクロン隊員セット

そしてお客様に出すための、お茶菓子のカンカンのふたの裏を使用して、サクっと記念撮影。
指揮官2人に立たされる青隊員と、早くお小言終わらせて整備はじめてくんないかなと待つ、緑隊員の図。
先日のような、中・大型商品と連携させる遊びも楽しいですが、こういう、
限られたスペースでシチュエーションを楽しむ 箱庭遊びが出来るのも、ダイアクロンならでは。

あと、赤隊員を見慣れた目には新鮮なカラーリングの、青隊員もさることながら
いかにも古強者な雰囲気を漂わせる緑隊員が、かなりイイ。
買い増しして部隊を編成したくなりますわ。手遅れですが。

こうして手に取ってみると、ダイアクロン隊員のカラバリは
なかなかに、次々と揃えたくなっちゃう危険な存在ということを改めて思い知りますなあ。


続きを読む

何ができるか、地味にあれこれ試しているわけですよ。

とはいえ わが家には、それぞれ1個ずつしかない
ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット BタイプBタイプ
ネタ1つをカタチにして撮影して ってやってる内は、次のネタに行けないわけで
世間様の遊ぶスピードに乗り遅れがちですが、まあ こちとら何年も、半ば冬眠していた身。
今更そんなん気にしても、しゃあない

(以上、ウザいほど長めの言い訳)

そー いやー スピードといいますと、昨年、撮影スペースを常設したことで
撮りたいときに気軽に撮れるようにはなったのだけど、そも もともとは、撮影環境を整えれば
前環境よりもフォトショい作業が減ってイイカンジなんじゃなかろうかと考え、それからやっとこ重い腰をあげたのだけど

気分よく撮れるようになると、以前にもまして カメラの深度 の浅さが気になってしまって (スマホ撮影なんで、どうしようもない)
それまでも、ピント合わせたとこが異なる複数の画像を切り張りしてはいたけれど(参考リンク: 証拠画像。)、今の環境になってから
1枚の画像作るのに どえらい時間をかけるようになってしまって(参考リンク: 証拠画像 その2。) あーもうー ええかげんにしなはれ <自分
結局 もともと、こまけえことが気になる性分なんでしょうなあ。



というー しょもない話は、おいといて
パワスー最初に触ったときに、多分ぼっちり座席に座れるじゃなかろうか と思っていたので
早速試した ↓ コレ

2017-02-16_da-powedsystem_dragstrip1-1.jpg

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット Aタイプ with トランスフォーマー DD-12 ドラッグストリップ&マスターディザスター

またヒューマンアライアンス使ってんのか そのネタもう飽きたー
と言われても、致し方ない がーしかし、だって ちょうどぴったりハマるんですもの
パワスー胴体が、ドラッグストリップの座席スペースに。 いや本当。(参考リンク: 証拠画像 その3。

続きを読む

つー いー にー、きた この日が

ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット AタイプBタイプ、満を持して発売。
いやは 待たされましたわ、半年以上。

商品は、手のひらサイズのボディに秘めたフルアクション要素と
全身に組み込まれた3mmジョイントが発する 超遊んでくれオーラ がハンパない感。
これからじっくり遊んでまいりたいと思います


とりあえず、手近にあるものでくっつくとこ探してみた

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-1.jpg

参乗合体 トランスフォーマーGo! G10 ヒショウマル を多目的ミッションユニットとして運用。的な。
どうぶつ要素はできるだけ、隠す方向性でー

2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-2.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-3.jpg
2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-4.jpg 2017-02-08_da-powed-system_hisyomaru1-5.jpg

続きを読む

パワスー発売直前の、微妙な時期ではありますが

どうにも、こないだの
トランスフォーマーレジェンズ LG35 スーパージンライダイアクロン DA-01 ダイアバトルス V2
絡めた遊びを中途半端に済ませていたのが 気持ちに踏ん切りつきませんでー


なわけで、改めて。
お題は 「ダイアバトルス専用ビークルとしてのスーパージンライ」

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front1.jpg

敵陣に切り込み ありったけ砲撃したら、飛び降りて次の形態に移行する
人呼んで、巡行そのまま突貫モード。<ネーミングセンスなんとかならんのか

2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front3.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side1.jpg
2017-01-25_diabattles-v2_ride2-side2.jpg 2017-01-25_diabattles-v2_ride2-front2.jpg

座席に腰をどっしり沈み込ませていて、座り心地よさげ。
空飛ぶ砲座、の感もあり。


続きを読む

スーパー・スーパースター。

まだ遊んでます、トランスフォーマーレジェンズ LG35 スーパージンライ

いろいろ試して遊んでおりますが、結構購入されている方も多いらしく (参考リンク:Twitter検索:スーパージンライ
みなさま さまざまに遊ばれておりまして、さー ネタカブしない方向で、何があるかなと考えてみて ↓ 結局コレか。

2017-01-07_starsaber-superjinrai1.jpg

ちょっとお約束が過ぎる気もしますが、トランスフォーマー マスターピース MP-24 スターセイバー と、
友情超合体、スーパースタージンライ。

うーん 違和感の程は、こないだの Vスターマグナス に負けず劣らず。
胸に追加アーマーでも付けば、印象も違うんでしょうけど

・・ではありますがー オレの力を貸すぜ!的、ピンチに颯爽登場するジンライさんのイメージで、どない。

続きを読む

いまここに五人の戦士が(違

なわけで 放映終了から、はるか28年の時を超え
トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ のメンツが、ここに勢ぞろい。(ボス1名欠席

2016-12-30_tf-the-titanmasters1c.jpg

海外ですでに販売中のシックスショットたちも、おそらくは、国内導入を検討されているでしょうから
その時代を生きた方にとっては胸が高鳴り、そうでない方にとっても温故知新の体験となって
なんぼか盛り上がっていることでしょうー

わたくし的には、前にも書きましたけど
モチャ的にはかなりハマった(ただし、カバヤ食玩での体験)んですがー
肝心のアニメ本編については、絵ヅラは前作を引き継いでいたのに、演出と音作りが日本製アニメ寄りになってしまったことで
そのノリについてけずに脱落してたりして つまり、エラげに語れるクチでもなかったり。

2016-12-30_tf-the-titanmasters2.jpg

続きを読む

おもうまま、手の動くまま。

8月からこっち、この11月頭までの どえらい忙しさが、やっとこ一段落しましたので
心置きなく遊んだった、トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ UW-EX リンクスマスター

2016-11-15_uw-bruticus_computicon_lynxmaster1.jpg

なんとなく、シルバーボルトの大幅なリデコなのかと思ってましたら、全然違って、完全新規設計。
関節可動範囲は、欲を言えばケモノモードではもう一声ほしかったところ なんですけど
合体モードでは、肩の前後スイングがさりげなく組み込まれていたりして、あれこれポージングさせるには、十分。
ディティールも毎度おなじみのコダワリの凝りっぷり、成型技術の向上によるものか、少し前の商品から導入され始めた
肉ヌキ(ミニ四駆用語)が、イイ仕事してはる。
うーん これアレだ、これまで発売された胴体ロボの中でも1、2を争う完成度。(個人的感想

ちなみに勇者シリーズの番宣ポスター(合体後集合絵)みたいに撮れてるのは、
ノスタルジィです ノスタルジィ。


続きを読む