とりいそぎ、2014年末。

もー この1年、といわず昨年からこっち
モチャの話はもちろん、作品評とか しょもない思い付きネタとか、
あれこれ書いときたいことが、いっっぱいあるんですけど

いかんせん、都合により本日帰省と相なりまして、今回は
昨晩から突貫工事で作った年賀状代わりを置き土産にいたします。
あれこれ直して、仕上げまでもっていきたいんですが。今回こそは。今度こそは。ジンクス破りで。


warugakiaction-2014-12-30_tfrid2015bumblebee.jpg

お題は、来春始まる トランスフォーマーアドベンチャー から、
精悍な顔つきにビックリの、新バンブルビー。

今回の作品は、‘12~‘13年に国内でも放送された トランスフォーマープライム の続編にあたる(原語版では)ってのでー
わたくし的には、その前作は、不本意ながら視聴中断となっておりましたので、この機会にとイッキ見しまして
イキオイで、そのまま国内未放映の第3シーズン トランスフォーマープライム ビーストハンターズ
国内独自展開の 参乗合体トランスフォーマーGo! まで、ガツンと視聴。
ほんともう今、イナカ帰らずグダグダ語りたい(笑


ま それはそれとしまして、↑のバンブルビー。
元サイズをちょっと大きめに作ってて、ちまちま影入れてたんですけど
縮小したらほとんど飛んじゃってて、涙。
絵の作り方が頭から抜けかかってますあ。

warugakiaction-2014-12-30_tfrid2015bumblebee-mgnf.jpg

・・しかしほんと、絵描くには、日々の積み重ねが大事ですなあ。
思い出したように筆とっとったらアカン。

スマホアプリ導入でガンガン更新できるようになる?

ま さすがにそこまでは言ってませんでしたけど、
seesaaさまのスマホアプリを使えば、書きかけをウェブ上で保存できるんで、
PCでその続きが書けたら更新頻度もあがるはずー

・・と思っていたら、スマホの書きかけはPCで見れない
(そしてPCでは書きかけの保存自体ができない)ゆーことで、結局思ったようになりませんで
すいません、いつも通りの言い訳でした。落涙。

まあ 短い内容だけ書いてれば、↑な風にぐにぐに考えなくてもいいーんですけど
伝えたいことのニュアンスが変わらないよう説明しようと思うと、どうしても長くなってしまって
(作品レビューが継続できないのも、この辺に由来する)、長くなると推敲に手間がかかって、
で スマホだとカット&ペーストがやりにくくってしょうがなくて
結局、PC作業がないと、カッコつかなくなる とゆー。

・・しかし本当、前フリだけでこんな長くなってしまって
まずココ切っとけよ。的な。

続きを読む

すでに巷じゃ

おもちゃショーで、商品の先行販売を手に入れられたみなみなさまが、
あれやらこれやらの話で盛り上がっているとゆーのに
え いまごろー!? と言われても、致し方ない
テレマガてれくん2013年7月号レビュー、参乗合体トランスフォーマーGo!関係限定。

まあ この世間ズレしたマイペースっぷりが、
自分らしくていいのです多分。


続きを読む

トクサツハクブツカン行ってきた!

とー いうことで
かつて、とある地元サークルさまが自主製作映画を作ってた時のご縁で
連れていって頂きました、ウワサの特撮博物館。
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/


感想:
ひと言でいうと、おじさん大興奮。
あの時代スキーなら特に行くべき
&映画スキーなら、なおok。


ほんともー 失礼ながら、お誘い頂くまでは、
かなりこつ 穿った見方してましたけども。
どうせー 新作映画がウリの、お高い所からトクサツ語ってもち上げる、
物静かに特撮スキーやってるわたくし的には余計な要素ありまくりの
そういうイベントなんじゃろうと、タカくくってましたら
まあ、そういう要素も なくはないんですけど(笑

そこはさすがの、アマチュア特撮界の草創期を支えた方々
特撮(そして映画)への愛に溢れた、コレが見たかった!というものを見せてくれる、
ツボをおさえた内容に仕上げてきてました。
展示の順路など、構成も満足度100%。完服です。

warugakiaction-2013-06-09_tokusatsu-hakubutsukan_18.jpg

展示物は撮影禁止なので、インパクトをお伝えするのは難しいんですが、
肉筆のデザイン画、設計図、巨大なポスター そしてなんといっても
実際に撮影で使用されたプロップが、間近で見られる!
レプリカではない、"実物"がもつ、その迫力。
どうしても修復物が多くなりますので、
傷んでてもいいからそのままが見たい派のわたくし的には、
その点は少し残念ですけんど、それでも時間を忘れてまじまじ見てしまう。

ナマで見る機会があるとは思っていなかった、
MAT・TAC・ZATの各メカ、そして大迫力 9尺モデルのマイティジャック!
これでこんだけの存在感なのに、まだ18尺モデル(5.4メートル!?)も存在したという。
可能でしたらぜひ見てみたかった。
あと、個人的にはバッカスⅢ世が かなりこつツボでした。思い入れ補正で。

このプロップやら、マスクや小道具やらを見てると、
どこからか、例えば光線銃の発射音、航空機やUFOの飛行音、
ゼットンの放つあの不思議な音や、バルタン星人の嘲笑、
あの円谷プロ作品独特の効果音がず一っと聞こえてきていて、
じれじわと なんだか変な領域に踏み込んでしまった感覚に陥ってしまう。
ちなみに音の正体は、先にある効果音に関するコーナ一から出されているもの。
でもゼッタイねらってやってるわー。


で例の、新作映画「巨神兵東京に現わる」。
こちらも当初、あまりいい印像持ってなかったんですけど
つか観終わった今も思うのは、声(=物語の筋立て)は、
特撮技術を見せるって志を汲む意味でも、ナイ方がよかったんじゃないか、とか
思わなくもない、わたくし的には。
(気になって見たいものに集中できないという意味で。)

でも本編は、一度見たあとで、その後のコ一ナーのメイキング見ると
え マジすか!! つてもっかい目を皿にして、正座して観直したくなる、
技と心意気と、職人の意地で練り上げられた、気合の入った逸品でした。
メイキングと併せてご覧になった方がいいと思います。ピンで見るよりも。

そのあとは、倉庫を模した展示場∧。
ここがまた、内容が濃ゆーいんですが、もう本当
なにから書いてよいのやら。
おお、と思ったのは 84ゴジラのスーツ展示とともに、
サイボットの頭部も飾ってあったんですけど
え こんなデカかったん! と思ってしまう大きさでした。
ちなみにメカゴジラ2のスーツも最初のコーナーで展示されてまして、こちらも必見。

そして展示物も終盤、
記念撮影が可能なセットが登場。
お客さんみんな、テンション上がりまくり。

続きを読む

これが買わずにいられよか。

ここんところのTF界隈での、大きなトピックであるところの
参乗合体トランスフォ一マーGo! なのですが。

もうーコレ、あきまへん
気になって気になって、仕事が手につきません。<仕事せえよ

詳報第1弾となるところの、児童誌の掲載内容についても、
何が書かれているのか どう一しても知りたくって、
でも きっと、どなたか書いて下さるだろうから、
その折にはそ知らぬフリしてこっそりのぞいてみよう。とか
思ってたんだけど、全一然でてこねえ。

いや、ま確かに 全然でもないんですけど、
各キャラはこんなヤツらだ! とかやっぱり勇者シリーズっぽかった! とか
フィルムの出来は期待できそうだ! とか
生々しいレポートが読みたかったヒト的には、食い足りなくてサビシイー
つかまさか面白がってるのは、日本でわたくしだけなんですかね。
音仏家の時みたいに。




なー わけで
ほとんど10年ぶりぐらいに、買ってきたったテレマガてれくん。
ふろくのせいだと思いますけど、値段高ッ


おかげで、ちょっと見かけて、スゴーイほしかったのに、
泣く泣くあきらめてきた ↓ コレ。



DVD付き のりもの大集合1000! (講談社)

店頭で中身まで撮るのは、さすがに自粛。
でもイイ図版そろえてます。起オススメ。

スマホテスト。

実をいいますと
昨年の夏、お盆明けに 思い切ってスマートフォンに乗り換えちまいましてー
いまやすっかりスマホマンなわけですが。

ちなみに機種は、
真夜中に突然再起動をくりかえしだして、バッテリーはめ直してもおさまらなくなったんで
あわててドッコモショップにもちこんだら、不具合原因特定できません いわれて
手元に戻ってきたら、なぜかバッテリ一の予備をくれて なんでじゃろ思ってましたら
この機種では結構有名なバッテリ一が原因の異常らしくて
そんなな感じのF-05Dさんですよ。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000302300/

手になじんじゃったから、もういいーんすけど、
データ復旧もできずに初期化せなアカンかった、あのくやし涙は忘れません。涙。


あんつーネガい話はさておいて。
スマホ乗り換え当時、導入しようとしたけどまだ無かった、
こちらseesaaブログさまのアプリが、今日たまたま見つかって あるんやったら即入れんと!的な。
モノ書くと話がムダに長くなる、れたくし的には
バッテリーの減り具合が非常に気になるところではありますが、
つか ↑ たったこんだけの内容なのに半分になっちゃってるんですけど。


ときおり にゃんこ画像で生存報告ぐらいはできるかなと。



こっそりと。

ゴー!なんかの話もメッサしたいんですが。
バッテリー尽きちゃいそう。

おひさしぶりでございます

前回ポストしたのが えー
え そんな前でしたかね というぐらいの
おひさしっぷりなわけですが。

おもちゃ買ってる場合じゃなくなった(フトコロ的に)とか、
トランスフォーマープライムがリアルタイムで見れない(放映局の関係で)
とかで、話すネタが少なくなったということも、あるわけですけれどー

なによりも、本業における先6月1日の事務所及び倉庫移転によって
仕事量が加速度的に増えてって、処理できる許容量をあっちゅう間に超えたった
(11月からの1か月半は、度々8:20出社→3:00退社があったりとかな)
とーいうのが大きな理由で、いやはー よくぞ乗り切った、この年末。

まあ やっとこ手に入れた今の城を守ってゆけるか
こっからの数年が本当の正念場なので、この程度の個人的な負担は小さい小さい。
あと、わたくし的には前の職場に対して
手取りは確かに減っちゃあいるが こちとら成長企業の正社員になったった、
切る相手間違えたのに気付けバーカバーカ! て言いたい気持ちでやってる面も、結構ある(笑


なんつーネガい話は、さておいて
年賀状も描けてなくて、ネタ話もありません で
ごあいさつだけってのも、なんだかなあ。

なので今回、需要ナイとは思いますけど
普段、ネタ話の下地にこんなこと考えてますー というのを、
恥ずかしげもなくおっぴろげてみようかなと。
お題については、ストックしていながら持ち出す機会のなかった話の中から
↓コレを。

Gガンダムのモビルファイターの存在を、宇宙世紀に持ち込むとしたら」。


続きを読む

ちょっとー 思いつきまして。

そろそろ情報の出てくるころか、と気になってる、新ライダー。
今週あたり、何か流れてくるかもしれませんけれど
妄想するならモノホンが明らかになる今のうち。

なわけで、ちょっと考えてみましたオレライダー。
つまり、こんな↓な。

 1体のライダーを、3人の主人公が3フォーム使いわける

・・メッサわかりにくいので、解説図つきで説明いたします。


warugakiaction-2012-05-27_newrider-idea.jpg

つまり、ライダー自体は3段変身できるタイプ。
これを3人の主人公が、同じように使い分ける。

3人が同じフォームで並ぶこともあれば、異なるフォームで対決するシチュエーションもあり。
しかしこの話のキモは、それでいながら、どれもがサブライダーでなくメインのライダー扱い
とー いうことなわけで。
一応、キャラ立ちのために各人、主に使用するフォームを決めてはおきますが。
(主人公AはフォームA、主人公BはフォームB、といった具合。)

他段変身のモチーフについては、定番になりすぎた感のある、
パワー型/スピード型などへの 用途目的のモードチェンジではなくて
"ヒーローから別のヒーローに変身する"、"カッコイイからカッコイイに変身する"スタイル。

商品展開的には、序盤~中盤にかけてのフォームの追加はせずに、
核となるアイテム(メイン武器)が、まず3段変形。=ライダー自身と同じコンセプト

このメイン武器に、主人公3人それぞれが追加アイテムを得て合体/組替えさせてゆくことで
有形ブロック的にカスタマイズを果たしてゆく。
(近年の"集める"要素は、今回は↑の追加アイテムになります。もちろん音声ユニット連動。)

warugakiaction-2012-05-27_newrider-item-idea.jpg

で 中盤からのパワーアップについては、ヒーロー本体は
各モードそれぞれのバージョンアップと、さらにその1段上のパワーアップ(最終フォーム)があれば、
タテヨコ3段ずつの変身になって、フォーマット的にはつじつま合うんじゃないかな みたいな。
さすがに最終フォームは、各1名しか変身できない方がいいと思いますけど。作劇的には。

あと、商売根性的な話もすると、サブ主人公2人は微妙に差し色を変えて差別化をはかり、
一般販売はメイン主人公のカラーリング、サブ主人公カラーは販促企画に活かす、とか
どうですのんコレ。
まあ、メダルやスイッチみたいに、金型流用がしづらいので、現状の集める要素と同様とはいきませんけど。
あ ガチャガチャ向けでもないか。・・3カプセル集めて1つのアイテムに合体、という手も <もうええ


今回の発想の原点は、まず最初に、
ここ何年かライダーの構成が、メイン1人+サブ1人という形がつづいていて
(リサーチや販売実績に沿ったものなんでしょうけど)、なんだか寂しく思ってまして
事情はいろいろあるんだろうけど、何か方法がないんかな と考えていたことが、ひとつ。

で もうひとつは、実はライダーの話とは一切関係なくて、
たまたまこないだ、特捜エクシードラフト のことを思いだす瞬間があって、
そのときに、あーそういやアレ 各人のスーツにアレストモードとか、名前ついてたなあ
・・というところから、一気に3フォーム3人共用までいっちゃいまして。
かなりこつ昔に考えた、1人のライダーが7台のバイクを乗り回す、とゆー
トシローくさいアイディアも、乗っかってはいますが。


ま なにはともあれ
モノホンが出てきちゃうと、かすんでしまうネタなので、
いま今月末の会社移転の準備で てんやわんやなってるんですけど
ムリムリにテキストも起こしちゃいました的な。

ちなみにアニメイレビューは <もうええ

新年あけましておめでとうございま(略

本年もよろしくおねがいいたしま(略

昨秋の第二次ジョブチェンジにより、ここ数年つづいていておりました、
年末年始にひとときのお休みもなかった時代は、遂に終わりを告げまして
ひさびさ、落ち着いて新年のご挨拶ができるようになりました がー

ただーし 当然、キャリアは積み直しとなり、お給金も下がって(結構)
しばらくは気楽におもちゃを買える立場じゃなくなっちゃいまして、
なおかつ、一日でも早く1人前にならないとー という思いのもとに
いまんとこ朝から晩遅くまで、仕事優先の毎日でございまして
30数年つづけておりますセカンドワークも、この3ヶ月はできず仕舞。

まあ 年末の繁忙期も過ぎましたので、
今月からは気持ち早めに帰宅できる と思いますけど。聞いた話では。



えーさて 新年といえば、年賀状。
一応、あんなこんなしたいというのだけは頭にありました がしかし
例によって、カタチにできないまま時間切れに(笑

なので今回は、昨年リアルワールドで大変お世話になった方々宛に作成した
非オタい系年賀状をweb向けに手直しまして、置いておきます。
つか年賀状書いたの自体、一体何年ぶりなのか。

warugakiaction-2012-01-01_gajo2012onweb.jpg

とーいうことで
本年もマイペースにて、失礼いたします。